これから寒くなる時期になると「インフルエンザの流行が始まる」なんていうニュースを聞くようになります。
 私は子どもの頃かかったかもしれませんが、少なくともここ20年以上はインフルエンザになり、医者に行ったということはありません。(ウチの家族もみんなそうです)
 ですから、毎年インフルエンザのニュースを聞いても、正直あまりピンとくることがありません。世間の流行に興味を持たないからか、インフルエンザだけでなく、ノロウィルスや花粉症の被害も受けず、それらに注意することのない生活を送っています。
 そんなかんじなので、インフルエンザの予防に必要といわれるワクチンも、30年近く打ったことはありません。それでなくてもインフルエンザワクチンはあまり効かないというし、水銀などの危ない成分が入っていて副作用の危険性があったりするそうですから、この先も打ちたいとは思わないです。

 数年前の新型インフルエンザの大騒ぎなどあって、インフルエンザはものすごく危険な病気だから、予防のためワクチンを打たないといけないという風潮が強まっています。
 しかし、効かないので打つ必要がない(ウィルスが変異するスピードが速いのでワクチンの予防効果が薄い)、決して安全とは言えないから打たない方がいい(死亡したりする人もいる)、インフルエンザは風邪の一種なのでタミフルとか飲まずに安静に寝ていれば治る、という意見があるのも考慮されるべきだと思っています。
 また、ビタミンDにはワクチンの5倍ものインフルエンザ予防効果がある、とも言われます。



 たびたび副作用が起きることから、ワクチンは良いものだとは言い切れない、とは知っていました。
 しかし、私はインフルエンザワクチンも長いこと打たず、子どもに予防接種を受けさせるといった経験もないので、今までワクチンについて関心を持つことはあまりありませんでした。
 今回、ワクチンについての記事を書いてみようと思ったのですが、調べてみるといろんな意見・考え方があり、ワクチンに関してどうとらえたら良いかとても迷いました。
 ワクチンは、天然痘の撲滅やポリオなどのさまざまな感染症の被害を少なくする、という素晴らしい働きをしてきました。そして、現在も多くの病気を予防しようと新しいワクチンがいろいろ開発されています。
 私も子どもの頃、いくつかのものは受けてその恩恵にあずかっていると思います。
 しかし、予防に効果的かわからないインフルエンザワクチンを毎年打つことや、小さい子どもにたくさんの予防接種を受けさせるのは慎重に考える必要があるのではないでしょうか。
 特に予防接種は、親がよく考えるべき問題だと思います。
 現在はあまり必要と思われないワクチンの接種があったり、ヒブや肺炎球菌・B型肝炎のワクチンなど新しく推奨されるようになったものが加わって、子どもが受けるワクチンは昔より多くなっています。
 しかし、幼い子どもがあまりに多くのワクチンを受けるのは、副作用の危険性と隣り合わせだそうです。

 ワクチンはウシ・ブタ・ウマ・サルなどのさまざまな動物の体液・臓器を原料として作られています。添加物として水銀、アルミニウム、ホルマリンなどの有害な物質も加えられています。
 これらの物質が、針で直接体内に入れられるのは、体にとって想定外のことです。そして、そのことによって軽度のものから重篤なものまでいろんな副作用をもたらす可能性があります。(多くのワクチンの添付文書には重度の副作用の起きる確率が1000人に1人未満あると書かれている)
 さらに、ワクチン接種が発達障害やアレルギーなどの増加の原因になっているのではないか、ともいわれています。最近では子宮頸がんワクチンの副作用の甚大な被害も起きました。
 また、ワクチンで副作用が生じたとしても認定されるのが難しく、補償が簡単に受けられるということはないそうです。


 ワクチンで「恐ろしい感染症から子どもを守る」「感染症の流行を防ぐ」という話を聞く機会は多く、医療機関や行政は予防接種が義務であるかのように勧めてくると思います。(打たなくても法律違反ではない)
 しかし、子どもに、危険が全くないとは言えないワクチンを打つことに関しては、親も無関心であってはいけないはずです。安易なワクチン接種に反対している人の意見にも一度耳を傾けてみることも必要ではないでしょうか。
 現在予防接種が行われている病気は、健康な子どもであれば感染しても簡単に死ぬような病気ではないので、あえて自然感染させ終生免疫をつける方が好ましい、ということもあるそうです。
 そして、ワクチンで作られる免疫は長く続かないともいわれ、幼い頃であれば症状が軽くすむような病気に大人になってかかり苦しい思いをする場合もあります。
 さらに万が一ワクチンで重篤な副作用が起きてしまうと、つきっきりで看病する家族の負担は想像を絶するものだそうです。
 ワクチンによって感染症の重大な被害を防げることもあると思いますが、予防接種にはデメリットもあるので、勧められるままに打つのではなく、必要性安全性を考えて子どもに受けさせるべきだと思います。


 この記事を書くにあたってワクチンの危険性について書かれた本をいくつか読み、参考にしましたが、藤井俊介さんという人の「間違いだらけの予防接種」(さいろ社)という本は(2003年に発行されたものなので少し古いのですが)、ワクチンに関心を持つ人にとても参考になると思います。

 著者の藤井さんは、1962年に百日咳・ジフテリアの2種混合ワクチンの副作用によって長女が重度の障害者になって以来、予防接種の危険性を訴え、被害者支援の活動をされてきた方です。
 ワクチン被害の当事者が書いた本なので、当然ワクチンに厳しい見方をしています。しかし、この本では、ワクチンが必要と思われる虚弱な子どもへの対策や、親が子どもにワクチンを受けさせざるを得ない社会的事情(子どもが病気になっても仕事を休んで看病することが難しい)などにも触れられていて、現代社会でワクチンが必要とされる限度についてよく考えられていると思います。

 この本の中に、人が病気になる原因として「病原体説」と「環境説」があるということが述べられています。
 病原体が病気の原因という考え方は一般的なものでしょう。
 しかし、病原体が体内に入ってもすべての人が病気になるわけではありません。そのため発病するのは、病原菌自体に原因があるのではなく、不衛生な生活やストレス、睡眠不足、栄養不足などによって体の免疫力が低下するためであるというのが「環境説」考え方です。
 これはどちらが正しいということではなく、両方がかかわっているのだと思います。
 しかし、免疫力が高ければ感染症を防げる、というこの「環境説」の考え方はふだんの生活で意識したい大切なことです。
 病気の予防や重症化を防ぐためにはワクチンや薬といったことよりもまず、ストレスの少ない生活や清潔な環境(でも除菌のし過ぎは体の抵抗力を弱めます)、栄養のしっかり取れる食事に気を配るべきです。私は、自分がインフルエンザにかからないのは、食事に少しは気を使ってきたからだと思っています。
 食事は、添加物が多く栄養素の少ないスーパー・コンビニのお惣菜、加工食品をなるべく避けるようにして、「まごわやさしい」の食材を中心とした和食にするのがお勧めです。特に野菜果物に含まれるファイトケミカルは免疫力を強化してくれます。
 


 今回、藤井さんの本の他には、母里啓子さん船瀬俊介さんの本や、田中佳さん黒部信一さんという医師の先生のブログを参考にしました。母里さんと船瀬さんの本は、ワクチンに関心のある人に良く読まれているようです
 母里さんは元・国立公衆衛生院免疫部感染室長で、感染症やワクチンについて研究してこられた方です。
 そういった方が、昨年出版した「もうワクチンはやめなさい(予防接種を打つ前に知っておきたい33の真実)」(双葉社)という本の中で、現在ワクチンのあるほとんどの病気は怖いものでなく、絶対に打たなければならないワクチンは今の日本ではほとんどない。ワクチンの宣伝のために怖い、重症化すると思わされているだけでむしろ副作用の方が怖い、ということを言っています。

 船瀬さんの本「ワクチンの罠」(イーストプレス)は、ワクチンの有害性だけでなく、ワクチンを通して見える医療の闇や陰謀について書かれています。 
 子宮頸がんワクチンの真実(このワクチンで効果が期待できる人は0.007%)、日本のメディアが伝えない情報、ワクチンの本当の目的は病気を作りだし、人口を削減させるためにあるといった、それが本当だとしたら恐ろしくなってしまうような過激な内容です。
 母里さん船瀬さんともに、強引にワクチンを推し進めようとする今の医学の現状に怒っていて、ワクチンに対してものすごく踏み込んだ発言をされています。ここまで言っていいのか、とも思いますが、ワクチンのことを考えるために一読をお勧めしたい本です。


 最後にモーリス・ヒルマンという人のインタビューについて書いて終わりたいと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=f5dmZEiKpCA
 ヒルマンはアメリカの製薬会社メルクで30種類以上のワクチンを開発したワクチン界の権威で、「20世紀でもっと多くの命を救った科学者」とも呼ばれた人です。
 ビデオを見てもらえば分かりますが、実際にワクチン開発をしていた彼が、動物を原料とするワクチンに数多くのウィルスが紛れ込み、その中にはエイズや白血病などもあったと述べています。さらに、こういったワクチンのウィルスがガンを作ると思っていた、ということも冗談交じりに語っています。
 ヒルマン自身がワクチンは安っぽい医療技術だ、と言うところがありますが、ワクチンを開発する側のこんな言葉を聞かされると、「ワクチンの中に得体の知れないものが入っていて病気を作りだそうとしている」「人口を削減しようとしている」といった陰謀論も突っ飛に聞こえなくなりますし、ワクチン反対派の人のいうことは正しいのでは、と思うようになるのは私だけではないはずです。

 このブログで「ワクチンは危ない」なんて言っても、子どもから大人まで次々にワクチンを打とうとする現状が変わるわけではありません。しかし、この先いろいろ理由をつけてワクチンを打たなければならないという事が起きると思うので、少しでもその危険性に関心を持ってもらいたいとこの記事を書きました。



 ひと昔前に、寝つきがいい、頭の形を良くするためといって、赤ちゃんをうつぶせで寝かせることが流行りました。
 しかし、これが乳児の呼吸を妨げて突然死の原因になっているのでは、と指摘され始め、今では生後6か月未満の乳児には行わない方がよいと考えられています。
 それでも生後6か月を過ぎると、首の筋力が発達して、呼吸が苦しくなったら自分で顔の向きを変えられるようになるので、うつぶせ寝させても大丈夫ということです。


 大人のうつぶせ寝がとても良い、ということも言われますが、うつぶせで寝たことがある人はどれ位いるでしょうか?
 今回は、そのうつぶせ寝について書いてみようと思います。

 私はふだん横向きに寝ていますが、寝ていて寒く感じるときと、あまり眠れないときには、うつぶせになって寝ます。
 昔から、うつぶせで寝るとすぐに体が温かくなることは知っていて、寝床で寒いときによく行っていました。
 それがなぜかは知りませんでしたが、うつぶせ寝を勧める本を読むと、その理由が次のように説明されていました。
 「人の背骨の前には太い動脈が通っていて、たくさんの血液を運んでいる。その動脈は人があお向けに寝ていると内臓によって圧迫されるので、全身の血流が悪くなってしまう。
 うつぶせ寝にすると、動脈が圧迫から解放されて血の巡りが良くなり、その結果、体が温かくなる」ということです。
 私はあお向けではあまり寝ませんが、横向きの姿勢からうつぶせ寝になっても温かくなるので、うつぶせは一番血流を良くする寝方ということになると思います。
 
 よく眠れないときにうつぶせ寝になるのは、気分を変えるためです。うつぶせ寝で温かくなりよく眠れる経験をしているので、うつぶせ寝は私にとって眠りにくい姿勢ではありません。
 しかし、慣れない人には、うつぶせで眠ることは難しいと思います。そのため、うつぶせ寝専用の枕があったり、正しいうつぶせ寝のやり方などが説明されていたりします。
 私の場合はよく言われるやり方とは違い、枕を使わず、一方の手を体勢を安定させるためか胸の下に置くようにしてうつぶせで寝ています。
 平らなクッションに頭をのせたり、抱き枕に片腕片足をのせたりする人もいるそうですから、たぶんうつぶせ寝の行い方は人それぞれなんだろうと思います。


 うつぶせ寝の効果が知られるようになったのは、聖路加国際病院名誉院長で、「生き方上手」などの著書で知られる日野原重明先生が勧められたからだと思います。
 100歳になられても様々なことに精力的に活動されている方が推薦する健康法ということであれば、だれもが関心を持つはずです。
 日野原先生によると、脊椎動物の寝方はうつぶせなので、うつぶせに寝ることは人にとっても自然な形だそうです。そして、うつぶせ寝の効果として次のようなことを挙げられています。

 ・血行を改善する
 ・呼吸を深くして睡眠の質を上げる
 ・気道が通っていびきや睡眠時無呼吸症候群の予防に
  なる
 ・睡眠中の誤嚥・誤嚥性肺炎を予防する
 ・セキが軽くなり、タンが排出されやすくなる
 ・肩こりや腰痛を改善する
 ・胃もたれがなくなる

 また、うつぶせ寝だと骨盤周辺の筋緊張が緩和されて血行が良くなるので、痔にも良いということを聞いたことがあります。 
 そのほかに私の経験ですが、以前、頻尿気味で何度も夜トイレに行きたくなり困った時期があったのだけれど、うつぶせで寝ると尿意をあまり感じなくなったということがありました。
 
 このように多くの効果が期待できるとなると、うつぶせ寝をしたいという方もけっこういるだろうと思います。
 この記事のタイトルに「一度はやりたい健康法」とありますが、うつぶせ寝をしたことがない人は、一度どんな感じか試してみることをお勧めします。
 正しいうつぶせ寝のやり方がいろいろ言われたりしますが、自分が一番くつろげる体勢をとるのがいいと思います。
 試してみて気持ちよく眠れそうに感じたら、うつぶせ寝が合っている人ということになるでしょう。 
 しかし、いくら良いといわれるものでも、試してみるとしっくりこないという人もいるはずです。たぶんそちらの人のほうが多いでしょう。心地よくない場合は、無理して行う必要はないと思います。

 私もうつぶせ寝を勧める本の影響を受けて、あまり行いたくない時でも無理してうつぶせで寝るようにしていたら、首が痛くなり気分が悪くなるなんてことになりました。(いつもはうつぶせで寝ても、起きた時は違う姿勢になっていることが多いのですが、この時にはずっとうつぶせ寝にするようにしていた)
 また、何かで読んだのですが、あお向けが正しい寝方と言われ、それを信じて行い、全然熟睡できず長年悩んでいたという人がいました。その人が医者から「寝方なんてなんでもいいんですよ」と言われ、横向きに寝たらよく眠れて涙を流して喜んだ、なんていう話もあります。
 こういった事があるので、良いといわれるものでも無理に頑張って行ってはいけない、ということになると思います。
 寝方というのは、その人の体形・姿勢にふさわしいものを頭で考えずに選んでいます。誰もがそうでしょうが、寝ているときはいろんな体勢をとるものです。だから、あまり一つの寝方にこだわらない方が良いのではないでしょうか。
 また、うつぶせで寝ることが適している人だったら、勧められなくても今までに自然と行っているはずです。

 うつぶせ寝は、内臓に負担をかけるとか、首・腰に良くないなんていう意見もあるので、やりたくないという人もいると思います。それでも、ものは試しで一度は行ってみることをお勧めします。
 今まで、うつぶせ寝は良くないという知識から行ったことがない人も、うつぶせ寝にすればよく眠れたり、不調が改善するなんてこともありえます。
 そして、今は合っていなくても、一度うつぶせで寝ることを経験すれば、将来何らかの形でうつぶせ寝の効果が必要となったとき、体が無意識に思い出すなんてことがあるかもしれません。 


 どんな健康法でも万人に当てはまることはなく、健康で長生きの人が行っているからといって、それが正しいとも限りません。
 健康法のために人があるということではないですから、あまり人の言うことにとらわれ過ぎると、大切な人生を無駄にしかねないので注意が必要です。
 うつぶせ寝も行ってみて、快適さや効果を実感できたら、無理しない範囲で行えば良い、ということだと思います。


 




 前回の記事では、ぬるい湯から出るときに寒くならない体の拭き方、ということについて書きました。
 これはどういった方法かというと、いつも行うように体をゆっくり拭きながら、寒く感じる箇所があったらそこを拭いていく、というものです。(詳しくは前回の記事「風呂上がりに寒くならない拭き方」を参照ください)
 この拭き方はそれほど難しくありません。しかし、やり方に一つポイントがあって、自分の体のどこが寒く感じるかに敏感に気づく必要があります。
 そして、この体の温度変化に気づく感覚は、今回紹介する風邪の引き始めの対処法に応用することができます。
 この方法は、昔、次の日遊びに行く予定があるのに風邪を引いた、という時に発見しました。「どうしても治りたい」という気持ちで寝ていると、体が自然にこれを行って風邪を治してくれました。
 今まで寒気がして風邪をひきそう、という時に3回ほど行いましたが、そのたびにやり過ごすことに成功しているので、けっこう使える方法だと思っています。



 風邪の引き始めで寒気がするときは、体を温める必要があります。体を温めて体温を上げると免疫力が高まり、体内に入った風邪のウィルスを退治してくれます。(風邪で熱があるときに解熱剤を飲むと、この働きを弱めてしまいます)
 体温を上げて免疫力を高める一番手軽な方法は、風呂に入ることだと思います。風邪を治すには、風呂に入って寝るのがとても効果的ということです。(症状が重く体力が弱っている場合は入らない方がいいです)
 今回私が勧める対処法も、この風呂に入って寝るということなのですが、その寝方にちょっとした工夫があります。

 風呂で温まってから布団の中で寝ると、熱くなって汗をかいてしまうことがあります。
 寒気を感じる風邪を治すためには、とにかく体を温めなければなりません。ですから温まって汗をかくのは良いこととされ、その汗への対策として、タオルで拭く、寝巻を替える、汗で失った水分を補うように水分補給をする、などが勧められます。
 でも私は、寝ながら汗をかくのはあまり良くないことのように思います。
 出た汗を全部すぐに拭ければ問題はないですが、汗で体や寝巻が濡れると、それが乾くときに体を冷やしてしまいます。体がちょっとでも寒く感じると、風邪のウィルスと戦う免疫力が十分に高まらないように思えるのです。
 したがって、免疫力を一番高められる寝方というのは、汗をかかないギリギリのところまで体温を上げて、その状態を保つようにすること、だと私は考えています。


 それでは本題に入り、風呂に入ったあとの寝方の工夫について説明してきます。
 まずお風呂に入って、かなり熱くなるくらいに体を温めます。
 ぬるめの湯に長く入るのが良いとか言われますが、お湯の温度・入り方は、自分が一番温まれるものにするべきだと思います。
 風呂から上がったら、汗が出なくなるまで体を良く拭くようにします。それから、布団に入りますが、体温が高い状態をキープするためにいつもより多めに掛布団・毛布などを掛けてください。
 体が温まっているので、たくさん布団をかけると熱くなり、そのまま布団にもぐっていると汗をかきそうになってくるはずです。
 そこで汗が出ないようにするために、布団から手足を出して少しだけ体を冷やします。こうすると全身の体温を大幅に下げることなく、細かい体温の調節が可能になります。
 そして、ここが、記事の冒頭に述べた体の温度変化を敏感に感じることが役に立つときです。
 あまり長いこと手足を出したままにしていると、今度は体が冷えてきてしまいますが、温度変化を感じられれば、体温が低くなる前に手足を布団の中に引っ込めることができます。
 それから、手足を布団に引入れて普通に寝るようにしていると、多めに布団をかけているので、また体が熱くなってくるはずです。そしたら再び手足を出し、体を冷やす前に布団に戻す、ということを行っていきます。
 これを繰り返していくと、布団の中で熱さを感じず心地よい温かさで寝ていられる状態になるので、そのまま眠るなりして下さい。
 こうやって体を休めれば起きたときに、寒気やダルさなどの風邪の引き始めの症状が楽になっているのを感じられると思います。
 

 前回の記事に書いたような、寒い時期にぬるすぎるお湯から出なければならないシチェーションなんていうのはなかなかないでしょう。しかし、寒気を感じて風邪を引きそう、ということはけっこうあると思うので、そんな時に一度試してもらえたらと思います。
 ポイントは、自らの体に感じる熱さ寒さの変化をしっかり見守り、布団の外に手足を出して汗の出ないギリギリの高い体温を保っていくことです。
 また、「風邪の引き始めの私的対処法」という以前の記事にも、私が行う他の対処法が書いてありますので良かったらお読みください。


 今回は久しぶりに、「滑舌を良くする方法」「足音を小さくする方法」など、自分でも効果があるのか分からない記事の多い小ネタのカテゴリーに入るものを書いてみようと思います。
 この風呂上がりの体の拭き方も、知っていればもしかすると役に立つことがあるかもしれないので、よろしかったらお付きあいください。


 これからだんだんと寒くなる時期ですが、特に寒さを感じて嫌だなと思うのは、なんといってもお風呂に入るときです。私は痩せているので、風呂場の寒さは骨身にこたえます。(体を洗っている途中でも寒くなってしまい、湯船に入って体を温め直さなければならないほどです)
 冬の入浴の寒さで問題なのは、入ったり出たりするときだと思います。入るときに服を脱いで寒くなったり、出るときに温かい浴室から寒い脱衣所に移ったりすると、急激な温度の変化で血圧が上がってしまい具合が悪くなる人もいます。そのため冬には脱衣所を温めることが勧められていますが、これはとても有効な方法でしょう。

 そして、風呂上がりに寒くならないための工夫で、浴室で体を拭いてから出る、という方法もあります。
 濡れた体の水分が乾いて気化すると、体の熱を奪ってしまうということがあります。したがって湯船から出たら、温かい浴室ですぐに体を拭いてしまうほうが良いのです。
 寒い脱衣所に移って体を拭くのは、場所の寒さとともに、時間がたって濡れた体の水分が乾くということも加わるので、余計に体を冷やしてしまいます。
 浴室で体を拭くために、バスタオルを浴室の中か、浴室の扉を開けてすぐのところに置いておくのが良いでしょう。
 脱衣所で拭かないようにするだけで、かなり寒さを軽減できます。私は誰でもこうしていると思っていましたが、そうでない人も多いみたいです。
 また、この拭き方のほかにも、私は入浴時に一年中温冷刺激を行っているので、風呂上がりに寒くなることはあまりありません。(温冷刺激とは水のシャワーを手足にかけて湯に入るのを数回行うことです。詳しくは「冷えとり下線文」の記事をご覧ください)

 まあ、冬の入浴時の寒さ対策といっても、基本的には風呂につかって十分体を温めれば問題はないことだと思います。
 でも、私の家では本当にたまにですが、ボイラーが凍ってしまったり、燃料の灯油がなくなったりして、風呂に入ったはいいけどお湯を温められないという時があります。寒い時期にぬるい湯から出ると滅茶苦茶に体が冷えて、一気に風邪をひきそうになってしまいます。
 しかし、そんなとき寒くならずに風呂から出られる秘策が、今回紹介する体の拭き方です。
 あまり使うときないのでそれほど大事な情報でないのは確かですが、そんなシチュエーションが絶対にないとは限りません。覚えてもらえばいつか役に立つことがあるかもしれません。

 それでは「ぬるい湯から出るとき体の拭き方」を紹介します。
 まず自分がいつも行うように拭き始めますが、寒くても慌てないで拭きます。(もちろん浴室で拭いてください)早く拭いてしまおうとバタバタすると、風にあたって余計な寒さを感じてしまいます。
 落ちつきながら拭いていると、特に寒く感じられる体の部分がでてきます。そうしたらその箇所を拭くようにします。
 こうやって、「いつも通りゆっくり拭きながら、寒い部分を感じたらそこを拭く」ということを繰り返します。あちこち寒かったら、一番寒く感じるところから順番に拭いていってください。
 お湯がぬるかったとしても、この拭き方だとなぜかじわっと体が温かくなり、湯冷めすることはありません。

 寒いときに、ぬるすぎる湯から上がらなければならないシチュエーションなんてあまりないと思いますが、もしあったらこの寒く感じたところを拭く方法お試しください。
 あと、私は必ず湯船につかりますが、一年中シャワーを浴びているという人もいると思います。そういう人は冬のシャワーで寒く感じるときがあるはずなので、この方法を知っていれば役に立つのでは、とも思いました。


プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ