今、日本では2人に1人の人ががんになり、3人に1人ががんで死ぬそうです。
 私は今のところがんではないと思います。(検査をしたことがないので正確には分かりませんが)そして、家族や親類、友人、近所の人を見渡しても、がんになったという人はそれほどいないので、2人に1人がなるというのは本当なのかな、と思ってしまうところもあります。それでもがんで死ぬ人は実際に増え続けていて、ここ30年で2倍になっています。
 こんなにがん死が増加するのは異常なことに思えてなりません。しかし専門家によると、これは医療が発達して日本人が長生きになったからで、そのためがんになって死ぬ人が増えているということだそうです。
 この意見を聞いて「そうかもしれないな」と納得するところもあります。でも一方で、日本と同じように社会が高齢化しているヨーロッパの国ではがんによる死亡率が下がり続けていたり、日本人の若い人や子どものがんが多かったりするということを知ると、日本だけの固有の問題があるのではないか、とも考えてしまいます。
 まあ、そうは言っても人は誰でも死ぬわけで、長生きしたためがんで死ぬというのは大いにありうることでしょう。でも出来ることならがんは避けたい、というのがすべての人の本音ではないでしょうか。今ガンは治る人が多いみたいですが、やはり他の病気に比べていろいろと大変なことの多い病気に思えます。


 国立がん研究センターが、がんを防ぐために注意するべきこととして、次のようなものを挙げています。
 タバコを吸わない(副流煙も避ける) 飲酒は適度に バランスの取れた食事を心がけ、野菜・果物を摂る 食塩摂取量を減らす 運動をする 太り過ぎない 肝炎ウイルス・ピロリ菌の検査をする がん検診を受ける
といったことです。
 そのほかにも、車の排ガス アスベスト 化学物質 紫外線 放射能 電磁波 カビ 熱いものの飲食 食品添加物 農薬 ハムやソーセージなどの加工肉・牛や豚の肉・乳製品の摂り過ぎ ストレス 遺伝的なもの
等ががんになる要因として挙げられています。
 こうやってみると、注意すべきことは本当に多岐にわたりますが、がんになってから治療のことをいろいろ考えるより、まず予防のためにあれこれ行っていく方が、面倒でも長い目で見れば良いのではないかと思います。
 しかし、私はがんになるのは特にストレスと化学物質・食品添加物の使用が大きな要因と考えているので、これらのことが国立がんセンターの注意事項に入っていないのはちょっと不満です。今回の記事では、私なりのがんの予防法ということについて書いてみたいと思います。



 ストレスががんの原因になる、というのはよく言われますが、国や現代医学ではそういったことはないと考えているようです。
 人がどれくらいストレスを感じているか、またどのようにストレスががんをもたらすか、といったことは調べにくいので、原因として挙げられてこなかったのかもしれません。でも強いストレスががんの原因になりうるということは、正しいように思えます。
 真面目で言いたいことを言えない人も多い日本人は、ストレスを受けてため込みやすいと言えるでしょう。ですから、がんの予防のために、ストレスががんの原因になるということは、もっと広く知られるべきなのではないでしょうか。
 ストレスががんをもたらすメカニズムについては、新潟大学名誉教授の安保徹先生の理論がとても分かりやすく説明しているように思います。
 安保先生によると(ベストセラーになった「免疫革命」などの本で、このことを知っている方もたくさんいると思いますが)、ストレスが続いて自律神経のバランスが崩れると、交感神経優位のリラックスできない状態が続きます。そうなると白血球の中の顆粒球というものが増えます。顆粒球は体内に入り込んだウィルスや細菌を活性酸素を放出して攻撃する働きがありますが、顆粒球が増えすぎると体の毒になる活性酸素が過剰に放出されるようになってしまい、それが遺伝子にダメージを与えてガンが作りだされるということです。
 また、ストレスによる交感神経優位や、薬の飲みすぎなどによって血流が悪くなると、体温が低くなって免疫力が下がり、それによってがんなどの病気になりやすくなることもあります。
 そして、過剰なストレスを受ければ、飲酒や喫煙、過食といったことが増えて、それによってがん発症のリスクが高まるということもあるでしょう。 
 ですから、自律神経のバランスを崩して免疫力を低下させ、がんだけでなく多くの病気の元になるストレスを減らすことは、とても重要だと思います。
 心身を疲弊させる長時間労働や、気を遣い過ぎる人間関係、マイナスのことばかり考えるとか妬みや憎しみを常に抱くといった性格の問題、などストレスのことで思い当たる人は多いでしょう。また身近な人が亡くなったり、思いがけない出来事が起きたりして大きなストレスにさらされる事もあります。
 誰もが好き好んでストレスを受けているわけではないのでストレスへの対処というのは難しいかもしれません。しかし、ストレスを解消する気晴らしの時間を持ったり、物事をキッチリ真面目にこなそうとせずに、ほどほどでいいと考えることは大切ではないでしょうか。
 特に、笑うことはストレスを軽減して免疫力を高めてくれるので、友達とバカな話をしたり、テレビやネットなどで笑えるものを見ることはお勧めです。
 ストレスを気にしすぎて逆にストレスになってもいけないですが、ストレスは免疫力を落としてがんや他の病気の原因になりえるので、過剰なストレスを受ける生活や、マイナス思考は出来るかぎり変えたいものです。
 私もどちらかというと物事をクヨクヨ考えるほうですが、ストレスががんの原因になるということを知ると、そうやってストレスをためて病気になってはつまらないと思うようになり、なるべく気持ちを楽にするように心がけています。


 (次回に続きます)






 以前の記事で納豆の食べ方について書いたことがあります。「納豆の食べ方あれこれ」
 私は納豆を毎日食べるので、その記事で書いたようにいろいろと工夫しているのですが、最近ちょっと面白い食べ方を発見しました。
 それは納豆にあるものを加えてまぜると、においが強くなるというものです。
 納豆好きは納豆のにおいには慣れていて、気にならないという人が多いと思います。でも、このにおいを強烈にする方法は、食べなれている人でも「クッサー!」となることうけあいの食べ方です。
 でもこの臭い納豆、食べるとけっこうおいしいんです。
 
 そのにおいを強める食べ方どうやるかというと、納豆に赤しそ(梅干しと一緒に漬けてあるもの)を加えます。
 梅干しを家でつける人は、梅の色を出すためのこの赤じそをどうするか困ることもあると思います。けっこう量があり食べられるものなので、捨てるのがもったいないですよね。
 私も赤しそを容器に入れて取っておきました。あまり使う機会もなく冷蔵庫にそのままだったので、あるとき納豆に入れてみることにしました。
 細かく刻んだ赤じそを納豆に入れてかき混ぜると、赤紫の泡立つような粘りが出てきました。それと同時になぜか納豆のにおいが増してきて、部屋に広がります。
 たぶん赤しそのなにかの成分が納豆に反応して、そのにおいを作りだすのだと思います。ちなみに梅を納豆に入れても、こういった匂いはしません。
 この納豆を箸でグルグルかき混ぜると、周りにいる家族から文句を言われるほど匂いがすごいことになりました。
 しかし、食べてみると納豆と赤しそはけっこうなじんでいて、さわやかな酸味があり、味は意外といけました。泡立つ粘り気も舌ざわりの良さになっています。そしてゴマを入れるとさらにおいしくなりました。


 納豆が健康に良いのは誰でも知っていると思いますが、赤じそもかなり栄養がある食材です。
 ビタミンA・B・C ・E・カルシウムといったビタミンやミネラルのほかにも、抗酸化作用のあるβ-カロテン・ポリフェノール、疲れ目に聞くアントシアニン、必須脂肪酸のα-リノレン酸などさまざまな成分が豊富に含まれ、血行促進、疲労回復、アレルギーの緩和といった多くの効果が期待できるそうです。
 したがって納豆と赤しそというのは、ものすごい栄養価の高い組み合わせだと言えるでしょう。
 栄養があるので、匂いはともかく、味がおいしいのだと思います。これにゴマを加え、海苔で巻いてご飯と一緒に食べれば、栄養的には言うことなしではないでしょうか。


 納豆は好き嫌いのわかれる食べ物で、最近はにおいの少ない納豆なんかも売られているほどです。
 この赤しそ納豆は、ふだん納豆を食べ慣れた人でも「クサい!」と思うはずですが、納豆が好きな人ならこのおいしさ分かってもらえると思います。(でも納豆嫌いの人の前では食べない方がいいかもしれません)
 梅と漬けた赤しそが家にあるという人はそれほどいないかもしれませんが、納豆好きの人は機会があったら、かぐわしい匂いとなめらかな味を一度体験してみて下さい。






 (前回からの続き)

 20代から60代の男女1000人を対象に、じゃがいもについて聞いたアンケートによると「じゃがいもが好き」「やや好き」と答えた人は93.9%もいたそうです。
 それでも、ここ10年くらいのじゃがいもの消費量は25%も減っていると言われています。
 日本人の野菜・いも類の消費量は減少傾向にありますが、人気の高いじゃがいもでさえこれだけ食べられなくなっているんですね。炭水化物だから太ったりする心配をしているからでしょうか。じゃがいも自体のカロリーは低いので、(調理法や量にもよるけど)あまり太る心配はないそうです。
 そしてじゃがいもは、加熱しても壊れないビタミンCをたくさん含んでいますし、ビタミンB群やカリウム、鉄、食物繊維なども多く、食べておいしいだけでなく栄養もある食材です。
 食べられなくなっている理由には、調理を面倒に思うということもあるみたいです。でも、じゃがバターなんかはただ蒸かすかレンジしたじゃがいもに塩・コショーしてバターを乗せるだけですし、ハッシュドポテトだってスライサーで千切りにして焼くだけですから、そんなに大変ということはないと思いますが・・・


 この記事を書くためにネットでじゃがいものレシピをいろいろ見ました。その中で簡単で試してみたいと思ったのは「じゃがいもコーンバター」です。
 これは、さいの目に小さく切ったじゃがいもを炒めてからコーンとバターを加えて、塩・コショー、またはしょうゆで味付けするだけのものみたいです。じゃがいも・コーンともにバターによく合うので、おいしいのは間違いないと思います。
 缶詰のコーンはイマイチということも多いので、トウモロコシのシーズンになったら是非試してみようと思っています。



 昔、ある料理本で見てからよく作っている、お勧めのじゃがいも料理があります。
 それは、じゃがいもをすりおろして、フライパンでただ焼くという料理です。これを料理と呼べるのかというと心もとない気もしますが、とにかくおいしく簡単にできるおかずなのは確かです。
 韓国の薄焼き・チヂミを作る時に、じゃがいものすりおろしたものを使いますが、これはほかに小麦粉なども加えます。
 一方こちらの「じゃがいものおろし焼き」は、ただじゃがいもをすりおろし、汁も切らずに使います。おろしたものを塩コショーで軽く味つけして、フライパンで焼きます。
 油をしいて片面を焼いたら、丸く平らな皿を乗せてフライパンごと裏返し、皿に乗ったじゃがいもをフライパンへすべらせ入れて反対側を焼きます。反対を焼く前に油を少し足すといいかもしれません。
 焼き上がったものはモチモチした食感がして、とてもおいしいです。
 塩コショーがある程度してあればそのままで食べられます。味をつけて食べるときは、ケチャップやマヨネーズ、ポン酢などお好きなものをつけてみて下さい。
 すりおろしたじゃがいもに、チーズやおろしニンニク、焼のり、トマト、ゴマなどを入れて焼くのもお勧めです。あとこれは冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにもなります。
 すりおろして焼くだけの簡単じゃがいも料理です。



 最後に紹介する料理もすりおろしたじゃがいもを使います。こちらはおろしたものを焼くのではなく揚げます。
 この「じゃがいものおろし揚げ」は、子どもの頃から家で食べていた料理です。安上がりにおいしくたくさん作れるお勧めのじゃがいも料理です。
 作り方は、まずじゃがいもの皮をむいてすりおろし、ザルにとって汁気を切ります。
 細ネギ(なければ青ネギ)を小口切り、ニンジンをスライサーで千切り、ショウガ少々をおろします。
 じゃがいもとネギ、ニンジン、ショウガ、そして卵、片栗粉少々をまぜ合わせ、塩で軽く味つけします。分量はじゃがいもの生地と具が2対1になるくらいです。
 これを大きいスプーンですくって形をまとめ、170℃くらいの油で揚げれば出来上がりです。
 塩やしょうゆをつけて(あれば大根おろしも)食べます。
 モチモチの食感と揚げたじゃがいもの香ばしさで何個でも食べられるおかずです。
 具材は他にもいろいろと入れてみることが出来ます。シイタケ・コンニャク・ニラ・青じそ・ゆずの皮などを刻んだもの、コーン、のり、ゆでた枝豆・ギンナン、干しえびなど、冷蔵庫にあるものを入れるとさらにおいしくなります。また残り物のきんぴらゴボウなんかを入れてもおいしいです。これらを分量のバランスを見ながら加えてみて下さい。
 この「すりおろし揚げ」は「すりおろし焼き」より多少手間がかかりますが、手をかけただけの満足が得られるおかずになると思います。よろしかったら一度お試しください。

 



プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ