無努力健康法一回目のテーマはちょっと変わったものをと、字を書く筆圧について取り上げてみます。

 
 みなさんはペンなどで字を書くとき、下の紙に跡がうつりますか?
 子供の頃から跡がつくように書いている、という人も多いと思います。
 ペン跡がうつるのは余分な力を使っています。字を書くのにそこまでの筆圧は必要ないと私は思います。
 以前、わたしが絵の展覧会に置いてある芳名帳で調べてみたことがあるのですが、その時はだいたい半分位の人が強い筆圧でした。

 紙にペンを押しつけずに滑らせて書けば、裏がデコボコしません。そして、それが字を書くのに最適な力の入れ具合だと思います。
 筆圧というと誰でも子供の頃、紙がデコボコしないために下敷きを使っていたはずです。もしかすると子どもは筆圧が強いのかもしれません。
 しかし、面白いことにアメリカでは子どもも下敷きを使わないみたいです。「日本人はなぜ下敷きを使うのか」とアメリカ人から訊かれた事がありますが、筆圧でデコボコになった紙に書く気持ち悪さは共通だと思うので、アメリカ(欧米人)は日本人よりは筆圧が弱いんだと思います。
 この推測をしたもう一つの理由は、これはヨーロッパの話ですが、日本の文具メーカーがサインペンをあちらで販売して結構売れている、というのをテレビで見たことがあります。そして、よく売れるのは書き味をヨーロッパ人向けに滑らかにしているからということでした。
 滑らかに書くというのは跡がうつるような書き方ではないなと思い、さっきのアメリカの話も含めて、日本人は字を書くのに特に力が入りすぎているんじゃないかなと考えるようになりました。


 もちろん筆圧の強い人に問題があるとは思っていませんが、何かもったいないような気もするのです。
 私も筆圧が強かったのですが、紙の裏に跡が残らないように書いてみたら、ほとんど苦労なく出来るようになりました。
 もともと力の入った書き方をしていたので、力を抜いて書くというのは、それに比べて楽をすると言っていいでしょう。ですから、字を必要最小限の筆圧で書くことは、「無努力に」できます。
 皆さんも少し意識して練習すれば、すぐに出来るようになると思います。
 筆記具もなめらかな書き味のものや、ペンの柄の部分が太いものにして、シャーペンの芯や鉛筆の濃さをB以上の色の濃いものに替えればさらに良いです。この書き方、一度やり方を覚えればずっと使えます。


 この筆圧と健康の関係について説明しますと、まず当たり前のことですが、字を書いても疲れにくくなります。
 余計な力が抜けるので手指、腕、肩がラクです。
 あと脳と手の密接な関係を考えると、筆圧強く書くことで脳にも入っていた余計な力が抜けて、脳のリラックスにもつながるはずです。
 そして、この筆圧を適正にすることは、書くという行為だけに限定されず、日常の動作すべての力の適正化にもつながります。ものを持つ、包丁を握る、ドアを開ける、車のハンドルをもつなど、あらゆる動作の余分な力を抜くのに役立ちます。
 日常使う、必要以上の力がどれ位なのかを数値にすることは出来ないでしょう。でも1日1日と蓄積していけば、かなりの量になるでしょう。
 その余りの力を別のことに使れえば、人生に少しのプラスをもたらすと思います。
 興味を持たれた方は試してみて下さい。コツはペン先を紙に押しつけずに滑らすことです。


 これで第一回目のテーマ「筆圧」を終わります。無努力健康法がどういった感じか少し理解して頂けたでしょうか

 次からも、このように楽で変わった健康法をいろいろ紹介していきますので宜しくお願いします。


前回からの続き) 

 この「無努力健康法」で説明させてもらう方法は、頑張ってやらないようにして頂きたいです。
 すべての方法は、私が試してみて安全で効果があったものですが、私自身これらの方法を「頑張って」長時間やってみたことがありません。
 経験がないので断言できませんが、もし頑張ってやった場合、具合が悪くなったり逆効果になったりする場合があるかもしれません。
 少しの間気持ちが悪くなる程度なら大丈夫ですが、あまりやりすぎると、気功法のやりすぎによって起こる「偏差」という症状になることがありえます。
 偏差が出ると、頭痛やめまい、幻覚を見る、自分を身体的・精神的にコントロールできなくなる、などの深刻な症状になってしまうので特に注意が必要です。
 私も昔は新しい方法を発見した時などに、つい興奮してオーバーワークになってしまい、目まいがしたりして調子が悪くなることもありました。


 無努力でやるというのは、楽だからそうするという以上の意味があると思っています。
 それは無努力が、体の状態を向上させるのに最善である、ということです。簡単そうでもそれだけの力を秘めていると思います。ですから偏差がでるような事もあります。

 
 少し恐くなるような事をいいましたが、要は頑張ってやりすぎないようにしてもらいたい、ということだけです。
 楽しければ長い時間やっても結構ですが、「つらい」「面倒だな」と思ったら頑張って続けないで、そこで止めてもらうということです。
 そして、体調が悪いときや、気分が乗らないときはやらない方がいいです。そうすれば長く続けられます。(体質的に全く合わない人もいるかもしれないので、そういう時は無理をしないでください。)

 あと好転反応(体の不調が良くなる前にかえって体調が悪くなったりすること)のことですが、私の経験の範囲内ではそれほどひどい状態になることはなかったです。ただ体の歪みを正す過程として体の節々が(特に手足)痛くなる症状はあるかもしれません。これは2,3日放っておくとおさまります。
 

 以上長々説明しましたがこの健康法の注意点でした。
 次から本編に入らして頂きます。最初のテーマは書くこと、ペンの筆圧と健康についてです。

 これから紹介していく健康法は「無努力」というだけに、拍子抜けするほど簡単なものばかりですが、注意してもらいたい点がいくつかあります。

 まず初めに、効果のあるものだけをやるということです。
 このブログでいろいろな健康法を紹介していくつもりですが、それらを試してみて効果があきらかに感じられるものだけをやってほしいです。
 良い感じがなかったら別のものを試しみて下さい。健康法は、毎日やってみたいと思うものをやるのが一番です。(効果というのは体の不調が少しでも改善することや、心地よさを感じる、なんとなく毎日続けてみたくなることなどを指します)
 効果が実感できないのに「継続は力」と努力すると、悪い結果を招くかもしれません。効果といってもそれほど劇的なものではないかもしれないですが、小さな効果を感じながら続けられるのがこの方法の特徴です。


 私がこの「無努力健康法」でお伝えしたいのは、いろんな健康法の中から厳選したものです。このことは一応自信を持って言えます。
 私に効果があれば誰にでもあるとはいえませんが、全く誰の役にも立たないということはないと思います。
 それらの健康法をこのブログで紹介することで、多くの人に試してもらえれば、と思います。

 
注意点はもう少しあるので次回に続きます。

 はじめまして、まやとと言います。
 今日からこのブログで努力なしにできる健康法を、いろいろ紹介させてもらいたいと思います。
 健康法は効果を実感しながら、その効果を少しずつ積み上げられることが大切だと思います。
 このブログでは、私が頑張らないで実践してきた方法、考え方を書いていくので「無努力健康法」というタイトルをつけました。

 世の中にはたくさんの健康に関する情報があって、どれをやれば良いか迷います。ここではいろんな健康法を自分なりに簡単にできるようアレンジして試し、長い期間続けられて効果のあったものだけを書いていきます。
 また私が工夫したもの以外でも、とてもよい方法だと思ったものを紹介していきたいと思います。


 健康法というものに興味を持つ人は、体が丈夫ではないという方が多いと思います。
 私も若い頃から体力があまりなく、いろいろあって精神的な疾患になりました。そして、一歩も家を出られなくなったりもしましたが、薬が嫌いなので自力でなんとかしようと、いろんな方法を試した結果がこの無努力健康法です。今ではたいていのことは出来るようになりました。
 
 そして自分としては、これから紹介していくたくさんの方法が、多くの人達に役立つものと信じて、この拙いブログを始めることにしました。この健康法が精神的な問題を抱えている人の改善のきっかけになれば嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。


 次回はこの健康法の注意点をいくつか述べさせていただきたいと思います。



にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FC2 Blog Ranking
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ