今回は、私が毎日行っているアンチエイジング法について書いてみます。



 老化は誰もが避けられないものですが、人体は私たちが生きていく上で優先順位が低いものから老化させると言われています。

 優先順位が高いのは、脳や内臓といった機能が落ちると生命維持にかかわるものです。
 これらの体の重要な中枢部分に対して、体の末端部に位置する手足、皮膚、髪の毛といったものは、衰えてもすぐ命にかかわるということがありません。
 そのため体は自らのエネルギーが不足してくると、まず末端の部分を犠牲にして主要部の働きを保とうとします。
 これが老化の始まりで、年をとると手足が冷えたり、皮膚のシミ、シワができたり、白髪や抜け毛といったことが起きたりするようになります。



 こういった老化現象は生命を維持せる働きとして現れますが、逆にこの老化現象を予防していくことがアンチエイジングにつながるともいえると思います。
 生き物は見た目が若い方が長生きできるというデータもあるみたいなので、肌や髪の健康に気をつけるのはアンチエイジングにとってすごく大切なことなのでしょう。



 手足の冷えや、肌・髪の衰えが起きる原因は血流の低下にあります。
 体全体のエネルギーが少なくなったら、末端部に行く栄養を減らそうと血行を悪くさせているんですね。
 

 血行を良くすためには有酸素運動などで体を動かすのが大切ですが、冷たい水と温かいお湯に交互につかる温冷浴を行うのもとても効果的です。
 温冷浴によって皮膚の毛細血管が緩んだり縮んだりすることで、血行が良くなります。
 これを行うと手足の冷えや、皮膚の健康が保たれてアンチエイジングにつながります。


 温泉やサウナの水風呂に入ることで温冷浴は行えますが、家でもシャワーで体に水をかけてから湯船に入ることを数回繰り返すことで行えます。(高齢の人や、心臓に持病のある人、高血圧の人は十分ご注意ください)
 
 今回のブログタイトルに「この時期から始める」とあるのは、寒いときだと温冷浴は行うのが大変なので、少々水を浴びても大丈夫なこの時期から始めれば体も慣れて、寒い時期になっても続けやすいという意味です。
 


ーーー、とここまで書いてきましたが、私は全身に水をかけるようなハードな温冷浴は行っていません。
(のぼせそうなので温泉やサウナの水風呂も試したことがないです)

 努力しない健康法を紹介する本ブログでは、もっと「簡単な」やりやすい方法をお勧めします。
 それは全身に水を浴びずに、手足の先だけに水をかけるというものです。
  

 まず、老化するのが手足や皮膚といった末端ならば、手足の皮膚が一番老化が始まりやすいところと私は思っています。
 そこで手足の皮膚の毛細血管を毎日鍛えれば、全身の老化の効率的な予防になると考えられます。
 本当は手足だけと言わず、前腕と膝下、または腕と脚の全体にかければもっと良いですが、毎日続けるとなると大変なので、手足だけでも十分だと思います。
 これは湯船に入る前と出た後に水をかけるだけですからとても簡単です。
 今の時期から初めて毎日行えば寒い冬でも行えるように慣れるはずです。



 また、老化が現れやすい頭髪も温冷浴を行うことで頭皮の血行が良くなり、髪の老化を遅らせられると思います。
 私は入浴中に水を頭にかけることはしませんが、寝グセを朝に直すため、洗面台で頭に湯をかけています。
 このときにシャワーでお湯と水を交互にかけています。
(お湯をかける時間を長めにして行っている。夏は水のみ)
 慣れると真冬でも頭に水をかける温冷浴を行って平気になります。
 お湯・水をかけるのを数回行えば、頭皮がトニックシャンプーをしたみたいにシャキッとして、血行が良くなっているのを感じられます。

 これを行っているからかははっきりしませんが、50近くになっても白髪が少しあるだけで髪の生え方は若い頃のままです。
 血流を上げる効果はとても高い方法と言えるでしょう。




 今回紹介した入浴時の手足だけの温冷浴、水をかけるのは刺激になるので、行うときは十分注意してください。
 今から初めて一年中続けることで、アンチエイジング効果が毎日つみ重なっていくと思います。ぜひお試しください。


プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ