子育ては愛情を持ち、子どものためを思って行うものですが、その育て方は親それぞれいろんな考え方でなされるものでしょう。
 でも、赤ちゃんの体づくりに関しては絶対行うべき原則が一つあるように私には思えます。今回はそのことについて話してみます。


 私が強く思うのは、赤ちゃんのさまざまな動き、寝返り、ハイハイ、お座り、立つ、歩くなどの動作に手を貸さないことです。赤ちゃんが自発的に動くようさせて、手を貸して助けるとか動きを強制する、ということはしないほうがいいと思います。
 親は危ない所が無いか気を付けるだけで、赤ちゃんが自らの力で動こうとするのを気長に見守ってあげます。
 これはスパルタで育てろとか、スキンシップするなと言ってる訳ではありません。よく抱っこしてあげることや、一緒に遊ぶことは心を育てるためにとても大切です。
 でも、体づくりに関しては、座る、立つ、歩くなどの段階では親が支えたり、手助けしたりせずに自分で出来るようにさせる必要があります。
 幼児が歩くのに手を持ってあげたりする光景をよく見かけます。また、歩行器を使わせる親もいるみたいですが、この時期にしっかり自らの力で体の動きを学び、体の基礎となる部分を作ることは何より大切で、これはその子の人生に大きく関わることだと私には思えます。
 「這えば立て、立てば歩けの親心」なんていいますが、子どもには子どもなりのペースがあるからあせってはいけません。ここで良かれと思い、または早くできるようにさせようと手を貸してしまうと、大きくなってから自分の力でたくましく生きられず、いつまでも手助けを必要とする人になってしまうかもしれません。
 あせらないで子どもが自ら成長するのをゆっくり待ってあげれば、きっとその子なりのペースで成長します。体を作る最初の段階で自分で失敗しながらも動けるように親がしてあげれば、その子は積極的に行動し、その経験が良き糧となる子どもに育っていくでしょう。


 手を貸さないことの他に赤ちゃんの体づくりで注意したいのは、ハイハイをたくさんさせてあげることです。
 日本では住宅事情もあって十分ハイハイするスペースがなく、そのため物につかまって立つ、つかまり立ちへの移行が早いという問題があるそうです。でも、ハイハイをたくさんすると、腕や背中、腰、体幹の筋肉をよく鍛えられるので、なるべくスペースをとってハイハイさせた方がいいみたいです。


 この体づくりの時期は、子どものこれからの人生にとってそんなに長いものではないですが、体にとってはその土台を作るとても重要な期間です。子どものためを思うなら動きを学ぶのに手を貸すことなく優しく見守ってあげるのが大切です。
 人間には成長する力が備わっています。それを子どもの中に見るのは親にとっての幸せなんだろうと思います。



 年末から年始にかけて風邪を引いたので、とても天気の良い正月でしたがどこにも行かず家でじっとして過ごしました。
 12月はとても寒い日が続き、風邪を引きそうなところをどうにかやり過ごしていましたが、年末になって気がゆるみ、ついに引いてしまいました。熱、咳、鼻水などの症状はなかったですが、といかく喉と体の痛みがひどく、とても体がしんどくて動けませんでした。
 私は医者に行かなかったですが、同じく風邪をひいて正月に救急病院に行った家族によると、病院は風邪引きの人であふれかえっていたとのことです。


 私が医者に行かないのは、風邪は子供の頃から何度も引いてるので、たいていは重篤な症状にならないのが経験的に分かっているからです。(お年寄りや体の弱い人は違うかもしれないですが)
 風邪で医者に行っても、ちょっと診察してもらい薬を出されて終わりです。
 そして、その薬も風邪の初期症状に対する葛根湯などは効くみたいですが、普通の現代薬、抗生物質や解熱剤、症状を抑える対処療法の薬などは、風邪を根本的に治すものではないそうです。
 細菌に効く抗生物質はウィルスが原因の風邪には見当違いの薬ですし、その他の薬もあまり効果的ではなくかえって治りを遅くするとも言われています。

 風邪の症状は風邪を治すために必要なものです。
 熱が出るのは、体温が上がることで免疫力を高めて風邪のウィルスを退治するためですし、咳や鼻水が出るのはウィルスを体外に排出する役目があります。体が痛くなるのは熱の発生を助けるため、だるくなるのは休まないといけない、という体からの警告でしょう。
 ですから、これらの症状を薬で抑えるのは基本的に良くないことです。
 普通の風邪くらいなら、薬を飲まなくても2,3日寝ていれば治るということを一般の人はどれくらい知っているのかなと思います。
 ちょっと前に「ためしてガッテン」で薬は風邪を治すものではない、ということを取り上げたことがあるそうですし、私も健康情報を扱うテレビ番組で何度か医師がこう言っているのを見たことがありますが、まだまだ風邪をひいたらとにかく医者に行くと考えている人が多いのでしょうね。
(私の家族だって私の言葉を信用しないで医者に行きます(-_-#))
 

 あまり意味がないと思われる薬も飲んで何事もなければいいのですが、薬には副作用があるので注意が必要です。
 抗生物質をむやみに飲むと腸内細菌を殺してしまいます。腸内細菌は私たちにとってたくさんの重要な働きをしていますから、無意味に抗生物質を飲むことで腸内環境を悪くするのは馬鹿げています。
 効果がないと知っていて出すほうも出すほうですが、患者もとりあえず抗生物質を飲めばいい、と思っている人も多いみたいなので、正しい知識が必要です。
 あと抗生物質には耐性菌(抗生物質が効かなくなる菌が体内に発生して治療を困難にする)の問題もあるので、くれぐれも注意してください。
 解熱剤も体が病気を治すために発熱してるのですから逆効果といえます。40℃くらいの高熱でもそれほど心配することはないそうです。
 それよりも解熱剤の副作用の方が怖いみたいで、特に子どものインフルエンザ脳症(欧米にはこの症状がほとんど見られない)と解熱剤の関係は知っておくべきだと思うので、関心のある方はネットで詳しく調べてみて下さい。どうしても解熱剤を使うときはアセトアミノフェンのものがいいそうです。


 さらに今の季節ではインフルエンザが流行しますが、インフルエンザ治療薬のタミフルなども以前、副作用の問題が起こりました。タミフルを使用したとしても、風邪薬と同じように根本的に治すものではなく、少し治りが早いかもしれない程度の効果らしいです。
 インフルエンザというと恐ろしいと考えて、薬、薬、と私たちは思いがちですが、タミフルが開発される前だって私達はインフルエンザにかかってそれをタミフルなしで治していた訳ですし、日本(世界のタミフル使用量の7,8割を占めている)以外のタミフルをあまり使わない国でなにかインフルエンザでバタバタ人が死んでいるなんて言う話を聞いた事はないです。
 インフルエンザ=薬という図式も少し大げさなんじゃないかと感じなくもありません。(ヨーロッパなんかではインフルエンザは風邪と同じように安静にして治す事が多いということです)


 病院でもらう風邪薬ばかりでなく、市販の風邪薬も恐ろしい副作用を起こす事があって、ごくまれになのでしょうが失明したり死亡した例もあります。
 医者や薬剤師が風邪をひくと、自分たちがいつも処方する風邪薬は飲まずに、葛根湯やビタミンCを飲むという話がありますが、これは本当なのでしょうか?
 まあ意味のない薬をたくさん出せば儲かるという仕組みでやっているのだから、人に飲ませるものを自分が使わないなんてことがあっても驚きませんが、本当なら許せない話だと思います。
 私たちは病院、医者を盲信することなく、自分の体を大切にするためにこういったことを真剣に勉強する必要があると思います。(人を疑うなんて嫌なことですが、そうせざるを得ない現実があります)
近藤誠さんの本みたいなものも売れてきていますから、こういった医療のおかしな点はもっともっと知られていけばいいと思います。



 最後にドイツの笑い話を一つ。
医者「いやー早く来てよかったですよ」
患者は驚いて「先生、そんなに深刻な状態なんですか?」
「いや、一日遅かったら自然に治っているところでした」

 1月24日の記事「風邪について 薬の危険性」で、風邪をひいた時に抗生物質や解熱剤、症状を抑える薬を飲むのはあまり良くない、と言うことを説明しました。
 風邪は薬ではなく、私たちの体の自然治癒力で治すものですが、今日はその風邪を引いて治る、ということをポジティブにとらえた考え方を紹介したいと思います。

 
 気を使った療法や、体癖という分類による姿勢の修正体操などを普及する「社団法人 整体協会」の創始者野口晴哉氏が「風邪の効用」(ちくま文庫)という本を五十年ほど前に刊行しました。野口晴哉さんは、独自の生命哲学と病気治しの技術の凄さで有名だった伝説的な人物です。
 
 「風邪の効用」の中で、野口さんは風邪について、私たちが持つ「万病の元」とか「できれば引きたくない厄介者」といったとらえ方とは全く異なる考えを述べています。

 要約すると
「風邪というものは私たちの心身の疲労、偏りなどが大きくなった時に、それを自ら調整するために体が起こす現象であり、疲労・偏りからくる体の硬さを弾力のある柔らかいものに変える自然の療法である。
 だから風邪を引いたら無理に治すことなく、上手に経過させることが重要。
 そうすれば体の偏りが正され、さまざまな病の予防、さらには治療にもなる。
 風邪を引けるのは自らの体を調整できる敏感な体であると言える。」といったことを述べています。

 無理に治すことはなく上手に経過させるというのは、必要のない薬を飲まずによく休んで、体の治癒力に任せるということでしょうか。
 本の中には上手に経過させる方法として、手からの気をあてて背骨の偏りを正す療法や足湯のやり方、心理的現象から見た風邪についても詳しく書かれています。

 この風邪についての考えを初めて聞く人は、どういう風に感じるでしょうか。
 この考えは、東洋医学や代替医療などに関心のある人たちの間では広く知られて受け入れられた話です。あの野口晴哉が言うからということもあるのでしょうが、私も自身が風邪を引く度にこの考えの正しさを実感します。
 皆さんもぜひ風邪を引いたら薬を飲むなんてもったいない事をしないで、自身の治癒力で風邪を経過させて、体の変化を観察してみて下さい。薬にばかり頼っていると自然治癒力はどんどん弱まってしまいますよ。


 本の中で私が面白かったのは、風邪を引いたらそれを機会に体を治そう、ガンになるような鈍い体にならないように上手に経過しよう、と風邪を引く決心をすると、風邪はなかなか引けなくなるという文でした。
 風邪を引くのは心理的影響が大きいので、それを逆手に取った高等戦術だそうです。これでは風邪を引くのがいいのか良くないのか分からなくなりますが、引くもよし引かぬも良しということにして、私もこれからはこの気持ちで行こうと思いました。


 最近はジョギングやマラソンが流行しているので、走っている人を見かけることがとても多くなりました。
 走るのはダイエットのためとか友達に勧められたとかさまざまな理由があると思いますが、激しい運動をして体を鍛えれば、健康になると考えている人も多いかもしれません。
 しかし、この考え方が当てはまるのは若いうちだけで、中年以降は激しい運動をすると体にかえってよくないというのは、近頃メディアでよく言われるので、知られるようになってきたと思います。 
 なぜ良くないかというと、激しい運動をすることによって呼吸量が増えて酸素をたくさん取り込んむことで、体内に大量の活性酸素を発生させてしまうからです。活性酸素が増えると細胞などを傷つけて免疫力を低下させ、さまざまな病気の原因になり、老化を早めます。
 また、生物が一生に行う心拍数は決まっているので、激しい運動を行って心拍数を上げすぎると寿命が短くなってしまうとも言われていて、実際激しいスポーツを行った人の寿命はそうでない一般の人より短いというデータもあります。
 ですから、運動が体に良いというのは、ウォーキングやジョギングなどを行えばいいという程度のことだそうです。それをマラソンやロードワークなどと本格的に走ったりすれば、軽い運動とは言えず、さらにタイムを縮めようと考えて走ったりすると心身に大きなストレスを与えます。そして、走りすぎることでヒザや腰を痛めやすくなることもあります。

 日本人の持つ運動のイメージは学校の部活動の勝ち負け重視、鍛練、我慢が素晴らしいといった意識から抜けないので、運動は激しいものということになりやすいのでしょう。
 若い人は活性酸素を除去する能力が高いので、激しい運動をしても問題がありません。若いときの激しい運動は、心肺機能や筋力を強めたり、精神力を鍛えたりと、大人になって生活していくための基礎を作るためにある程度必要だと思います。
 しかし、30代後半くらいからは、健康のためと思って激しい運動を行うのは良くありません。辛いけど健康のためにと頑張って運動するのは、ストレスや活性酸素を増やすので逆効果以外の何物でもありません。
 中高年の運動は軽い有酸素運動で十分で、無理に運動しようと考えなくても、なるべく歩くことを心掛けたり、家事や掃除などでこまめに体を動かすようにするだけもけっこう運動になるそうです。
 体も道具や物と同じで使わなければダメになるし、激しく使えば壊れやすくなる、そして適度にていねいに扱って手入れすれば長く使えるということだと思います。

 ―――、とここまで「激しい運動は健康に良くない」ということを述べてきました。これはこれで正しい事実ですが、それでもこのことは、人の考え方次第なのではないかと、これまでと正反対のことを言いますが思います。
 運動はここまで言ってきたように、お酒やおいしい食べ物、嗜好品と同じように適度に楽しむ分にはあまり問題ありません。しかし、中には思い切り体を動かさないと気が済まないという人もいるでしょう。人それぞれ体のつくりが違って、運動の軽さ、激しさの程度も違うはずです。
 子どもの頃からずっと運動してきたという人は、人と体の強さが違うでしょう。そして、激しい運動が好き、試合の勝ち負けが楽しくてしかたない人もいると思います。
 ジョギングをすれば、いい汗をかいて、体も引き締まる、「ランナーズハイ」になって気分も爽快、人生に前向きになり、とにかく楽しいし健康的(これは疑問ですが)と考えている人に「活性酸素が増えてよくないですよ」と言ったところで、大きなお世話だという話になるでしょう。結局このことは、飲酒のようにリスクを知って、自己責任で楽しめばいいということではないでしょうか。
 (「ランナーズハイ」は脳内にベータエンドルフィンという物質が分泌されるために起きる現象ですが、これが起きて気持ち良くなるのは体が健康だからということではなく、体に非常な負担がかかっているために鎮痛効果のあるベータエンドルフィンが苦痛を消しているということです。走ることが快感になってやめられないという人は、脳内麻薬と言われるベータエンドルフィンの中毒になっている状態だそうなのでご注意ください)

 私は走るのが苦手なので走りませんが、歩くのは好きです。そして、マラソンほど激しくはないと思いますが、山登りが好きです。 山は空気がきれいですし、森の中では気持ちが穏やかになってきれいな景色を見ながら歩いたり、大変な思いをして頂上に着いたときの達成感、そしてそこで食べる弁当のおいしさと一度その楽しさを知れば本当にハマってしまいます。
 しかし、やはり長時間山道を歩くのはハードですから、活性酸素は発生するでしょうし、遭難や思いがけない事故もあって危険なところもあます。
 それでも登山の楽しみを思えば、そんなことは考えずに行きたいなと思ってしまいます。
 私はたまに行くくらいだからたいした影響はないと思いますが、頻繁に登る人は活性酸素の影響があったとしても、そんなことは気にしないでしょうね。楽しいことを我慢して長生きしてもつまらないと思ってしまうし、我慢することはストレスを増やすからかえって良くないということもあるかもしれません。

 私は若い頃、地図のコースタイムよりどれくらい早く歩けるか、なんてやっていましたが、今はそれはきついのでなるべく息を切らさず、口でハアハア呼吸しないで歩く方法を考えたりしています。こうすればハッキリとは解らないけど、活性酸素の発生を少しは抑えられるのではと期待しています。
 私は夏山しか登らないので今年の山登りはそろそろ終わりですが、来年はこの方法の研究成果をブログで書けたらいいなと思っています。

 現代の日本人の平均摂取カロリーは、60年以上前の食べ物が少なかった終戦後の摂取量よりも低くなっています。これは先進国の中では最低の値で(他の国はすべて食文化の違う欧米だからというのもありますが)、発展途上国の平均値に近いそうです。それゆえ日本人の肥満の割合は外国と比べてみると低く、かなり痩せているほうに入ります。
 まあ、これに関してはむしろ肥満の人が多い他の国がカロリー高すぎという気もしますが。現代の生活ではあまり体を動かさないから、それほどカロリーが必要でないのかもしれません。
 しかし、平均摂取カロリーが減ったといっても、一方で太り気味の人も多くて、メタボ、糖尿病などが問題になっていますから、人によって摂取カロリーの差が極端になっているということになるのでしょう。(貧富の格差もここに表れているのかもしれません)
 健康のためには小太りくらいのほうが、免疫力が高く長生きすると言われますが、明らかに太りすぎだったり、健康診断で様々な数値が非常に高かったり、自分の体型を鏡で見てたるんでいたりすると、少しダイエットしようかなと考える人も多いと思います。
 そこで今回の記事ではダイエットについて書いてみようと思います。私自身は痩せているのでダイエットしたことはなく、このことに関しては全くの部外者ですが、努力しない健康法について考えてきた経験からの考えを少し述べたいと思います。

 タレントが何かの方法のダイエットを行い、短い期間で体重を落とすのに成功してキレイになった、という本やテレビの企画がよくありますが、そういう方法で痩せたタレントはだいたい一年もたつと元に戻っていることが多いですよね。これは短期間に食事制限や運動を頑張って行う方法では、結果的に痩せられないというのを意味していると思います。(これに気づければ、無駄な方法をあれこれやらなくてよくなります)
 長く定期的に続けられない方法は、ストレスをもたらして、そのストレスが蓄積されると結局それが暴発して、リバウンドにつながります。ダイエットも健康法と考えて、頑張らないで一生続けられるものを行ったほうが、効果は少しずつかもしれませんが、良い結果をもたらしてくれると私は考えます。
 
 食べ過ぎると当然太ってしまいますが、私たちがついつい食べ過ぎてしまうのは、日常生活のさまざまなストレスが原因になっていることが多いでしょう。食べると副交感神経が働きリラックスするので、一番手軽なストレス解消法になりますが、食べ過ぎをいつも繰り返せば、無理が生じるのは必然です。ですから、どうしても食べ過ぎてしまう人は、自身を振り返って、自らのストレスがどういったものか知り、それを取り除くようにすることが、食べすぎや肥満の防止につながっていきます。
 あと食べ過ぎは、前回の記事に書きましたが、甘いもの依存と食べるもの栄養不足によっても起こりますので、これらにも注意する必要があります。
 そしてもう一つ、食のストレスに関して言えば、これは女の人に特にありがちですが、食べることにすごく気を使い、あれこれ厳しく制限しすぎてストレスになってしまうケースです。
 痩せたいと強く願うのも何らかのストレスの影響だと考えられますが、その上に食の制限のストレスも加われば、いっとき痩せられたとしても、すぐにリバウンドしてしまうだろうし、その結果、ストレスフルなダイエットをいつまでも続けることになってしまいます。
 こういった場合は、まず食に関する厳しい制約を取り払うことが、さまざまな問題を生むストレスの軽減のために必要でしょう。食に限らず何事にも言えますが、本能的な欲求に対して我慢を重ねすぎてしまうと、かえってその欲求にとらわれる結果になります。
 食欲をコントロールできるようになるためには、食欲を本当に満足させるようにしたほうがいいと私は考えます。食べたい欲求を我慢せずに食べれば、結果的に食欲は適切なものになっていきます。聞き分けのない子どもと同じように、食欲もダメダメばかり言われ続けると、ひねくれていつまでたっても未熟なままでとどまってしまいますが、ある程度欲求を理解して満たしてあげれば、子どもが大人に成長していくように食欲もわがままを言わなくなってきます。
 あまりダイエットに良くないものが食べたくなったときには、自分の本心に食べたいか、やり過ごせるか尋ねてみて、どちらが優勢か見極めて決めると良いでしょう。そして、食べたいほうが勝ったら、悩むことなく食べるようにします。
 食欲の聞き訳がよくなるまでの期間は、人それぞれだと思いますが、こうやっているとある日、良くない食べ物を食べても食べなくてもいいという気持ちになり、食欲のコントロールが楽になっていきます。

 前回の記事で、カロリー制限や一日二食とか一食にすることの効果を説明したけれど、これらを行うためには、食欲のコントロールがストレスなくできる状態でないと失敗してしまいます。
 カロリー制限や一日二食だと、空腹を感じる時間が出てきます。しかし、食欲に振り回されないでいられれば、空腹は逆に気持ちよく感じられるようになります。そして、この空腹を楽しめるところまでになれれば、痩せるのはそれほど難しくなくなるはずです。

 今回はダイエットの基本になる、食べることとストレスの関係について私なりの考えを書いてみました。基本的には、食べたいものを我慢し、自分を痛めつけてまで痩せようとするより、食べたいものを食べ、やりたいことをする生活のほうが、心が楽しくなって何事もうまくいくように思います。(これは少し痩せるとは関係ないかもしれないですが)

 次回は食以外のことで努力無く行えるダイエット法について書いてみます。
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ