一度はやりたい健康法三回目のテーマは全身のコリの解消についてです。

人は疲れがたまると肩や腰などが張ったり凝ったりします。そんな時は体を休め、自分でもんだり、マッサージをうけたりしてコリを取って疲労を回復します。
疲れると現れるコリは意識できますが、普段体が疲れてないように思ってる時でも、自分では気づかないコリが体にはいろいろとあります。
人によって体の使い方の癖、体型の特徴、内臓の調子などの影響で体のあちこちに意識しないコリが存在しています。
ここでいうコリとは押してみて痛い所を意味します。そしてそうしたコリはどんなに痛いものでもんだり、押したり刺激すると時間がかかることもありますが、徐々にとれていきます。
全身にある探してみるまで解らなかったコリを解消することには現在ある不調の改善、病気の予防、気持ちを落ち着かせる、体型、体質を良くするなどの効果を期待できます。
体をあちこち触ってみて痛い所を押すだけですから簡単です。自分の体を知る意味でも一度はやってみてはいかがでしょうか?

痛いコリといえば足裏のツボ押しなどがわかりやすい例ですが、全身に隠れたコリは押すと本当に悶絶するほど痛いものもあります。
そういった痛さを想像すると、私は絶対にやりたくないと考える人が多数だと思います。実際強い痛みをうければ、よほどの物好きか、高い料金を払ったマッサージやエステを受けるという場合でもない限り、人はそんな事を二度としたくないと考えます。
痛みのストレスは心身にダメージを与えるのでその反応は正常ですが、コリの解消のためにはそこを刺激するしかありません。

そこでここでは私まやとが考えた、痛みがストレスにならない方法を紹介したいと思います。このやり方で不調の気づかない原因のコリを解消して下さい。

まず押すと痛くてたまらないコリを探し、そこを押して刺激します。(後ほど痛みが隠れている場所を説明します)自分で押すので痛みを調節できるのも長所の一つですが、ある程度の痛さまで押して下さい。
痛いとたいてい人は顔を歪めますが、この時顔を歪めたり、しかめたりしないで下さい。具体的に言うと顔の眉間にシワを寄せたり、目に力を入れたりぜず、さらに歯をくいしばったり、唇に力を入れて一文字やへの字にもしないようにします。そしてもう一つ、コリを押してない手も力をこめて握りしめたりしないで下さい。
コリを刺激して痛みを与えた時に、普通なら人は目の周り、歯(口の周辺)、手指を力ませて痛みを我慢します。
痛みを感じた時、目、歯、手に力を入れずに動かさない場合どうなるかというと、痛みをなるべく感じないように身をくねらせて、痛みから逃げようと無意識に体を動かすと思います。
こうやってなんとか痛みを逃がそうとすると、痛みは感じるのですが何故かそれをやり過ごすことが出来て、激痛のコリを刺激するのがそれほど嫌でなくなります。

目、口、手に力が入ると脳にストレスがかかるので、それが人に痛みを遠ざける原因になっていると私は考えています。
そしてこの三ヶ所に力を入れないでおけば、脳にダメージを与えないので痛みにうまく耐える事が出来て、さらに身をよじらせる無意識の動きも、コリの解消に大切な働きをしていると私は考えています。
まとめますと、手を握りしめないで、顔には力を入れず涼しげにし、身をよじって痛みをやり過ごす、です。

このやり方を覚えてもらえば全身のコリの解消ははかどります。もちろんそれほど痛くないコリはどんどん刺激して解消してください。

あと一つ注意してもらいたいのは、このコリほぐしをしている間や終わった後に、痛みを感じてないのに身をくねらせる動きをやりたくなるかもしれません。
それはコリをほぐすのに体が必要とする動きですから、その無意識の動き十分にやってください。

次回は痛いコリがある場所、解消しておいたほうがいいコリについて書いていきます。

前回、コリを刺激する痛みが嫌にならない方法として顔(目と歯)をしかめず手にも力を入れない事を紹介しました。そして、この回と次の回ではコリのある場所について書いていきたいと思います。

最初に注意点として、妊娠している人は手の甲の親指と人差し指の間と、ひざのあたりより下の何箇所かにあまり押さない方がいいツボがあるみたいなので(西洋医学では根拠がないとされているみたいですが)十分注意して下さい。
もう一つコリが炎症を起こして熱があるような時には熱が引くまで押さないで下さい。

まず押して痛い所の代表といえば足裏だと思いますが、じつはわたし足ツボで痛いと思った事がないんです。昔から木のイボイボのついた足裏刺激の板などでも片足立ちできるくらいでした。だから人ごとみたいな口調になりますが、テレビで足ツボを押された人が悶絶するシーンを見たりすると、相当なコリがあるのだろうなと推察します。
コリの中に毒素や老廃物がたまっていて、それを押すことでしみ出し神経にふれるから痛いそうです。
足裏の場合、足の場所ごとに体のどこに対応しているとかあるみたいですが、押してみて痛い所をほぐしていけばいいと思います。足裏刺激の板や棒など痛みが和らぐまで地道に続けてみて下さい。もちろん無茶苦茶痛い時は痛みをのがす方法を使って下さい。

続いて解消してほしいコリがある所は胸のあたり一帯です。これはよく胸腺マッサージという名前で呼ばれています。
体の免疫力に関係する胸腺を活性化させる方法です。
胸腺は胸の真ん中の胸骨のうしろにありますが、胸のあたり一帯、鎖骨の辺から肋骨、胸の前面にかけてもむと免疫力が高まるそうです。指をあばら骨にむかって軽く押しながらグルグル回す感じでやりますが、これがやった事がないと結構痛いんです。でもやっていれば痛みはとれていきますし、終わった後は胸全体があったかくなり気持ちよく感じるでしょう。
コリをほぐすのは長い時間やったり、強い力で思いきり押したりしないで、短い時間でコツコツ続けた方が効果的です。痛みを感じなくなったら後はたまにやるぐらいでいいと思います。

手と足にも」コリが隠れています。手の平と甲、手の爪のあたり、、前腕にもけっこうもむと痛い所があります。肩、首が張るという人は肩、首の周辺で特に痛い所がないか探ってみて下さい。
足の甲、足の爪、足首の周辺、すね、ふくらはぎ、ひざ。外反母趾、ひざ痛の人はその周りにコリがないか探してそれを解消しましょう。
次に、太もも前、横、裏と念入りに探ります。以前私が太ももの外側が押すと痛むので熱心にやっていたら、何か所も内出血してアザが出来た事がありました。血行が悪くて古い血がたまっていたのかもしれません。さすがに少しもむのを休みましたが、その後太もものコリはとれてスッキリしました。

顔はこめかみ、ほお、鼻の横、小鼻、耳たぶ、耳の周り、あごから首にかけて、口の周辺、口の中に手を入れて歯ぐきの痛い所を押すのも効果があります。また頭痛、鼻炎、顎関節症、扁桃炎に悩む人は顔のコリをみつけてよくもんでみて下さい。
あと目の周辺は本当にコリが多いです。眉毛、両目の間、骨のくぼみのふちとその周り。
特に眉毛の下あたりはひじを机について親指の関節を立てたところでグーとおしてみると相当の痛みがあるはずです。目の周りのコリの解消は目の疲れにすぐ使えてとても役立つと思います。

コリの解消3へ続く

前回からの続き
次に頭のコリを見つけます。頭皮の痛い所の内側の脳の血行が良くない事があるそうなので念入りにやりましょう。
あとコリとは少し違いますが、頭皮の固い人は意識的にほぐした方がいいかも。頭を洗う時、ついでに指先で小さく円を描くようにほぐすといいと思います。

背中のコリは主に肩甲骨のあたりと、背骨の両側に沿ってあります。背中は手が届きにくいので人にやってもらってもいいですが、一人でもできます。私は自分でほぐしました。
肩甲骨は思っているよりも形が複雑でコリもたくさん隠れているので、全体をまんべんなく、表面のでっぱている所、窪んでいる所、まわりのへりに沿って、そして出来たら裏側も触ってみて下さい。
肩甲骨の間にもとても痛いコリがある可能性があります。抑圧された悲しみなどのマイナスの感情はここにコリとなって現れるそうです。実際肩甲骨とその間をほぐすと呼吸がラクになり安心感が感じられると思います。

次に腰の辺から背骨に沿って筋肉を押していきます。ここには肝兪、腎愈、胃愈などの内臓に関連したツボがたくさんあります。どのツボがどこにあるとか考えずに順々に押していって痛む箇所をほぐします。内臓の強くない人はここにコリがないか探してみて下さい。
私の家でも親がたまに胃の調子が悪くなったりすると、すぐにうつぶせにしてここを押します。すると結構早く楽になるそうです。
腰の痛む人も腰一帯からおしりにかけて原因のコリがないか探って下さい。

私は一年ほど前にこのコリほぐしを熱心にやっていて、その時に全身だいぶほぐれたのですが、この記事を書くにあたって、私のこるポイントである肩甲骨あたりを押してみると痛む所がかなりありました。
一生に一度といわずにたまにはやった方が良いみたいです。今日から風呂でほぐします。
その一年前にコリが多くて手も届きにくい背中をほぐすために私のやっていたのは、床に野球の軟式ボールを置いてその上に寝転ぶというやり方でした。息がつまるかんじで相当痛かったですが、背中全体をほぐすとフワッとした安心感を感じられました。
軟球ボールだと痛すぎる時はゴルフボールや、テニスボールでもいいかもしれません。
あと背中をほぐす専門家の人によりますと、背中全体が岩のようにガチガチになっている人はかなりマズいそうなので、おもいきって休息をとったり、ソフトに体をほぐす専門家の所に行った方がいいかもしれません。
背中や肩首がガチガチに鉄板のように固くなっている時には強く押すのは逆効果で、ゆっくり優しくほぐす方が向いてます。

おなかのコリを探す時はあお向けに寝ころんで膝を立ててやります。
おなかにはやはり内蔵の不調、そして冷え、便秘、泌尿器、婦人科病に関連したコリがあるそうです。おなかはデリケートなのでやさしく触ってコリをほぐしていって下さい。
おなかは腹全体、肋骨の下のへりから、恥骨のあたりまでくまなく押して痛む所を見つけます。

最後にお尻と足のつけ根です。骨盤の骨に沿ってくまなく指を入れてみたり、お尻には肉が多いのでいろんな角度から強めに押してみて下さい。
足が冷える人や骨盤の中にある臓器に関係する泌尿器や婦人科のトラブルに悩む人は、ここにあるコリを解消すると改善の助けになると思います。
手が冷える人、精神の不調、循環器系のトラブルがある人は肩甲骨あたりを念入りにやってみて下さい。

以上、こうやって書くと全身をほぐす必要があるかのように思えますが、まずは自身の気になる症状に関係したコリ、押すと思いきり痛むコリをほぐしてみて下さい。そして時間があれば全身の隠れたコリも探してみてください。

 今回は、いつでも簡単にできる健康法「耳もみ」について書きたいと思います。
 手や足裏・耳は、体全体のツボが集まっている場所と言われています。
 手や足の裏は、もむのに多少手間がかかりますが、手足より小さな耳をもむのは、それほど時間もかからずどこでも出来るので、耳もみはとても手軽な全身の活性化法といえるでしょう。
 耳の上部は下半身、中央部は内臓や腕、下の耳たぶあたりは眼・頭などに対応したツボがあるそうです。
 そして、耳は老化や体の疲れによって硬くなったり、押すと痛いところがでてきたりするので、よくもんで耳を柔らかくしておくのが大切ということです。

 耳もみのやり方としては、手の平で前後上下とこする、人差し指と中指で耳のつけ根をはさんで上下にこする、指でつまんでさまざまな方向へ引っぱる、小さくたたんでみる、全体をつまんで押す、などがあります。(つまようじのとがった方であちこち押すのも、けっこう痛いですが、お勧めです)
 これらは全部やってみても、たいして時間はかかりません。
 耳をもむと耳が温かくなってスッキリするのを感じるはずですが、そのほかにも耳もみには、全身の血行を促進する、自律神経が整いリラックスできる、肩こりが改善する、などといった効果があるそうです。
 また、つまんで押したときに痛みを感じるところは、よくもむようにします。痛いところをもんでいくと、そこのツボに対応する体の部分・臓器の不調が改善すると言われています。
 私は耳の上半分の真ん中あたり、耳のツボの分布によると、腰や泌尿器にあたる場所がとても痛むので、いつもここをもんでいます。ここは最近よくもんでいるのですが、痛みはなくなりません。でもだんだん痛くなくなると思うので、根気よくやっています。
 耳もみは、ただ耳全体をもみ、痛いところを押すだけで気持ちよくなれる簡単な健康法なので、とてもお勧めです。



 前回の記事で、いつも夏に起きる私の手足の関節の痛みが、そこの一番痛むポイントをさすり、押すことで解消できた、ということを書きました。
 この関節の痛みと、今回話した耳を押したときの痛みは、もんでいくと解消されるので、同じものだと言えるでしょう。そして、こういった押してみると痛むところは、コリという形で全身にあります。
 以前「全身のコリの解消」という記事で、このコリのことを書き、ふだん気付かないこれらのものすごく痛むコリをもんで解消することを勧めました。
 全身にある隠れたコリは、体の不調や歪み・疲労の原因になっていることがあるので、これをもんで解消することは、健康を保つうえで大切なことだと思います。
 コリの解消は、自分で体に触って痛いところを見つけ、そこをもんでいけばいいだけなので、難しいことはありません。
 3年ほど前、私はその記事で書いたように、体中のいたる所を探り、思いきり痛むコリを解消することを熱心に行いました。(記事には、痛むコリがあるポイントと激痛をやりすごす方法についても書いてあるので、良かったら参照ください)
 そうやってよくもんだ結果、激痛が起きるところはなくなったので、それ以来コリの解消はほとんど行っていませんでした。 
 しかし、この夏、手足の痛みを押して治したのがきっかけで、耳もみやコリを探すことを再び行ってみるようになりました。そして、再び行う中でいくつか面白いことに気づいたので、それらについて次回の記事から少し書いてみたいと思います。






 今回取り上げる健康法は、近ごろかなり話題になった健康法「ふくらはぎもみ」です。
 これは前回紹介した「耳もみ」と同じく、手軽にできて大きな健康効果が期待できる方法です。そして、試しに行ってみるだけで、効果がすぐに実感できる健康法だと思います。


 ふくらはぎは、ヒトの血液循環にとって重要な働きを持つ器官で「第二の心臓」とも呼ばれています。
 ふくらはぎの筋肉が、ヒトのようにしっかりしている動物は他にはいません。
 このふくらはぎは、直立歩行をするようになった人類が、足に流れた血液を心臓に戻すために発達させたものだということです。
 ふくらはぎの筋肉の収縮と弛緩によるポンプ作用で、静脈血を心臓へ力強く押し戻してくれます。そして、このふくらはぎのポンプ作用が十分働くと、全身の血流も良くなることから「血液循環の要」「第二の心臓」と呼ばれます。

 健康な人のふくらはぎは、つきたてのお餅のように柔らかく、弾力があって温かいそうです。しかし、心身に不調を抱えた人のふくらはぎは、硬い、しこりがある、柔らかすぎて弾力がない、冷たい、熱い、などの状態になっています。
 こういったふくらはぎをさすったり、もんだり、押したりしていくと、だんだんと健康なふくらはぎになっていきます。ふくらはぎの状態が良くなっていくと、全身の血行が良くなり、心身の不調(特に血圧や心臓の問題)の改善や、疲労回復が期待できます。

 「ふくらはぎもみ」のやり方としては、アキレス腱から膝に向けてもんでいく、寝転んで片膝を立てその上にふくらはぎを乗せてほぐす、親指を重ねて押す、などがあります。(さわって痛すぎる場合はさすっていくところから始めます)

 私は「ふくらはぎをもむのがいい」という言葉は良く見聞きしていましたが、それほどやりたいとは思いませんでした。それは、ふくらはぎを普通にもんでみても凝ったところを感じず、あまり痛くもなかったので、自分には効果的と思えなかったからです。
 しかし、たまたまふくらはぎもみの正しいやり方の動画を見る機会があり、そのとおり行ってみると、私のふくらはぎにもたくさん凝って痛む箇所があるのが分かりました。
 どうもやり方のポイントとして親指を重ねることがあるようです。
 こうすることで痛みのあるところをうまく押せるようになり、ふくらはぎをもむことに興味を持つようになりました。

 親指を重ねて押すときは、あぐらをかいて前に出したふくらはぎを押していくのがやりやすいと思います。
 ふくらはぎを内側、中央、外側とに分けて、アキレス腱から膝にかけて押すようにすると良いそうです。
 押していくと特に痛む箇所があるので、そこを痛すぎない程度の刺激で念入りにほぐします。押して痛むところは簡単に解消されないから、毎日続けていくことが大切でしょう。
 私は湯船の中で行っていますが、それほど時間はかかりません。そして、少しだけでも行えば、足がスッキリするなどの効果を実感できるので、楽しみながら続けられると思います。

 この「ふくらはぎもみ」の大きな効果を見つけ、それを心疾患などの治療に用いていた石川洋一医師の著書には、ふくらはぎもみを行ってはいけない場合がいくつか示されています。それによると足の筋肉・関節・血管が炎症を起こし腫れや痛みが強いとき、高熱があるとき、足を骨折して一年以内、なんらかの手術の後2・3週間以内、は行わない方がいいそうです。

 ふくらはぎをもむことで脚を細くする効果があるとも言われています。ふくらはぎをもんでで血行が良くなって代謝が上がったり、押してリンパを流すことで老廃物をスッキリさせたりすれば、脚が細くなるのも可能でしょう。
 そして、私はそういったダイエット効果の他にふくらはぎもみには、O脚・X脚などの脚の歪みを改善する効果もあると思っています。
 脚の歪みは複雑な原因からもたらされ、その矯正もかなり難しいものがあります。
 しかし、考えてみると、O脚やX脚の状態を支えているのは私たちの筋肉です。したがって、ふくらはぎをもんで筋肉のアンバランスを直せば、脚の歪みが改善されることにもつながるはずです。
 ふくらはぎの硬さやしこり、筋肉が委縮したところをもんでリラックスさせ、本来のふくらはぎの筋肉のバランスを取り戻せば脚の形も変わってくる・・・と思ってO脚の私は毎日せっせと押しています。

 ふくらはぎがほぐれて良い状態になることは心理的な面にも好影響があることも考えられます。
 ふくらはぎを見れば人の心の状態が分かると主張する人もいますが、私の考える心理的な面というのはそういったことではなく、ふくらはぎは行動力と関係があるのではないかという事です。これも私の推測ですが、ふくらはぎの筋肉は立って行動を起こすときの起点になっているので、ふくらはぎがほぐれて良い状態になるほど行動力や積極性がでてくるように思えるのです。


 最後のところの「脚の歪みを正す」や「行動力がつく」というのは、私の余計なつけ足しだったかもしれません。しかし、ふくらはぎは血液循環において重要な働きを持つ器官ですし、親指を重ねて押していくとだんだん状態が良くなっていくのは確かです。
 全身の血行を良くするには、ウォーキングなどで足の筋肉を使うことがまず大切ですが、それと共にふくらはぎをほぐすことを行っていれば、運動効果もさらに上がるはずです。
 ふくらはぎのコリはたぶん数多くあり、なかなか解消しにくいものだから、毎日少しずつ気長に続けるのがいいと思います。行えば行うほど体が良い方向へ変化していくはずなので、ふくらはぎもみ(3分くらいで出来ます)是非一度お試しください。



プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ