納豆は日本が誇る優秀な健康食品です。
 納豆は良質のたんぱく質であり、血栓を溶かす働きがある、腸内細菌にいい影響を与える、消化を助ける、などたくさんの良さがあり、なおかつ美味しいので私も毎日食べてます。しかし、いつも刻みネギに醤油だと飽きる事もあるので様々な工夫をします。
 今日は私が食べておいしかった納豆の食べ方についていろいろ書いてみたいと思います。

 まず初めに納豆には付属のタレを入れる人、タレを使わず醤油を入れる人といると思います。
 私はたいてい醤油です。でもタレもうまみがあっておいしいですよね。
 あと塩も結構いけます。うま味の強い海塩でもいいですし、粒つぶの岩塩を入れても食感がゴリゴリして私は好きです。

 ねぎの代わりにみじん切りした玉ねぎを入れるのもいいです。スライスした玉ねぎでも良いですが、みじん切りのシャキシャキした歯ごたえがたまりません。
 玉ねぎは切った後、水にさらさず20分くらい何もしないで置いておくと辛みが抜けるので、それを入れるのがいいと思います。これだと血液サラサラ効果も上がります。
 最近は生の野菜の酵素が体にいいというのを知ったので、オクラやゴーヤ、ピーマンなどをみじん切りにしてゴマと一緒にまぜて食べるのもよくやります。

 からしは納豆にはつきものですが、辛みのアクセントとしてはわさびやラー油、ゆずコショウなんかもおいしいです。わさびだけでもいいけど、アボカドを入れたアボカドわさび醤油は最高です。
 刻んだキムチと一緒に食べるのもそれぞれの味がケンカせずに調和します。
 七味唐辛子はマヨネーズと醤油少々と一緒にするのもいいですよ。さらにこれのアレンジバージョンで、切り干し大根の煮たのがあったらそれと一緒にまぜたのもおいしいです。

 油を入れても変化がつきます。
 ごま油を少したらして海苔で巻いて食べるのは相当いけます。これはさらに玉ねぎのスライスと一緒だとウマいです。
 オリーブ油もおいしいです。オリーブ油の場合、トマトとプロセスチーズを小さく切ったものとまぜると、それぞれの持つうまみがあわさって特別な一品です。

 こんな風にいろいろ書いていますが、わたし子どもの頃、納豆が本当に大嫌いで、たまに給食に出る時には泣きたい思いでした。
 理不尽な事に食べないと怒られるので、小学生の哀れな私は納豆の容器いっぱいになみなみと醤油を注いでなんとか食べていました。(こんな食べ方だと、納豆がひんぱんに出ていたら高血圧になっていたかも)
 それでも二十歳の頃になるとなんとなく食べらるようになり、今は長々と食べ方を書くのだから好みは変わるものです。ちなみに苦手を克服する時にはツナをまぜて食べていました。(現在は菜食なのでやりませんがこれもいけます)

 一風変わった食べ方としては、最近発見したカレー粉を入れるというのもあります。これも結構オススメです。
 それからソースを入れて青のりを加えると、お好み焼き的なかんじで食べられます。
 刻んだユズの皮を入れたもの、レモン(必ず国産)の皮をすって入れた納豆もさわやかな香りで好きです。

 むかし私は納豆と酢は相性が良くないと思っていましたが、納豆をかきまぜずに酢をかけて食べるとおいしく食べられます。これには塩、ハーブソルトなんかをかけるとさっぱりしたかんじです。
 ポン酢やバルサミコ酢などもおいしいです。さらにもずく酢と一緒でも。

 最後にごはんにかけない食べ方を。
ひとつめは味噌汁に入れる食べ方。これはなんとも言えない心まであたたまるかんじの一品になります。
 そして焼かない食パンの上にのせて食べるのもおいしいです。

 以上、まだこの他にもいくつか食べ方はありますがこれくらいにしておきます。たくさん詰め込んで書いたなー、とあきれますが最後まで読んでくれた方、有難うございます。
 気になった食べ方があったらトライしてみて下さい。
11 08
2013

 この前、土手道を車で走っていると、道路脇になにやらデカイ物体がもぞもぞ動いていました。
 通りすぎてから気になったので、引き返して見に行ってみると、そこには直径20cm以上あるスッポンがいました。
 どうやら川の方から土手をあがってきて歩道から車道に落ち、その段差を上がれずに困ってもがいていたみたいでした。
 四本足で背伸びするみたいな動きがあまりに異様で、通りがかったときに何か未発見の新生物みたいに見えました。
 
 かわいそうなので助けてやろうと思いましたが、私はスッポンを実際に見るのは初めてで、なにせ超デカイし、顔はふてくされているみたいです。そして、全体の色と甲羅の質感がグロテスクといったらスッポンに失礼ですが、あまりに迫力があってどうにも触る事が出来ませんでした。
 そこで一度喰い付いたら離さないといわれる習性を利用し、何かを噛みつかせて引っぱり上げよう、と考えました。
 茎が太くて背の高い草はないか、と探しに50mほど土手道を歩いてみました。そうして目を離した所に、誰かが通報したのか、役所の道路パトロールみたいな車が止まって、ちょうどいいサイズの段ボールにスッポンをスポンと(゜ロ゜)入れて、車に乗せてしまいました。

 私がそこへ戻ると、
「いりますか?」と訊かれました。
「いえ、いいです」と答えたら、捕獲したスッポンは連れて行かれてしまいました。引き取って逃がしてやった方がよかったかな、と後で思いました。


 アレあの後食べられちゃたのでしょうか?



 今回の秋の味覚はカボチャの種です。

 今年のウチの菜園はとにかくカボチャが豊作でした。(何もしなくても勝手に生えてくる)

 カボチャもいろいろ料理して美味しいものですが、切った時に形のいい大きめの種がはいっていると嬉しくなってしまいます。

 これを一昼夜乾かし、テレビを見ながらはさみを使って殻をとり中身をとりだします。
 地道にむいてとりだした種をフライパンで少しふくらむまで炒って塩をふりいれると、わたしの秋の味覚カボチャの種の出来上がりです。

 殻をむくのが面倒ですが、あの炒ったタネの香ばしい、凝縮した味のためなら苦痛になりません。売っている物も食べた事もあるけど別物です。

 この記事のためにネットでカボチャの種の健康成分を調べてみるとあまりにたくさんの効用が書いてあって本当かいなと思いました。
 たくさん食べる訳ではないのでそんなに健康効果があることは期待してないですが、そんな事とは関係なくとにかくおいしいんです。

 カボチャを買って大きな種が入っていたときにはぜひお試しください。カボチャが二倍楽しめます。

 最近とても美味しいしいたけの食べ方を発見したのでご紹介します。

 台所の陽のあたる窓際の所に、家族が近くの農産物直売所で買ってきたしいたけがたくさん置いてありました。
 ウチではそれを何日も陽に当てて干ししいたけを作りますが、いつもより数が多いので、晩ごはんに少し焼いて食べることにしました。
 日中天気が良かったせいで、しいたけはちょっとだけですが乾燥して半生な感じになっていました。
 それをガス台の魚焼きで焼いて醤油をかけて食べたのですが
「う、うまい・・(>_<)」
 大げさに聞こえるかもしれないですが、食べた瞬間動けませんでした。
 うま味がハンパなかったです。
 それから2、3日は連続で食べました。

 その後、偶然テレビで見たのですが、しいたけのうま味成分は生と干したのとでは違うそうです。
 なので私の食べたものは、生と干したものの中間の、うまみがミックスして増加しているしいたけだったのかもしれません。
 とにかく超うまかったです。

 しいたけ好きな人は一度食べてみてください。
 傘の開いてないどんこより傘の開いた肉薄のしいたけの方がよりおいしいかもしれません。やっぱり原木もので。
今の時期の日光に3時間から半日あてて表面が乾くくらいのものを焼いてみてください。

12 17
2013

この前家の近くの雑木林の中を歩いていると、一羽のカラスが飛んできて5mほど先の木の高い枝に止まりました。
その時なにか変な感じがしたのでそのカラスをじっと見つめました。そうやって見つめると気分を害するのか、怖くなるのかたいていのカラスは飛び去っていきます。
でもその日のカラスはなぜかなかなか飛び去ろうとしません。私も粘って見つめ続けるとしびれを切らしたのか「カーッ」と鳴いてカラスは飛び立ったのですが、飛んでいくのと同時に「ドサッ」と何かを落としていったのです。
フンをしたにしては大きすぎると近づいて見ると、落としていったのは枝というか木のかたまりみたいなもので「ドサッ」という音がするくらいのけっこう重いものでした。イタズラ好きで頭のいい憎っくきカラスは人の頭の上に落とすつもりでそれを隠し持っていたのかもしれません。
それとも人間に何か酷い目に合わされて復讐するつもりだったのかな、とも思ったりしました。

だがカラスよお前の悪事は最初から私にはお見通しだったんだよ!残念だったな(`へ´)(ホントは偶然。ケガしないで良かったです)
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ