子育ては愛情を持ち子どもの為を思って育てるというのが誰もが願う所ですが、その育て方は親それぞれにいろんな考え方があってなされるものだと思います。
でも赤ちゃんの体つくりに関しては絶対こうした方がいいという原則があるように私には思えます。今回はそのことについて少し話してみます。

私が特に言いたい事は赤ちゃんのさまざまな動き、寝返り、ハイハイ、お座り、立つ、歩くなどの動きに手を貸さない事です。これは赤ちゃんが自発的に動こうとしているのに手を貸して助けるとか訓練するという意識は持たないようにするという事です。
親は危ない所が無いか気を付けるだけで赤ちゃんが自らの力で動こうとするのを気長に見守ってあげれば良いのだと思います。。もちろんスパルタで育てろとか、スキンシップするなと言ってる訳ではなく、よく抱っこしてあげるのも一緒に遊ぶのも心を育てるためにとても大切です。
でも体づくりに関しては座る、立つ、歩くなどの段階では特に親が支えたり、手助けしたりせずに自分で出来るようにさせる必要があります。幼児が歩くのに手を持ってあげたりする光景をよく見かけます。そして歩行器を使わせる親もいるみたいですが、この時期にしっかり自らの力で体の動きを学び、体の基礎となる部分を作ることは何より大切で、これはその子の人生に大きく関わる事のように私には思えます。
「這えば立て、立てば歩けの親心」なんていいますが、子どもには子どもなりのペースがあるからあせってはいけません。ここで良かれと思い、または早くできるようにさせようと手を貸してしまうと大きくなってから自分の力でたくましく生きられず、いつまでも手助けを必要とする人になってしまうかもしれません。
あせらないで子どもが自ら成長するのをゆっくり待ってあげればきっとその子なりのペースで成長します。体を作る最初の段階で自分で失敗しながらも動けるように親がしてあげれば、その子は積極的に行動し、その経験が良き糧となる子どもに育っていくでしょう。

あと赤ちゃんの体づくりで手を貸さない以外に注意したいのは、よく言われるものですがハイハイをたくさんさせてあげる事です。
日本では住宅事情もあって十分ハイハイするスペースがなく、そのため物につかまって立つ、つかまり立ちへの移行が早いという問題があるそうです。でもハイハイをたくさんすると腕や背中、腰、体幹の筋肉をよく鍛えられるのでなるべくスペースをとってハイハイさせた方がいいみたいです。

この体づくりの時期は子どものこれからの人生にとってそんなに長いものではないかもしれないですが、体にとってはその土台を作るとても重要な期間です。子どものためを思うなら動きを学ぶのに手を貸すことなく優しく見守ってあげて下さい。
人間には成長する力が備わっています。それを子どもの中に見るのは親にとっての幸せなんだろうと思います。

育児に関する本で石田勝正著「抱かれる子どもは良い子に育つ」(PHP研究所)という京都のお医者さんが書かれた本を最近読みました。
母乳のことやよく抱いてスキンシップをとる育児の大切さを教えてくれるとてもよい本です。そして育児の事の他にも愛情についてや、幼少期に愛情を十分受けられずに育った人の起こす問題や病とその解決策についての著者の考えにも感銘を受けました。

掃除は生活の基本ですが、掃除する事は立派な健康法でもあります。
以前お得な健康法として歩く事を勧めましたが掃除は歩くのと同じようにとてもいい運動になります。歩くのは運動として多少単純な所もありますが掃除にはいろいろな動きが要求されます。
筋力が必要な場合もありますし、窮屈な姿勢をしないといけない時もあり(ストレッチ効果)、さらに隅の方や細かな所を掃除するためには手先をよく使わなければならない事も(脳のトレーニング)あってまさに全身の運動です。掃除が大好きという所までいけたらその人は運動不足とは無縁の人になれます。
運動効果があって、そのうえ家が片付き、キレイになれば気持ちもいいですし、ハウスダストやカビもなくなって室内の空気もよくなれば免疫力も上がり、本当に掃除だけで一石何鳥にもなります。精神的、身体的な不調の改善効果があるのは確かだろうし、ダイエット効果だって期待できます。運気が上がるなんて話もあながち嘘ではないかもしれません。気分がすぐれないとか落ち込むような事があったらなんでもいいから掃除してみると気持ちが晴れるのではないでしょうか。また暇つぶしにも最適です。

部屋がどんな感じかというのはそこに住む人の心身の状態を表しているように思えます。部屋の片づけ、掃除をしないという人は、やはり気持ちの整理も苦手で、肉体的にもいろいろ余分なものを抱えて体調を崩しがちなんて事も多いのではないでしょうか。
とそんなことを書いてる私も自分の部屋を眺めてみれば、それほど整理されているとはいえず必要最低限の事(とりあえず床に余計な物がおいてない程度)しかしてませんが(-_-;)
(昔掃除のバイトをやってた事があるのですが、学生時代に学校の掃除をサボってばかりだったので「なんでお前が掃除なんだ」とからかわれました)
トイレや風呂場もこれだけはやろうというラインを決めてやるようにしています。ただやる時は徹底してやりますが、こまめにやるのは苦手です。一日10分とか決めてやればいいのかもしれません。まああまり健康効果だ運気だといって「やらなきゃ」となるとストレスになって逆によくない事もあるのでほどほどにやるようにしています。
そうはいってもこれから大掃除の時期ですから健康効果やダイエット効果を頭の片隅に置いて掃除をするとやる気もすこしは違うかもしれません。
掃除が苦手という人はとりあえず要らない物、ゴミをまとめて捨ててみたらどうでしょうか。それも面倒という人はせめて一日一回窓を開けて換気するといいそうですよ。
12 17
2013

この前家の近くの雑木林の中を歩いていると、一羽のカラスが飛んできて5mほど先の木の高い枝に止まりました。
その時なにか変な感じがしたのでそのカラスをじっと見つめました。そうやって見つめると気分を害するのか、怖くなるのかたいていのカラスは飛び去っていきます。
でもその日のカラスはなぜかなかなか飛び去ろうとしません。私も粘って見つめ続けるとしびれを切らしたのか「カーッ」と鳴いてカラスは飛び立ったのですが、飛んでいくのと同時に「ドサッ」と何かを落としていったのです。
フンをしたにしては大きすぎると近づいて見ると、落としていったのは枝というか木のかたまりみたいなもので「ドサッ」という音がするくらいのけっこう重いものでした。イタズラ好きで頭のいい憎っくきカラスは人の頭の上に落とすつもりでそれを隠し持っていたのかもしれません。
それとも人間に何か酷い目に合わされて復讐するつもりだったのかな、とも思ったりしました。

だがカラスよお前の悪事は最初から私にはお見通しだったんだよ!残念だったな(`へ´)(ホントは偶然。ケガしないで良かったです)

睡眠は健康にとってかかせません。よく眠る事はそれだけで努力のいらない健康法です。今回は睡眠の健康効果を大きくする方法についていくつか書いてみたいと思います。

私たちが眠っている間に成長ホルモンという物質が主に脳の下垂体から分泌されているそうです。この成長ホルモンは「成長」というだけに子どもが体を大きくするのに働くホルモンで、子どもが育つためには良く眠ってこれをたくさん出す必要があります。そして大人の体でも子どもほどの量ではないですが分泌されています。
この成長ホルモンは私たちの体にとって大切な働きをします。主なものだけでも、
壊れた体細胞を修復する、免疫力を上げる、筋肉・骨を作る、脂肪を分解して燃焼しやすくする、肌をきれいにする、などこうやってみると成長ホルモンは健康にかかせないものなのが分かります。
この成長ホルモンは運動やお腹をすかせる、楽しい事をするなどで分泌されますが、睡眠時の分泌が一番多いそうです。そして夜の10時から2時までのの間に眠るともっともよく出るといわれてます。やはり暗くて静かなこの時間帯だと熟睡しやすいからなのでしょうか。
なるべく早く寝た方が良いということですね。
ちなみに、お腹をすかしていると成長ホルモンがでると先ほど述べましたが、寝る3時間前から食べないでいて空腹で眠ると成長ホルモンがさらに分泌されるそうです。

私は若い頃から夜型人間だったのですが、この成長ホルモンの事を知ってからはなるべく早く寝るようにしています。といっても夜中の一時くらいになってしまいますが・・・。でも明け方になってから眠っていた頃からすると相当マシになった方だと思います。単に早く寝ればいいのだから簡単なようですがなぜか難しいです。
(ただ昼夜逆転の生活にもそれなりの意味と一時的な必然性はあるというのを何かで読んだことがあります)

そしてもう一つ良い睡眠と健康のためにかかせない物質であるメラトニンについても少し書いてみます。
メラトニンは脳の松果体から分泌される眠りを誘う睡眠ホルモンです。メラトニンが分泌されると私たちは良い睡眠を得られますが、メラトニンにはその他にもいろいろな働きがあります。
抗酸化作用があり細胞の老化を防ぎ(アンチエイジング)ボケや生活習慣病を予防する、NK細胞を活性化させ免疫力を高め、がん・動脈硬化などを防ぐ、体内時計の調整、コレステロール値を下げるなど、その働きは成長ホルモン同様に大きなものです。
メラトニンはセロトニン(心を安定させる脳の重要な神経伝達物質)から眠っている間に作られるのでセロトニンをたくさん増やす生活を心がける必要があります。
セロトニンを増やすには
*起きたらカーテンを開け明るい光を見る。適度な日光浴。
*歩くなどの運動や、掃除などでこまめに体を動かす。
*バランスのとれた食事(大豆製品がいいみたいです)
とこれらの事を行うことでセロトニンが増えるとメラトニンもたくさん分泌され良い睡眠、健康効果をもたらしてくれます。
成長ホルモン、メラトニンの素晴らしい効果をじゅうぶん発揮させるためにもなるべく早く寝て良い睡眠を心掛けたいものです。
眠って体を休める事で私たちの体はその日の疲労や傷ついた細胞を修復する訳ですが、よい睡眠の時間が長ければ長いほど体の修復作業はたくさんできて、質の良くない眠りの人が1日の疲労をとるのに精一杯のところ、良い睡眠をとればそれ以上のメンテナンスを行うことが出来ると思います。こういったことの積み重ねが心身の病を予防し、さらにはアンチエイジングにもつながっていくのではないでしょうか。
昔の人が今のように便利でない生活環境や厳しい労働の中で生きていけたのは現代人より早く眠っていたという事があったからではないかと私は思っています。

仕事のため夜働いて昼間眠るという人は遮光カーテンなどでなるべく部屋を暗くするのを勧めます。
わたしが明け方になって寝るという生活をしていた頃、私の部屋にはブラインドがついていて、ブラインドって外が明るいと閉めてもあまり暗くならないんですね、だからいつも薄明るい中で眠っていました。
日中寝るのだからそういうものだと思っていましたが、今考えると浅い睡眠で成長ホルモンをかなり損したのではないでしょうか。カーテンに替えるとかして暗くしておけば良かったとかなり後悔しています。
まあ多少遅かった気もするけど良い睡眠は何かという事を知ったのでこれからに生かそうと思うようにしています。

無努力筋トレ1ではかんたんに筋肉をつけるチューブトレーニングを紹介しましたが、今回は私がよくやっているかんたんチューブトレよりさらに手軽、気楽であっという間にできる筋トレをいくつか紹介したいと思います。

最初に足の筋肉の鍛え方です。足の鍛え方にはストッレチの要素も入っているので一石二鳥の方法だと思います。
まずあお向けに寝転んで、両ひざを曲げ胸の方へ引き寄せます。そこで足を上に押し上げるようにしてひざを伸ばします。手で太ももをつかんでやるとやりやすいです。ひざが完全に真っすぐになることはないと思いますが、力を入れてなるべく伸ばすようにします。こうすると太もも裏の筋肉が鍛えられ、ついでに足の裏側を伸ばすストレッチにもなります。
ひざを伸ばした後は両ひざを曲げ胸の所へ引き寄せた形に戻り、そこから両足を外側へ広げていきます。
これ以上いけないという所で力を入れて広げるようにします。ひざを軽く持ってやるとやりやすいです。こうして開脚することでお尻の筋肉を鍛え、股関節を柔らかくします。
広げた次には今度は閉じてみます。ひざを曲げて胸の前で両足をピッタリと閉じてひざを合わせるかんじで力を入れます。気張りすぎないように行ってください。内もものトレーニングになります。

次にあお向けの状態になって両足を床の上で広げていきます。広げられる所までいったら同じようにそこからさらに力を入れて広げるようにします。これは太もものつけ根とお尻の筋肉を強めます。これもストレッチになっています。

続いてあお向けから片足を伸ばしてできる所まで上げ、その足を右足だったら左側、左足だったら右側へと倒します。倒していって止まった所で力を入れてもう少し倒すようにします。両方の足でやります。
これを続けるとお尻の筋肉をつけられ、さらに腰をひねる運動も一緒にできます。

最後にうつぶせに寝ころんで、足を上げられる所まで上げて太ももの前側を鍛えます。このうつぶせでやる場合は斜めに足を上げたり、ひざを曲げて力を入れたりしていろいろなバリエーションを工夫してやってみて下さい。
すべての動作は5秒くらい(もっと短くてもいい)力を入れるかんじでやるといいと思います。体の動ける最大限を少しでも広げるように力を入れるので本当にあっという間で十分です。
それ以上やると頑張ってやる感じになってしまいます。しかし長く続けてやるためには頑張らないでやることが大切だ、と私は思っているのであっという間やるのを勧めます。
毎日やってもいいですが、それだと少し大変な場合はたまにするくらいでもいいので自分の無理のないペースでやってみて下さい。


足の次に腕のあっという間の筋トレです。私が時折やっているのはかえる倒立です。小学校の頃やったのを覚えている人もいるでしょうか。
両手を床につけてひじの所にももの内側をのせ、足を浮かせて体を支える動作です。
このかえる倒立は両手で体の全体重を支えるというハードさの割には、バランス運動だからなのかあまり苦痛を感じないで二の腕の裏側と肩のあたりの筋肉を鍛えられます。
筋力のない人はほんの数秒やればいいですし、力のある人だったらある程度長めにやればいいトレーニングになると思います。
といっても結構バランスを崩しやすいので足をついたらそこで止めにします。バランス系の運動は手軽ですが無理に続けると気分が悪くなることもあるので注意が必要です。

今回紹介した筋トレは小銭貯金みたいなものでラクに少しずつ筋肉を鍛えることが出来る方法だと思います。興味を持たれた方は"あっという間"試してみて下さい。

私もいろいろ健康法、体操などを試してきて、以前よくやったけれど今は全くやらないというものもたくさんあります。今回の足音を小さくする方法は、そんな昔やっていた体操の中で気づいたやり方です。
私の足音はそれほど大きくはなかったですが、別の目的でこの方法をやっていた時に足音が小さくなる効果があるのを知って驚きました。
私がそうなったからといって、足音の大きさに悩む人すべてに効果があるかは分らないですが参考にしてみて下さい。

やり方はとてもシンプルで、床・たたみの上をすり足でゆっくり歩くというだけです。
両足裏全体を床につけゆっくりとすべらせて歩きます。
まっすぐ前に歩くだけでなく横歩き、うしろ歩きもゆっくりすり足でやるとさらにいいと思います。
こうやって歩くと腰の位置が安定して歩き方のバランスの悪さを改善でき、必要以上に地面を踏みしめる事がなくなります。そして、ゆっくりすり足することで体に腰の位置、歩き方を覚えさせることが出来ます。

毎日3分位お試しを、そうすればある日足音が小さくなっている自分に気づくかもしれません。

一度はやりたい健康法、今回のテーマは垢すりです。
二年ほど前の夏、入浴中にあかすりをするのにハマっていた時期がありました。浴槽で温まって体を洗った後に、肌を手の平でこすると垢が思いのほか取れるのが面白く毎日やるようになりました。
体を十ヶ所くらいに分けて今日はこことここという感じでこすりました。
足から順番にやっていって、再び数日後足にもどってこすると垢はまたたくさんでてきます。
そんなかんじで二カ月ほど続けていると、ある時から垢がどこをこすってもほとんど出なくなりました。
それと共に肌も昔の自分の肌から較べるとかなり滑らかになり、文字通り一皮むけたようになりました。
今ではたまにこするようにしてますが、多少の垢はでるけど二年前の頃のようにたくさんでることはありません。あの頃熱心にあかすりしたので、垢のでにくい体に変わったのかもしれないです。

人体には骨格の歪みがありますが、それと同時に皮膚の歪みというのもあります。皮膚の歪みがあると皮膚が体の肉に癒着してしっまたり、伸びきってしまい指でつまめないところなどがでて、筋肉や骨格の動きを悪くするような影響をあたえることもあります。そして歪みの大きい所は垢がたくさん出る所でもあります。
そういう所をあかすりしていって、垢が出なくなり肌がキレイになると、そこの皮膚の歪みが除かれ指でつまみやすくなります。これを全身でやっていくと肌がスベスベして柔らかい感じになっていきます。皮膚のくすみがある所なども垢のでやすい所でもあるのであかすりするといいとおもいます。
また体の痛み(ヒザや腰)のある場合その周辺をあかすりして皮膚の癒着をとるのは痛みに対しての効果を期待できます。

垢すりは肌に良くないという意見もありますが、肌をナイロンタオルなどでゴシゴシこすると細かな傷もついたりすると思います。
私はお湯で体を温めた後に、皮膚を少し乾かした所を手の平と指先であまり力を入れすぎないでこするようにしています。これだと傷がつくような事もないでしょう。(市販の垢すりタオルは使った事がないから分からないけど、優しくこするように使うといいのではないでしょうか)体全部をやると結構時間がかかるので、私がやったように入浴のたびに少しずつ場所を決めてやるといいとおもいますよ。

古代中国の医書「素問」に「全ての病はまず皮膚から表れる。皮膚を治療しなければ大病になる。」という記述があり東洋医学では皮膚をとても重視しているようです。また老化が真っ先に表れるのが皮膚とも言われています。
肌がスベスベになるなど美容の話のように聞こえる垢すりですが、こういった事から考えてみると皮膚をよく保つことは肌だけでなく体の健康にも大きく関係しているとも思えます。
垢すり、あまりやった事がないという人は一度やってみて肌のスベスベを実感してみるのもいいかもしれないですよ。

今回はとっても美味しいしいたけの食べ方を発見したので書いてみます。

台所の陽のあたる窓際の所に、家族が近くの農産物直売所で買ってきたしいたけがたくさん置いてありました。
ウチではそれを何日も陽に当てて干ししいたけを作りますが、いつもより数が多いので、晩ごはんに少し焼いて食べることにしました。
日中天気が良かったせいでしいたけはちょっとだけですが乾燥して半生な感じになっていました。
それをガス台の魚焼きで焼いて醤油をかけて食べたのですが
「う、うまい・・(>_<)」
大げさに聞こえるかもしれないですが、食べた瞬間動けませんでした。
うま味がハンパなかったです。
それから2、3日は連続で食べました。

その後偶然テレビで見たのですが、しいたけのうま味成分は生と干したのでは違うそうです。
なので私の食べたものは生と干したものの中間の、うまみがミックスして増加したしいたけだったのかもしれません。
とにかく超うまかったです。

しいたけ好きな人は一度食べてみてください。
傘の開いてないどんこより傘の開いた肉薄のしいたけの方がよりおいしいかもしれません。やっぱり原木もので。
今の時期の日光に3時間から半日あてて表面が乾くくらいのものを焼いてみてください。
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ