お得な健康法では日常生活にとり入れたり、考え方を知っておくだけで健康に役立つ簡単な、無努力健康法で扱うにふさわしいといえる方法について書いていきます。

今回は健康法の王道「歩く」についてです。
歩くのが体に良いのは誰でも知っている事なので、あえて取り上げる事もないかと思いましたが、やっぱり私も歩くことは好きですし外せない事柄なので記事にしました。

歩くことは
*全身の筋肉を使った有酸素運動であり、脂肪を燃焼させる。ダイエットに効果的。
  
*歩くことが腸を刺激して便通をよくする。

*心配機能を高め、全身の血液循環を促す。

*骨粗しょう症、筋減少、動脈硬化、高血圧、糖尿病などの予防効果がある。

*基礎代謝が上がり太りにくくなる。

*歩くことで脳が覚醒して記憶力を向上させ、さらに認知症、自律神経失調症、うつなどの予防になる。

*ストレスを解消する。
等々のたくさんの効果が期待できます。

これだけ健康効果があるので出来るだけ歩く機会を見つけて、こまめにでも歩くのが大事だと思います。
無努力をモットーとしている私でも足は多少無理をさせるくらいがいいとエスカレーターを使わないとか、時間があったら歩くなどを心掛けています。
そして自分がやってないのに勧めるのは変な話ですが、朝のウォーキングは最高の健康法の一つだと思います。朝日には心身に対する薬効があると言われていますし、新鮮な空気、すべてが生き生きしている景色の中で歩けば気持ちも清らかになり、おのずと元気になるはずです。(想像だけで言っています(^_^;)朝は苦手なんです)
特に早朝のウォーキングをすれば早寝早起きになって、これもまた健康に大事な要素ですからまさにいいことずくめです。

そんな悪い要素が見あたらない歩くことですが私には不満な点が一つあります。
それは正しいウォーキングのやり方と言われるものについてです。
正しい姿勢、歩き方とか、一万歩歩けとか、早足でないと意味がないとかよく聞きます。それはある面では正しいかもしれないですが歩くことの良さを限定して、さらに歩きに興味を持つ人の意欲を失わせる事にもつながると私は感じます。
もっと自由に歩けばいいのではないでしょうか。
まず心地よく感じる歩き方、ペースを自分でみつけて歩くほうが大切だと思います。
正しい歩き方や姿勢などと考えずに、歩くことの楽しさを実感できれば自然と歩きたくなります。
人の歩く姿なんてさまざまで、これが良いウォーキングのやり方なんて教えられるものではないはずです。
もちろん速く歩きたい人、歩いて鍛えたいという人はそうすればいいですが、のんびり歩くのだって別に悪くないと思います。
ゆっくり歩きながらふだん目にとまらないいろんな物事に気づくのだって立派に歩くことの良さの一つです。
いつもの自分に関係ないものを見るのは脳への刺激になりますし、狭くなりがちな自分の心を解放する大切な行為だと私は考えます。
考え事をしながらうつむいて歩くのも悪くないです。歩いていると悩み事の解決のヒントを得たり、まとまらない考え、ネガティブな思いを整理したりする事ができる場合も多いですし、もし解決や整理ができなくても歩くだけで気持ちは前向きになれます。

私の場合歩く時には速く歩く日もあれば、ゆっくりの日もありその日の気分次第です。
私も速足のウォーキングの爽快さは理解しているつもりですが、いろんな不調があった頃に始めた歩くことは最初散歩というか、かなりトボトボしたものでした。周りの人にどんどん追い越されるかんじでしたが、自分の体が要求するペースで歩き続けました。そんな風でも歩く事には楽しい何かがあったのです。
そうしながらも、それまで自分の体を見つめた経験から、本当の意味で姿勢よく歩けるようになるためには、その見た目が良くないといわれる歩き方を体が十分満足するまで行わなければならないと確信していました。そしてその考えは、自分の中で歩き続けることによって実証できたと思っています。

最後に私の言いたいことをまとめますと、どんなにゆっくりでも、うつむきがちだったとしても、出来るだけ歩いてみてくださいという事です。
他と較べず自分が気持ちよいと思えるように歩けばきっと歩くことのたくさんの長所はもたらされるはずです。

睡眠は健康にとってかかせません。よく眠る事はそれだけで努力のいらない健康法です。今回は睡眠の健康効果を大きくする方法についていくつか書いてみたいと思います。

私たちが眠っている間に成長ホルモンという物質が主に脳の下垂体から分泌されているそうです。この成長ホルモンは「成長」というだけに子どもが体を大きくするのに働くホルモンで、子どもが育つためには良く眠ってこれをたくさん出す必要があります。そして大人の体でも子どもほどの量ではないですが分泌されています。
この成長ホルモンは私たちの体にとって大切な働きをします。主なものだけでも、
壊れた体細胞を修復する、免疫力を上げる、筋肉・骨を作る、脂肪を分解して燃焼しやすくする、肌をきれいにする、などこうやってみると成長ホルモンは健康にかかせないものなのが分かります。
この成長ホルモンは運動やお腹をすかせる、楽しい事をするなどで分泌されますが、睡眠時の分泌が一番多いそうです。そして夜の10時から2時までのの間に眠るともっともよく出るといわれてます。やはり暗くて静かなこの時間帯だと熟睡しやすいからなのでしょうか。
なるべく早く寝た方が良いということですね。
ちなみに、お腹をすかしていると成長ホルモンがでると先ほど述べましたが、寝る3時間前から食べないでいて空腹で眠ると成長ホルモンがさらに分泌されるそうです。

私は若い頃から夜型人間だったのですが、この成長ホルモンの事を知ってからはなるべく早く寝るようにしています。といっても夜中の一時くらいになってしまいますが・・・。でも明け方になってから眠っていた頃からすると相当マシになった方だと思います。単に早く寝ればいいのだから簡単なようですがなぜか難しいです。
(ただ昼夜逆転の生活にもそれなりの意味と一時的な必然性はあるというのを何かで読んだことがあります)

そしてもう一つ良い睡眠と健康のためにかかせない物質であるメラトニンについても少し書いてみます。
メラトニンは脳の松果体から分泌される眠りを誘う睡眠ホルモンです。メラトニンが分泌されると私たちは良い睡眠を得られますが、メラトニンにはその他にもいろいろな働きがあります。
抗酸化作用があり細胞の老化を防ぎ(アンチエイジング)ボケや生活習慣病を予防する、NK細胞を活性化させ免疫力を高め、がん・動脈硬化などを防ぐ、体内時計の調整、コレステロール値を下げるなど、その働きは成長ホルモン同様に大きなものです。
メラトニンはセロトニン(心を安定させる脳の重要な神経伝達物質)から眠っている間に作られるのでセロトニンをたくさん増やす生活を心がける必要があります。
セロトニンを増やすには
*起きたらカーテンを開け明るい光を見る。適度な日光浴。
*歩くなどの運動や、掃除などでこまめに体を動かす。
*バランスのとれた食事(大豆製品がいいみたいです)
とこれらの事を行うことでセロトニンが増えるとメラトニンもたくさん分泌され良い睡眠、健康効果をもたらしてくれます。
成長ホルモン、メラトニンの素晴らしい効果をじゅうぶん発揮させるためにもなるべく早く寝て良い睡眠を心掛けたいものです。
眠って体を休める事で私たちの体はその日の疲労や傷ついた細胞を修復する訳ですが、よい睡眠の時間が長ければ長いほど体の修復作業はたくさんできて、質の良くない眠りの人が1日の疲労をとるのに精一杯のところ、良い睡眠をとればそれ以上のメンテナンスを行うことが出来ると思います。こういったことの積み重ねが心身の病を予防し、さらにはアンチエイジングにもつながっていくのではないでしょうか。
昔の人が今のように便利でない生活環境や厳しい労働の中で生きていけたのは現代人より早く眠っていたという事があったからではないかと私は思っています。

仕事のため夜働いて昼間眠るという人は遮光カーテンなどでなるべく部屋を暗くするのを勧めます。
わたしが明け方になって寝るという生活をしていた頃、私の部屋にはブラインドがついていて、ブラインドって外が明るいと閉めてもあまり暗くならないんですね、だからいつも薄明るい中で眠っていました。
日中寝るのだからそういうものだと思っていましたが、今考えると浅い睡眠で成長ホルモンをかなり損したのではないでしょうか。カーテンに替えるとかして暗くしておけば良かったとかなり後悔しています。
まあ多少遅かった気もするけど良い睡眠は何かという事を知ったのでこれからに生かそうと思うようにしています。

掃除は生活の基本ですが、掃除する事は立派な健康法でもあります。
以前お得な健康法として歩く事を勧めましたが掃除は歩くのと同じようにとてもいい運動になります。歩くのは運動として多少単純な所もありますが掃除にはいろいろな動きが要求されます。
筋力が必要な場合もありますし、窮屈な姿勢をしないといけない時もあり(ストレッチ効果)、さらに隅の方や細かな所を掃除するためには手先をよく使わなければならない事も(脳のトレーニング)あってまさに全身の運動です。掃除が大好きという所までいけたらその人は運動不足とは無縁の人になれます。
運動効果があって、そのうえ家が片付き、キレイになれば気持ちもいいですし、ハウスダストやカビもなくなって室内の空気もよくなれば免疫力も上がり、本当に掃除だけで一石何鳥にもなります。精神的、身体的な不調の改善効果があるのは確かだろうし、ダイエット効果だって期待できます。運気が上がるなんて話もあながち嘘ではないかもしれません。気分がすぐれないとか落ち込むような事があったらなんでもいいから掃除してみると気持ちが晴れるのではないでしょうか。また暇つぶしにも最適です。

部屋がどんな感じかというのはそこに住む人の心身の状態を表しているように思えます。部屋の片づけ、掃除をしないという人は、やはり気持ちの整理も苦手で、肉体的にもいろいろ余分なものを抱えて体調を崩しがちなんて事も多いのではないでしょうか。
とそんなことを書いてる私も自分の部屋を眺めてみれば、それほど整理されているとはいえず必要最低限の事(とりあえず床に余計な物がおいてない程度)しかしてませんが(-_-;)
(昔掃除のバイトをやってた事があるのですが、学生時代に学校の掃除をサボってばかりだったので「なんでお前が掃除なんだ」とからかわれました)
トイレや風呂場もこれだけはやろうというラインを決めてやるようにしています。ただやる時は徹底してやりますが、こまめにやるのは苦手です。一日10分とか決めてやればいいのかもしれません。まああまり健康効果だ運気だといって「やらなきゃ」となるとストレスになって逆によくない事もあるのでほどほどにやるようにしています。
そうはいってもこれから大掃除の時期ですから健康効果やダイエット効果を頭の片隅に置いて掃除をするとやる気もすこしは違うかもしれません。
掃除が苦手という人はとりあえず要らない物、ゴミをまとめて捨ててみたらどうでしょうか。それも面倒という人はせめて一日一回窓を開けて換気するといいそうですよ。

ノーパン健康法はパンツをはかないで寝るという健康法です。
これは1990年頃に北海道の丸山淳士医学博士が提唱したもので、パンツをはかない事で締め付けがないので毛細血管の血流が良くなる、通気性がいいので雑菌の繁殖が抑えられる、お腹をゴムで締め付けないのでリラックス効果が得られるといった効果があるそうです。

私もずいぶん昔からやっているのですが、もし話題になり始めた90年ごろからやっているとすれば、20年近く続けている事になります。
今では当たり前にやっているので、その良さをあらためて感じる事はないですが、もしパンツをはいて寝る事があれば息苦しくなってよく眠れないと思います。

とにかく始めた頃はそのリラックス感、開放感に感激しました。
医学的には三つの効果のうちの毛細血管の血流改善と雑菌の話は否定的に見られているみたいですが、リラックス効果は間違いないと思います。そしてリラックスによる安眠効果もあるでしょう。

ただいろんな人に勧めましたが、イメージ的に良くないのかあまりやってみたいという人に会ったことはありません。
締めつけられるのが嫌でゆったりした服が好きという人にはたぶん気に入ってもらえると思います。

手軽でお金もかからないのでノーパン健康法ぜひ試してみて、一度開放されてみてはいかがでしょうか。

今回の「お得な」健康法は笑うことです。
「笑う門には福来る」と言いますが、笑うことにはすごい健康効果があります。
ただ笑えばいいだけですから、これほど安上がりで楽な話はありません。友人との馬鹿話でも落語やテレビのお笑い番組、マンガなどなんでもいいです。
大笑いするのがベストみたいですが、それ以外の笑いでも効果があります。(人をあざける笑いや冷笑はよくないでしょうが)
そして、別におかしくなくても笑い顔を作ってみるだけで、脳は楽しいと判断して笑う事の効果を得られるそうです。
今回の記事は「笑いの免疫学」(船瀬俊介著 花伝社)という本を参照して書いてます。この本には笑いと健康の関係が包括的に、さまざまな実験の結果を紹介しながら面白く書かれています。

人間はどんなに若い人でも健康な人でも、体内に毎日約3000~5000個くらいのガン細胞が発生しています。それらはナチュラルキラー細胞などによってとらえられて破壊されるので通常はガンになりません。
このNK細胞がストレスや不安などによってその働きが弱まると、人の体はガンなどになりやすくなったりします。しかし、NK細胞の働きが弱まっていても、笑うことでその働きが上がるそうです。これは笑いが善玉ペプチドという免疫機能活性ホルモンの分泌を促し、それが血液やリンパ液に乗って全身に運ばれてNK細胞に付着し、働きを活性化させるためです。
さらに笑うことでβエンドルフィンが分泌され、これがストレスを感じた時に体内に分泌されるアドレナリン、ノルアドレナリンなどの毒性の強いホルモンを中和消去してくれます。
βエンドルフィンは脳内モルヒネとも呼ばれ、ストレスや苦痛を鎮静させ安らぎをもたらしてくれる物質ですが、これはNK細胞を活性化させる働きも持っています。
また、人が肉体や精神に強いストレスを受けると、副腎皮質からコルチゾールという血糖値を上昇させ、免疫抑制作用を持つホルモンが分泌されます。
コルチゾールは別名ストレスホルモンとも呼ばれ、これの血中濃度を計ると人がどれくらいストレスを受けているかの尺度にもなるもので、うつ病の人などもこれを多く持っています。このコルチゾールも笑う事で減る事が判っています。
大笑いすると酸素が大量に血中に取り込まれ、コルチゾールを分解して尿になり排出されていくそうです。
これらの事から、笑いには強力な免疫作用がある事が分かります。笑う事でガンや感染症になりにくくなるほかに、アトピーやぜんそくなどのアレルギー症状、糖尿病、リウマチなどの改善にも効果的とのことです。

他にも笑う事にはいろいろな健康効果があります。

*笑うと副交感神経が優位になり心拍数や血圧を下げ、また脳にはα波も出てリラックス効果をもたらす。

*運動効果としては、笑う事で横隔膜を上下させると腹式呼吸になり、これが全身の血行を良くします。
またゲラゲラ笑うだけで腹筋運動になります。私もバラエティ番組を見て爆笑している時に腹を押さえてみる事があるんですが、腹筋すごく固くなっていて割れていることが分かります。これは普通に力を入れてみても絶対こうはならなくて、爆笑した時にしか起きない現象で、いつもこう笑っていれば本当に腹筋が割れるかな、と不思議に思っています。

*大笑いすると酸素をたくさん取り込みその量は通常呼吸の3倍、深呼吸の2倍にもなるそうです。この酸素が脳と体中に供給されれば細胞は活性化して元気になります。

*脳の血流を増やし記憶力などの脳機能を活発にして脳を若返らせる。それによって頭を良くする、認知症の予防になると考えられる。
さらに笑う事で遺伝子を変化させる、血液サラサラ効果がある、成長ホルモンを増やすなどの効果もあると言われています。


笑う事にこれだけの効果があるとなると、テレビのバラエティ番組、さんまとか「アメトーク」とかがストレスの多い日本社会に果たしている役割はとても大きいもののようにに思えます。(私のお気に入りは「モヤモヤさまーず」です)
さらに、親がテレビのお笑いを見て笑っている子どもに「そんなもの見てないで勉強しなさい」とも言いづらくなりますね。何せストレスを取り除きながら、運動して、頭も良くしている事になるのだから。そうなると健診の結果を気にする大人も一緒に見て笑った方がいいという事になります。

人はつらい状況になると笑えなくなりますが、そんな時こそ逆に笑いが必要な事が、笑いの体への影響を知ると分かります。なので普段の生活から笑う機会を積極的に持つようにしたいです。
冗談を言う、好きなテレビ、ラジオ番組を持つとか、つくり笑いなら鏡を見るたびに笑ってみるのもいいし、私はドライヤーで髪を乾かす時に口角を上げるようにしていますが、これは時間の有効活用にもなってオススメです。
最後に「笑いの免疫学」には著名人の笑いに関する格言がいくつも載っていますが、その中で私が気に入ったものを紹介します。
オリンピックの陸上競技で9個の金メダルを獲得したカール・ルイスの言葉です。
「100mを全力疾走する時、70mを過ぎた時点でニコッと笑顔を作るのさ。すると残りのゴールまでのスピードがアップするんだ」
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
無努力健康法

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ