呼吸法は、健康法の柱となるもので様々な方法が存在します。24時間休むことなく行う呼吸が良いものになれば、心身の健康に与える影響も大きいと思います。
 私もさまざまな呼吸法を調べてみました。でも、そのどれもが実践すれば良い方法なのでしょうが、やり方が難しかったり、時間がかかるなど、簡単にやりたい私には満足できるものではありませんでした。
 呼吸は鼻呼吸を心がけるだけでいいのかな、と思っていたある日、操体法の橋本敬三先生の本で興味深い呼吸法を見つけました。先生は夜寝る前にやって、死ぬまでの習慣にするように、と書かれてますが、そうすることの出来る簡単な良い方法です。
 今日は、そのやり方を私なりにアレンジしたものを紹介します。寝る前にやるが良いですが、いつ行ってもいい方法です。


 「無努力呼吸法のやり方」
1 あお向けに寝て膝を立てます。息を鼻から音をさせずに無理なく吸います。(息を吸う時は全部こうします。)
 おなかに両手の指先を軽くのせて、鼻から音をさせず、どこにも力をいれないで息を吐けるところまで吐きます。お腹を意識的にへこませないで、乗せた手の重みでへこませるかんじで吐きます。
 これを一回やります。

2 次に同じように鼻から吸います。指先を腹の上に置き、今度は口を開き、音をさせず力をいれないで吐けるところまで吐きます。これもおなかを手の重みでへこますかんじで吐きます。一回やります。

3 今度は脚を伸ばして、鼻から息を吸います。口から音をさせずに吐きますが、このとき足の裏の中心から息を吐き出すイメージでやります。
 これを1、2回やって下さい。
 次に、鼻から音をさせずに吐きますが、これも足の裏の中心から息を出すように吐きます。吐き終わったら、足の裏から空気を吸い頭まで満たすようなイメージで鼻から吸います。
 最後に足裏から息を出すイメージをしながら吐きますが、この時はハミング(口を閉じて「ンー」という)しながらやって下さい。
 これを一回やります。

 要点は
*最後のハミングの時以外、吸う息(鼻から)、吐く息ともに音をさせずにやります。

*吸う息・吐く息ともに音をさせないことに加え、力も入れないようにします。(思い切り吐ききるのを10とした時の8割位の力で)


 文章で書くと少しややこしいですが、覚えてしまうと簡単なので、ちょっとの時間でできます。音をさせないでやると、初めは深く吸ったり吐いたりが出来ないかもしれないですが、だんだん深く出来るようになります。
 最初はやり方の1、2だけでもやってみて下さい。続けることでその成果が感じられるようになるはずです。

 私はたまに山登りをするのですが、この呼吸法を続けることで、登るのがどんどん楽になりました。
 これを始めた去年も結構効果があったのですが、今年はさらに楽になっていて驚きました。(歩き方の工夫もありますが、ほとんど息が切れません)
 この呼吸法はほんとうに気楽に続けられて効果が実感できるものです。本当に死ぬまでの習慣にすることの出来る方法だと思いますので、是非ためしてみて下さい。

>>鼻呼吸

 ブログを始めて、自分のやっている健康法を文章にすることに頭を使っていると、今まで気付かなかった事が分かったり、新しいひらめきがおこったりして興味深いです。これから先も新しい発見があるのかな、と思うと楽しみです。


 今日は呼吸について書くことでひらめいた新しい方法について書きます。
 鼻腔を拡げるテープがありますよね。とても効果があり、いびき防止などのために使っている人も多いみたいです。
 私は使ったことはありませんが、前から鼻の穴の端を指でつまみ横に拡げると、それだけで全然息の通りが違うなと思っていました。
 有名人でも北島三郎さんなど小鼻が大きくしっかりした形の人は、エネルギッシュな人が多いと感じます。(ちなみに私の小鼻はそんなに立派ではないです)

 そして、寝起きに小鼻のことを考えていた時、面白いひらめきが起こりました。

「小鼻をもんでみたら?」
 さっそくやってみると鈍い感じの痛みがして、小鼻がこっているのが分かりました。こういうコリは毎日もんでいるととれます。
 そこで毎日もみ続けると、呼吸するのが楽になったような気がしました。
 私は鼻の通りを良くする事をいろいろやっているので、少しラクになる程度だったかもしれません。(まだ完全にコリがとれていないのでもっと良くなるかもしれないです)で
 も鼻の通りが良くない人には、もっと効果があるかもしれません。

 
 小鼻もみのやり方は、親指と人差し指どちらかを鼻の穴に入れて小鼻をもむだけです。鈍い痛みを感じたらそこを中心にほぐします。
 あまり強くもまないで毎日少しずつやります。痛みがとんでもない人もいるかもしれないですが、その場合でも毎日痛くない程度にやるとコリはとれていきます。
 また、これに加えて小鼻のすぐ横にある迎香というツボを押すとさらに効果が上がると思います。
 鼻の通りに悩む人は、よかったらお試しください。

 今回は、呼吸の基本である鼻呼吸について書いてみたいとおもいます。
 いま日本人の多くが日常的に口で呼吸しているといわれています。

口呼吸に較べて鼻呼吸のほうが

・肺に入る空気の温度、湿度が調節される
・細菌、ウィルスガ取り除かれる
・呼吸が深くなってリラックスできる
・虫歯、口臭の予防になる

などと言われ、そのほかにも他にも多くの利点があるそうです。
 しかし、ほんらい哺乳類はすべて鼻呼吸で、どちらにすべきかという以前に、人も普通は鼻呼吸してないといけないそうです。


 私が鼻呼吸の大切さを意識したのは、医学博士の西原克成先生の本を読んでからです。(西原先生は{免疫力を高める生活}(サンマーク出版)など多くの本を書かれています)
 西原先生によると、口呼吸した場合、喉の扁桃にあるM細胞という所を冷やし、そこから大量の細菌やウィルスが体内に取り込まれ。さまざまな器官や組織の細胞を汚染して細胞内感染症を起こし、その結果アレルギー疾患、免疫病、精神疾患などの病気の原因になるそうです。
 私は自分が口呼吸なのか意識した事はなかったですが、西原先生の本を読んで、鼻呼吸の大切さを認識し日常で心がけるようにしました。自分としては鼻呼吸にするのに苦労した感じはなかったので、多少口呼吸だった位だったと思います。
 ですから鼻呼吸にしたことで体に劇的な変化が起きたわけではないですが、風邪はひきにくくなりました。周りの人が風邪で咳をひどくしていても、鼻呼吸していると簡単にはうつらないように感じます。

 西原先生の理論の正否はともかく、鼻呼吸にして悪い点は一つもないので、口呼吸になっている方はすぐにでも直した方が良いと思います。
 日中はそうでなくても寝ているときに口呼吸している人も多く、いびきをかく人や起きた時にのどが痛かったり、口がカラカラになっていたりする人は注意が必要だそうです。
 直す方法はやはり意識して口を閉じることだと思います。鼻から息を吸うことを意識するよりも自然にやりやすいのではないでしょうか。
 鼻詰まりがしてうまく呼吸できない人は鼻うがいを進めます。ぬるま湯に塩を少し加えて鼻に通します。
 あと前回書いた無努力的呼吸法小鼻もみも鼻呼吸に役立つと思うので参考にしてください。

 
 最後にもう一つ、鼻呼吸と共に西原先生が重要視している腸を冷やさない事について短く触れます。
 西原先生によると、冷たい食べ物を飲んだり食べたりして腸を冷やすと腸のパイエル板のM細胞という所から、喉の場合と同じように細菌が入り込んで体内を汚染するそうです。体内にバイ菌を取り込まないために、鼻呼吸をして冷たい物をなるべく摂らないようにするのが重要で、そうすると人間が活動するエネルギーを作る細胞内のミトコンドリアが活性化し、体が元気になっていくそうです。
 ミトコンドリアの働きを高める事を説き、進化学に基づき生命と健康の謎を解明する西原先生の本、一読の価値があると思うのでお勧めです。




 一度はやりたい健康法の二回目は、鼻づまり・花粉症・風邪などに効果の高い鼻うがいについて書いてみます。
 一度はやりたい健康法として全ての人に勧めたい訳は、鼻うがいをしないと鼻の奥にこびりついた排気ガスやほこり、ウィルス、花粉などのヨゴレが一生掃除されずにそのままになってしまうからです————というのは冗談ですが、ちょっと真剣に言っているところもあります。
 実際に空気の汚れた現代社会では、鼻うがいで鼻の奥をきれいにすることは、鼻のトラブルで悩んでない人にも大切な事だと思います。ぜひ鼻の通りがスッキリする爽快さを味わってもらいたいです。
 専門家によると鼻うがいをすると鼻の中の鼻水、雑菌、花粉、ウミなどを洗い流すので鼻のトラブルに効果的だそうです。その他に私は鼻の奥を刺激することで血行を良くしていることもあると思っています。



 鼻うがいのやり方は、200mlのぬるま湯にティースプーン半分位の塩を加え、片鼻を押さえて鼻からその塩水を流し口から吐き出すようにします。
 私はコップの底に少なめに塩水を入れ、片鼻を押さえて頭をうしろに傾け、鼻から軽く吸い込むようにしながら流し入れるのがいいと思っています。(専用の器具を使うなど他のやり方もあるそうです)
 洗浄し終わったら、顔を下に向けて鼻の中に残った水を出すようにします。 
 これを行っている最中に唾を飲み込むと、中耳炎になる危険があるそうなので気をつけて下さい。
 

 ここまでが普通のやり方ですが、このブログではこれと違う方法をお勧めします。
 それは塩水を使わずに水を使うやり方です。専門家はやらないほうがいいと注意してますが、私はこっちの方が効果的だと思っています。
 塩水でやっても耳がキーンとしそうと思うかもしれません。真水となるとたしかに初めは耳の奥が「ガシャドキーン(>_<)」というかんじになりますが、2週間もすれば慣れてきます。私は毎日なんの痛みも問題もなくやっています。
 コツは、まずぬるめの湯から始めて、だんだん水の温度を下げていくだけです。
 耳がつまった感じになるかもしれませんが、その時には決して鼻の穴を指でふさいで息を吸ったり吐いたりする「耳抜き」をしないで下さい。その時は、車がトンネルに入った時の耳の違和感を解消する場合のように、唾を飲み込んでみたり、アゴを動かしてみるなどして、耳のつまりをなくして下さい。少し時間がたつと自然にとれます。


 早島正雄さんの導引術の本でこの鼻うがいは知りました。これをやって耳の奥が痛くなるのは、汚れがたくさんつまっているからだと書いてあり、汚れているのはいやだな、と思い始めました。
 やってみた感想として、水の強い刺激が鼻の奥の頭蓋骨の歪みを正しくしてくれるんじゃないか、ということがありました。そして、痛みが少なくなっていくのと共に鼻が強くなっていきます。



 鼻うがいを続けた成果か分からないですが、おもしろいことがありました。
 私は花粉症ではないのですが果物アレルギーがあって、桃やリンゴを食べると胸のあたりが気持ち悪くなる等の症状が以前ありました。
 しかし、最近はそれらの果物を食べても平気になりました。
 聞くところによると、花粉症と果物アレルギーは似たようなメカニズムで起きる症状らしく、そういう意味で私の果物アレルギーも花粉症に効く鼻うがいで治ったんじゃないか、と思いました。


 水でやるのは相当勇気がいるので無理には勧められませんが、鼻の奥の大掃除、鼻トラブル解消の切り札だと思うので、よかったら一度試してみて下さい。

 私は、以前に「無努力呼吸法」という記事で紹介した呼吸法を、毎晩寝る前に行っています。
 これは、お腹をへこませるものと足の裏を意識して行うやり方がある簡単な呼吸法ですが、これを行って趣味の登山で息切れしなくなった等々の効果があったので、3年前ほど前から続けています。
 この「無努力呼吸法」で行うお腹をへこませる方法は、順腹式と呼ばれる吐くときにお腹をへこませる呼吸法です。
 腹式呼吸にはこの順腹式のほかに、吸うときにお腹をへこませ吐くときに膨らませる逆腹式呼吸法というやり方もあります。この方法は禅や気功、武術などで行われる方法だそうです。
 逆腹式呼吸法の特徴は、息を吸って肺が膨らみ横隔膜筋が下がったときにお腹を収縮させるので、内臓が大きく動いてマッサージされるかんじになることです。これにより、内臓の血行が良くなって新陳代謝を活発にする、腸のぜん動運動を促進して消化機能を高める、さらに副交感神経を優位にして気持ちを落ち着けるなどの効果があるとされています。

 私はそれぞれの腹式呼吸に長所があると思っているので、順腹式法を寝る前に行い、逆腹式法は朝起きたときに、次回とその次の記事で書くつもりの呼吸法とセットで行っています。
 逆腹式呼吸法は、ただ息を吸うときにお腹をへこませて、吐くときにふくらませるということを何回か繰り返せば効果があります。 しかし、なんでも楽にやりたい私は、もっと効率よくできないかと考え、自分なりに工夫したやり方で行っています。
 今回はそのやり方を書いてみますので、よかったら一度試してください。

  無努力逆腹式呼吸法のやり方

1・あお向けに寝ころび(座ってでも出来ます)、軽く息を吐いて、両手の指をおへその下あたりにあてます。

2・息を鼻からゆっくり音をさせずに吸います。指を軽く押しながら、お腹を出来るところまで力を入れずにへこませます。

3・押さえていた指を離し、口から音をさせずにゆっくり吐きます。このとき、お腹をふくらませることは自然にできるので、意識しないでも大丈夫です。

4.再び1、2を行い、今度は口からではなく鼻から音をさせずに吐きます。この口と鼻から音をさせずに吐くのを一回ずつ行います。

 これは口・鼻と2回やっても2分とかからない楽な方法なので、毎日続けやすいと思います。そして、継続していけば少しずつ深く吸って吐くことが出来るようになります。
 やり方はとても簡単なのですが、行ってみると私たちが今まで行ってきた呼吸と違うことに気付かれると思います。たぶん呼吸筋も普段とは異なる動きをしているはずです。
 そして、普通の呼吸だけでなく、逆腹式呼吸法のやり方も知っていることには意味があると私は考えています。
 武術の世界では逆腹式呼吸が重要というのを聞いたことがありますが、逆腹式法を続けて体がそのやり方を覚えると、一般の人でも体を動かすとき必要に応じて逆腹式の呼吸ができるようになります。このことは体をスムーズに動かすのにとても役立つと思います。
 順腹式の呼吸法を行っても呼吸は深くなりますが、逆腹式法も呼吸を深くするほかにこのような順式にはないさまざまな効果があるのでお勧めです。
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ