子育ては愛情を持ち、子どものためを思って行うものですが、その育て方は親それぞれいろんな考え方でなされるものでしょう。
 でも、赤ちゃんの体づくりに関しては絶対行うべき原則が一つあるように私には思えます。今回はそのことについて話してみます。


 私が強く思うのは、赤ちゃんのさまざまな動き、寝返り、ハイハイ、お座り、立つ、歩くなどの動作に手を貸さないことです。赤ちゃんが自発的に動くようさせて、手を貸して助けるとか動きを強制する、ということはしないほうがいいと思います。
 親は危ない所が無いか気を付けるだけで、赤ちゃんが自らの力で動こうとするのを気長に見守ってあげます。
 これはスパルタで育てろとか、スキンシップするなと言ってる訳ではありません。よく抱っこしてあげることや、一緒に遊ぶことは心を育てるためにとても大切です。
 でも、体づくりに関しては、座る、立つ、歩くなどの段階では親が支えたり、手助けしたりせずに自分で出来るようにさせる必要があります。
 幼児が歩くのに手を持ってあげたりする光景をよく見かけます。また、歩行器を使わせる親もいるみたいですが、この時期にしっかり自らの力で体の動きを学び、体の基礎となる部分を作ることは何より大切で、これはその子の人生に大きく関わることだと私には思えます。
 「這えば立て、立てば歩けの親心」なんていいますが、子どもには子どもなりのペースがあるからあせってはいけません。ここで良かれと思い、または早くできるようにさせようと手を貸してしまうと、大きくなってから自分の力でたくましく生きられず、いつまでも手助けを必要とする人になってしまうかもしれません。
 あせらないで子どもが自ら成長するのをゆっくり待ってあげれば、きっとその子なりのペースで成長します。体を作る最初の段階で自分で失敗しながらも動けるように親がしてあげれば、その子は積極的に行動し、その経験が良き糧となる子どもに育っていくでしょう。


 手を貸さないことの他に赤ちゃんの体づくりで注意したいのは、ハイハイをたくさんさせてあげることです。
 日本では住宅事情もあって十分ハイハイするスペースがなく、そのため物につかまって立つ、つかまり立ちへの移行が早いという問題があるそうです。でも、ハイハイをたくさんすると、腕や背中、腰、体幹の筋肉をよく鍛えられるので、なるべくスペースをとってハイハイさせた方がいいみたいです。


 この体づくりの時期は、子どものこれからの人生にとってそんなに長いものではないですが、体にとってはその土台を作るとても重要な期間です。子どものためを思うなら動きを学ぶのに手を貸すことなく優しく見守ってあげるのが大切です。
 人間には成長する力が備わっています。それを子どもの中に見るのは親にとっての幸せなんだろうと思います。



年末から年始にかけて風邪を引いたので、とても天気の良い正月でしたがどこにも行かず家でじっとして過ごしました。12月はとても寒い日が続いたので、風邪を引きそうなところをどうにかやり過ごしていましたが、年末になってだるさと共についに引いてしまいました。熱、咳、鼻水などの症状はなく、喉と体の痛みと、そしてとにかく体がしんどくて動けませんでした。
病院嫌いの私は行かなかったですが、同じく風邪をひいて正月に救急病院に行った家族によると病院は風邪引きの人であふれかえっていたとのことです。
私が医者に行かないのは、風邪はとても体の弱い人以外は誰でもそうだと思いますが、子供の頃から何度も引いているので、たいていの風邪は重篤な症状にならないのが経験的に分かっているからです。
風邪で医者に行っても、ちょっと診察してもらって薬を出されて終わりです。そして、そのもらう薬も風邪の初期症状に対する葛根湯などは効くみたいですが、普通の現代薬、抗生物質や解熱剤、症状を抑える対処療法の薬などは、風邪を根本的に治すものではないそうです。細菌に効く抗生物質はウィルスが原因の風邪には見当違いの薬ですし、その他の薬もあまり効果的ではなくかえって治りを遅くするとも言われています。
風邪の症状は風邪を治すために必要なものです。熱が出るのは体温が上がることで免疫力を高めて風邪のウィルスを退治するためですし、咳や鼻水が出るのはウィルスを体外に排出する役目があり、体が痛くなるのは熱の発生を助けるため、だるくなるのは休まないといけないという体からの警告でしょう。ですから、これらの症状を薬で抑えるのは基本的に良くないことなのです。
普通の風邪くらいなら薬を飲まなくても2,3日寝ていれば治るということを一般の人はどれくらい知っているのかなと思います。ちょっと前に「ためしてガッテン」で薬は風邪を治すものではないということを取り上げたことがあるそうですし、私も健康情報を扱うテレビ番組で何度か医師がこう言っているのを見たことがありますが、まだまだ風邪をひいたらとにかく医者に行くと考えている人が多いのでしょうね。(私の家族だって私の言葉を信用しないで医者に行きますからね(-_-#))
私にはあまり意味がないと思われる薬も飲んで何事もなければいいのですが、薬には副作用があるので注意が必要です。
抗生物質をむやみに飲むと腸内細菌を殺してしまいます。腸内細菌は本当に私たちにとってたくさんの重要な働きをしていますから、無意味に抗生物質を飲むことで腸内環境を悪くするのは馬鹿げきっています。効果がないと知っていて出すほうも出すほうですが、患者もとりあえず抗生物質を飲めばいいと思っている人も多いみたいなので正しい知識が必要です。
あと抗生物質には耐性菌(抗生物質が効かなくなる菌が体内に発生して治療を困難にする)の問題もあるのでくれぐれも注意してください。
解熱剤も発熱自体からだが病気を治すために行っていることですから逆効果といえます。40℃くらいの高熱でもそれほど心配することはないそうです。それよりもやはり解熱剤の副作用の方が怖いみたいで、特に子どものインフルエンザ脳症(欧米にはこの症状がほとんど見られない)と解熱剤の関係は知っておくべきだと思うので、関心のある方はネットで詳しく調べてみて下さい。
さらに今の季節ではインフルエンザが流行しますが、インフルエンザ治療のタミフルなども以前、副作用の問題が起こりましたし、タミフルを使用したとしてもこれも風邪薬と同じように根本的に治すものではなく少し治りが早いかもしれない程度の効果らしいです。
インフルエンザというと恐ろしいと考えて、薬、薬、と私たちは思いがちですが、タミフルが開発される前だって私達はインフルエンザにかかってそれをタミフルなしで治していた訳ですし、世界のタミフル使用量の7,8割を占めている日本以外の国でなにかインフルエンザでバタバタ人が死んでいるなんて言う話を聞いた事はないですし、インフルエンザ=薬という図式も少し大げさなんじゃないかと感じなくもありません。(ヨーロッパなんかではインフルエンザは風邪と同じように安静にして治す事が多いというのをネットの記事で見た事があります)
病院でもらう風邪薬ばかりでなく、市販の風邪薬も恐ろしい副作用を起こす事があって、ごくまれになのでしょうが失明したり死亡した例もあります。
医者や薬剤師が風邪をひくと自分たちがいつも処方する風邪薬は飲まずに、葛根湯やビタミンCを飲むという話がありますが、これは本当なのでしょうか?まあ意味のない薬をたくさん出せば儲かるという仕組みでやっているのだから、人に飲ませるものを自分が使わないなんてことがあっても驚きませんが、本当なら許せない話だと思います。
私たちは病院、医者を盲信することなく、自分の大切な体なのだからこういったことを真剣に勉強する必要があると思います。(人を疑うなんて嫌なことですがそうせざるを得ない現実があります)
近藤誠さんの本みたいなものも売れてきていますから、こういった医療のおかしな点はもっともっと知られていけばいいと思います。

最後にドイツの笑い話を一つ。
医者「いやー早く来てよかったですよ」
患者は驚いて「先生、そんなに深刻な状態なんですか?」
「いや、一日遅かったら自然に治っているところでした」

1月24日の記事で風邪をひいた時に抗生物質や解熱剤、症状を抑える薬を飲むのはあまり良くないと言うことを説明しました。風邪は薬ではなく、私たちの体の自然治癒力で治すものですが、今日はその風邪を引いて治るという事をポジティブにとらえた考え方について紹介したいと思います。

野口整体と呼ばれる、気を使った療法や体癖という分類を使った姿勢の修正体操などを普及する「社団法人 整体協会」の創始者野口晴哉氏が「風邪の効用」(ちくま文庫)という本を五十年ほど前に刊行しました。野口晴哉さんは独自の生命哲学と病気治しの技術の凄さで有名だった伝説的な人物です。
「風邪の効用」の中で野口さんは風邪について私たちが持つ、風邪は万病の元とか、できれば引きたくない厄介者といったとらえ方とは全く異なる考えを述べています。

要約すると「風邪というものは私たちの心身の疲労、偏りなどが大きくなった時に、それを自ら調整するために体が起こす現象であり、疲労・偏りからくる体の硬さを弾力のある柔らかいものに変える自然の療法である。
だから風邪を引いたら無理に治すことなく、上手に経過させることが重要。
そうすれば体の偏りが正され、さまざまな病の予防、さらには治療にもなる。
風邪を引けるのは自らの体を調整できる敏感な体であると言える。」といった事を述べています。

無理に治すことはなく上手に経過させるというのは、現代でいうと必要のない薬を飲まずによく休んで、体の治癒力に任せるといった事でしょうか。
本の中には上手に経過させる方法として、手からの気をあてて背骨の偏りを正す療法や足湯のやり方、心理的現象から見た風邪についても詳しく書かれています。
その他に、風邪を引く前は、潜在している偏り疲労が快復しようとする動きを起こすので誰でも寝相が悪くなる、という記述があり、これなどは私が年末風邪を引く前に、朝起きると両肩が痛い日が続いたのを思い出させ、あれはこの事だったのかと納得させられました。

この風邪についての考えを初めて聞く人はどういう風に感じるでしょうか。
この考えは東洋医学や代替医療などに関心のある人たちの間では広く知られて受け入れられた話ですが、あの野口晴哉が言うからというのもあるのでしょうが、私も自身が風邪を引く度にやはりこの考えの正しさを実感します。
皆さんもぜひ風邪を引いたら薬を飲むなんてもったいない事をしないで、自身の治癒力で風邪を経過させて体の変化を観察してみて下さい。薬にばかり頼っていると自然治癒力はどんどん弱まってしまいますよ。

本の中で私が面白かったのは、風邪を引いたらそれを機会に体を治そう、ガンになるような鈍い体にならないように上手に経過しようと風邪を引く決心をすると、風邪はなかなか引けなくなるという文章でした。
風邪を引くのは心理的影響が大きいので、それを逆手に取った高等戦術だそうで、これでは風邪を引くのがいいのか良くないのか分からなくなりますが、引くもよし引かぬも良しという事にして私もこれからはこの気持ちで行こうと思いました。

次回に続く

(前回からの続き)
次に風邪の効用としての体の偏りを正す事に関連しているのでは、と私が推測していることについて書きます。
それは近年落ち着きのない子どもが増えていることとの関連です。
子どもが風邪を引いたら、親は医者に診せて薬をもらい、それを飲ますのが普通当たり前の事として考えられているでしょう。
親としては風邪の不快な症状を早く和らげてあげたいとの思いからそうすると思いますが、風邪の諸症状は何度も言うように体が治そうとして行う事なので、それを抑えるのは本末転倒です。
そして、そうやって薬で症状を抑えるのはしっかり休み、自然治癒力で治すといった先ほどから言う風邪を上手に経過させるのをしない事になり、その結果として子どもの体の疲労偏りも解消されずにそのまま残ってしまいます。こうして体が偏りを正そうと風邪を引くたびに、薬でその働きの邪魔をし続ければ、体の偏り歪みは積み重なり、そうなると普段の日常でいつも偏りを解消すために動いて、落ち着くことが出来ない子どもがいるのではないかと私は考えています。

落ち着きのない子どもの増加の原因はいろいろ言われています。(食品添加物、妊娠中の喫煙、ミネラル不足、テレビ・ゲーム、予防接種の添加物、スキンシップ不足など)しかし、原因ははっきりしないみたいです。

私がこの事と風邪の偏り解消との関係を考えたのは自分の体験からでした。
私の親は特に医者になんでも行けばいいという考えが強かったので、小さいころからちょっとした事で医者に連れていかれました。(たぶん普通の子の倍は薬を飲んだと思う)
そういう私の体の歪みはそのせいなのかは分からないですが大きく、神経質によく動く癖がありました。。
そして、月日がたち薬を飲むのはよくないと知ってから風邪で寝ていてことがあったんですが、これが実にツラくてしんどいんです。子ども時代、風邪で学校を休んだことはたくさんあったけど、こんなにツラかったのは一度も記憶にありません。それだけ風邪薬が効いていたという事でしょう。
しんどい思いをして布団の中でバタバタ寝返りを打っているときに、これが歪み直しの動きで子どもの頃の自分にはこれが必要だった事を直感的に感じました。こうやって風邪の度に歪みを直していたら自分の体ももうちょっと違ったものになっていたんじゃないか・・・。
このことは私の仮説なので何とも言えないですが。しかし、もしそうだとすると現代の風邪薬は昔よりも症状を抑える力が強いそうですから、風邪の偏り矯正の働きはさらに弱められて、その結果体が整ってないからいつでも落ち着いていられなくなるとも考えられます。

そして、風邪で寝ている時にもう一つ思ったのは、体のことのほかに心理的な効用もあるんじゃないかということでした。それは薬なしで風邪を治すためには、文字どおりジッとしていなければならないという事です。
今の子どもは強い薬を飲んでしまうので、あのじっと寝てなければツラくて治らないので、布団の中で静かにしているという経験をあまりしていないんじゃないかと思います。
子どもは本来落ち着きがないものですが、この本当にじっとしてなければならない経験を全く知らずに学校に行くようになれば問題が起きるという事も考えられます。

以上、風邪の効用の記事、いかがだったでしょうか。後半の子どもの風邪と薬の関係の話は私の推測に過ぎませんが、私も真剣に思って書いた事なので心の隅に留めて頂ければ幸いです。

 最近はジョギングやマラソンが流行しているので、走っている人を見かけることがとても多くなりました。
 走るのはダイエットのためとか友達に勧められたとかさまざまな理由があると思いますが、激しい運動をして体を鍛えれば、健康になると考えている人も多いかもしれません。
 しかし、この考え方が当てはまるのは若いうちだけで、中年以降は激しい運動をすると体にかえってよくないというのは、近頃メディアでよく言われるので、知られるようになってきたと思います。 
 なぜ良くないかというと、激しい運動をすることによって呼吸量が増えて酸素をたくさん取り込んむことで、体内に大量の活性酸素を発生させてしまうからです。活性酸素が増えると細胞などを傷つけて免疫力を低下させ、さまざまな病気の原因になり、老化を早めます。
 また、生物が一生に行う心拍数は決まっているので、激しい運動を行って心拍数を上げすぎると寿命が短くなってしまうとも言われていて、実際激しいスポーツを行った人の寿命はそうでない一般の人より短いというデータもあります。
 ですから、運動が体に良いというのは、ウォーキングやジョギングなどを行えばいいという程度のことだそうです。それをマラソンやロードワークなどと本格的に走ったりすれば、軽い運動とは言えず、さらにタイムを縮めようと考えて走ったりすると心身に大きなストレスを与えます。そして、走りすぎることでヒザや腰を痛めやすくなることもあります。

 日本人の持つ運動のイメージは学校の部活動の勝ち負け重視、鍛練、我慢が素晴らしいといった意識から抜けないので、運動は激しいものということになりやすいのでしょう。
 若い人は活性酸素を除去する能力が高いので、激しい運動をしても問題がありません。若いときの激しい運動は、心肺機能や筋力を強めたり、精神力を鍛えたりと、大人になって生活していくための基礎を作るためにある程度必要だと思います。
 しかし、30代後半くらいからは、健康のためと思って激しい運動を行うのは良くありません。辛いけど健康のためにと頑張って運動するのは、ストレスや活性酸素を増やすので逆効果以外の何物でもありません。
 中高年の運動は軽い有酸素運動で十分で、無理に運動しようと考えなくても、なるべく歩くことを心掛けたり、家事や掃除などでこまめに体を動かすようにするだけもけっこう運動になるそうです。
 体も道具や物と同じで使わなければダメになるし、激しく使えば壊れやすくなる、そして適度にていねいに扱って手入れすれば長く使えるということだと思います。

 ―――、とここまで「激しい運動は健康に良くない」ということを述べてきました。これはこれで正しい事実ですが、それでもこのことは、人の考え方次第なのではないかと、これまでと正反対のことを言いますが思います。
 運動はここまで言ってきたように、お酒やおいしい食べ物、嗜好品と同じように適度に楽しむ分にはあまり問題ありません。しかし、中には思い切り体を動かさないと気が済まないという人もいるでしょう。人それぞれ体のつくりが違って、運動の軽さ、激しさの程度も違うはずです。
 子どもの頃からずっと運動してきたという人は、人と体の強さが違うでしょう。そして、激しい運動が好き、試合の勝ち負けが楽しくてしかたない人もいると思います。
 ジョギングをすれば、いい汗をかいて、体も引き締まる、「ランナーズハイ」になって気分も爽快、人生に前向きになり、とにかく楽しいし健康的(これは疑問ですが)と考えている人に「活性酸素が増えてよくないですよ」と言ったところで、大きなお世話だという話になるでしょう。結局このことは、飲酒のようにリスクを知って、自己責任で楽しめばいいということではないでしょうか。
 (「ランナーズハイ」は脳内にベータエンドルフィンという物質が分泌されるために起きる現象ですが、これが起きて気持ち良くなるのは体が健康だからということではなく、体に非常な負担がかかっているために鎮痛効果のあるベータエンドルフィンが苦痛を消しているということです。走ることが快感になってやめられないという人は、脳内麻薬と言われるベータエンドルフィンの中毒になっている状態だそうなのでご注意ください)

 私は走るのが苦手なので走りませんが、歩くのは好きです。そして、マラソンほど激しくはないと思いますが、山登りが好きです。 山は空気がきれいですし、森の中では気持ちが穏やかになってきれいな景色を見ながら歩いたり、大変な思いをして頂上に着いたときの達成感、そしてそこで食べる弁当のおいしさと一度その楽しさを知れば本当にハマってしまいます。
 しかし、やはり長時間山道を歩くのはハードですから、活性酸素は発生するでしょうし、遭難や思いがけない事故もあって危険なところもあます。
 それでも登山の楽しみを思えば、そんなことは考えずに行きたいなと思ってしまいます。
 私はたまに行くくらいだからたいした影響はないと思いますが、頻繁に登る人は活性酸素の影響があったとしても、そんなことは気にしないでしょうね。楽しいことを我慢して長生きしてもつまらないと思ってしまうし、我慢することはストレスを増やすからかえって良くないということもあるかもしれません。

 私は若い頃、地図のコースタイムよりどれくらい早く歩けるか、なんてやっていましたが、今はそれはきついのでなるべく息を切らさず、口でハアハア呼吸しないで歩く方法を考えたりしています。こうすればハッキリとは解らないけど、活性酸素の発生を少しは抑えられるのではと期待しています。
 私は夏山しか登らないので今年の山登りはそろそろ終わりですが、来年はこの方法の研究成果をブログで書けたらいいなと思っています。
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ