無努力健康法第一回目のテーマはちょっと変わったものがいいかと字を書く筆圧について取り上げてみたいとおもいます。

みなさんはペンなどで字を書くとき下の紙に字の跡がうつりますか?

下の紙に跡がうつるのは余分な力を使っています。字を書くのにそこまでの筆圧は必要ないと思います。紙にペンを押しつけずに滑らせて書けば裏がデコボコしません。そして、それが字を書くのに最適な力の入れ具合です。

子供の頃からこうやって書いているという人も多いと思います。
以前わたしが絵の展覧会に置いてある芳名帳で調べてみたことがあって、その時はだいたい半分位の人がそうでした。
筆圧というと子供の頃、紙のデコボコを防ぐために下敷きを使っていたと思います。子どもはもともと筆圧が強いのかもしれません。面白いことにアメリカでは下敷きを使わないらしく、日本人はなぜ下敷きを使うのか、と私もアメリカ人から訊かれた事がありますが、筆圧でデコボコになった紙に何か書く気持ち悪さは共通だと思うので、アメリカ(欧米人)は日本人よりは筆圧が弱いんだと思います。
この推測をしたもう一つの理由は、これはヨーロッパの話ですが、日本の文具メーカーがサインペンをあちらで販売して結構売れていて、それは書き味をヨーロッパ人向けに滑らかにしているからだというのをテレビで見たことで、滑らかに書くのは跡がうつるような書き方ではないな、と思い日本人は書くのに特に力がはいりすぎているんじゃないかなと考えました。
もちろん筆圧の強い人に問題があるとは思っていませんが、なにかもったいないような気もするのです。


私も筆圧が強かっのですが、紙の裏に跡が残らないように書いてみた所ほとんど苦労なく出来るようになりました。
もともと力の入った書き方をしているところで力を抜いて書くというのは楽をすることだから、まさに「無努力」で、字を書くのに適した筆圧で書く事が出来るようになります。
皆さんも少し意識して練習すればすぐに慣れると思います。筆記具もなめらかな書き味のもの、ペンの柄の部分が太いもの、シャーペンの芯、鉛筆をB、2Bなどの色の濃いものに替えればさらに良いです。一度やり方を覚えればずっと使えます。


そしてこの筆圧と健康の関係はどういったものかと言いますと、まず当たり前のことのようですが、字を書いても疲れにくくなる事です。
余計な力が抜けるので手指、腕、肩がラクです。あと脳と手の密接な関係を考えると筆圧強く書く事で脳に入っていた余計な力も抜けて脳のリラックスにもつながると思います。
そしてこの筆圧を適正にすることは書くという行為だけに限定されず日常の動作すべての力の適正化にもつながります。ものを持つ、包丁を握る、ドアを開ける、車のハンドルをもつなどあらゆる動作の余分な力を抜くのに役立ちます。
日常つかう必要以上の力がどれ位なのか数値にすることは出来ないでしょうが、1日1日と蓄積すればかなりの量になるでしょう。その余りの力を別のことに使れえば人生に少しのプラスをもたらすと思いますがどうでしょう?
興味を持たれた方は試してみて下さい。コツはペン先を紙に押しつけずに滑らすことです。

これで第一回目のテーマ「筆圧」を終わります。無努力健康法の感じ少しわかって頂けたでしょうか?(文章がちょっと長くなってしまって申し訳ありません)
次からもこんなかんじで楽な変わったものを紹介していきますので宜しくお願いします。


習慣的にやる事はないけど一度やって覚えると必要な時に役立つ健康法、知ってもらって損はない健康法を今後、一度はやりたい健康法としていくつか紹介していきます。

今回はやってハマると気持ちいい足指のストレッチについて書いていきます。

足指はいろんな健康法で重要視されている箇所で、よく足指をもんだり、回したりする健康法なんかも紹介されていますよね。
足指には五つ経絡の出発点があり、全身の骨格の状態が凝縮している大切なところですが、普段わたし逹が生活するのに主体的な役割を持つ脳から一番遠く離れているので足指は体の中で最も粗末に扱われているところの一つだと思います。

そんな足指を自由にのびのびさせるためのストレッチのやり方は、まず足の親指と人差し指を両手でそれぞれつまみ持ちます。親指を手前に引くのと同時に人差し指の方を押すようにし、次に親指を押して人差し指を手前に引くという風に二つの指を交互に押す、引くと伸ばします。じっくりやると指と指の付け根の部分が気持ち良く感じると思います。
十分に痛きもちいい感じを味わったら今度は二つの指を横に大きく拡げます。
この要領で人差し指と中指、中指と薬指、薬指と小指と順番に左右の足でやっていきます。
テレビを見ながらとかお風呂の中でやるといいと思います。
現代人は先の狭い靴や普通の靴下などで(私は五本指ソックスを勧めます)指がちぢこまった人が多いですから、とても気持ち良く感じるでしょう。わたしは昔この刺激がたまらなくて頻繁に行っていました。足指を拡げる器具をつけて寝たこともあります。

しかしいま私はこの足指ストレッチを全然やっていません。たぶん体があの刺激を必要としなくなったためだと思います。先ほど久しぶりにやってみましたが、昔のような心地よさやっぱり感じませんでした。習慣で続ければいいのかもしれないですが「無努力」を実践する身としては、気乗りしない事をやるのは体に良くないと信じているので無理にはやりません。

という訳でもう私はやらなくなった足指ストレッチですが、世の中には足指を伸ばした事のない人も多いと思うので、一生に一度はやってみてあの気持ち良さを味わってもらいたいです。

なおより簡単な方法として、正座の状態から足指を反らして足を立て、かかとの上にお尻をのせて体重をかけて足指、足裏を伸ばすやり方もあるのでそちらもお試しを。

前々回は鼻うがいについて紹介しました。私は水で鼻うがいを毎朝やっていますが、今回はその流れで鼻うがいと一緒にやっている身じたく的な健康法をいくつか書いていきます。

まず起きて洗面台の前でするのは舌の掃除です。舌の汚れは口臭の原因になるそうですし、汚れがいつも舌の上にあると思うのは嫌なので始めました。専用の器具は使わないで、小さいスプーンで力をいれずなでるようにとります。毎日やっているからか汚れはあまりないです。
汚れが取れる場合でも強く器具をこすりつけたり(歯ブラシ、歯磨き粉は使わないほうがいいそうです)、一日に何度もやらないで一回だけやるようにした方がいいみたいです。

舌掃除をしてから残りの口内の雑菌を流すように水で口をすすぎ、その後舌の先端を上の歯の裏側のつけ根にあて、舌の先端から徐々に上あごに押しつけ、舌の半分くらいまで上あごにつけます。これをやると不思議と気分が良くなります。
そして鼻うがい、小鼻もみとやります。鼻うがいのところで鼻を洗った後に水を出しきるため下を向いている必要があると言いましたが、朝の大事な時間を無駄にしないため私はここで顔を洗って下を向きながら顔のリンパを流します。
一番初めに鎖骨をつまんでもみます。こめかみ、耳の前のところ、耳の下の、あごの骨のえらのまわりを軽くもみほぐしたら、顔の縦の中心から今ほぐしたところへ向けて、手指で肌の上を滑らすように両側へリンパを流します。力をいれずにやさしくやります。
おでこ、目の周辺、ほお、口元、あごと両側へ流したら、今度はこめかみの所から耳の下の辺まで流します。仕上げに耳の下から鎖骨のあたりへ向けて首筋をなでおろします。毎日やると老廃物が流れ、むくみもとれて顔がスッキリします。

最後に口から唾液がよく出るように、上下の歯をカチカチと打ち鳴らし舌を口の中であちこち動かします。これであまり唾液が出ない場合あごの骨の下のところをまんべんなくもみます。しかし私の場合こうやっても唾液はあまり出ないので奥の手としてあくびをします。のどの奥の方にあくびをでやすくなるポイントがあって、あこびをすると涙と共に唾液もでてきます。この二つをでやすくしておくのは健康にとって大切であるのと同時に、あくびをするのは体のリラックスのためにも必要なので、このあくびの仕方をおぼえておくといいと思います。「オエッ」とえずく場合もありますが、何故かえずいても唾と涙がでます。
こうやってある程度口内に唾がたまったらそれをゴクリと飲み込みます。そしたら飲み込んだ唾の感触が胸の辺りにあると思いますがその感触をだんだんと下に降ろし、へそのあたりまで落とします。実際に唾が落ちている訳ではないですが、感覚的にやってみて下さい。これをやると体の中がまっすぐ整い、姿勢がシャキッとして気分よく一日が始められるでしょう。

文章にすると長いですがやるのは全部で五分とかからないと思います。気になったものがあれば是非お試しを。

>>鼻うがい 小鼻もみ

お得な健康法では日常生活にとり入れたり、考え方を知っておくだけで健康に役立つ簡単な、無努力健康法で扱うにふさわしいといえる方法について書いていきます。

今回は健康法の王道「歩く」についてです。
歩くのが体に良いのは誰でも知っている事なので、あえて取り上げる事もないかと思いましたが、やっぱり私も歩くことは好きですし外せない事柄なので記事にしました。

歩くことは
*全身の筋肉を使った有酸素運動であり、脂肪を燃焼させる。ダイエットに効果的。
  
*歩くことが腸を刺激して便通をよくする。

*心配機能を高め、全身の血液循環を促す。

*骨粗しょう症、筋減少、動脈硬化、高血圧、糖尿病などの予防効果がある。

*基礎代謝が上がり太りにくくなる。

*歩くことで脳が覚醒して記憶力を向上させ、さらに認知症、自律神経失調症、うつなどの予防になる。

*ストレスを解消する。
等々のたくさんの効果が期待できます。

これだけ健康効果があるので出来るだけ歩く機会を見つけて、こまめにでも歩くのが大事だと思います。
無努力をモットーとしている私でも足は多少無理をさせるくらいがいいとエスカレーターを使わないとか、時間があったら歩くなどを心掛けています。
そして自分がやってないのに勧めるのは変な話ですが、朝のウォーキングは最高の健康法の一つだと思います。朝日には心身に対する薬効があると言われていますし、新鮮な空気、すべてが生き生きしている景色の中で歩けば気持ちも清らかになり、おのずと元気になるはずです。(想像だけで言っています(^_^;)朝は苦手なんです)
特に早朝のウォーキングをすれば早寝早起きになって、これもまた健康に大事な要素ですからまさにいいことずくめです。

そんな悪い要素が見あたらない歩くことですが私には不満な点が一つあります。
それは正しいウォーキングのやり方と言われるものについてです。
正しい姿勢、歩き方とか、一万歩歩けとか、早足でないと意味がないとかよく聞きます。それはある面では正しいかもしれないですが歩くことの良さを限定して、さらに歩きに興味を持つ人の意欲を失わせる事にもつながると私は感じます。
もっと自由に歩けばいいのではないでしょうか。
まず心地よく感じる歩き方、ペースを自分でみつけて歩くほうが大切だと思います。
正しい歩き方や姿勢などと考えずに、歩くことの楽しさを実感できれば自然と歩きたくなります。
人の歩く姿なんてさまざまで、これが良いウォーキングのやり方なんて教えられるものではないはずです。
もちろん速く歩きたい人、歩いて鍛えたいという人はそうすればいいですが、のんびり歩くのだって別に悪くないと思います。
ゆっくり歩きながらふだん目にとまらないいろんな物事に気づくのだって立派に歩くことの良さの一つです。
いつもの自分に関係ないものを見るのは脳への刺激になりますし、狭くなりがちな自分の心を解放する大切な行為だと私は考えます。
考え事をしながらうつむいて歩くのも悪くないです。歩いていると悩み事の解決のヒントを得たり、まとまらない考え、ネガティブな思いを整理したりする事ができる場合も多いですし、もし解決や整理ができなくても歩くだけで気持ちは前向きになれます。

私の場合歩く時には速く歩く日もあれば、ゆっくりの日もありその日の気分次第です。
私も速足のウォーキングの爽快さは理解しているつもりですが、いろんな不調があった頃に始めた歩くことは最初散歩というか、かなりトボトボしたものでした。周りの人にどんどん追い越されるかんじでしたが、自分の体が要求するペースで歩き続けました。そんな風でも歩く事には楽しい何かがあったのです。
そうしながらも、それまで自分の体を見つめた経験から、本当の意味で姿勢よく歩けるようになるためには、その見た目が良くないといわれる歩き方を体が十分満足するまで行わなければならないと確信していました。そしてその考えは、自分の中で歩き続けることによって実証できたと思っています。

最後に私の言いたいことをまとめますと、どんなにゆっくりでも、うつむきがちだったとしても、出来るだけ歩いてみてくださいという事です。
他と較べず自分が気持ちよいと思えるように歩けばきっと歩くことのたくさんの長所はもたらされるはずです。

一度はやりたい健康法、今回のテーマは垢すりです。
二年ほど前の夏、入浴中にあかすりをするのにハマっていた時期がありました。浴槽で温まって体を洗った後に、肌を手の平でこすると垢が思いのほか取れるのが面白く毎日やるようになりました。
体を十ヶ所くらいに分けて今日はこことここという感じでこすりました。
足から順番にやっていって、再び数日後足にもどってこすると垢はまたたくさんでてきます。
そんなかんじで二カ月ほど続けていると、ある時から垢がどこをこすってもほとんど出なくなりました。
それと共に肌も昔の自分の肌から較べるとかなり滑らかになり、文字通り一皮むけたようになりました。
今ではたまにこするようにしてますが、多少の垢はでるけど二年前の頃のようにたくさんでることはありません。あの頃熱心にあかすりしたので、垢のでにくい体に変わったのかもしれないです。

人体には骨格の歪みがありますが、それと同時に皮膚の歪みというのもあります。皮膚の歪みがあると皮膚が体の肉に癒着してしっまたり、伸びきってしまい指でつまめないところなどがでて、筋肉や骨格の動きを悪くするような影響をあたえることもあります。そして歪みの大きい所は垢がたくさん出る所でもあります。
そういう所をあかすりしていって、垢が出なくなり肌がキレイになると、そこの皮膚の歪みが除かれ指でつまみやすくなります。これを全身でやっていくと肌がスベスベして柔らかい感じになっていきます。皮膚のくすみがある所なども垢のでやすい所でもあるのであかすりするといいとおもいます。
また体の痛み(ヒザや腰)のある場合その周辺をあかすりして皮膚の癒着をとるのは痛みに対しての効果を期待できます。

垢すりは肌に良くないという意見もありますが、肌をナイロンタオルなどでゴシゴシこすると細かな傷もついたりすると思います。
私はお湯で体を温めた後に、皮膚を少し乾かした所を手の平と指先であまり力を入れすぎないでこするようにしています。これだと傷がつくような事もないでしょう。(市販の垢すりタオルは使った事がないから分からないけど、優しくこするように使うといいのではないでしょうか)体全部をやると結構時間がかかるので、私がやったように入浴のたびに少しずつ場所を決めてやるといいとおもいますよ。

古代中国の医書「素問」に「全ての病はまず皮膚から表れる。皮膚を治療しなければ大病になる。」という記述があり東洋医学では皮膚をとても重視しているようです。また老化が真っ先に表れるのが皮膚とも言われています。
肌がスベスベになるなど美容の話のように聞こえる垢すりですが、こういった事から考えてみると皮膚をよく保つことは肌だけでなく体の健康にも大きく関係しているとも思えます。
垢すり、あまりやった事がないという人は一度やってみて肌のスベスベを実感してみるのもいいかもしれないですよ。
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
無努力健康法

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ