このカテゴリーの記事を書くのは久しぶりです。
 ここでは、やったことがあるのとないので違いがある、一生に一度は試してもらいたい健康法を紹介しています。
 一度試せば、何か体の調子が悪くなったときに、ここで紹介した方法を思い出して使える、なんてことがあるかもしれません。



 今回取り上げるのは、皮膚をつまんで引っぱるという健康法です。
 誰でもセルフマッサージで体を押したりもんだりするのは経験があると思いますが、皮膚をつまんで引っぱるという方法を行ったことのある人は少ないでしょう。
 この皮膚つまみ健康法は、入浴中やテレビを見ながら簡単にできて、血液やリンパの流れの促進、疲労をとる、免疫力を上げる、などさまざまな効果があるとされます。
 その中で私が特に効果的と感じるのは、皮膚と筋肉などの癒着をはがして私たちが気づかない皮膚の歪みを直し、肌や筋肉を柔らかくするということに関してです。


 この方法、全身をつまんで引っぱってみるのがお勧めですが、まずは行いやすい手足で試してみるのがいいと思います。
 やり方としては、なるべく皮膚を薄くつまんで軽くひっぱり上げるようにします。皮膚が薄くつまめない場合は、強くつかんで引っぱってください。
 つまむ箇所をこまめに変えながら多くの箇所でやります。
 横の方向でつまめても、縦方向だとつまめないなんてこともあるので、つまみにくい方もやってみてください。
 特に念入りにつまんだ方がいいのは、皮膚が下の組織とくっついてつまみにくいところ、皮膚の色がくすんだりかさついたりしているところなどです。


 皮膚を引っ張るのは、東洋医学で「陰圧」と呼ばれる方法です。
 これは力の弱い人にも出来て、押したりもんだりする「陽圧」を行う場合のように、もみ返しが起こらないので安全で、効果も高いといわれています。
 ひっぱり上げることで毛細血管が拡がり、血行が良くなってポカポカするのを感じられると思います。
 そして、皮膚の新陳代謝が活発になることで、肌の老化を防ぎます。

 中国では伝統的に、病気はまず皮膚に表われるとされ、「良医は皮膚を治す」と言われるほど皮膚の治療を重視します。
 以前、簡単に皮膚をきれいにする方法として垢すりについて書きましたが、この東洋医学の見方からすると、垢すりや皮膚を引っぱることなどで肌の状態を良くするのは、とても健康効果のあることだと言えるかもしれません。


 肩こりがある場合は肩の周り、腰や肩、膝などが痛い場合はその周辺の皮膚を引っぱってみて下さい。
 目が疲れたときは目の周りの眉やまぶた、こめかみなどを。
 また、内臓の不調がある人は、お腹の皮膚を引っ張ると効果が期待できます。


 注意点としてはあまりないけど、顔の皮膚は強くひっぱりすぎないといったところでしょうか。顔はソフトにつまみ上げれば美容にも効果的だと思います。

 私は肩や二の腕の外側が昔は全然つまめなかったけれど、やっているうちにつまめるようになりました。
 つまめるようになるとその箇所の筋肉と肌が柔らかくなるのがわかります。
 頭皮もつまんで引っぱるのがいいそうですが、なかなかつまめるようにはなりません。
 犬の頭の皮をつまむと難なくつまめますが、ああいう状態が理想的なのかもしれません。
 どのくらい皮膚をつまめるかは、かなり個人差があるみたいで、顔の皮がメチャクチャ伸びるびっくり人間や、お腹の皮が10センチくらい伸びる人をテレビなどで見たことがあります。

 皮膚の柔らかさは、心身のリラックス感と関連しているのではないかと私は考えています。


 この記事を書くにあたって私も久しぶりに全身を引っ張ってみました。
 昔つまみにくかったところは、当時よく引っ張って柔らかくしたからつまめると思ったら、ちょっと固くなっていました。
 それでも念入りにやればつまめるようになり、なにより行うと気持ちいいのを再認識しました。

 この皮膚つまみは手軽ですから、押して駄目なら引いてみな、と一度やってみてもらえば、思いがけないさまざまな効果を実感できると思います。
 肩こりや疲れ目解消なんかにも使えるので、覚えてもらって損はない方法です。



 今回、一度は試してもらいたい健康法として紹介するのは、「耳ひっぱり」です。
 この「耳ひっぱり」は一度試してやり方を覚えれば、一生役立つ方法になるはずです。
 そのやり方を紹介する前に、私が「耳ひっぱり」を知ったいきさつがあるので、それについて少し書かせてください。


 私は、効果が目に見えて大きく、簡単にできる健康法がないか、といつでも探しています。
 そんな風に日々過ごしている私が、つい最近、両耳をいろいろ引っぱってみると、体が反応するのに気づきました。その反応はどうやら体を整え、姿勢を良くするもののようです。
 健康法マニアで新しい方法好きの私は「これは久々に面白い発見だ!」と少し興奮してしまいました。
 しかし、その発見で興奮したその後、たまたま本屋へ行ったら、健康法のコーナーに「一日一分であらゆる疲れが取れる耳ひっぱり」(藤本靖著 飛鳥新社)という本があるのに気づきました。
 手にとって見てみるとその本には、耳を引っぱるとさまざまな健康効果があることや、その効果が起きる体の仕組みについても詳しく書いてありました。
 これがシンクロニシティというものなのでしょう、私の新しい(と思った)発見は本になって事細かに解説されていたのでした。
 目の前にある文章を読めば「耳ひっぱり」について全て知れるのだから良さそうなものですが、何事も自ら考えて見つけたい性格の私は、少し落胆してしまいました。
 家に帰ってネットで調べてみると、ボディーワーカーの藤本靖さんが提唱する「耳ひっぱり」は2年ほど前からマスコミにも取り上げられて話題になっているようです。
 私はただいろいろ引っぱればいいと思っていましたが、耳ひっぱりのセミナーも行っている藤本さんは、体の専門家としてどういった引っぱり方が一番いいかということも(おそらく試行錯誤して編み出されたものでしょう)説明してくれています。
 そのやり方でやってみると、よく「効く」のが確かに感じられます。これは効果をすぐその場で感じられ、本当に手軽にやれる方法だと思いました。


 では、前置きが長かったですが、その耳ひっぱりの正しい行い方を本の通りに紹介します。

 ・中指を耳の中心のくぼみに入れ、親指と耳をはさむ
 ・ひじは軽く横に張る
 ・耳を斜め後ろ方向に2,3ミリ引っぱる
 ・目線は遠くの水平線を見ているイメージ
 ・立っても座っていても、どちらでも良い
 ・引っぱり方はほんの軽い力で行う
 これを1分くらい呼吸に意識を向けながら行うだけです。
 耳ひっぱりの効果は姿勢が良くなり、疲れがとれる、頭がスッキリする、体が柔らかくなる、など他にもいろいろありますが、多くの効果が期待できるとのことです。

 耳を引っぱることがこれほど効果的である理由は「あらゆる疲れがとれる耳ひっぱり」詳しく書かれているので、そちらをご覧ください。とても興味深い説明がされています。
 ここではその理由を簡単に要約してみます。

 頭蓋骨を構成する骨の中に蝶形骨というものがあります。
 蝶形骨はとても重要な骨で、前頭葉(理性や思考など人間の高次脳機能を担う)と、視床下部(呼吸などの生命の根本を司る自律神経の中枢)を支えています。
 蝶形骨が歪むと神経や血管を圧迫して、脳の機能の低下をもたらすと言われています。そして、蝶形骨は内臓を支える横隔膜や、体の姿勢を保つ大腰筋ともつながりがあるので、蝶形骨の歪みは脳だけでなく全身に影響を及ぼすということです。
 現代は働きすぎや睡眠不足、過剰なストレス、目を酷使して姿勢を悪くするパソコン・スマホの使用、などの影響で蝶形骨が歪み、頭痛や目の疲れに悩む人が増えています。
 そういった人が耳ひっぱりを行うと、耳についている側頭骨が広がり、その側頭骨にはさまれている蝶形骨が、歪みから解放されて正しい位置に戻ります。そして、今まで両側からはさまれ圧迫されていた蝶形骨がゆるむと、頭だけでなく全身も整えられ、頭がスッキリしたり、体が楽になったりする効果が起きるということです。
 また、耳を軽い力で引っぱるのはどうしてかというのは、頭の骨は強い力で動かそうとすると、ずれないように逆に堅くなってしまうので、ソフトに調整する必要があるそうです。

 この本当にソフトに引っぱるというのも面白かったですが、私には本の中でとても興味深く感じられたことがもう一つありました。
 それは耳を引っぱり身体の内側がほぐれるときに出てくる背骨をねじるような動きについてです。これは身体の自己調整の動きなので、無理に止めずに動くままにしておくと、元のまっすぐな姿勢に戻るということが書いてあります。
 実は私が、耳を引っぱると体にいいんじゃないか、と最初に思ったのは、この動きが大きく出るからでした。
 これは自発動という、体が自らを調整するために起こす動きです。自発動を行うと体の歪みがとれてとても気持ちいいのですが、これを起こすためには少しコツがいります。
 しかし、耳をソフトに引っぱると、自発動を簡単に起こすことが出来ました。そして、その自発動は、体の重要な骨である蝶形骨を調整することで起きるものなので、特に健康効果が高いのだと思います。
 ふだんから自発動を行っている私は、耳を軽く引っぱるだけで、たぶん体がとても歪んでいるからでしょうが、大きな動きが出てくるので、とてもやり方の指示通りに1分も引っぱっていることは出来ません。

 本には耳ひっぱりを応用した方法もいろいろと出ています。
 目の緊張をとるために耳を引っぱって目をぐるぐる回してみる(こうすると、とても回しやすくなるので驚きます)とか、胃腸をスッキリさせる耳を引っぱりながらの舌出し、アゴの緊張をとる耳たぶ引っぱり、などが説明されていて、これらもかなり興味深かったです。


 最後に、耳を引っぱることについての私の考えを少し述べて終わりにしたいと思います。
 人の耳の形はよく見ると、大きい・小さい、前向き・後ろ向き、耳たぶが薄い・厚い、などあって千差万別です。
 これらは親から受けついだ生まれつきの形ということもあるかもしれませんが、後天的な頭・顔の筋肉の使い方によるところもあると思います。したがって、耳をさまざまな方向に引っぱれば、考え方や習慣等によって固定化された頭・顔の筋肉のこわばりをほぐすことが出来るはずです。
 耳を上や下、後ろ・前に引っぱる、一方を上げてもう一方を下げる、などいろいろ出来ると思います。また、右手を頭の後ろにまわして左耳をつまんで後ろに引っぱり、それと同時に左手で右耳をつまみ前に引く(逆も行う)という方法も効果が感じられるのでお勧めです。もちろん耳はすべて軽い力で引っぱります。
 こうやってあれこれと引っぱることも、頭のこわばりや頭蓋骨の歪みを和らげてくれると思います。

 結局、最後はアレンジした自己流のやり方も書いてしまいました。性格的にどうしても言われた通りでないものを求めてしまいます。
 でも、耳ひっぱりは何はともあれ、基本のやり方をやるのが一番良いと思います。
 

 現代生活は目を酷使することに満ちています。
 テレビ・パソコン・スマホを見ることはもちろん、読書のしすぎや夜更かし、ストレス、過労は目に悪いでしょうし、遠くを見ることの少ない生活なども目に良いものではないそうです。
 しかし、仕事でパソコンを使わなければならない人は多いはずですし、ネットやテレビ・活字などに依存して、それなしではいられない私を含めた現代人は、どうしても目の使いすぎになってしまうと思います。
 目の疲れは、本当はそれらの時間を減らせば簡単に改善するものなのかもしれません。
 私の祖母は今年91才ですが、毎日、老眼鏡なしで編み物をしています。また、近視でもありません。目に良いことを特別しているわけでもない祖母が、なぜそんなにスーパーな目を持っているかと考えれば、やはりパソコンや本を見ない生活を送ってきたということが大きいのだと思います。
 とはいっても、現代はそういった生活に戻ることは難しいですから、疲れ目はなんとか対処しなくてはなりません。

 目が疲れたときの対策は一般的に、
 ・目のまわりのツボを押す・マッサージをする
 ・目の体操をする
 ・遠くを見たり、目をつむったりして目を休ませる
 ・首・肩のコリをとる
 ・目を温める(充血しているときは冷やす)
 ・目の温冷浴
 ・目薬をさす(目薬は成分に注意が必要です)、などがあると思います。

 私も疲れ目のときはこれらのことを行いますが、それでもスッキリしない場合があります。
 そんなとき、私が最終手段として行っているのが「クリップ流し」と呼んでいる方法です。
 目のまわりは老廃物がたまりやすいところで、老廃物がたまると目も疲れやすくなります。この方法は、両端がU字型をした紙をはさむクリップを使って、目のまわりの老廃物を流すというものです。 
 すべての人に効果があるかは分かりませんが、効果を感じられる人にはとても使える方法になるはずです。目が疲れて仕方ないときに一度試してみて下さい。

 やり方は簡単で、目のまわりの骨に沿って、目頭のところから目尻のほうへとクリップのU字のところをあて、やさしくなでていくだけです。
 顔の中心から外に向けて流すようにしていきます。眉の上なんかもやってみてください。
 クリップのあの材質と形状が、目のまわりで使うのにとても適していて、気持ちいいです。(頭を上から下へと流すのもお勧めです)
 クリップを骨にあてて動かすと、グリグリしたかんじのものがあるのを感じると思いますが、それが老廃物です。この老廃物はリンパがつまって出来たものだと思います。
 リンパのつまりは、リンパの流れ(顔の場合は中心から外へ)に沿って手指で流してもいいのですが、クリップを使うと細かく堅いつまりまでとても良く流せます。このつまりを流すだけで、目がたちまちスッキリするのが感じられるでしょう。
 行うときに注意する点としては、目のまわりの皮膚は薄くデリケートなので、力を入れすぎないようにすることです。あまり毎日やると効果がなくなるので、たまに(2~3日に一度)行うくらいにするのが良いと思います。

 また、この「クリップ流し」ともう一つ、私が疲れ目対策の奥の手として行っているのが、以前紹介した「つまようじ刺激」です。これもけっこう効果的なので、疲れ目に悩む人には、やり方に注意しながら試してもらいたい方法です。

 ひと昔前に、寝つきがいい、頭の形を良くするためといって、赤ちゃんをうつぶせで寝かせることが流行りました。
 しかし、これが乳児の呼吸を妨げて突然死の原因になっているのでは、と指摘され始め、今では生後6か月未満の乳児には行わない方がよいと考えられています。
 それでも生後6か月を過ぎると、首の筋力が発達して、呼吸が苦しくなったら自分で顔の向きを変えられるようになるので、うつぶせ寝させても大丈夫ということです。


 大人のうつぶせ寝がとても良い、ということも言われますが、うつぶせで寝たことがある人はどれ位いるでしょうか?
 今回は、そのうつぶせ寝について書いてみようと思います。

 私はふだん横向きに寝ていますが、寝ていて寒く感じるときと、あまり眠れないときには、うつぶせになって寝ます。
 昔から、うつぶせで寝るとすぐに体が温かくなることは知っていて、寝床で寒いときによく行っていました。
 それがなぜかは知りませんでしたが、うつぶせ寝を勧める本を読むと、その理由が次のように説明されていました。
 「人の背骨の前には太い動脈が通っていて、たくさんの血液を運んでいる。その動脈は人があお向けに寝ていると内臓によって圧迫されるので、全身の血流が悪くなってしまう。
 うつぶせ寝にすると、動脈が圧迫から解放されて血の巡りが良くなり、その結果、体が温かくなる」ということです。
 私はあお向けではあまり寝ませんが、横向きの姿勢からうつぶせ寝になっても温かくなるので、うつぶせは一番血流を良くする寝方ということになると思います。
 
 よく眠れないときにうつぶせ寝になるのは、気分を変えるためです。うつぶせ寝で温かくなりよく眠れる経験をしているので、うつぶせ寝は私にとって眠りにくい姿勢ではありません。
 しかし、慣れない人には、うつぶせで眠ることは難しいと思います。そのため、うつぶせ寝専用の枕があったり、正しいうつぶせ寝のやり方などが説明されていたりします。
 私の場合はよく言われるやり方とは違い、枕を使わず、一方の手を体勢を安定させるためか胸の下に置くようにしてうつぶせで寝ています。
 平らなクッションに頭をのせたり、抱き枕に片腕片足をのせたりする人もいるそうですから、たぶんうつぶせ寝の行い方は人それぞれなんだろうと思います。


 うつぶせ寝の効果が知られるようになったのは、聖路加国際病院名誉院長で、「生き方上手」などの著書で知られる日野原重明先生が勧められたからだと思います。
 100歳になられても様々なことに精力的に活動されている方が推薦する健康法ということであれば、だれもが関心を持つはずです。
 日野原先生によると、脊椎動物の寝方はうつぶせなので、うつぶせに寝ることは人にとっても自然な形だそうです。そして、うつぶせ寝の効果として次のようなことを挙げられています。

 ・血行を改善する
 ・呼吸を深くして睡眠の質を上げる
 ・気道が通っていびきや睡眠時無呼吸症候群の予防に
  なる
 ・睡眠中の誤嚥・誤嚥性肺炎を予防する
 ・セキが軽くなり、タンが排出されやすくなる
 ・肩こりや腰痛を改善する
 ・胃もたれがなくなる

 また、うつぶせ寝だと骨盤周辺の筋緊張が緩和されて血行が良くなるので、痔にも良いということを聞いたことがあります。 
 そのほかに私の経験ですが、以前、頻尿気味で何度も夜トイレに行きたくなり困った時期があったのだけれど、うつぶせで寝ると尿意をあまり感じなくなったということがありました。
 
 このように多くの効果が期待できるとなると、うつぶせ寝をしたいという方もけっこういるだろうと思います。
 この記事のタイトルに「一度はやりたい健康法」とありますが、うつぶせ寝をしたことがない人は、一度どんな感じか試してみることをお勧めします。
 正しいうつぶせ寝のやり方がいろいろ言われたりしますが、自分が一番くつろげる体勢をとるのがいいと思います。
 試してみて気持ちよく眠れそうに感じたら、うつぶせ寝が合っている人ということになるでしょう。 
 しかし、いくら良いといわれるものでも、試してみるとしっくりこないという人もいるはずです。たぶんそちらの人のほうが多いでしょう。心地よくない場合は、無理して行う必要はないと思います。

 私もうつぶせ寝を勧める本の影響を受けて、あまり行いたくない時でも無理してうつぶせで寝るようにしていたら、首が痛くなり気分が悪くなるなんてことになりました。(いつもはうつぶせで寝ても、起きた時は違う姿勢になっていることが多いのですが、この時にはずっとうつぶせ寝にするようにしていた)
 また、何かで読んだのですが、あお向けが正しい寝方と言われ、それを信じて行い、全然熟睡できず長年悩んでいたという人がいました。その人が医者から「寝方なんてなんでもいいんですよ」と言われ、横向きに寝たらよく眠れて涙を流して喜んだ、なんていう話もあります。
 こういった事があるので、良いといわれるものでも無理に頑張って行ってはいけない、ということになると思います。
 寝方というのは、その人の体形・姿勢にふさわしいものを頭で考えずに選んでいます。誰もがそうでしょうが、寝ているときはいろんな体勢をとるものです。だから、あまり一つの寝方にこだわらない方が良いのではないでしょうか。
 また、うつぶせで寝ることが適している人だったら、勧められなくても今までに自然と行っているはずです。

 うつぶせ寝は、内臓に負担をかけるとか、首・腰に良くないなんていう意見もあるので、やりたくないという人もいると思います。それでも、ものは試しで一度は行ってみることをお勧めします。
 今まで、うつぶせ寝は良くないという知識から行ったことがない人も、うつぶせ寝にすればよく眠れたり、不調が改善するなんてこともありえます。
 そして、今は合っていなくても、一度うつぶせで寝ることを経験すれば、将来何らかの形でうつぶせ寝の効果が必要となったとき、体が無意識に思い出すなんてことがあるかもしれません。 


 どんな健康法でも万人に当てはまることはなく、健康で長生きの人が行っているからといって、それが正しいとも限りません。
 健康法のために人があるということではないですから、あまり人の言うことにとらわれ過ぎると、大切な人生を無駄にしかねないので注意が必要です。
 うつぶせ寝も行ってみて、快適さや効果を実感できたら、無理しない範囲で行えば良い、ということだと思います。


 




 この前テレビを見ていたら、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんが正しい立ち方について説明していました。
 中野さんによると、足への重心のかけ方が重要で、まず、かかとに一番大きく体重をかけ、次に親指の下の母指球、それから親指、人差し指、中指、薬指、小指と順番に軽くかけていくと、正しい立ち方ができるということでした。
 良い立ち方をするには、これだけを意識すればいいそうです。
 

 これはとても興味深かったので、さっそく試してみました。
 最初に、今まで通りふつうに立って、足の裏を意識してみたら、姿勢が猫背気味の私は重心がかかとではなく、前の方に乗っていました。
 そこで、かかとと母指球、親指と足の内側を中心に体重をかけてみると、たしかに背すじが伸びて、自然と真っすぐ立てるようになります。


 正しい立ち方といえば、顔はまっすぐ前を見て胸を張り、頭は上に引っぱられているかんじ、とか、耳・肩・腰が一直線上にきて、お腹を引っこめる、といったものを目にすることが多く、面倒でなかなか行う気になれませんでした。
 しかし、これなら足裏を意識するだけなので、とてもやりやすく思えました。



 足の重心のかけ方については調べてみると、かかと、母指球の次に体重をかけるのは親指ではなく、小指の下のあたりという考え方もあるようです。
 こちらも試してみましたが、しっくりこないので、私的には親指にかけて足の内側に重心がきたほうがいいみたいです。(O脚気味だからかもしれません)

 どちらにしても、かかとにまず体重をかけて、次に母指球、ということは意識するべきで、あとは親指か小指の下か、自分にしっくりくる方を行うということなのだと思います。

 あと、自分の立ち方を観察したら、ふだん左足の方により体重がかかっているので、左右均等に立ててない、ということもありました。
 両方にバランスよく体重を乗せて立つのを意識すると、より姿勢が良くなるように感じられました。



 テレビで中野ジェームス修一さんはとても短い説明しかしなかったので、このことに関してもっと詳しく知りたいと思いました。
 中野さんはたくさん本を出しているのですが、私がチェックした限り、この正しい立ち方について書かれているものはなかったです。
 したがって、なぜ足の重心のかけ方を意識するだけでいいのかは、よく分かりませんでした。 
 でも、この方法はちょっと意識すれば、それだけで姿勢が良くなるので、簡単で効果的だと思います。
 立ち方を良くしたい人にはかなりお勧めです。


 これを少し行ってみての感想としては、いつもこの立ち方ばかり意識していると、それまで立ち方が良くなかった人は、棒立ちっぽくなってしまうことがあるかもしれません。
 なので、毎日少しずつやるようにして徐々に、このかかと・母指球中心の立ち方に慣れたほうがいいように思えます。
 歯みがきしてるときや、信号待ちで立っているときなど、ちょっとした時間に行うのがいいのではないでしょうか。
 

 足への体重のかけ方を意識するこの立ち方、興味を持たれた方は一度お試しください。



プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ