06 23
2016

 1カ月ほど前、上野の東京都美術館へ話題だった伊藤若冲展を見に行きました。(若冲は鶏を描いた「群鶏図」などが有名な江戸時代の京都の絵師です)
 私の行った日は、たまたま65歳以上の人無料のシルバーデーでした。
 昼の12時ころ行くとものすごい行列になっていて、170分待ちという看板が立っています。
 ネットでシルバーデーは混雑する、ということをチラッと見ていたのに、その日をちゃんと確認しなかった自分の暢気さに呆れてしまいました。
 「今日は混む日ですね」と行列の誘導をしている人に話しかけると、他の日もこれと同じくらい混んでいるということでした。(それでも後で調べると会期中一番混んだ日みたいです)
 想像を絶する3時間待ちの行列に頭がクラクラし、高速バスで時間とお金をかけて来たにもかかわらず見るのを止めようと思いました。しかし、これだけ多くの若冲作品を見れる機会は一生にそれほどない、と思わせるほど今回の展覧会は特別です。とにかく何も考えず待っていればいいんだから、と恐る恐る並ぶことにしました。

 その日は日差しが強い日だったので、美術館でも給水所を作ったり、日傘を貸してくれたりと気を遣ってくれていました。
 並んでいる間は上野公園の木々を眺めたり、一緒に並んでいたシルバーの夫婦の人と、「これだけ盛況で収益は誰に入るんですかね」とたわいもない話をしたりしてなんとか時間をやり過ごしていました。
 シルバーデーだから年齢のいった人が多かったですが、日本のシルバー(というか日本人)は本当に我慢強いですね。外国人が、行列に目を丸くして帰って行ったのを何人か見ました。
 それだけみんな何としても若冲を見たかったということでしょうね。日本全国からこの展覧会を見に来ていたみたいです。


 3時間待ちなんて並ぶ人を少なくするための脅しで、実際ははそれほどかからないんじゃないか、と淡い期待もしましたが、熱い中きっちり3時間かけてやっと入館できました。
 行列は少しずつ進むので、3時間ずっと立っていなければならずホント苦行でした。これでこの先なにかに並ぶことになっても、たいていの行列は平気なはずです。
 あと、その日家に帰ってから、自分がパニック障害だったことを思い出しました。
 並んでいる途中でパニックという言葉が頭をよぎれば緊張したかもしれませんが、最近はパニックのことをふだんの生活で意識しなくなっています。たぶん、パニック障害はそのことについて意識せず、忘れてしまっているようになるのが良いのだと思います。


 展覧会場に入っても息苦しくなるほど人でいっぱいです。
 いいかげんウンザリでしたが、でも、
「やっぱり若冲はすごかった!!」
 特に「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵」30幅がひとつの部屋にずらりと並べられた空間は、絵の迫力と人の熱気が相まってエネルギーにあふれていました。
 若冲の作品は写真や映像で見ても驚きですが、実物は伝わってくるものがやはり違います。
 着想や構図の面白さ、色彩の鮮やかさ、緻密な筆使いが一枚一枚の絵すべてに兼ね備わり、見る人を釘付けにします。こんな作品が33点も並べば、これだけの人が何時間も待つのも頷けます。
 「動植綵絵」はすべて素晴らしいですが、私の好みの作品は「群鶏図」(画面全体に鶏があふれているかんじが好き)と、「雪中錦鶏図」(雪の表現に心ひかれました)です。
 大勢の人にもまれ、ちょこっ、ちょこっとゆっくり進みながら見ていると、角度によって絵の表情のスリリングな変化が目の前に繰り広げられて、こうやって人だかりの中で見るのも案外悪くないかもと思いました。
 若冲は京都のお寺に寄進したこの「動植綵絵」を「10年も」かけて描いた、という言い方がされます。しかし、この濃密な世界を表現するのにどれほど若冲が心血を注いだかを考えれば、「たった10年で」よくこれだけ描き上げたものだ、と私なんかは思ってしまいました。
 これほど鮮やかに動植物を描いた絵は、世界中探してもそんなにないはずです。まさに日本の至宝といえるでしょう。
 

 さらに今回の若冲展では「動植綵絵」以外のたくさんの代表作も展示されました。
 水墨で描かれ静謐な空気感が漂う「隠元豆 玉蜀黍図」や、「乗興舟」「花鳥版画」「玄圃瑤華(げんぽようか)」といった墨色を生かし、それぞれ他にはない趣向をこらした版画も良かったです。
(「百犬図」も見たかったけど展示替えされていて見れなかった)
 
 生命を描き出そうとあらゆる技巧と着想を駆使した若冲の作品、いつまでも見ていたかったですが、入って1時間半も経つとどうしようもなく疲れてしまいました。
 思いもよらず並び始めてから5時間近く、立ちっぱなしで何も食べていません。
 混んでいるということを事前に知っていれば、心の準備も出来てもうちょっと根気よく見られたのに、と思いました。
 ですから有名な作品、石灯籠を点描で描いた「石灯籠図屏風」や、奇抜な「象と鯨図屏風」、小さなマス目によってたくさんの動物・植物が楽しそうに描かれている「樹花鳥獣図屏風」、死の床につくお釈迦さまを大根に、その周りを取り囲む弟子をたくさんの野菜に見立てたユーモラスな「果蔬涅槃図」といった長い時間をかけてじっくり見たかった作品も、サーっと流す感じでしか見れなくてとても残念でした。


 5時過ぎ東京都美術館を出ましたが、驚くことに外ではまだ長い行列が続いていました。あまりの人気に美術館も終了時間を延長して対応していたみたいです。
 今回の若冲展は彼の代表作が集まり、東京のみの開催で期間も1ヶ月と短く、連日のようにテレビで取りあげられたことからこれだけ混雑したということでした。(最終的な入場者数は44万人)
 若冲の人気はケタ違いになっていて、「動植綵絵」は次いつ見れるか分かりませんが、おそらく静かに鑑賞できることは永久に不可能なように思えます。



 外に出て、上野公園の植え込みのヘリに座り、5時間ぶりに息がつけました。水を飲みながら人の行き交う通りを見てボーっとしていると、雀が2羽私のすぐそばにやってきました。人が多い所なので人馴れしているのか、私のすぐ足元で地面をつついています。
 その姿を眺めていると、突然、雀の羽の茶色い模様が浮き上がってくるように見えました。
 さきほどまで若冲の細密な表現を食い入るばかりに見つめていた私の目に、動き回る雀の鮮やかな色あいがはっきり飛び込んできました。
 この雀の模様の異様にも思える素晴らしさに、今まで気づいたことはありません。
 この美しさが、庭にたくさんの鶏を放して毎日観察し、写生し続けた若冲の目がとらえていたものだったのかもしれません。
 「動植綵絵」で描かれたものは今でも人々の身近にある動植物が多いはずです。「動植綵絵」をめったに見れないことを嘆きましたが、それよりも私たちが気にとめないようなありふれた生き物の美を、いつでもこの若冲の目で静かに見つめて、とらえるようにすることが大切なのかもしれません。このことを若冲展とその日一日の苦労、そしてかわいい雀によって教えられた気がしました。








 前回は、何も考えず体を自由に動かしていく「無努力体操」というものを紹介しました。
 これは、体に本来備わっている自らを整える働きを引きだす体操です。(無努力体操の動き方については前回の記事「体をスッキリさせる 無努力体操」を参照ください)
 今回はこの無努力体操の動きを使って、体の調子の悪いところや気になるところを改善する方法について書いてみたいと思います。(この方法、呼び方を「押さえ動かし」とします)


 やり方はとても簡単です。
 体のあらゆる不調箇所(痛むところ、不快な症状のあるところ、機能低下したところ、肌のトラブルがあるところなど)に指先や手を軽く当てて、無努力体操の動きを行うだけです。
 指先・手を当てたまま体の動くところを自由に動かします。なるべく指先で押さえるようにして、押さえる範囲の広い場合は手を使ってください。
 私はさまざまな不調というのは体の歪み、特に脊椎の歪みから来ていることが多いと思っています。
 脊椎の一つ一つの骨からは体のあらゆるところと脳をつなぐ神経が伸びていて、感覚・運動の信号をやりとりしています。そして脊椎が歪むとそこから出る神経の流れが妨害されて、その神経とつながっている箇所の動きや、血流・リンパ・気の流れが低下します。そのことがさまざまな症状を引き起こす元になります。
 「押さえ動かし」で調子の悪いところに指・手を当てて動いてみると、首や背中、腰などが不規則に動くはずです。
 この動きが私たちに備わる自然治癒力の表れです。こうやって動いていくことで症状の原因となっている背骨の歪みが整えられる、と私は考えています。

 なにか怪しい話に聞こえるかもしれませんが、これを行うとちょっとした症状なら簡単によくなります。
 私はときどき左足の小指が水虫になり、皮がむけたりします。そんな時そこを「押さえ動かし」してみると、数日後には何ともなくなり、自分でも驚いてしまいます。
 左足の小指を押さえると遠く離れた首が動くので、そこに原因があるのかもしれません。
 他の指はなんともなく、そこばかりが水虫になるのは、私の体の歪みの癖が左の小指あたりのエネルギーを低下させやすいからなのでしょう。
 これは水虫になるのは菌自体が原因ではなく、菌に負けてしまうエネルギーの低下したところが体の歪みによって出てくるため、ということを示しているのではないでしょうか。


 この「押さえ動かし」は体のあらゆる症状に使えます。
 内臓の不調、頭痛や歯周病、目・耳の不調(耳は外から押さえるだけでなく、耳穴に指を入れて動きます)、肩こり、腰・膝の痛み、皮膚のトラブル、痔など、痛むところや気になるところに指・手を当ててゆっくり自由に動かしてみてください。

 行うときの注意点は次のようなものです。
 無努力体操という名前の通り、頑張ってやらないようにします。無理にやり過ぎると新たな別の歪みを作りだしてしまいます。
 心地よかったら長く続けても大丈夫ですが、疲れたり飽きたりしたらそこで止めます。短い時間でも少しずつ続けていくのが効果的です。
 次に、症状が片側だけにあってもそこだけを押さえるのではなく、左右対称の反対側のところも押さえて動くようにします。例えば、肝臓なら右手で肝臓のところを押さえたら、左手で肝臓と反対側のところを押さえてください。
 押さえるときは軽く添える感じで行います。
 動かしてみて前回の記事で述べた、背骨が気持ちよく自然に動く「伸び」が起きると効果が高まります。
 また押さえるのではなく、症状のところの皮膚をつまんで引っぱってから自由に動かすというやり方もあります。
 症状すべてが完全に良くなるということではないですが、この害のない簡単な方法を続けていくと、改善することがいろいろあると思うのでぜひ一度お試しください。

 

 さまざまな症状(機能の不調や、痛み・かゆみ・だるさなどの不快感)は、体が自らを健康な状態に戻そうとして起こるものでもあります。
 症状には、血流を増やして回復させる(痛み、かゆみなどが起きる)、ウィルスを排出する(セキ・タンなど)、発熱して免疫力を高める、動かないで休養をとらせる、体の歪みを正す、などの働き・意味があります。
(例えば、私はつい先日、鼻におできが出来ていたのですが、これも体の歪みを正すという意味があって生じたと思っています)
 これらの不快な症状は不必要に思えるかもしれませんが、すべて自然治癒力の表れです。したがってあまり深刻でない場合は、症状を抑えるための薬を飲まずに休養をとると自然に回復します。
 しかし、いつでも安易に薬を飲んだり、体を休ませずに無理させ続けたり、体の歪みがひどかったりすると自然治癒力は働きにくくなり、症状は慢性化してしまいます。
 こういった回復しにくくなった症状に「押さえ動かし」を行うと、良い状態に戻ろうとする力が働くのを助けることになります。


 また、肌のトラブルに「押さえ動かし」するのは少し面白い意味があると思っています。
 シワやシミ、乾燥といったトラブルのあるところへ「押さえ動かし」すると、背中や首がよく動くため、肌のトラブルの元には体の歪みがあるのが推測されます。
 おそらくその歪みがあるために、顔のバランスが悪くなったり、血流が低下したりするので、肌に症状が現れるということがあるのでしょう。
 皮膚のトラブルの最も大きな要因は老化です。若くてエネルギーがたくさんあれば、紫外線のダメージや歪みといったことがあっても肌は健康に保たれます。
 しかし、老化で自らのエネルギーの低下を感じると、体は生存にそれほど大きく影響しない皮膚や髪の毛といったところへの栄養を減らすそうです。
 したがって、シワやシミが出来るのは、老化の目に見える早い段階の兆候と言えるでしょう。
 そこでこれらのトラブルへ「押さえ動かし」を行い、体の歪みを整えるのは、ある意味アンチエイジングになるということだと思います。
 「押さえ動かし」でシミやシワが無くなればいいのですが、それはなかなか難しいでしょう。でも老化の原因となる歪みを整えて、次の段階に進むのを防ぐ、というアンチエイジングの効果は十分あると思います。
 シワやシミができる原因としては、体の老化や紫外線、食事、睡眠、喫煙、体質といったことがよく言われますが、体の歪みということにも注意が必要なのかもしれません。
 
 そして、ホクロに「押さえ動かし」するのもとても興味深いことです。 
 老化によって出来やすくなるともいわれますが、ホクロは誰にでもあります。まれに出来る悪質なものを除いて、たいていのホクロは悪いものではないでしょう。
 しかし、「押さえ動かし」してみるとけっこう大きな動きになるので、ホクロが出来るのは体の歪みとかなりつながっているように考えられます。つまりホクロは、私たちの体のどこに整えられるべき歪みがあるか教えてくれているものかもしれません。 
 人それぞれホクロの位置・数は違いますが、それら一つ一つに指をあてて動いてみるのは、健康のためのとても効果的なセルフケアになる、と私は思っています。



 私は時々、予防的な意味で症状のあるところ以外のいろいろな箇所にも「押さえ動かし」をしています。
 重要なところとして特によく押さえるのは、頭のあちこち、心臓、肝臓、胃、腎臓、いつも疲れ気味な目などです。
 頭は、生体維持のための重要な働きをする脳幹(延髄)のあたりや、大脳の働きをまとめる場所である前頭前野のある額のあたりを押さえて動かすようにしています。
 あと手のひらを合わせ、合掌の状態で動くのも体や脳の左右対称性を整える上で有効だと思い、よく行っています。


 しもやけなど「押さえ動かし」でよくならなかったものもありますが、私としてはかなり有効な方法だと思っています。さまざまな症状の改善や予防、アンチエイジングと、多くのことが期待できますので「押さえ動かし」一度体験してみてください。








 

 今回から数回ほど、私がいつも行っている体操について書いてみたいと思います。
 これは私が自分の健康法の中心と考えているもので、体をスッキリさせたり、体をいろいろな面で整えたりする効果があります。
 このブログを始めたときから書きたいと思っていたことなんですが、効果をしっかり確かめようとして紹介するまで時間がかかってしまいました。
 でも、確かめている間も飽きることなく続けられて、効果もかなり確信できたので、今回やっと書くことができました。自分としてもようやくという気がするので少し嬉しく思っています。
 この「無努力体操」は、名前の通り頑張ることなく、とても簡単に行えるものです。短時間にできて、体を整える効果がとても高い体操だと思っています。
 続けてもらえば多くの成果が現れるはずなので、良かったら試してみてください。


 体は自らの状態を良くするため動きを知っています。睡眠中の寝がえりや、あくびなどはそういった動きの表れです。
 しかし、忙しく、頭を使うことが多い現代人は、その体の動きが非常に出にくい状態になっています。この体操はその動きを解放させるために行うものです。
 ふつう体操するとか体を動かすというと、一定の決められた動きをすることを想像すると思います。
 でも、この体操には決まった動きというものはなく、体を自由気ままに動かすということを行います。頭でどう動くかは考えず、体が動きたいように自然に動かすかんじです。
 動かす感覚をつかんでもらえば、体のあらゆる箇所を動かしたり、いろいろな体勢で行ったりすることができて、多くの効果を期待できます。



 前置きが長くなってしまいましたが、ここから動かし方のコツが一番分かりやすい、体幹で行うやり方を説明していきます。

 まず、足を肩幅ほど開いて立ち、両手を骨盤の横のところにあててください。その体勢から何も考えずに体を自由に動かしてみます。
 自由に動かすといっても分かりにくいと思いますが、どうやって動かそうとか考えずにゆっくり体を動かしてみてください。そうすると、腰を左右に振ったり回したりといった不規則な動きが出てくると思います。
 少しの間これを行い、気ままに動かすことを体感してみてください。
 軽い力で動かし、動きが止まったら無理に動かさないようにします。また、動きがゆっくりではなく速くなる場合は、速いまま動いても構いません。

 次に手を腰にあてたまま足を閉じて立ち、同じ動きをしてみます。
 こうすると、先ほどとは少し違ったかんじで動くはずです。(昔あったおもちゃ・フラワーロックみたいな動きになるかもしれません)
 この動きに慣れて来たら、今度は手を腰から離して動いてみてください。手が自由になるとより多くの動きでてくると思います。
(この時、両手を前後に振ったり、左右にひねって体にまとわりつかせたりする、気功の「スワイショウ」という動きにつながることもあります)
 これらの体勢で動いていくうちに、体が望むように自由に動く感覚がだんだんつかめてくるはずです。
 それをつかめさえすれば今度は、頭や目・口・肩・手・足など、体のあらゆる箇所をこのやり方で動かすことが出来るようになります。(クネクネした動きで周りから見ればちょっと変に思えるかもしれませんが・・)
 鏡で自分の姿を見ながら行うと、バランスがとりやすいからか行いやすいです。

 この「無努力体操」を行っていると、疲れたとき体に自然に起きる「伸び」のような動きが出てくることがあります。
 背骨や首が「ボキッ」と鳴ることもある気持ち良いもので、これが出ると体の歪みを正す働きが大きくなると私は考えています。体操を続けていくと、日常生活でもこの「伸び」が起きやすくなります。
 もちろん「伸び」が出なくても、自由に動かしていくだけで効果はあります。
 このあまり負荷のかからない体操を続けることで、体をスッキリさせたり、さまざまな不調を改善させたりする効果がでてきます。

 この体操は疲れるほど行う必要はありません。短時間、毎日行っていくだけで効果があります。(体が要求する動きなのであまり疲れることはないです)
 長い時間行う場合は、いろいろ動かしていくうちに飽きてくるのでそこで止めにします。
 疲れているときや、気分が乗らないときは無理に行わないようにしてください。

 

 無努力体操で行う動きは、他の運動や体操にはない動きです。
 ストレッチやヨガ、筋トレ、体幹トレーニング、ラジオ体操といった運動もたしかに体に良い効果をもたらしますが、この体操で行う動きについても少し知ってもらえればと思い、今回の記事を書きました。
 この動きは、次回以降に書きますが、いろいろな応用が出来るとても興味深いものです。続ければ続けるだけ体が整っていくなどの成果が実感できると思うので、ぜひ一度試してもらえたらと思います。 






プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ