子育ては愛情を持ち子どもの為を思って育てるというのが誰もが願う所ですが、その育て方は親それぞれにいろんな考え方があってなされるものだと思います。
でも赤ちゃんの体つくりに関しては絶対こうした方がいいという原則があるように私には思えます。今回はそのことについて少し話してみます。

私が特に言いたい事は赤ちゃんのさまざまな動き、寝返り、ハイハイ、お座り、立つ、歩くなどの動きに手を貸さない事です。これは赤ちゃんが自発的に動こうとしているのに手を貸して助けるとか訓練するという意識は持たないようにするという事です。
親は危ない所が無いか気を付けるだけで赤ちゃんが自らの力で動こうとするのを気長に見守ってあげれば良いのだと思います。。もちろんスパルタで育てろとか、スキンシップするなと言ってる訳ではなく、よく抱っこしてあげるのも一緒に遊ぶのも心を育てるためにとても大切です。
でも体づくりに関しては座る、立つ、歩くなどの段階では特に親が支えたり、手助けしたりせずに自分で出来るようにさせる必要があります。幼児が歩くのに手を持ってあげたりする光景をよく見かけます。そして歩行器を使わせる親もいるみたいですが、この時期にしっかり自らの力で体の動きを学び、体の基礎となる部分を作ることは何より大切で、これはその子の人生に大きく関わる事のように私には思えます。
「這えば立て、立てば歩けの親心」なんていいますが、子どもには子どもなりのペースがあるからあせってはいけません。ここで良かれと思い、または早くできるようにさせようと手を貸してしまうと大きくなってから自分の力でたくましく生きられず、いつまでも手助けを必要とする人になってしまうかもしれません。
あせらないで子どもが自ら成長するのをゆっくり待ってあげればきっとその子なりのペースで成長します。体を作る最初の段階で自分で失敗しながらも動けるように親がしてあげれば、その子は積極的に行動し、その経験が良き糧となる子どもに育っていくでしょう。

あと赤ちゃんの体づくりで手を貸さない以外に注意したいのは、よく言われるものですがハイハイをたくさんさせてあげる事です。
日本では住宅事情もあって十分ハイハイするスペースがなく、そのため物につかまって立つ、つかまり立ちへの移行が早いという問題があるそうです。でもハイハイをたくさんすると腕や背中、腰、体幹の筋肉をよく鍛えられるのでなるべくスペースをとってハイハイさせた方がいいみたいです。

この体づくりの時期は子どものこれからの人生にとってそんなに長いものではないかもしれないですが、体にとってはその土台を作るとても重要な期間です。子どものためを思うなら動きを学ぶのに手を貸すことなく優しく見守ってあげて下さい。
人間には成長する力が備わっています。それを子どもの中に見るのは親にとっての幸せなんだろうと思います。

育児に関する本で石田勝正著「抱かれる子どもは良い子に育つ」(PHP研究所)という京都のお医者さんが書かれた本を最近読みました。
母乳のことやよく抱いてスキンシップをとる育児の大切さを教えてくれるとてもよい本です。そして育児の事の他にも愛情についてや、幼少期に愛情を十分受けられずに育った人の起こす問題や病とその解決策についての著者の考えにも感銘を受けました。

年末から年始にかけて風邪を引いたので、とても天気の良い正月でしたがどこにも行かず家でじっとして過ごしました。12月はとても寒い日が続いたので、風邪を引きそうなところをどうにかやり過ごしていましたが、年末になってだるさと共についに引いてしまいました。熱、咳、鼻水などの症状はなく、喉と体の痛みと、そしてとにかく体がしんどくて動けませんでした。
病院嫌いの私は行かなかったですが、同じく風邪をひいて正月に救急病院に行った家族によると病院は風邪引きの人であふれかえっていたとのことです。
私が医者に行かないのは、風邪はとても体の弱い人以外は誰でもそうだと思いますが、子供の頃から何度も引いているので、たいていの風邪は重篤な症状にならないのが経験的に分かっているからです。
風邪で医者に行っても、ちょっと診察してもらって薬を出されて終わりです。そして、そのもらう薬も風邪の初期症状に対する葛根湯などは効くみたいですが、普通の現代薬、抗生物質や解熱剤、症状を抑える対処療法の薬などは、風邪を根本的に治すものではないそうです。細菌に効く抗生物質はウィルスが原因の風邪には見当違いの薬ですし、その他の薬もあまり効果的ではなくかえって治りを遅くするとも言われています。
風邪の症状は風邪を治すために必要なものです。熱が出るのは体温が上がることで免疫力を高めて風邪のウィルスを退治するためですし、咳や鼻水が出るのはウィルスを体外に排出する役目があり、体が痛くなるのは熱の発生を助けるため、だるくなるのは休まないといけないという体からの警告でしょう。ですから、これらの症状を薬で抑えるのは基本的に良くないことなのです。
普通の風邪くらいなら薬を飲まなくても2,3日寝ていれば治るということを一般の人はどれくらい知っているのかなと思います。ちょっと前に「ためしてガッテン」で薬は風邪を治すものではないということを取り上げたことがあるそうですし、私も健康情報を扱うテレビ番組で何度か医師がこう言っているのを見たことがありますが、まだまだ風邪をひいたらとにかく医者に行くと考えている人が多いのでしょうね。(私の家族だって私の言葉を信用しないで医者に行きますからね(-_-#))
私にはあまり意味がないと思われる薬も飲んで何事もなければいいのですが、薬には副作用があるので注意が必要です。
抗生物質をむやみに飲むと腸内細菌を殺してしまいます。腸内細菌は本当に私たちにとってたくさんの重要な働きをしていますから、無意味に抗生物質を飲むことで腸内環境を悪くするのは馬鹿げきっています。効果がないと知っていて出すほうも出すほうですが、患者もとりあえず抗生物質を飲めばいいと思っている人も多いみたいなので正しい知識が必要です。
あと抗生物質には耐性菌(抗生物質が効かなくなる菌が体内に発生して治療を困難にする)の問題もあるのでくれぐれも注意してください。
解熱剤も発熱自体からだが病気を治すために行っていることですから逆効果といえます。40℃くらいの高熱でもそれほど心配することはないそうです。それよりもやはり解熱剤の副作用の方が怖いみたいで、特に子どものインフルエンザ脳症(欧米にはこの症状がほとんど見られない)と解熱剤の関係は知っておくべきだと思うので、関心のある方はネットで詳しく調べてみて下さい。
さらに今の季節ではインフルエンザが流行しますが、インフルエンザ治療のタミフルなども以前、副作用の問題が起こりましたし、タミフルを使用したとしてもこれも風邪薬と同じように根本的に治すものではなく少し治りが早いかもしれない程度の効果らしいです。
インフルエンザというと恐ろしいと考えて、薬、薬、と私たちは思いがちですが、タミフルが開発される前だって私達はインフルエンザにかかってそれをタミフルなしで治していた訳ですし、世界のタミフル使用量の7,8割を占めている日本以外の国でなにかインフルエンザでバタバタ人が死んでいるなんて言う話を聞いた事はないですし、インフルエンザ=薬という図式も少し大げさなんじゃないかと感じなくもありません。(ヨーロッパなんかではインフルエンザは風邪と同じように安静にして治す事が多いというのをネットの記事で見た事があります)
病院でもらう風邪薬ばかりでなく、市販の風邪薬も恐ろしい副作用を起こす事があって、ごくまれになのでしょうが失明したり死亡した例もあります。
医者や薬剤師が風邪をひくと自分たちがいつも処方する風邪薬は飲まずに、葛根湯やビタミンCを飲むという話がありますが、これは本当なのでしょうか?まあ意味のない薬をたくさん出せば儲かるという仕組みでやっているのだから、人に飲ませるものを自分が使わないなんてことがあっても驚きませんが、本当なら許せない話だと思います。
私たちは病院、医者を盲信することなく、自分の大切な体なのだからこういったことを真剣に勉強する必要があると思います。(人を疑うなんて嫌なことですがそうせざるを得ない現実があります)
近藤誠さんの本みたいなものも売れてきていますから、こういった医療のおかしな点はもっともっと知られていけばいいと思います。

最後にドイツの笑い話を一つ。
医者「いやー早く来てよかったですよ」
患者は驚いて「先生、そんなに深刻な状態なんですか?」
「いや、一日遅かったら自然に治っているところでした」

1月24日の記事で風邪をひいた時に抗生物質や解熱剤、症状を抑える薬を飲むのはあまり良くないと言うことを説明しました。風邪は薬ではなく、私たちの体の自然治癒力で治すものですが、今日はその風邪を引いて治るという事をポジティブにとらえた考え方について紹介したいと思います。

野口整体と呼ばれる、気を使った療法や体癖という分類を使った姿勢の修正体操などを普及する「社団法人 整体協会」の創始者野口晴哉氏が「風邪の効用」(ちくま文庫)という本を五十年ほど前に刊行しました。野口晴哉さんは独自の生命哲学と病気治しの技術の凄さで有名だった伝説的な人物です。
「風邪の効用」の中で野口さんは風邪について私たちが持つ、風邪は万病の元とか、できれば引きたくない厄介者といったとらえ方とは全く異なる考えを述べています。

要約すると「風邪というものは私たちの心身の疲労、偏りなどが大きくなった時に、それを自ら調整するために体が起こす現象であり、疲労・偏りからくる体の硬さを弾力のある柔らかいものに変える自然の療法である。
だから風邪を引いたら無理に治すことなく、上手に経過させることが重要。
そうすれば体の偏りが正され、さまざまな病の予防、さらには治療にもなる。
風邪を引けるのは自らの体を調整できる敏感な体であると言える。」といった事を述べています。

無理に治すことはなく上手に経過させるというのは、現代でいうと必要のない薬を飲まずによく休んで、体の治癒力に任せるといった事でしょうか。
本の中には上手に経過させる方法として、手からの気をあてて背骨の偏りを正す療法や足湯のやり方、心理的現象から見た風邪についても詳しく書かれています。
その他に、風邪を引く前は、潜在している偏り疲労が快復しようとする動きを起こすので誰でも寝相が悪くなる、という記述があり、これなどは私が年末風邪を引く前に、朝起きると両肩が痛い日が続いたのを思い出させ、あれはこの事だったのかと納得させられました。

この風邪についての考えを初めて聞く人はどういう風に感じるでしょうか。
この考えは東洋医学や代替医療などに関心のある人たちの間では広く知られて受け入れられた話ですが、あの野口晴哉が言うからというのもあるのでしょうが、私も自身が風邪を引く度にやはりこの考えの正しさを実感します。
皆さんもぜひ風邪を引いたら薬を飲むなんてもったいない事をしないで、自身の治癒力で風邪を経過させて体の変化を観察してみて下さい。薬にばかり頼っていると自然治癒力はどんどん弱まってしまいますよ。

本の中で私が面白かったのは、風邪を引いたらそれを機会に体を治そう、ガンになるような鈍い体にならないように上手に経過しようと風邪を引く決心をすると、風邪はなかなか引けなくなるという文章でした。
風邪を引くのは心理的影響が大きいので、それを逆手に取った高等戦術だそうで、これでは風邪を引くのがいいのか良くないのか分からなくなりますが、引くもよし引かぬも良しという事にして私もこれからはこの気持ちで行こうと思いました。

次回に続く

(前回からの続き)
次に風邪の効用としての体の偏りを正す事に関連しているのでは、と私が推測していることについて書きます。
それは近年落ち着きのない子どもが増えていることとの関連です。
子どもが風邪を引いたら、親は医者に診せて薬をもらい、それを飲ますのが普通当たり前の事として考えられているでしょう。
親としては風邪の不快な症状を早く和らげてあげたいとの思いからそうすると思いますが、風邪の諸症状は何度も言うように体が治そうとして行う事なので、それを抑えるのは本末転倒です。
そして、そうやって薬で症状を抑えるのはしっかり休み、自然治癒力で治すといった先ほどから言う風邪を上手に経過させるのをしない事になり、その結果として子どもの体の疲労偏りも解消されずにそのまま残ってしまいます。こうして体が偏りを正そうと風邪を引くたびに、薬でその働きの邪魔をし続ければ、体の偏り歪みは積み重なり、そうなると普段の日常でいつも偏りを解消すために動いて、落ち着くことが出来ない子どもがいるのではないかと私は考えています。

落ち着きのない子どもの増加の原因はいろいろ言われています。(食品添加物、妊娠中の喫煙、ミネラル不足、テレビ・ゲーム、予防接種の添加物、スキンシップ不足など)しかし、原因ははっきりしないみたいです。

私がこの事と風邪の偏り解消との関係を考えたのは自分の体験からでした。
私の親は特に医者になんでも行けばいいという考えが強かったので、小さいころからちょっとした事で医者に連れていかれました。(たぶん普通の子の倍は薬を飲んだと思う)
そういう私の体の歪みはそのせいなのかは分からないですが大きく、神経質によく動く癖がありました。。
そして、月日がたち薬を飲むのはよくないと知ってから風邪で寝ていてことがあったんですが、これが実にツラくてしんどいんです。子ども時代、風邪で学校を休んだことはたくさんあったけど、こんなにツラかったのは一度も記憶にありません。それだけ風邪薬が効いていたという事でしょう。
しんどい思いをして布団の中でバタバタ寝返りを打っているときに、これが歪み直しの動きで子どもの頃の自分にはこれが必要だった事を直感的に感じました。こうやって風邪の度に歪みを直していたら自分の体ももうちょっと違ったものになっていたんじゃないか・・・。
このことは私の仮説なので何とも言えないですが。しかし、もしそうだとすると現代の風邪薬は昔よりも症状を抑える力が強いそうですから、風邪の偏り矯正の働きはさらに弱められて、その結果体が整ってないからいつでも落ち着いていられなくなるとも考えられます。

そして、風邪で寝ている時にもう一つ思ったのは、体のことのほかに心理的な効用もあるんじゃないかということでした。それは薬なしで風邪を治すためには、文字どおりジッとしていなければならないという事です。
今の子どもは強い薬を飲んでしまうので、あのじっと寝てなければツラくて治らないので、布団の中で静かにしているという経験をあまりしていないんじゃないかと思います。
子どもは本来落ち着きがないものですが、この本当にじっとしてなければならない経験を全く知らずに学校に行くようになれば問題が起きるという事も考えられます。

以上、風邪の効用の記事、いかがだったでしょうか。後半の子どもの風邪と薬の関係の話は私の推測に過ぎませんが、私も真剣に思って書いた事なので心の隅に留めて頂ければ幸いです。

 ふだんの生活で何気なく口にしたり、使ったりするものに、健康に対して危険性があるものがあります。それらはこういった事に関心を持つ人にはある程度知られていますが、マスコミや公的機関では積極的に伝えようとしないので、知らないという人もけっこういるでしょう。
 今回はこういった情報の周知を微力ながら手伝うつもりで、日常生活で避けたほうがいいものについて書いてみようと思います。

 まず、最初に取り上げるのは、マーガリンやお菓子、揚げ油に含まれるトランス脂肪酸です。
 このトランス脂肪酸の事でよく問題視されるマーガリンは、原料の植物油を常温で固体に保つようにするために「水素添加」と呼ばれる科学処理がされます。そして水素を添加する製造過程でトランス脂肪酸が生成されます。
 このトランス脂肪酸は人体にとても有害で摂りすぎると、悪玉コレステロールの増加と善玉コレステロールの減少をもたらし心筋梗塞や狭心症のリスクを高めます。そして、肥満やアレルギー疾患との関連、胎児の体重減少、流産を生じさせる可能性などが指摘されています。
 このため多くの国ではトランス脂肪酸の摂取に対する規制が行われ、食品含有量表示の義務付けがされています。
 そして、アメリカでは昨年トランス脂肪酸の食品への使用を禁止を決定しました。
 一方、日本の行政はトランス脂肪酸の危険性を認めながらも、対応はほとんど何もしていないのが現状です。
 日本人のトランス脂肪酸の平均摂取量は少ないとされ、マーガリンなんかも以前と比べてかなり含有量が減ってきているようですが、トランス脂肪酸はマーガリンの他に、ショートニング、ファストスプレッドなどと呼ばれるものにも含まれ、これらはクッキーやお菓子、アイス、コーヒーフレッシュ、パン、クリームなど様々なものに使われ(甘いものなんかの原材料表示を見るとたいていのものに入っている)、揚げ油としても外食、ファストフードなどで広く使用されています。
 これだけのものにトランス脂肪酸が含まれていれば、マーガリンを毎朝パンに塗ったり、クリームの入った菓子パンや揚げ物をいつもたくさん食べる人はざらにいると思うので、日本人の摂取量が少ないというのはちょっと疑問に感じます。
 危険性が伝えらてない上に、何にどれくらいトランス脂肪酸が含まれているか分からない状態では消費者も身の守りようがありません。
 また、大量生産で工業的に精製加工された植物油にもトランス脂肪酸は含まれているそうなので、家庭で使われるサラダ油等にはトランス脂肪酸がかなり含まれています。(エクストラバージンオリーブ油やゴマ油、一番絞りのキャノーラ油などの圧縮法で作られた植物油、バターなどの動物油脂にはそれほど含まれていません)こうなると私たちの身の周りには別名「狂った油」と呼ばれるトランス脂肪酸が満ち溢れているともいえます。
 この現状を変えるのは大変な労力がかかり、常に企業優先で経済性重視の日本のお役所は見て見ぬふりで何もする気はないのでしょう。アメリカの決定で少しは変化が起きればいいですが。
 そして、行政も食品業者もこの点に留意しているとは思えないので、私たちはこれに関して自己防衛するしかないと思います。
 なのでマーガリンやお菓子、サラダ油、外食の揚げ物などには十分注意が必要でしょう。


 次に取り上げるのは白砂糖です。
 私がつねづね疑問に思うのは、塩分の摂りすぎの害については口やかましく言われるのに対して、砂糖の摂りすぎについての注意喚起はあまりされない事です。
 ジュースやアイス、ケーキにどれだけの砂糖が入ってるか、糖分の摂りすぎで何が起きるかについては控えめにしかアナウンスされません。(そして薬を飲ませるためなのかメタボに関してはうるさい)
 お菓子・チョコやアイス、ケーキ、菓子パン、和菓子などとジュース、スポーツドリンクには大量の砂糖が使われているので当然ながら摂りすぎには注意が必要です。
 家庭で使う場合は、化学薬品を使って精製されミネラル等をほぼ取り除かれた、カロリーだけで栄養が全くない白砂糖(グラニュー糖、三温糖なども含む)は特に避けるべきものだそうです。
 精製された白砂糖は消化・吸収がとても早いので、たくさん食べると血糖値が急激に上がります。そうするとそれを下げようと、血糖値を下げるためのホルモン・インシュリンが過剰に分泌されて低血糖になります。
 低血糖が続くとエネルギーが不足するので、今度は体が血糖値を上昇させようとしてアドレナリンが分泌されるようになります。アドレナリンが増えるとイライラしてキレやすくなったり、不安になりやすかったり、不眠になったりしやすくなります。そして、そういった精神的に不安定な状態を鎮めようと甘いものを食べると、再び同じ事が起こって悪循環に陥ります。
 この状態を長期間繰り返すと、インシュリンの働きが低下して糖尿病へつながっていきます。
 さらに白砂糖は酸性食品なので、大量に摂取すると体が酸性に傾き、それを中和するために体内のミネラルが使われます。この時、特に使われるのはカルシウムで、白砂糖にはカルシウムが含まれてないので、体内の骨や歯のカルシウムが使用され骨や歯が弱くなってしまいます。
 砂糖を多く摂ると体を酸化させて老化を早めたり、疲れや貧血、うつ、アレルギー疾患、記憶力低下、認知症などの原因になるとも言われています。
 糖分は食事で炭水化物を食べていれば特別必要ないみたいですが、人は甘いものが好きなのでなかなかそうもいかないと思います。なので、糖分を摂る時は、白砂糖の弊害を避けるために、ハチミツやメープルシロップ、黒砂糖やきび砂糖、水飴などのカルシウム、ミネラルを含んでいるものを使ったり、そういったもので作られた製品を選んだ方が良いです。
 また、低カロリー食品等に使われるアスパルテーム、サッカリン、スクラロースなどの人工甘味料は安全性に疑いがあり、あまりたくさん摂取すると健康被害を受ける可能性があるので注意が必要です。
 メディアが白砂糖の批判をすると「訴訟の準備をします」といった書面が届くという話を聞いた事がありますが、白砂糖の原料の約60%は海外から輸入されているので、この砂糖の問題は世界の食物を牛耳る大きな組織と関係する話かもと想像してしまいます。
 白砂糖は使っているうちに甘みに慣れて摂る量を増やしてしまったり(ミネラルが入ってないので満足感が得られにくいと言われている)、習慣性があって依存してしまう麻薬のような性質を持ったものなので、怖い話ですが私たちは知らないうちに甘いものの虜になり、飼い慣らされてしまっているのかもしれません。
 また、甘いものの摂りすぎはストレスが原因という場合もあると思うので、ストレスに対処して解消するのも大切でしょう。

 (次回へ続きます)
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ