前回の身じたく健康法の終わりのところで唾液の出し方についていくつか触れたので、その流れで唾液を出す方法をもう少し紹介したいと思います。

朝に出る唾液を気功法では玉液と呼び、それを飲むと身体を若返らせる効果があると考えられていて、不老の仙人はかすみを食べて生きていると言われていますが、あれは仙人が口の中をいつもモグモグさせて唾液をだし、それを飲み込んでいるのを人が見てそう言ったのではないかという説もあるらしです。科学的にも唾液にはパロチンという若返りの成分が入っているということが分かっているそうです。
その他にも唾液には食べ物の消化を助ける、口内を清潔に保ち、虫歯を予防するなどの大切な働きがあります。
しかし加齢や、ストレスなどの精神的緊張、抗うつ剤、睡眠薬、降圧剤、抗ヒスタミン剤などの薬の影響、腎臓病や糖尿病、口呼吸などが原因で唾液が減ってくるようになります。そしてそれはドライマウスという症状で呼ばれ初期症状として、口のネバツキ、口の中がパサついて食べ物が飲み込みにくい、歯垢の増加、口臭などが起き、重症になると口の中がカラカラになって舌がひび割れたりして生活に支障をきたすようになります。そういうドライマウスの人は年々増えて来ているそうです。

唾液がでにくいドライマウス対策としては先にあげた原因となる事柄への対応が必要ですが(特に精神的なリラックス)、このブログでは直接的に唾液を出す方法について書いていきたいと思います。

まずよく言われるたくさん噛むという事。噛めば噛むほど唾液はでます。あと梅干しなどの酸っぱい食べ物をとるという事。食べ物に興味を持つのもいいです。美味しいものの事を考えるだけで唾液は出ます。さらに水分不足の場合は水分補給をこまめにしましょう。
マッサージも効果的です。耳の下、あごの骨のエラの下あたり、そしてあごの先の舌下を押すと三つある唾液腺を刺激します。
そして前回、朝の身じたく健康法で書いた、口の中を舌でかき回すやり方、さらにあくびを意識的にすると唾液が出てきます。(口を開けてのどの奥を開くようにします)
鼻の下を人差し指で強めに左右にこするのも効果があります。
私も精神的緊張が強いからか、口の中はネバつき気味で唾液の質もあまり良くありません。むかし歯医者で虫歯になるのが人より早いと言われたことがありますが、原因は唾液の少なさにあったかもしれません。

そんな私がある日ふと思いついたのが、ほんの少しの(小さじ半分以下)水を口に含み、しばらくの間そのままにしているという方法です。自分では水トローチと呼んでいます。
これは長い時間やってもいいですが、五分もやると口が水を薄めようとするのか、質の良いサラサラした唾液がでてきます。しばらくして唾液の出が悪くなったらほんの一、二滴の水を加えてもいいです。
口の中の水をあちこち動かさずに舌先あたりにためておきます。自分としては、水分を薄めようとする口の働きがあるのとともに、舌先に水を含む口のかまえが唾液を出やすくする形なのではないかと考えています。唾液がたまったら、それは若返りの薬ですからありがたく飲み込みます。
仕事中や会話中などにやるのは向かないと思いますが、他の時にはいつでもできます。
アメ、ガムのように糖分や添加物の心配もないですし、毎日続ければ効果を感じられますよ。
なおこれの荒治療バージョンとして大根おろしを絞った少々辛めの汁を小さじ2位口に含み唾液で薄めて飲み込む方法もあります。

この前、一度はやりたい健康法3 全身のコリの解消1のところで書いた痛みを逃す方法はかゆみに対しても効果があると思うので、かゆみに悩む人は一度ぜひ試してみて下さい。

やり方はかゆみを感じたら、まず何もしないでジッとします。この時、目や口を動かし、顔をしかめてかゆみを我慢したりしないようにしてください。
かゆみに意識を集中して、目や口を動かさず、かゆみを感じなくするように体を動かします。かゆみを逃がすように身をよじらせて下さい。体のどこを動かすとかは決まってなく、ただ何も考えず体の動くままよじらせます。30秒~1分やります。
この方法には即効性はなく、徐々に効果がでてくるものなので、しばらくこうやってもたぶんかゆさはそれほど消えないと思います。
なので身をよじらせてかゆみを少しの間やりすごしたら、皆さんがいつもかゆい時にする行動をとって下さい。
それほど症状のひどくない人は爪で掻いてかゆみを無くすのでしょうが、重い症状の人の場合ひたすら耐えてあとは薬を塗ったり、内服薬を飲んで症状を治めているのでしょうか。それがずっと続くとなると本当にたいへんな事だなと思います。

かゆみの原因はいろいろあると考えられます。みなさん乾燥に気を付けたり、アレルギーの原因をさがしたりしていると思います。
私がさきほど勧めた方法は、かゆみの原因の中でもあまり考えられていないものに対処するものです。その原因とは背骨の歪みです。
かゆみは大抵同じような所におきます。さらによく左右対称でかゆくなったりする場合があると思います。
これが何を意味しているかというと、かゆい所につながっている神経が出ている背骨の部分に歪みがあるという事です。この歪みが神経の伝達を阻害して患部の血行等を悪くして症状をひどくしている事が考えられます。
背骨の歪みは複雑でただ背スジを伸ばせばいいというような簡単なものではないですが、先ほど話した方法を続けてもらうと、かゆみの原因の一つである背骨の歪みが改善します。理由を訊かれると説明しようがないですが、身をよじる無意識の動きにはそういう働きがあります。そしてそれに伴いかゆみも和らぎます。
しかしかゆみの原因は一つではなく、複数ある事も考えられるので、この方法だけですべて良くなるとは言えませんが試してみる価値はあると思います。だまされたつもりで一度やってみてください。

なお発症の原理が背骨の歪みからきていると思われる、足のムズムズ感もこの方法が良い効果をもたらす可能性があると思います。

かゆみの原因と考えられるものとその対策をいくつか書いてみるので参考にしてみて下さい。


*特定の食品、ダニ、鎮痛剤などの薬、金属、ウルシなどのアレルギー

*血液の汚れー食べ過ぎると血液が汚れる。甘いもの、脂っこいもののとり過ぎ、さらに添加物にも注意が必要。食べ過ぎて十分消化されずに体内に入った食物がアレルギーの原因になるという説があります。
卵と乳製品をとらない療法もあります。(私はこれをやりました)

*ストレスー昔わたしも嫌な事が起きると湿疹の症状がひどくなる経験をしました。ストレスによって発生する毒素を皮膚から排出するそうです。
食べ過ぎなんかもストレスから来ているからストレスへの対処は真剣に考える必要があります。
これについて筑波大学の宗像(むなかた)恒次先生の本に興味深い事が書いてあったので抜粋してみます。
「(ストレスを感じて)交感神経が興奮すると副交感神経反射が起きる。副交感神経反射によって起こる身体症状は嘔吐感、息苦しさ、下痢、喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー、じんましんなどがある。喘息やアトピーは難治性の病気とされているが交感神経緊張を緩和しようとしている症状。もしも喘息やアトピーにならなかったら交感神経緊張が心臓を絶えず激しく拍動させ、磨耗させ中年に達する前に心筋梗塞を起こす危険性が増す。副交感神経反射は生命にかかわる病気から身を守る自衛症状と言える。」

*ボディーソープ―皮膚に存在している良い働きをする常在菌をすべて殺してしまう。
また合成洗剤、シャンプー、化粧品にも気を使う必要があるかもしれません。

*ミトコンドリアの機能不全―鼻呼吸のたいせつさにも書きましたが、口呼吸と冷たい物の摂取はバイ菌を体内に取り込み細胞内のミトコンドリアの働きを弱めてアレルギー反応などに対応できなくさせているそうです。詳しくは西原克成先生の本を読んでみて下さい。

*乾燥―皮膚が乾燥してかゆくなるという場合、水分の摂取不足が原因のことも。水をこまめに飲むのも乾燥を防ぐのに良いかもしれません。

*血行の問題―かゆくなって血行をよくすることで抗原を希釈しているという説を読んだことがあります。かゆい所の血行をよくするのも効果があると思います。
今から始める冷え対策1で書いた温冷浴は血行をよくしますので参考にして下さい。

*毒出し―アトピーは肝臓や腎臓で処理しきれなくなった毒素を皮膚から出すことで、体が自身を守ろうとする現象であるという説。
毒素の排出を抑えてしまう対処療法では根本的な解決にならないばかりか、対処療法自体が引き起こす弊害も大きい。

*背骨の歪み―前回書いたかゆみ対策を参照ください。 

*また医学博士の安保徹先生の理論ではリラックスしすぎの副交感神経優位の人は白血球の一種のリンパ球が過多となりアレルギー体質になりやすいそうです。
過保護に育てられている子どもなどは、外でよく遊ぶなどして交感神経の刺激も必要だそうです。

最後にむかし湿疹がひどかった時に、私が掻く代わりにとった行動をいくつか書いてみます。

・かゆい所の周りを掻く。
・かゆい所を指先、手のひらでペチペチ叩く。
・手の爪を切り、やすりを念入りにかけて、爪がなんにも引っかからない状態にして掻く。
・かゆい所やその周りの皮膚を指先でつまんでひっぱり上げる。こうする事でそこの場所の血行やリンパの流れを良くします。
・かゆい所の温冷浴をする。お湯、水と交互に掛けます。仕上げは水にしないとかゆいです。

五年ほど前、山登りに行った時になにかの虫に刺された所がなかなか治らないことがありました。そのうち良くなるだろうとそのままにしていると、そこがだんだんジクジクしてきました。そうしていると、ある日体のあちこちにかゆい湿疹がでてきました。
ふだんから医者嫌いなんて言っているから罰があたったと思い、急いで皮膚科に行くと病名は忘れてしまいましたがその虫刺されのジクジクが原因のアレルギー症状の湿疹とのことでした。
一種類のステロイド剤をもらい、毎日朝晩と塗りました。内服薬も飲んだと思います。
ステロイドはあまり良くないと聞いたことはありましたが、そんな事をいう余裕が全くないほど湿疹は体中を覆いつくすようにでていました。あちこちかゆくてとてもひどかったです。
それでも二ヶ月ほど薬を塗っていると症状はおさまり治ったように見えました。

しかしそれから二か月もたつと、指に赤いかゆいのがでてきたなと思っていたらまたたく間に再発して、前と同じかそれよりひどい状態になってしまいました。
いくつもでている湿疹のかたまりの上からまた湿疹が出るというような感じで、それを見ると当時は頭がおかしくなってしまいそうでした。
前に行った公立の病院に再び行くのも考えましたが、薬をもらうとき薬局で、この薬は首に塗らない方がいいと医者が言わない注意をされたのが引っ掛かって、別の評判のいい皮膚科で診てもらうことにしました。
そこの先生に以前どんな薬を使っていたかと、薬のチューブの写真がたくさん載っている紙を見せられ、私が指さすと先生は「やっぱりあそこの大学病院から来る医者はダメだ」と怒っていました。どうも一番強烈な薬だったらしいです。
その皮膚科では体の部位別、状態別に五種類ほどの塗り薬をくれました。
親切な先生でよかったと思い、それからは薬をせっせと塗り分け、内服薬を飲み、保湿剤も塗りましたが、症状は一進一退というかんじでした。
そんなある日、なかなか治らない湿疹を見ていると「もしもこうやって治ったとしても、結局また再発してこの先ずっと薬を続けなくちゃならないんじゃないか?」と直感的に思いました。
ひどい湿疹がさらに悪化するのを考えると怖かったのですが、それからは薬はやめて前回、前々回に書いた対処法を実行しました。するとひどかった湿疹も徐々に消えていきました。
今では食べ過ぎの生活(甘いもの、脂っこいもの)が続いたりすると赤いポツポツがかすかにでて食べ過ぎを警告するシグナルみたいになっています。

自分としては除去食(卵と乳製品を摂らない)が一番効果的だった気がしますが、この方法はとても痩せると思います。私の場合たぶん10キロくらいは減ったと思うので積極的には勧められないですが、卵と乳製品を減らすのは試してみる価値はあると思います。
前回の対処法の所ではたくさんの事を書きましたが、何が功を奏するかは分からないので関心のあるものをよかったら試してみて下さい。

たいていの人は湿疹がでたりすれば普通医者に行って、出された薬を使うのでしょうが、ステロイドに関しては相当慎重になる必要があると思います。言われた通りに薬を塗り続けて、薬なしではいられなくなるという所までいく前に自身でいろいろ調べてみてください。
そして使用歴が長い人は簡単にはやめられないでしょうが(急にやめると命にかかわる場合がある)脱ステロイドの専門医などを頼ってそちらの方向にかじを切るほうが正しい選択だと思います。
私の場合、初めの虫刺されが良くならなかったときに早く医者に行けば、湿疹などにならなかったかもしれません。(それでも単なる虫刺されがいつまでも治らないでいたことや、ひどすぎる湿疹、他にもこの当時オッシコに四六時中行きたくなる症状になったり、精神的な不調に陥ったりしたのを考えると体がかなり弱っていたのだと思います)
私が湿疹で本当に苦しんだ期間は五ヶ月位でした。(それ以降も出ましたがそれほどひどくはならず、いつも食べ過ぎないようにすることで症状はおさまりました)
そんな五ヶ月程の経験は何年も苦しい思いをしている人からすれば短いもので、私の紹介した対処法も「そんなのもう知っているよ」というものだったかもしれないですが、これまで三回続けて書いたかゆみに関する記事のあれこれの何かが少しでもお役に立つものだったら幸いです。

現代生活はパソコンからスマホ、ゲーム、テレビととにかく目を酷使することが多いので、目の疲れに悩む人は多いと思います。
今回は私が目の疲れを感じたときにやる改善方法を紹介します。行うのに少し危険な所?もありますが、本当に目がスッキリします。

どんな方法かと言うと、まあツボ押しのようなものなんですが、それを説明する前にはじめに目の周りのコリをほぐす方法を紹介します。これをやっても目の疲れが取れないときに、その方法を行ってください。
目の周りには疲れ目に効くツボがいくつかあります。そこを押せば痛きもちよく目の疲れの解消に確かに有効ですが、同じように押すと痛きもちいい箇所は眉毛や、目と目の間、骨のくぼみのふちとその周り、こめかみなどの目の周囲にたくさんあります。そういった箇所はツボというよりコリがある所だと私は思います。
それらの痛きもちいい(ただ痛いというところもある)所を念入りに押したりもんだりしていきます。両肘を机について親指の関節を立てて、そこで眉毛の下あたりを押していく方法はとても効くのでおススメです。こうやってコリを解消して痛むところが無くなれば、疲れ目は相当に良くなります。

次に、本題の少し危険な疲れ目対策について説明したいと思います。
やり方は先ほど目の周りのコリのある箇所として挙げた、目の周りの骨のくぼみのふちの所をつまようじで刺激するというものです。尖っているほうを使って押していきます。これは目が疲れている時にやってもらうと分かると思いますが、本当に痛いです。でも、その痛いところを押すのが効果的なので、痛みをこらえて刺激すると疲れ目も解消して目が蘇り、視界がハッキリするのを感じてもらえると思います。(無努力流の痛みのこらえ方はこちら。歯を食いしばったり、手を握り締めたりして我慢する感じではなく痛みを逃がすように体をくねらすのがポイント)
特に下の骨のふちを押すと、そこに針治療で使うような特別のツボがあるのか、それともリンパのつまりがあって毒素がたまっているからなのかハッキリ分かりませんが、本当にスッキリします。
つまようじで押すのが痛すぎる場合は弱めに刺激するか、とがってないほうで最初はやるかして下さい。私は両手に一本ずつ持って両方の目の周囲を刺激します。

とここまで説明してきましたが、これは目につまようじを近づけるというやり方なのでやはり少し危険な所もあると思います。ですから周りに人がいないのを確かめて十分気をつけ、眠いときや注意力散漫にテレビやパソコンを見ながら行うなどは絶対にやらないでください。あまりこの言葉は使いたくないのですが、この方法は自己責任でやるようにお願いします。
私のいつものやり方は、ようじの先で下の骨のふちを押すときは人差し指の腹、上のふちのときは親指の腹にのせて眼のところへもっていき、常につまようじと目の間に指があるようにしてやっています。こういう形で行っても十分に刺激できます。
疲れ目に対する効果は本当にありますが、ちょっと油断すると危ない方法なので何度も言うようですがくれぐれも注意してやってください。

ほかにも疲れ目対策としては、目を温める、遠くを見たり、自然の緑を見る、ブルーベリーを摂るといったところが一般的でしょうか。
あまり言われてないけど、あくびを意識的に行って涙を出すのも良い方法です。
リラックスして口をあけ、のどの奥の上あたりに意識を集中すると自然とあくびが出ます。うまくいかないときは、そののどの奥のところを開くようにして刺激してみるといいです。涙には瞳に良い成分が含まれているそうですし、涙が出ることでドライアイ対策にもなります。意識的にあくびをするのは疲れ目対策に限らず、脳の緊張をほぐすなどのいろいろな効果もあって、良いことずくめのリラックス法です。
もうひとつユニークな対策としては綿棒でまつ毛と、まつ毛の付け根の外側と内側をなでて刺激するというやり方です。女の人はマスカラやアイラインなどのお化粧で、ここの所を日常的に触れているかもしれないですが、男性はそういったことはしないのでこの綿棒で刺激するのは効果があると思います。ゆっくり綿棒で撫でれば、今まで感じたことのない爽快で目をパッチリさせる感覚を得られます。
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ