(前回からの続き)

 テレビで潔癖症の芸能人が集まり、自分の潔癖ぶりについて語り合うという番組を見たことがあります。
 その中には日常生活に支障がありそうな、強迫性障害の症状ではないか、と思わせる細かいこだわりを持っている人も何人かいました。しかし、その人たちは自らに問題があるとは考えず、強迫性障害の人のように強迫行為を繰り返して悩むということもないようでした。こういった自分の行き過ぎた潔癖症を肯定できる人を、精神医学では強迫性パーソナリティ障害と呼ぶそうです。
 強迫性障害と強迫性パーソナリティ障害は潔癖なこだわりを持つ点では似ています。しかし、パーソナリティ障害は、こだわりによって悩んだり行動できなくなるといったことはありません。そして、本人はそのこだわりを望ましいことと考えるので、精神的には安定していますが、周囲の人が悩まされることがあるということです。
 一方、強迫性障害は、自らの潔癖な行動や確認などの強迫行為を望ましいこととは考えず、それを行うのは嫌だけれどやめられない、といった場合をそう呼ぶそうです。

 前回の記事で、希薄な自分の存在を確認するために行う、「自分」と「他のもの」を分ける行いが、強迫行為につながるということを書きました。
 この自他を分ける行いは、自らの意識をいたずらに大きくさせるのみで、存在を安定させることはできません。そうすると、自らを安定させるために、さらに物事を厳密に分けるようになって強迫行為が生まれます。そして、これがさらなる不安定を招いて悪循環になり、強迫行為がエスカレートしていきます。
 症状がひどくなると当然、強迫行為をやめたくなりますが、それをやめてしまうと今度は心の奥で、自分の存在を失ってしまうことに対する恐怖が生まれます。この恐怖は潜在意識のなかにあって表面的な意識より強いものですから、強迫行為をやめることは難しくなるのだと思います。

 精神疾患の症状を抑えるために、薬は必要なときもあるかもしれません。私はそれらの薬をあまり信用しないので、薬を飲むだけという強迫性障害の治療は避けるべきだと考えます。
 治療するには、強迫性障害について書かれた多くの本が勧めているように、認知行動療法をメインにした方がやはり良いと思います。自分の心のあり方を見つめることや、苦手な状況や強迫行為行わないことに少しずつ慣れていく曝露療法などの認知行動療法によって、症状はかなりコントロールできるようになると言われています。
 ですから、これは今現在の強迫性障害の治療法としては最適なものだと思われますが、この治療でも完全に強迫行為をなくすことは難しいようです。また認知行動療法を行っても症状が改善しないこともあるかもしれません。
 こういう場合、別の角度からのアプローチとして、強迫行為を気の済むまで行ってみるのもよいのでは、と私は思います。
 症状に悩む人は、強迫行為が起きると「またか」と、うんざりすると思いますが、さまざまな強迫行為は自分の心の奥にある何かが望んでいることでもあります。
 人は心と体があるから生きているわけですが、私たちはせわしない日常の中で、その心身の発する声に気づかないことが多くなっています。
 ましてや、心の欲することが強迫行為だったら、まじめな性格が多いといわれる強迫性障害の人は、それを無駄で自らに必要ないものと考えるでしょう。
 認知行動療法ではその欲求をなるべく無視することで治療します。しかし、心の奥にあるものにとことん付き合って、心が強迫行為を行うこと自体に飽きさせるようにするのも一つの方法ではないでしょうか。
 私も確認したくなる癖があると前回の記事で書きました。でもそれがエスカレートしないのは、心身が欲することを無駄なおかしいこととは思わず、気のすむまで行うからではないかと考えています。いろいろと気のすむまで確認しますし、内と外で着るものを分ける潔癖な行動を制限しないようにしています。
 潔癖なこだわりを我慢するのは、無理なダイエットがリバウンドという結果に終わるのと同じように、問題をさらにややこしくしてしまうことにつながるのではないでしょうか。そして、冒頭に書いた潔癖症の芸能人も、自らの気持ちを抑えず肯定しているから、潔癖さが強迫行為になりにくいのかもしれません。
 強迫行為を「やってはいけない悪いこと」と考え、それを止めようとして葛藤、失望することは多いと思います。しかし、心は葛藤や悩みを持つとどうしても良くない方向へ行ってしまいがちです。
 ですから、初めからやめようと考えず、気持ちが納得するまで行ったほうが問題が大きくなりにくく、症状もコントロールしやすくなると私は思います。

 強迫性障害は希薄な存在感や、自他を厳密に分ける幼い心から来ていると私は考えていますが、その希薄な存在を満たしたり、幼い心が成長していくためには、心のまさに子どもっぽい欲求を認めることも大切なのかもしれません。
 自分に肯定感を持ちづらい人にとって、強迫行為を否定しないことは、自分自身を大事にすることにつながるはずです。
 強迫行為を起こす心の中の子どもっぽい部分も、私たち自身の一部です。そして、世の中に私たちの心身より大切な物事はそれほどないと思います。時間の無駄と思わず、自らの欲求に一度とことん付きあってみてはどうでしょうか。
 また、一度強迫行為を徹底的に気のすむまでやろうとすれば、心はあまのじゃくなところがあるから、かえってやりたくなくなるということも起きるかもしれません。

 私は強迫性障害の専門家ではありません。
 ですから、今回言ったことは参考にしてもらいたい一つの考え方としてとらえてください。症状の重い方や、読んで違和感を持った方には適さないと思います。
 でも、症状が初期の場合や、病院で治療を受けてもなかなか良くならないとき、またこの考えに納得した方には効果があるかもしれません。慎重さが必要だと思いますが、良かったらお試しください。

 (次回に続きます)



 私は以前のブログで書きましたが、パニック障害だったことがあります。病院に行ったり、薬を飲むことが好きでない私は、自力で治す方法をいろいろ試して、なんとかパニック障害の症状を克服しました。
 学生時代から精神的に弱く、神経質なところがあり、それが病気につながったのだと思いますが、今でも性格の神経質なところはあまり変わらずに残っています。
 自分自身で神経質だなと思うところは、匂いや音に敏感なこと、内と外で着るものをきっちり分けること、運転中よそ見をしたときに人をひいてしまったのではと確認したくなることなどです。また、昔のことですが、体は何でもないのに何か悪い病気になっているのでは、と疑い困ったというときもありました。
 これらは昔のことであったり、コントロールできる程度の神経質さなので、今はそれで困っているということはありません。しかし、これらのことがエスカレートして、日常生活に支障をきたしてしまうまでになると、強迫性障害という精神疾患である疑いがあるそうです。
 強迫性障害は汚れが気になっていつまでも手を洗う、ガスの元栓や家の鍵が気になって何度も確認する、人を傷つけてしまうのではと考えて行動できなくなる、など多くの症状が特徴としてあります。
 私はたまたまパニック障害になりましたが、強迫性障害の要素も多く持っていますから、こちらになっていた可能性もあったかもしれません。

 パニック障害や強迫性障害も含めたさまざまな精神疾患は、境界があいまいでつながっているという説があります。私はこの説は正しいところがあると思っています。多くの精神疾患はいろいろな症状が現れますが、原因は結局同じところから来ているため、その対処法も同じものになるのかもしれません。
 それゆえ、パニック障害を克服した私の考え方も強迫性障害の回復の助けになるかもと考え、今回の記事を書いてみることにしました。
 症状で悩んでいる人の参考に多少でもなれればと思っています。

 この記事を書く前に、強迫性障害について少し詳しく知ろうと何冊か本を読んでみました。
 手を何時間も洗ったり、確認のしすぎで外出できなくなったりと、実際に苦しんでいる人がいることを知ると、本当につらいだろうなと思います。
 治療法としては、パニック障害と同じく、薬物療法と曝露法(問題に少しずつ直面して慣れていく)などの認知行動療法が主なものみたいです。
 強迫性障害について書かれたほとんどの本では,、知行動療法が勧められていますが、病院で行われる治療は投薬中心ということが多いようです。
 薬も必要な場合もあるかもしれません。しかし、治療に主に使われるSSRI(私は一度も飲んだことがありませんが)は、副作用や依存性があってあまり良い薬ではないですから、薬を飲むだけという治療は避けた方がいいように思えます。
 やはり治すためには、自分なりにでも認知行動療法に取り組んだ方が効果的でしょう。

 強迫性障害を発症する大きな原因は、脳の一部の機能が正常に働かないためで、生育環境や性格は関係ないと現在の精神医学では考えられているみたいだけれど、これは本当にそうなのでしょうか?「原因は脳の機能異常だから薬を飲めば治る」と薬をたくさん売りたい側の論理でそう言っているのでは、と極端な薬嫌いの私などは疑ってしまいます。
 実際には脳の機能障害も含めたさまざまな要因から発症するのでしょうが、大きな原因として幼少期の育てられ方の問題があると私は思います。
 この問題からくる感情のもつれが解消されずに残ることで、いつも不安を抱え、さまざまな生きづらさを感じるようになる。そういった人が過剰なストレスを受けると精神疾患につながっていく、ということではないでしょうか。(ストレスも精神疾患をもたらす原因なので、生活の中でストレスになっていることを見つけて解消することは大切です)

 幼少期にありのままの欲求・感情を認められずに育てられると、自分自身をあまり肯定的に見ることのできない人になります。そして、強迫性障害の人は自分を認めてもらえなかった上に、いつでも物事をちゃんとやらなくてはいけない、と言われて育ってきたと思います。
 そのため(たいていの人はいろんな失敗をするものですが)、何事も失敗してはいけない、と鍵や忘れ物などを何度も確認してしまうようになるのだと思います。
 また、あるがままでなく、いい子でいなければ認められないという風に育てられると、自分の存在が希薄で不安定なものになってしまいます。
 そうなったときに、自らの存在を確かなものにするために、「自分」と「他のもの・外の汚いもの」、「自分から見て正しく許されるもの・考え」と「そうでないもの・考え」を厳密に区別するようになる。他のものから切り離した「自分」を作ることが、自分の薄れがちな存在を確かめるための手段になっていきます。
 しかし、この存在感はありのままの自分の肯定から来ていないので、壊れやすいものです。だからもし、「自分」と「他のもの」を分けることによって存在確認を続けようとするなら、それは必然的にエスカレートしていかざるを得ません。
 「自分」と分けられたもの、他人・虫・土などが汚く危険かといえば(排泄物や実際の汚れは別として)、そんなことはない場合が多いでしょう。この汚れが本当のものでなく、自らの考えから生まれていることは、強迫性障害の人も理解していると思います。(ゴキブリだって現代では特別害があるわけではないそうです)
 ですから、それらのものを、「汚い」「嫌だ」「許せない」と「自分」からの見方だけで考えるのは、実際は幼く自己中心的なことではないでしょうか。自分の見方だけがすべてでは、さまざまな物事や他人の存在・気持ちへの理解、共感ができなくなってしまいます。
 これは症状に苦しんでいる人に言いづらいことですが、頭の中が「自分から見てどうだ」ということばかりなのは(自戒の意味も込めてます)、少し考えるべきところではないでしょうか。
 自他を極端に区別して自分にばかりとらわれるのは、子どもっぽい心の表れです。
 この子どもの心が残ったままなのはどうしてかというと、幼少期の問題、子どもらしい心を認められずに育てられたから、ということにやはり行き着くのではないでしょうか。
 この根本にある子どもっぽさが十分満たされて育てられれば、人は自然と成長します。しかし、そうではなく不本意ながらいい子でいなければならなかったりすると、いつまでも聞き分けのない子どもの心を残したままになってしまうでしょう。
 ですから、強迫性障害克服のためにはこの心・存在の満たされない部分をどう回復するか、ということが大事になってきます。
 しかし、このことは簡単ではなく、幼少期を自分の思うようにやり直すわけにはいかないですし(SAT療法というものもありますが)、自らの存在をありのままに受け止めてくれる人が現れるとは限りません。親にいたずらに反抗するのはどうかと思いますが、気持ちをぶつけることもあるいは必要かもしれません。また人との関係や自分の心を見つめることによる気づきも、自らを成長させてくれるでしょう。
 それでも幼少期に形作られた心の在り方を変えるのは難しいことです。しかし、多くの精神疾患の原因はここにあります。
 だから、回復するためにはこのことについて考えるべきだ、ということは心に止めておいた方がいいと思います。

 (次回に続きます)



 3月6日と13日の記事に書いた「脳を活性化する呼吸法1・2」で取り上げた息止めの効果があまりないように感じるので、この2つの記事を削除させてもらいます。
 潜水をすることよりも負荷は少ないし、それほど体に悪影響を与えることはないと思いますが、逆効果になる場合もあるかもしれません。私も自分で試して効果のあった長く続けられるものを紹介したいので、この方法はあまり勧められないと思いました。
 他の記事で紹介している健康法は長い期間、私自身行っているものですが、この方法は3か月くらいしか行っていないのに記事にしてしまったのが良くなかったと反省しています。
 もしこの記事を読んで、息止めに取り組んだという方がいらっしゃったら慎重に効果を見極めて行ってください。


 今回は燃費を向上させる運転の仕方について書こうと思います。
 これは健康法とはあまり関係ない話ですが、ガソリン代を節約できれば他のことにお金が使え、気持ちに余裕がでて健康につながる、なんてこともあるかもしれません。
 また、燃費運転するためには、前の状況をよく見る必要があるので、安全運転にもなりいいことずくめです。

 私が今乗っている車は、平成10年のホンダのアコードワゴンです。この車はもともと燃費の良くない部類に入る車だと思います。そして、もう12万kmほど走っているので性能も落ちているはずです。
 ネットでアコードワゴンの燃費を調べると、良くて1リットル8~10kmほど、平均で6kmくらいということが多いようですが、私はかなり前に燃費運転を始めてから1リットルあたり10後半から12km半ばくらいで走らせてきました。
 この差はかなり大きくて、例えば燃費が1リットルあたり7kmだと、1万km走る場合1428.5リットルのガソリンが必要になります。そして、ガソリン価格が140円だとして計算すると約20万円ほどかかります。 
 一方、1リットルあたり11kmで走ったとすると909リットルのガソリンが必要になり、これに140円をかけると12万7260円となります。
 1万kmあたりで燃費が7kmと11kmでは7万3千円もの差がでます。この差はガソリン価格が上がるほど比例して大きくなります。車を運転する人の一生のトータルで考えればもう一台車が買えるくらいの違いになるでしょう。
 また、最近のエコカーはかなり燃費がいいですが、そういった車に乗っていても燃費運転を知っているのと知らないのではかなりの差がでると思います。

 
 それでは前置きこれくらいにして、本題の燃費運転のやり方を説明したいと思います。
 
 私がふだん燃費運転で心がけていることは

 1・ブレーキをなるべくかけない
 2・車間距離を広くとる
 3・車を止めないようにする
 4・停車時はギアをニュートラルにしておく
 5・下り坂ではアクセルを踏まない の5点です。

 最初の「ブレーキをなるべくかけない」は燃費運転の基本になることです。
 車はアクセルを踏んでガソリンを燃やして走らせますが、ブレーキをかけるとせっかくガソリンを燃やして得た進む力を殺してしまうことになります。これはガソリンを捨てているのと同じことだと言えなくもありません。
 ですから燃費運転のためには、アクセルを踏んで速度を上げたら、その速度を使いきって走ることを心がけることが必要です。速度を落とすときはアクセルを離すようにして、なるべくブレーキ使わないですむようにします。
 赤信号で止まるときも、早めにアクセルを離して徐々に速度をゆるめて止まってください。(信号が青の場合もあとどれくらいで赤に変わるか、歩行者用信号などを見て予測しておくのがいいと思います)
前方にカーブがあるときはあらかじめエンジンブレーキで速度を落として、やはりブレーキを使うことが少なくすむようにします。
 また、急発進や急停止は燃費に良くないと言われます。急停止はブレーキをかけてしまうことなので燃費には確かに良くありません。しかし、急発進の方は(あくまで適度なものですが)、上げたスピードをブレーキで落とさなければガソリンの無駄にはそれほどなりません。発進時はある程度早めにスピードを上げてしまった方が、ゆっくり発進するよりも燃費的には良いそうです。
 とにかく、運転中はいつも前をよく見て、赤信号や混雑、カーブに気づいたらすぐにアクセルを離せるようになるのが燃費運転のコツです。そして、ブレーキをかけるのが、ガソリンの無駄につながることを知ってもらえたらと思います。

 2つめの「車間距離を広くとる」は、最初の「ブレーキをかけない」とつながることです。
 車間距離が狭いとどうしてもブレーキをかける機会が多くなります。前の車がスピードを緩めたり、止まったりしても、車間距離が広ければエンジンブレーキでまず減速して対応できるので、ブレーキをかけることによるガソリンのロスが少なくすみます。

 3つめの「車を止めないようにする」というのは、赤信号や渋滞のノロノロ運転のときに、なるべく車を停車してしまわないようにすることです。
 車は一度止めてしまうと、重い車体を再び走らせるのに燃料を使わなければなりません。しかし、完全に停車してしまわずに、ゆっくりでもそれまでの勢いで動いていれば、そこから走り出したときに使う燃料が少なくすみます。
 例えば、前方に見える信号が赤でもう少しで青に変わりそうというときに、ブレーキを踏まないという基本からはちょっと外れますが、一度ブレーキをかけて速度を落として走らせます。そうやって少し時間をかけて停車しないように進み、信号が青に変わり前に走れるスペースができるのを待ちます。
 なるべく車を止めないように前の状況がどうなっているかいつも見ておくことが、燃費節約につながります。

 その次の「停車時はギアをニュートラルにしておく」はオートマ車の場合です。
 赤信号ではほとんどの人が、ギアをドライブに入れたままブレーキを踏んで停車していると思います。しかし、その時にもギアはドライブに入っているので、前に進む力は常にかかっています。たぶんブレーキを離せば車はずっと進み続けますが、この力をブレーキで抑えることが燃料のロスにつながるのは理解してもらいやすいと思います。
 赤信号で待っている時間はけっこう長いですから、トータルするとかなりガソリンを損しているはずなので、停車する場合はギアをニュートラルにしておくことをお勧めします。

 最後の「下り坂ではアクセルを踏まない」は、下り坂を走るときは車体の重みによって自然に速度がでるので、アクセルを踏まずにそれを利用しましょうということです。 
 下りはブレーキを踏むことが多いので、アクセルを踏んでしまうとそれが燃料のロスにすぐつながります。下るような高い場所にいるということは、そこまで燃料を使って登ってきたということです。だから、下り坂ではアクセルを踏まないことによって、登るために使ったガソリンを取り返すようにします。
 下りはアクセルを踏まないとスピードが出るまで時間がかかることもありますが、そこは我慢して待ち、位置エネルギーを十分に利用しましょう。
 
 またその他の燃費対策としては、知っている方も多いと思いますが、重い荷物をいつも載せておかない、燃料を満タンにせずこまめに給油する、エアコンを使いすぎない、タイヤの空気圧をチェックする、などがあります。


 運転の仕方で燃料代に大きな差がでるのを知ると、燃費運転をすぐにでもしたくなると思います。
 しかし、長年運転している人の場合だと自分のやり方が体に染みついてしまっているので、意識的に運転を変えるのはけっこう難しいはずです。そして、運転中に燃費のことばかり考えているわけにもいきません。あまり燃費にばかり気を取られるのは危険ですし、ストレスにもなります。
 ですから燃費運転の習得は、時間をかけて気持ちに余裕があるときに行うようにするのがお勧めです。そして、できそうなものから徐々に慣れていくのがいいと思います。
 しかし、何はともあれ一番大切なのは安全運転です。皆さん、運転には十分お気をつけください。
 

 今回は一日一回行うだけで、深い呼吸ができるようになる簡単な呼吸法を紹介したいと思います。
 深い呼吸ができるようになるためには、歌を歌うなどの声を出すことや、有酸素運動が効果的ですが、呼吸法を行うこともとても良い方法です。
 今回紹介する呼吸法はとても簡単で効果も高いものなので、覚えてもらえば一生続けられる健康法になると思います.

 呼吸法を行うための基本はまず息を吐き切ることです。肺の中にある空気を出せば出すほどたくさんの空気が吸えるようになります。
 呼吸法を行ってたくさん息を吐けるようになれば、それに伴い日常の呼吸も深くなっていきます。
 今回紹介する方法は、整体の本に出ていたやり方に私が少しアレンジを加えたものです。本当にたくさん息を吐けるので、一日一回行うだけで十分だと思います。とても効果的な方法なので一度お試しください。
 


  〈息を吐ききる方法〉のやり方

 まず両手の指先をお腹にあて、「ハー」と口から息を吐きます。ある程度吐いたら上体を傾けていき、指先で軽くお腹を押してへこませて吐きます。
 この状態で吐ききったら、そこから「ハッ、ハッ、ハッー」とさらに口から吐きます。
 それから、仕上げに「フー」という吐き方で吐きます。

 こうやって吐いてから息を吸うと、自然とたくさん吸えるのを実感できるはずです。
 注意点は、空腹時に行うこと、力まないで吐くこと、そして終わったときに「ハアハア」と息が切れるほど限界まで吐かないことです。あまり頑張って行うと毎日続けられないので、80%くらいの感じで行うといいと思います。
  一度でたくさん吐けるので一日一回行うだけでじゅうぶんです。あまり一度に何回も行うと逆効果になるかもしれないのでご注意ください。私はこれをやり始めた当初、何度も行いすぎて気分が悪くなりました。
 またこうやってかなり吐いたようでも、肺にはまだ吐ける空気が残っています。
 しかし、この吐ききる方法を毎日続けていくと肺の中に残っている空気も少しずつ吐けるようになり、より深い呼吸ができるようになります。
 しかし、こんなことを言っている私も、実はこの方法を始めて3カ月ほどしかたってません。だから、まだ吐いても肺の中に空気が相当残っている状態だと思います。でも、3カ月でも呼吸が深くなっている実感はあるので、あせらず続けるのが大事と毎日行っています。


 「息」と「生きる」という言葉は語源が同じといわれています。
 「息が絶える」「息を吹き返す」という言葉の使い方もあるように、呼吸は生命と密接につながっていますし、実際、生物は呼吸しなければ生きていけません。
 私たちはこの呼吸の大切さを知っているはずですが、呼吸というものはふだん意識しなくても行われるものなので、呼吸について深く考えることはあまり多くないでしょう。
 そして、現代人は運動不足や口呼吸、ストレス、加齢などによって呼吸が気づかないうちに浅くなりがちです。この浅い呼吸が、体のさまざまな不調につながっていく原因になるとも言われています。
 しかし、このことは逆に浅い呼吸を改善すれば、さまざまな不調の改善効果を期待できるということかもしれません。
 深い呼吸を行うと副交感神経が優位になって心と体をリラックスさせ、ホルモンのバランスが整う、免疫力が高まるなどの効果があります。
 そして、深い呼吸で酸素を体中の細胞にたくさん取り込み、細胞から出る老廃物の炭酸ガスを十分に排出することで、エネルギーがたくさん作られたり、血行が良くなるなどして体が活性化していきます。
 さらに、体の中で酸素を一番消費するところは脳ですが、深い呼吸でより多くの酸素が脳に送られると脳の働きも高まるといわれています。


 この吐ききる呼吸法を行っていくと肺の機能も高まり、酸素をたくさん取り込める深い呼吸になっていきます。
 そして、呼吸が深くなるにつれて、動いても息切れしなくなる、疲れにくく活動的になるなどのさまざまな変化を感じられると思います。効果を実感してもらえれば、毎日行うのが楽しみになり無理なく続けられるはずです。
 そして、肺にはまだまだ吐ききられずに残っている空気があるので、これが少しずつ吐けるようになれば、全身の機能をいろいろな面でより向上させる助けになると考えられます。
 本当に簡単な方法なのでぜひ一度お試しください。


呼吸を深くする方法 特別篇



プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ