6年ほど前にパニック障害になりました。
 異様な症状に襲われたのですが、何か他の病気ではないか、と疑わなかったので、この時、すでにパニック障害のことは知っていたと思います。
 この症状に見舞われたときに、医者に行って診てもらったとしても、ただ薬を出されるだけで、根本的には治してくれないだろうな、と考えました。
 今ほど健康オタクではなかったですが、当時から現代医学にかなりの不信感があったようです。
 まあ、それは極端すぎる考え方だとは思いますが・・・

 パニック発作で家から出られなくなったとき、私にはそれまで行っていたある健康法があり、この症状もそれを続けていけば治るだろう、という気持ちはありました。
 その予測は間違ってはなくて、結局、初めのパニック発作以来この病気で一度も医者には行かず、薬も飲まずにきました。そして、家から出られない状態だったのが2、3カ月後にはかなり出歩けるようになり、数年後には発作のことを考えることなく生活できるようになりました。
 この期間、その健康法の効果と、治すことに専念できる時間を持てたというのも功を奏したのか、良くなったり悪くなったりの一進一退を繰り返すことや、いつ来るかわからない発作に心身の休まらないといったことはなかったです。比較的スムースに良くなっていったように思えます。


 私のこのパニック障害の経験は、このブログで書きたかったテーマの一つでした。
 でも、人に誤解を与えるかもしれないことを発表していいものか迷い、なかなかその気になれなかったのですが、最近やっと書く気持ちになりました。
 自分としては大きいテーマなので、私の体験を書くだけでは内容があまりに狭い気がして、今まであまり読んだことのなかったパニック障害についての本を読んだり、ネットなどで調べてこの病気について少し理解してみてから書いてみようと思いました。

 専門家の本を読んでみると、この病気は他の精神疾患よりも治りやすく、薬で症状を穏やかにしてストレス状態や生活習慣、心のあり方を変えれば良くなっていく。
 薬の副作用も少なくて飲むことに問題はない、といったことが書いてありました。
 ネットで検索しても、初めに出てくるのは医者に行き良くなったといった話が多いようでした。
 医者に行って治療した方が治りもよくて、社会復帰も早くすむなら、時間がかかるかもしれず、すべての人に向くか分からない私の方法を話す必要はないとも思えました。
 そして、私の現代医学を全く信用しない性格もパニック障害になった原因の一つかもしれませんし、人を混乱させて治りを悪くさせてしまうことがあるかもしれません。
 しかし、もう少し詳しく調べてみると、薬で治る人ばかりではなく、長年病院に通っても良くならない人も多くて、安全とされる薬も副作用や依存、離脱症状などが起きて大変なこともある、というのを知りました。
 ということは、私が懸念していた、根本的に治せない、ただ薬だけに頼る対処療法が、パニック障害でも行われている現実もあるのでしょう。

 薬を飲んで生活が万事滞りなく行え、当人が薬を飲んでいく生活を肯定するならそれでいいでしょうが、薬を止めたくても止められない、症状がかえって長引き悪化するといったことがあるなら、薬にはなるべく頼らないようにした方がいい、と私は思います。
 この病気は、脳内物質の量を薬で調整する、というだけのことではなく、もっと複雑な原因がからみあって起きていると思うので、症状が改善するためには、いろいろやってみる必要があるのではないでしょうか。


 ネットでパニック障害に悩んでいる人の発作への恐れや薬への疑問、日常生活もままならずいつになったら良くなるのか、といった不安の声を見ると、私の経験を書くのも、多少意味のあることにも思えるようになりました。
 そして、私の経験の他にも、さまざまな本で知ったこの病気に役立ちそうな情報や対処法、パニック障害に関する自分なりの考えを書いてみたいと思います。



 私の行ったことや勧める方法をやってもらえば、薬なしで絶対良くなるか、ということは分かりません。
 また、減薬は難しい問題みたいなので、全く薬を飲んだことのない私には自分の意見を述べることは出来ません。
 しかし、この病気に長く苦しんでいる人の多くは、病院に行き、薬を飲んでも良くならなかったのだと思います。
 医者も真面目にやっているとは思いますが、ただ薬を出す治療だけでは、真剣に患者が良くなるのを願っているのだろうか、という疑いの目を向けたくもなります。
 一方で医者に頼って任せていればいい、というのも、病気を長引かせている原因とも考えられます。
 したがって、自分が頼りきっていた良くならない方法とは違ったことを、自らの覚悟で行わなければならないのではないでしょうか。
 自分の心と体は結局自身で守るしかないですし、それを理解して自らやるという覚悟が出来れば、人は困難に立ち向かうためのエネルギーを持てるようになるはずです。これは病気を治すためにとても大事な点だと思います。


 パニック障害の克服には、薬以外に認知行動療法やリラクゼーション、ツボを使った方法、漢方薬などいろいろありますし、このブログでも私の経験やそのほかの参考になりそうな事、考えを紹介していきます。
 薬が必要な場合もあるかもしれないですが、現代医学以外の選択肢から一番自分に合うものを見つけ出して、このしつこく付きまとう症状から解放されて欲しいと思います。
そのために私のこれから書くことが少しでも参考、助けになれば、と思っています。

 私はカフェインとアルコールが飲めないので、ふだんはたいてい水を飲んでいます。
 この前ドラッグストアに行ったら、最近売り出したものか、今まで気づかなかったのか、サントリーの炭酸水という製品が売っていたので買ってみました。
 生まれて初めて飲んだ炭酸水は、最初はなんか辛くて変な味な思えました。でも、飲んでいるうちに炭酸の刺激がクセになり、あっという間に500mlを飲んでしまいました。
 おいしくてとても満足したのですが、飲んだ後も体が妙に心地いい感じがします。なにか体に良い作用があるように感じました。
 その時、前に何かの本で、炭酸水が体に良い、と書いてあったのを思いだしました。



 家に帰って調べてみると、アマゾンの炭酸水のレビューには、おいしい!といった評しか出ていませんでした。しかし、他のサイトを見るといろんな効果があるらしく、このところ注目を集めているということなんです。


 炭酸水の健康効果としては

*疲労回復―炭酸水を飲むとその成分が、疲れたときに筋肉にたまる物質「乳酸」を水と二酸化炭素に分解して、それが尿と呼吸によって体外に排出されます

*血行促進―炭酸水を飲むことで体内に炭酸ガスが増え、体が酸素不足になる。それを解消するために血管が広がり血流が増加して、新陳代謝を活発にする。そのため冷え性や肩コリにも効果的と言われる

*便秘を改善―炭酸によって腸のぜん動を促進して、消化を助け、便秘の改善を期待できる

*ダイエット効果―食前に一定の量を飲むことで(少量だと食欲を増進して逆効果)満腹感を得られ、食べ過ぎを防ぐことができる

ほかにも美容やリラックス、抗菌効果もあると言われています。


 私は、甘い炭酸飲料はあまり飲みませんが、昔は疲れたときにはいつも炭酸のジュースを飲んでいました。
 甘さが疲労回復に役立つように思っていましたが、今考えると、疲れた体が炭酸を欲していたのかもしれません。
 また、仕事終わりのビールは最高、なんて言いますが、あれも同じように炭酸を体に取り入れたいということもあるのかな、と思いました。
 そのくらい炭酸水の疲労回復効果は高く感じらます。
 入浴前に飲んだりすると、風呂からでた後に全身の血行が良くなっているのが実感できます。
 
 
 炭酸水を飲むだけなら簡単ですし、砂糖の取りすぎやアルコールのデメリットがないのもいいです。
 でも、毎日あまり大量に飲むと、体が酸性に傾き、体調を悪くさせる可能性があるので注意が必要だそうです。


 炭酸水は自分で作る方法や水に炭酸を加える器具もあるみたいです。
 純水で作られたものには問題もあるという話もあるので、私は値段が手頃で、ミネラルウォーターで作られた「サントリーの南アルプス天然水スパークリング」を飲んでいます。
 たぶん炭酸水はこの先もっと売れるようになると私は予想します。

今回は健康法マニア、オタクである私が自分で思いついたり、本で知って面白そうと試してみたけれど、結局続かずにボツになった健康法について書いてみたいと思います。

 世の中に山ほどある健康法を選ぶには、まず第一印象が大切だと思います。
 そのやり方を見聞きして自分で相性良く感じ、やってみたいと思えるものを試してみて、その中から実際に効果を感じられたものをやれば、自分に合うものを効率よく見つけられます。
 少しやってみて変化の感じられないものは、ボツにしてしまった方が、時間やお金を無駄にすることがなく無難ではないでしょうか。

 初めに、自分で思いついた中心線意識と呼んでいた方法について書きます。
 これはテレビを見るときや料理で何かを切るといった時に、体の縦の中心をテレビや動作の対象にきっちり自分の感覚で合わせておくというものです。
 テレビを見るときや本を読む場合には、縦の中心だけではなく、対象に向かう自分のポジションを何か脳の中心に合わせる気持ちで決めるようにします。
 そうすると、ぴったり中心とハマっていると思える位置があり、その状態で動作を続ければ、自分の体や脳のバランスがおのずと整えられるのでは、と考えてやり始めました。
 初めに位置を決めるだけなので、何かをやりながら出来るし、努力もいらないので、これはいいかもと続けました。
 一週間ほどたったある日、テレビをそのやり方で見ていました。
 すると、何か気が遠くなるというか、変になりそうな感じに襲われて、体がピョーンと飛び上り、その場にいれず走り出したい気分になりました。
「あっ、これはダメだな」とすぐに思いボツにしてやらないようにしました。
 たぶん、この方法は無理に続けたらイヤーな結果になっていたと思います。
 私は怖がりですし、どんな方法でも努力して続けようという気持ちはありません。
 効果を実感できるものしか行わないようにしているので、少しでも良くない感じのものは躊躇なく止めにしてしまいます。
 こうやっていろいろ試した中から自分にとって効果の持続する健康法を選び、このブログで紹介させてもらっているつもりです。


 今はそうでもないですが、以前、気功に興味があった時期がありました。
 訓練してみて自分の気はあまり感じられなかったのですが、樹木に手をかざすと木の持っている気は感じ取れるようになりました。(文字通り気のせいかもしれないけど)
 樹木の気を感じられると、樹木功と言って、木の気を自分に取り入れたり、気を循環させて自分の気を高める方法が出来るようになります。
 呼吸とともに気のやり取りをすると、木のエネルギーがこちらに入ってきて、背筋が伸び身体が軽くなる感じがしました。
 また、これは樹木の種類によって気の感じが違うのが興味深かったです。
 マツの気なんかも判りやすかったですが、印象的だったのはソメイヨシノとヒノキです。
 ソメイヨシノは初心者の私が初めに気を感じられた木で、強い良い気を発していると思います。
 桜は日本の象徴でもありますが、日本中にソメイヨシノの木がたくさんある理由は、その花の美しさと共に良い気を発しているというのもあるんじゃないかと感じました。
 あとヒノキも温かい気を出しているのが感じられます。
 昔、ヒノキは陽(ひ)の木と言われていたのが語源とある本で読んで、昔の人もあの温かさを感じていたんだと思い、感慨を覚えたこともありました。
 
 この一風変わった樹木功が出来るようになったので、時間のある時は近くの山などへ行って、健康的な気の交流に励みました。 
 しかし、これが出来るようになると、人によって良否の判断の分かれるある事柄も出来るようになります。
 それは他人の気も感じられるようになって、気を少々頂く、悪く言えば盗むことができるようになるんです。
 自分の気が感じられないのに(エネルギーが弱すぎるのかもしれません)、他人の気が判るのも変ですが、本当にそういった事が実感としてありました。 
 盗むといっても元気がありあまり、気が多少減ってもすぐに回復する若者の気を少しだけ分けてもらう、ということで、法律で気を盗んではいけないと書かれてはいないので、お巡りさんに捕まりはしない方法です。
 
 この盗気法の笑える使い方が、高藤聡一郎という気功の先生の本に出ていたのちょっと紹介します。
 それはこの方法を使って、家庭内で立場の弱いお父さんが元気になるというものです。
 休日などに、日頃の仕事の疲れを癒そうとお父さんは家でノンビリしたいのですが、口うるさい奥さんやワガママな子どもがそれを許さず、どこかへ連れて行けと騒ぎます。
 ゆっくりしたい休日も家族サービスとなるとお父さんは大変ですが、盗気法を身につけていれば、行楽の生き帰りの車の中で元気のあり余っている妻や子どもの気をもらって静かにさせ、自分はパワーを蓄えることができてすべて良しになる、ということが書いてあり笑ってしまいました。実際に出来るのかはわかりませんが・・・。
 その本には、コンセントの差し込み口から気を取る、とかのマジすか情報も出ていて楽しませてもらいました。
 私も人の気は感じられて、それを自分に取り入れるのは実感としてあったので面白くなり、少しの間行っていました。
 少しの間と言うのは、やってみたけどすぐに止めたからです。
 ある日、人があまりいない私の住む田舎でなく、人ごみの多い都市部に行ったときに、街中に気がたくさん感じられて、これはいいと邪な考えが起きました。
 人がたくさん集まっている所には気の塊りが感じられて、特定の個人のものでなく、元気そうな人の集団から取るんだからいいだろうと、たくさんもらって、なんとなく元気になったように感じました。
 しかし、満足して家に帰ってくると、次の日からひどい風邪で寝込み、二週間くらい全然よくならず大変な目にあいました。
 絶対にバチが当たったか、悪い気を入れたんだと、怖がりの私はそれからいっさい盗気法はしていません。
 ホント、人様のものを盗むような悪いことはしてはいけないんですね~。

(前回からの続き)

 水溶性食物繊維のほかに、食べることで善玉菌を増やす効果があるものは、オリゴ糖と発酵食品です。
 オリゴ糖は、デンプンや砂糖、大豆、乳糖などから作られる少糖類のことで、スーパーなどで甘味料として売られています。
 これは人の消化酵素によって消化分解されずに大腸に到達し、大腸内で善玉菌のみの餌になり、悪玉菌を増やすことなく腸内環境を良くしてくれるそうです。
 オリゴ糖は、大豆やごぼう、たまねぎ、にんにく、リンゴ、バナナなどにも含まれています。

 今回、ここでおススメしたいのはごぼうです。
 ごぼうを食べるのは日本だけのようですが、繊維とオリゴ糖で腸内環境を整えるだけでなく、ポリフェノールも多く含まれ抗酸化力が野菜の中でトップクラスにあります。さらに血糖値の上昇抑制、コレステロールを分解し、血液をサラサラにするといった働きのほかに、利尿、消炎、解毒、体を温める、抗がんなどの作用、また豊富に含まれるアルギニンは精子の主成分であり、精力増強に効果を発揮するものです。
 ここまで書くと健康食品の宣伝みたいになりますが、それだけゴボウはすごい食材です。皮はなるべくむかず、水にさらして栄養豊富なアクを抜くことをしないで調理するといいですよ。


 最後に発酵食品ですが、ヨーグルト(低脂肪のものがいい)や乳酸菌飲料は私たちになじみのあるもので、これらに含まれるビフィズス菌が腸を整えてくれます。
 最近では胃酸などで殺されないで腸にまで届くビフィズス菌入りのヨーグルトなども売られていますが、たとえ菌が胃酸で死んでしまったとしても、その成分が腸内の善玉菌を増やす効果を持っているので、あまりこだわることはないそうです。
 生きたまま腸に届いても、菌によってその人に合う合わないがあるみたいなので、いろんなヨーグルトを試して効果を感じられるものを選ぶのもいいと言われています。
 また味噌や醤油、漬物などに含まれる植物性乳酸菌は酸やアルカリ、温度変化などに負けないくらい生命力が強く、そして胃酸で死ぬことなく生きたまま腸に届きやすい乳酸菌です。
 ヨーグルトもさまざまな乳酸菌が研究されてとても良いのでしょうが。摂取し過ぎると腸を汚すこともあるので、味噌、漬物などの植物性乳酸菌や、また納豆や梅干、塩麹、鰹節などの発酵食品を積極的に摂って、厳しい環境にも耐える菌類の力にあやかり腸の健康を保ちたいものです。


 私の家では一年中ぬか漬けを作っています。
 特に健康のためという意識もなく習慣、惰性で作っているような気もしますが、いつもやって嫌にならないのは、体が乳酸菌の効果を知っているから続けられるのかもしれないです。
 たいてい定番の大根、人参、きゅうりなんかを漬けますが、そればかりだと飽きるので少し変わったものも漬けたりします。いくつか紹介しますと、カブの葉、プチトマト、セロリなんかは結構おいしいです。
 プチトマトは味が微妙に甘くなります。
 私はセロリは苦手なんですが、ぬか漬けにすると食べられます。
 変わったものとしてはゴーヤで、苦味が増して食べ過ぎると胃がもたれるほど強烈な味になります。怖いもの食べたさで夏にはちょくちょく漬けます。口が曲がるほどすごい苦味ですが、これが良薬で健康にいいのかもしれません。
 キャベツを漬けるのもおいしいですが、私のイチオシは白菜です。ぬか漬けの酸味と白菜はとても合い、普通の白菜漬けよりもおいしいと私は思います。もう白菜のシーズンではなくなってしまいましたが冬にぜひ試してみて下さい。


 ぬか漬けはぬかを洗い流してしまうので乳酸菌が減ってしまいますが、植物性乳酸菌いっぱいの食べ物といったらキムチです。
 日本で一番売れている漬物はキムチだそうなので、ヨーグルトのように私たちの生活の一部になってると言っていいかもしれません。
 最後にスーパーでいろんな種類があるキムチの選び方を。
 原材料表示を見て添加物の増粘多糖類、PH調整剤(あとできたら調味料も)の入っていないものを買うと、キムチ本来の作り方をしているのでおいしいものが食べられると思います。


前回からの続き)

腸内細菌の状態を悪くする原因は

・加齢―年をとるとともに善玉菌は減っていきます

・肉類の食べ過ぎー悪玉菌を顕著に増加させます

・過度のストレスー便通異常となって現れやすいです 

・冷えー体を冷やさないことが大切。あと冷たいものの取りすぎにも注意が必要です

・食品添加物、薬の摂取ー防腐剤や抗生物質は腸内を悪玉菌優位にします

・運動不足ー体を動かさないと便秘になりやすくなります


 腸内を善玉菌優位に保つためには、これらのことに気を付けるのが大事ですが、特に何を食べるかが一番重要になると思います。
 腸内環境を良くするためには、食物繊維を含む植物性食品と発酵食品を積極的に摂ると善玉菌が増え、健康を保つのに役立ちます。
 このことは日本の長寿者や世界の長寿地域と呼ばれる所の食事内容から分かったことで、食物繊維、発酵食品の摂取量と健康、長寿には明らかな相関関係があるそうです。
 こういった食事をするのは特に難しくはなく、ただ私たちの伝統食、和食を食べるようにすれば良いというだけのことです。
 季節ごとに採れる野菜や大豆製品、そして醤油、味噌、酢、漬物などの発酵食品を中心とした和食は、まさに善玉菌を育てるためにあるといっていい長生きのための食事です。
 実際に和食の素晴らしさは、平均寿命が世界のトップクラスという結果になって現れていますが、日本人の繊維摂取量も激減してきている状況を考えると、この先も長寿を保っていけるのかは疑問に思えるところもあります。 
 そのヘルシーさで世界に注目されつつある和食が、本家の日本でももっと見直されるようになればいいなと思います。

 
 食物繊維には、水に溶けない不溶性のものと、水に溶ける水溶性のものがあります。
 不溶性繊維は野菜、果物、豆類、ナッツなど植物性食品全般に含まれ、食べると腸内で便のかさを増す役割をして便通を促し、腸内の腐敗物質を排出してくれるのを助けます。
 植物性食品は、体に必要なビタミン、ミネラル、酵素、ファイトケミカル(老化やガンの予防になる物質)などが豊富に含まれ、私たちの健康を支えてくれるものですから、なるべく肉などの動物性のものよりも植物性のものを食事に取り入れた方が良いと思います。
 動物性の食品も栄養価は高いですが、摂りすぎると脂質やコレステロールも多いですし、繊維質が含まれないので便秘の原因にもなり、また腸内で腐敗しやすく悪玉菌を増やします。

 腸内の状態を調べる方法は、排便習慣(一日に一度はあるか)や便の形状(色、形状、におい)で判断しますが、過度の肉食をするとてきめんに便のにおいとなって現れます。
 悪臭は腸内で腐敗が起きて有害物質が発生しているサインです。腸内環境の良い人の便はあまりにおわないものなので、なるべく野菜を食べてにおいを少なくするようにするのは、腸の健康状態を計る目安にもなります。
 タンパク質を摂取するのには豆腐、納豆などの大豆製品が肉類摂取のデメリットもなくお勧めです。
 
 大豆はガン予防の効果が高いといわれる食品です。
 タンパク質を多く含むほか、食物繊維、ビタミンE、カルシウム、マグネシウムなど豊富な栄養素を含みます。また脳内で感情を安定させる働きをするセロトニンの材料となるトリプトファンも多く含まれます。
 納豆、豆腐などの健康効果は誰しも知るところだと思います。これらは世界に誇れる日本の伝統食でしょう。
 しかし、米とともに日本の大事な食文化である大豆は、そのほとんどが輸入されていて、遺伝子組み換え大豆の量も多く、私たちとしてはなるべく避けたいところです。
 我々消費者も安全性の高い国産のものを買い支えて、少しでも日本の食文化を守る気持ちを持つのも必要と思います。


 話が食物繊維から少し離れてしまいましたが、水溶性の食物繊維は腸内で栄養素の吸収を穏やかにさせ、血糖値の急激な上昇、コレステロールの吸収を抑える働きが期待出来ます。果物や海藻、寒天、こんにゃくなどに含まれています。
 特にワカメ、コンブ、海苔などの海藻はカロリーも低く、食物繊維の他に、日本人に不足しているミネラルやビタミンも多く含みコレステロールや血圧を下げ、免疫力も高めてくれる日本人の健康を支えてきた素晴らしい健康食品です。
 水溶性食物繊維は善玉菌の餌となって、その数を増やす働きがあると言われています。

(次回に続きます)

プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
ブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ