無努力健康法一回目のテーマはちょっと変わったものをと、字を書く筆圧について取り上げてみます。

 
 みなさんはペンなどで字を書くとき、下の紙に跡がうつりますか?
 子供の頃から跡がつくように書いている、という人も多いと思います。
 ペン跡がうつるのは余分な力を使っています。字を書くのにそこまでの筆圧は必要ないと私は思います。
 以前、わたしが絵の展覧会に置いてある芳名帳で調べてみたことがあるのですが、その時はだいたい半分位の人が強い筆圧でした。

 紙にペンを押しつけずに滑らせて書けば、裏がデコボコしません。そして、それが字を書くのに最適な力の入れ具合だと思います。
 筆圧というと誰でも子供の頃、紙がデコボコしないために下敷きを使っていたはずです。もしかすると子どもは筆圧が強いのかもしれません。
 しかし、面白いことにアメリカでは子どもも下敷きを使わないみたいです。「日本人はなぜ下敷きを使うのか」とアメリカ人から訊かれた事がありますが、筆圧でデコボコになった紙に書く気持ち悪さは共通だと思うので、アメリカ(欧米人)は日本人よりは筆圧が弱いんだと思います。
 この推測をしたもう一つの理由は、これはヨーロッパの話ですが、日本の文具メーカーがサインペンをあちらで販売して結構売れている、というのをテレビで見たことがあります。そして、よく売れるのは書き味をヨーロッパ人向けに滑らかにしているからということでした。
 滑らかに書くというのは跡がうつるような書き方ではないなと思い、さっきのアメリカの話も含めて、日本人は字を書くのに特に力が入りすぎているんじゃないかなと考えるようになりました。


 もちろん筆圧の強い人に問題があるとは思っていませんが、何かもったいないような気もするのです。
 私も筆圧が強かったのですが、紙の裏に跡が残らないように書いてみたら、ほとんど苦労なく出来るようになりました。
 もともと力の入った書き方をしていたので、力を抜いて書くというのは、それに比べて楽をすると言っていいでしょう。ですから、字を必要最小限の筆圧で書くことは、「無努力に」できます。
 皆さんも少し意識して練習すれば、すぐに出来るようになると思います。
 筆記具もなめらかな書き味のものや、ペンの柄の部分が太いものにして、シャーペンの芯や鉛筆の濃さをB以上の色の濃いものに替えればさらに良いです。この書き方、一度やり方を覚えればずっと使えます。


 この筆圧と健康の関係について説明しますと、まず当たり前のことですが、字を書いても疲れにくくなります。
 余計な力が抜けるので手指、腕、肩がラクです。
 あと脳と手の密接な関係を考えると、筆圧強く書くことで脳にも入っていた余計な力が抜けて、脳のリラックスにもつながるはずです。
 そして、この筆圧を適正にすることは、書くという行為だけに限定されず、日常の動作すべての力の適正化にもつながります。ものを持つ、包丁を握る、ドアを開ける、車のハンドルをもつなど、あらゆる動作の余分な力を抜くのに役立ちます。
 日常使う、必要以上の力がどれ位なのかを数値にすることは出来ないでしょう。でも1日1日と蓄積していけば、かなりの量になるでしょう。
 その余りの力を別のことに使れえば、人生に少しのプラスをもたらすと思います。
 興味を持たれた方は試してみて下さい。コツはペン先を紙に押しつけずに滑らすことです。


 これで第一回目のテーマ「筆圧」を終わります。無努力健康法がどういった感じか少し理解して頂けたでしょうか

 次からも、このように楽で変わった健康法をいろいろ紹介していきますので宜しくお願いします。


 前々回は鼻うがいについて紹介しました。
 私は水で鼻うがいを毎朝やっていますが、今回はその流れで鼻うがいと一緒にやっている身じたく的な健康法をいくつか書いてみます。


 まず朝起きて洗面台の前でするのは舌の掃除です。
 舌の汚れは口臭の原因になるそうですし、汚れがいつも舌の上にあると思うのは嫌なので始めました。専用の器具は使わないで、小さいスプーンで力をいれずなでるようにとります。毎日やっているからか汚れはあまりないです。
 汚れが取れる場合でも強く器具をこすりつけたり(歯ブラシ、歯磨き粉は使わないほうがいいそうです)、一日に何度もやらないで一回だけやるようにした方がいいみたいです。

 
 舌掃除をしてから残りの口内の雑菌を落とすように少し歯磨きをします。
 その後、舌の先端を上の歯の裏側のつけ根にあて、舌の先端から徐々に上あごに押しつけ、舌の半分くらいまで上あごにつけます。これをやると不思議と気分が良くなります。
 そして、鼻うがい小鼻もみをやります。
 鼻うがいした後は、鼻に残った水を出しきるため下を向いている必要がありますが、朝の大事な時間を無駄にしないため、私はここで顔を洗って下を向きながら顔のリンパを流します。
 初めに鎖骨をつまんでもみます。それから、こめかみ、耳の前のところ、耳の下のあごの骨のえらのまわりを軽くもみほぐしたら、顔の縦の中心から今ほぐしたところへ向けて、手指で肌の上を滑らすように両側へリンパを流します。皮膚の表面を流せばいいので力を入れずにやさしくやります。
 おでこ、目の周辺、ほお、口元、あごと両側へ流したら、今度はこめかみの所から耳の下の辺まで流します。
 仕上げに耳の下から鎖骨のあたりへ向けて首筋をなでおろします。毎日やると老廃物が流れ、むくみもとれて顔がスッキリします。


 最後に口から唾液がよく出るように、上下の歯をカチカチと打ち鳴らし舌を口の中であちこち動かします。
 これであまり唾液が出ない場合、あごの骨の下の辺をまんべんなくもみます。しかし、私はこうやっても唾液があまり出ないので、奥の手としてあくびをします。
 のどの奥の方にあくびをでやすくなるポイントがあって、そこを広げるように刺激するとあくびがでます。あくびと共に涙と唾液が出ます。
 涙と唾液の二つをでやすくしておくのは、健康にとって大切だと思います。
 そして、あくびをするのは体のリラックスのためにも必要なので、このあくびの仕方をおぼえておくといいと思います。「オエッ」とえずく場合もありますが、何故かえずいても唾と涙がでます。
 こうやって口内に唾を出し、それがある程度たまったらゴクリと飲み込みます。
 飲み込んだら唾の感触が胸の辺りに来ると思いますが、その感触をだんだんと下に降ろし、へそのあたりまで落とします。
 これで実際に唾が落ちている訳ではないですが、感覚的にやってみて下さい。これをやると体の中心がまっすぐ整い、姿勢がシャキッとして気分よく一日が始められます。

 文章にすると長いですが、やるのは全部で五分とかかりません。気になったものがあれば是非お試しください。


 人は足から衰えると言われています。
 足は立つ、歩くなどの動作の土台となるところですが、生活が便利になった現代人は体を動かすことも減り、その結果、足の大切さも省みられなくなっている傾向にあります。
 足の大切さを痛切に感じるようになるのは歳を取ってからです。
 筋力のある若いうちは、こういったことを考えたりしないでしょう。(といっても若い人も肥満や運動不足で足腰が弱い人も多いですけど)
 しかし、年齢を重ねるとともに足が弱くなり、歩くのが大変になると、出来ることが少なくなったり、行動範囲も狭まったりして本当につらく感じるようになると思います。
 

 そんな足の健康を保つために大切なのは、歩くなどの運動や、日々体をよく動かすことですが、忘れがちなのが履き物についてではないでしょうか。
 私たちは立って歩くときにはたいてい何かをはいていますが、履き物が足に及ぼす影響について軽く考えている人が多いように思えます。
 そして、このことが外反母趾や足指が縮む、浮く、動かないなどの足指の異常、タコやウオノメ、ひざや腰の痛み、O脚X脚等の原因となっているという事もあります。
 今回はこの履き物についていくつかの話を書いてみようと思います。




 
 履き物と足の健康といって、まず思いつくのはハイヒールです。
 ハイヒールを履くことで外反母趾や腰痛になりやすいのはよく知られています。
 かかとの高い靴は足の負担になって、歩くのにも向いていないので、なるべく履く時間を少なくした方がいいです。
 また、子どもが学校で履く上履きは、足を固定させずに不自然な歩行を強いて、子どもの足の生育を阻害するということです。


 足の健康を考えるのなら、靴はひもを通す穴が5つ以上あるものがいいそうです。
 そして、靴を買う際にはかかとがフィットして、つま先に余裕があり、足指が窮屈でないものを選びます。
 お店でしっかりひもを締めて試着し、歩いてみて履き心地を十分確かめてみます。
 靴によってサイズにバラつきがあるので気を付ける必要があるそうです。
 本当に自分に合った靴を選べば、歩くときの気分が全く違ってきて、積極的に歩きたいという気持ちにさせてくれます。
 サイズの合わないものや履き心地の良くないもの、ひもでしっかり固定させない靴などは、足の不健康につながり、さらに全身の骨格、内臓にも影響を及ぼすことも考えられるので、靴選びにはある程度の時間とお金をかけた方が良いと思います。



 そして、今回の記事で特に伝えたいのは、スリッパの弊害についてです。
 今ではたいてい家の中でスリッパを履いて生活していると思いますが、その習慣は足の健康にとってよくないそうです。
 足は親指と小指、そしてかかとの三点でバランスを取り体の安定を支えますが、スリッパはその親指と小指の働きを束縛して機能させなくするそうです。

 スリッパで歩くと足が安定しないため、私たちは足の指を不自然に曲げ、縮めてしまう習慣がつきます。この足の指を曲げた状態では全身が緊張して硬くなり、運動能力が大幅に制限されます。
 家の中にいる間じゅうスリッパで歩き続けて階段を上がったり、掃除をしたりしすれば、足の指を曲げた状態が固定されてしまい、気づかないうちに足の健康を損ねてしまいます。
 
 また、外出するのにサンダルを履く人も多いですが、サンダルもスリッパと同じ理由で足の健康を損ねることになります。
 長い距離を歩くぶんスリッパより弊害が大きいかもしれません。サンダルは家の周りで履くぐらいにした方が無難だと思います。


 外を歩く時はハイヒールかサンダル、家の中ではスリッパとなると、足指を使って正しく歩くときが全くないことになってしまいます。その悪影響は大きいのではないでしょうか。
 家の中ではスリッパを履かずにいれば、正しくバランスのいい足の使い方ができます。
 こうすると足指を使う感覚を得られますし、足裏の刺激にもなって足のさまざまな不調、姿勢を良くすることや、冷えにまで効果が期待できます。
 何も履かないと足が冷えたり、汚れが気になるという人は布ぞうりみたいなものを履けば、足指を使う歩き方が出来るので良いみたいです。



 このことに関しては私的に解決できないことが一つあります。
 気候が温かいうちは布ぞうりをはくか、何も履かないでいても過ごせますが、寒くなると足元が冷えるのでどうしてもスリッパを履いてしまいます。
 ルームシューズもなかなかしっくりくるものが無くて、鼻緒のついたスリッパみたいなのがないか探しているけどなかなか見つからず困ってます。
(追記 この後、自分で足袋の形のスリッパを自作することを始めて、寒い時期にも足指を使った歩き方が出来るようになりました「足袋スリッパの完成」)



 自然の中で裸足で生活する人達の足は、人間の持つ足の機能を十全に発揮したもので、その足指はまっすぐだそうです。
 日本人も靴を履く以前の下駄や草履の時代には足の健康を良く保っていましたが、生活習慣の変わった現代ではそういった時代に戻るのは難しいでしょう。
 しかし、正しい靴を履く、家の中でのスリッパを見直す、さらに足指ストレッチや足裏マッサージ、五本指ソックスなどの毎日のちょっとした足のケアで、少しでも足の健康をよりよく保てるはず、と思っています。


 この記事の中のスリッパに関することなどは、「足の指まっすぐ健康法」(松藤文男 今井一彰著 河出書房新社)という本を参考にして書きました。この本は足の健康に関する話題がたくさん書かれているとても良い本です。


 皆さんは電話で話す時、どちらの耳に当てて話しますか?
 いつも当てている耳が、その人にとってよく使う利き耳になります。
 街なかで観察すると、割合はだいたい半々くらいのように思えますが、右耳からの情報が送られる左脳は言葉の理解、使用に関係するので、電話は右耳にあてた方がいいそうです。(体の右半分は左脳、左半分は右脳によってコントロールされています)
 右耳から聞いて左脳が働くと、言葉の意味の理解が速くなります。

 電話を左耳にあてて話す場合、言葉の情報はいったん右脳に入ってから言語脳である左脳に送られて処理されるので、時間的、エネルギー的なロスがでます。その時間差は100倍以上とも言われています。
 また、左耳を使うと、右脳は情緒や感情に強く関連してるので、冷静に判断できなくなる場合があります。
 一方、右耳で話すと客観的に言葉や内容を受け止められるそうです。
 言葉を使うのにこれだけの差があれば影響は大きいと思えるので、話をしたりコミュニケーションが苦手と感じている人や、セールスなんかを断ることが出来ないという人で電話を左耳にあてている場合は、一度右耳で電話するのを試してみてはいかがでしょうか。



 左脳は言語、計算、論理、分析などの働きに大きく関わり、社会的な決まり事や仕事、時間などの外的な事へ注意を向けるようにできています。そして、情報を連続的直列的に処理するのを得意とします。
 右脳は表情や身体の動き、言葉などの中にある感情を感じる直観思考、視覚・音などのイメージ、心身の状態・感情などの内的世界への注意、直観や全体的な思考を行い、情報を同時並列的に処理します。
 右前頭部に腫瘍ができてここを切除すると、ネガティブな感情が起こらず陽気になり、左の前頭部の腫瘍を切除すると悲観的になるということが見られるそうなので、左脳はポジティブな感情、右脳はネガティブな感情と関係すると考えられます。
 人は、聞きたい言葉は右耳で、聞きたくないことは左耳で聞く傾向がある、という話をネットで見かけましたが、子どもの頃に周囲から小言など楽しくないことばかり聞かされた人は、言葉を少しでも遅く聞こうと左耳・右脳優位になり、ネガティブな感情を抱きやすくなるということがあるかもしれません。
 一方、楽しいことなら少しでも速く脳に入れたいと思って右耳で聞くようになるでしょう。
 ちなみに、アメリカ人の多くは右耳に受話器をあてるそうです。


 そして、日本人は母音の多い日本語を話すので、音の聞き取りに敏感になり、他の国の人々は右脳で処理する虫の音なども言語脳の左脳で処理しているそうで、その結果、左脳を過剰に使うようになっているとも言われています。
 あまりにも片方の脳の働きが強まりすぎれば、左脳の場合だと、理屈っぽくなったり、口先だけの調子のいい人になる、相手の感情に気づけなくなる、芸術などに興味を持てない、合理性を追求しすぎて損得勘定ばかりの思考になる、後先考えずに行動してしまうことなどが起きると考えられます。
 一方、右脳の働きが強まりすぎると、だまさやすい、不合理なものを信じてしまう、感情にふりまわされる、過去にとらわれて考え過ぎてしまう、行動力がなくなる、ネガティブ思考になって疲れやすくなる、などといったことになりやすいと考えられます。

 左右脳の長所、短所はすべて利き耳によってもたらされるものではないでしょうが、影響はありうると思います。なお吃音や学習障害などの人は利き耳が左の場合が多いそうです。
 右脳と左脳の違いはこのように考えられていますが、脳は左右が協調して働くものだそうなので、どちらが一方ばかり強化すればいいというものではなく、バランスが大切ということではないでしょうか。
(でも、日本の社会は極端に左脳優位の人と右脳優位の人に分かれている所があると思います)



 この話を知って、私はそれまで左耳で電話をしていたのを右耳にあてるようにしてみたところ、話をするのがスムースになるのを感じました。今では意識しなくても右耳にあてるようになっています。
 外国語の学習も左脳を使って行うといわれますが、このことについてとても残念なことをしたと思う経験があります。
 以前、私は10年以上も英会話の教室に通っていたのですが、長年やったわりにはあまり上達しなくて、ずっと自分は才能がない、と思っていました。
 でも、思い返してみると、私の教室での定位置はネイティブの先生を左に見る席で、つまり先生の英語をいつも左耳から多く聞いていたことになります。私の席は外の見えるよい席だと思ってましたが、そうではなくて英語の上達の度合いを20%くらい損させる席だったかもしれません。(私は右脳人間なので本当にまったく才能がなかっただけかもしれませんが)
 映画を見る時は、映画館の右側に座れば、左目・左耳からの情報が多く入り、イメージを喚起する右脳が活性化するので面白さが増す、とも言われますが、学校での勉強や講演を聴くなどの時は右耳から音を聞ける場所に座ればよいということかもしれません。



 この「電話をするときは右耳を使うのがいい」というのは、フランスの耳鼻咽喉科医トマティス博士に関する本を読んでいて知りました。
 トマティス博士は、聴覚・心理音声学の長年の研究を通じて「聞き取れない音は発音できない」などの法則を発見し、特殊な装置を使って聴覚を新しく蘇らせ、脳のリラクゼーション、語学力の向上などにも効果があるというトマティスメソッドと呼ばれる聴覚トレーニングを開発しました。

 その聴覚と心理との関係のスペシャリストであるトマティス博士が、人の耳は右耳が多少優位のほうが言いと主張されているのですが、聞き耳を右にするための方法としては、電話を右耳でするくらいしか素人には思いつきません。
 トマティス・メソッドではさまざまな機械によって利き耳を変えたり、聴覚を再生させたりするそうなので、宣伝ではありませんが、興味を持った方はそのセラピーを行うトマティスセンターというところを調べてみてください。
 言葉は左脳で処理されるから電話は右耳にあてればいい、という簡単なことで長い文を書いてしまいましたが、左耳で電話していた人は一度お試しください。


 また、右脳人間も左脳人間も、お互い自分の持ってない逆のものにあこがれることもあるかと思います。(こういう右脳・左脳のステレオタイプで区別するのもすこし無理があるかもしれませんが)
 ですので、極端な左脳優位の理屈っぽい、内省的な面がないといった人の場合、電話を左耳にあててみるのもいいかもしれません。



 6月14日の「上を向けて歩こう」の記事で、男性機能を高めるためには
 ・睾丸の温度を上げないように、さおを上向きにキー
  プして陰嚢に触れないようにする
 ・そうするためには、トランクスやボクサータイプの
  パンツはやめてブリーフやビキニ、またはキングス
  タイル・シューバンなどの機能性下着のビキニタイ
  プが良い、ということを書きました。

 その記事を書くにあたりネットでそういったことについて調べていたとき、「ふんどしが良い」という 話があってとても気になりました。
 ふんどしは上記の条件を満たした上に、さらにパンツのゴムの締めつけもないので、その良さはもしかすると一番理想的かもしれないと思えました。
 私は今まではいたことがありませんが、もし本当にビキニなどの下着よりはき心地が良かったら、前の記事を訂正しなければいけないと、急いで越中ふんどしを取り寄せてみました。

 装着してみてまず感じたのは、ゴムの締めつけのない快適さでした。血液の流れが良くなって、スーっと楽になった気がします。
 しかし、はいていると予想していた通り、大きい方のトイレが面倒です。
 そして、モノの大きさと体つきの問題があるかもしれませんが、上向きのキープが難しかったです。たいして動かなくても下がってしまうかんじです。
 私はここ何年も上向きで過ごしていますので、下向きになるとどうしても違和感が大きく、試しばきは早々に終了してしまいました。
 (布にひものようなものがついて、さおをそこに入れておけば、上向きでいられるという細工のある製品があればいいかもしれませんが)

 でも、日中はくのは合わなかったけど、もしかすると寝ている時に、はけばいいかもと思い、そちらを試してみることにしました。
 というのは、私はノーパンでいつも寝ていますが、ノーパンだと袋とさお・太モモがくっついてしまって睾丸の温度が上がるから、寝ている間も何かはいていた方が良いという説があり、それが気になっていたからです。
 それで夜のふんどしも試しました。しかし、ノーパンでいつも寝ていた身からすると、なんとなく布がかさばって寝にくかったので、すぐ脱いでしまいました。
 結局、ビキニやキングスタイルを好む私の感想としては、ふんどしは良いものとは思えず、却下ということになりました。(素材が良かったので体を洗うタオルに今は使っています)
 ただ、ゴムの締めつけがないことの良さは感じられたので、次にキングスタイルを買うときはワンサイズ大きいLLを試してみようと思いました。


 amazonでふんどしを探すと、女性用のものが多くでてきます。女性の場合は上向きは関係ないので、はいていると楽なふんどしはかなり良いのかもしれません。
 また、女性は下腹部を温めた方が女性ホルモンの分泌が良くなったりするので、男性のボクサートランクスみたいなものをはくのもお勧めだそうです。


 男は精子を作る機能やテストステロンの分泌を高めるために、睾丸の温度を低く保つ必要があります。
 そのため、あまり入浴やサウナで、体を温めすぎるのも良くないと言われます。
 私は毎日寝る前に風呂に入りますが、寝るときに熱を持った睾丸を冷ますため、パジャマのズボンの前開きから袋を引っぱりだしています。こうやっておくとすぐに温度が下がるので、熱によるダメージを少しは避けられるのではと思っています。(小便のときも温度を下げるために、玉を出すようにしています)
 また、冬の夜に手が冷えて仕方がないときには、睾丸を握ると、手は温まり玉は冷えるので一石二鳥です。女の人も手が冷たかったら、旦那や恋人の玉を握れば、男の元気も増してお互いの仲も良くなるなんてこともあるでしょう。(旦那のあっちが元気になるなんて嫌という方もいるかもしれませんが・・・)


 男性のための機能性下着・キングスタイルとシューバンは、それぞれ台湾と韓国のメーカーが作っています。
 それらの国では、東洋医学の伝統が残っているからなのか、こういったことに関して日本より真剣に考えているように思えます。
 AV男優の加藤鷹はセックスの教則DVDをだしていますが、そのDVDが人気の台湾では鷹さんが、日本みたいな下ネタ的なふざけた調子ではなく、セックスの先生として真面目に扱われる、というのを彼の書いた本で読んだことがあります。
 韓国では徴兵で軍隊に入ると、その方がやはり力がでるからなのか、ブリーフが支給されということです。そのためか分かりませんが、韓国の男性はボクサーパンツではなく、ブリーフ派の人が多いそうです。
 以前の韓流ブームの頃、韓国の男性タレントの男っぽさが話題になりましたが、その男らしさを作りだしていたのは、上向きをキープして、睾丸につながる血管をそけい部で温めないブリーフにあったのかもしれません。


 男はパンツをはかなければ、さおがダランと垂れさがるのだから上向きにしておくのは不自然に思えるかもしれません。しかし、動物は上向きの形をしているので、人間も上向きにしておくのが正しいそうです。
 例えば、オス犬のものを見ると、前を向く形をしています。
 あの形が動物本来のもので、もし四つ足の犬が後ろの二本足で立ったとすると、上向きになります。四つ足の動物から人間は二本足で立つようになりましたが、人体にもその長い期間の体の構造が残っているので、上向きにしておくのが良いということです。
 私たちが上向きにして感じる爽快さは、本能で生きていた動物の頃の感覚から来ているのかもしれません。 




プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ