私は昔から虫歯が多いほうでした。
 歯磨きは普通にしていましたし、甘いものを食べ過ぎるということもないと思うのですが、どうしても虫歯ができてしまいます。たぶんこれは、唾液の質が悪かったり、量が少ないということが原因になっている、と自分では思っています。

 食べ物を口にすると口内が酸性になります。
 この酸性の状態だと、歯のエナメル質が溶けやすくなり、虫歯菌の活動も活発になるそうです。
 虫歯菌は食べ物の糖をエサにして強い酸を作りだし、その酸が歯からカルシウム・リン酸のイオンを溶かしてしまいます。これは「脱灰」と呼ばれる現象で、これが続くと虫歯になります。 
 こう聞くと、歯がどんどん溶けて虫歯だらけになってしまいそうです。しかし、食べ物をよく噛んだりすることで唾液が出てきますが、唾液の成分が口内の酸を中和してくれます。
 この唾液の働きによって虫歯菌の活動が抑えられるとともに、「再石灰化」ということが起きて溶けた歯を修復してくれます。
 虫歯が少ない人は、この脱灰と再石灰化のバランスが取れていると言えるのでしょう。
 しかし、唾液が出にくかったり、間食が多かったりする人は、口内環境が酸性に傾きがちになり、虫歯が多くなってしまいます。
 ですから、歯の健康を保つためには、口の中が酸性になっている時間を減らして、虫歯菌の活動を抑えて再石灰化を促す中性の状態を長く保てば良いということになります。

 そして、酸性になっている口内をとても簡単に中和してくれるのが、今回紹介する「重曹うがい」です。
 これは虫歯予防だけでなく、虫歯の進行を抑え、軽度の虫歯なら治すことも可能と言われる方法です。
 ふつう酸性状態の口内が中性に戻るのにはある程度時間がかかるのですが、重曹は唾液と同じ働きをするので、「重曹うがい」をすれば誰でもすぐに口内を良い状態にすることができます。
 虫歯にはフッ素が効果的とよく聞きますが、「重曹うがい」の効果はフッ素よりも高いそうです。
 そして、虫歯に効くだけでなく、口臭や口内炎の改善、歯周病予防、歯を白くするといったことも期待できるそうです。

 ネットでは「重曹うがい」の効果について書かれたサイトがたくさんありますが、それらはある歯科医のブログに書かれていることが元ネタになっているようです。「I歯科医院の高楊枝通信。
 そこでは実際の治療例や重曹うがいの効果の化学的な説明(私には全く理解不能です)もされています。




 そんなすごい効果のある重曹うがいのやり方は、
 まず500ccの水に小さじ1強(約3g)の食用の重曹を加えてよく混ぜます。
 これで食後や歯磨き後、就寝前にクチュクチュと30秒ほどうがいするだけです。(虫歯予防には歯磨きがもちろん大切なので、よく行うようにしてください)
 このうがい水は作り置きができるので、ペットボトルに入れて冷蔵庫で保存しておけば3~4日は使えます。初めは少し変な味に思えるかもしれませんが、すぐ慣れると思います。 
 私は食事や間食した後に行うようにしています。これでうがいすると口の中がとてもサッパリします。
 始めてから半年ほどですが、以前は唾液がネバつく感じが日常よくあったけれど、今ではそれが少しずつ改善されているように思います。


 行う際の注意点として、次のようなことがあります。
 まず、口に入れるので食用の重曹を使うことです。これはスーパーや通販などで安く手に入ります。
 次に、口内を傷つける恐れがあるので重曹水の濃度を濃くしすぎたり、あまりひんぱんに行いすぎないよう注意してください。
 そして、重曹には塩分が含まれているため、病気などで塩分の制限をしている人は気をつける必要があるということです。(重曹の塩分量は少なく、うがいした後に口から吐きだすのでそれほど心配はないということです)

 重曹うがいができないときは、食事の最後に梅干しを食べても口内を中性にする効果があるそうです。
 そして、食事を食べ始めたときから口内は酸性になるので、よく噛んで唾液が出るようにしたり、梅や酢の物などアルカリ性のものを食事に取り入れることも大事なのかもしれません。



 虫歯をを予防し、歯を強くするとされるフッ素は毒性があるとも言われる物質です。
 また市販されているマウスウォッシュにはエタノールが含まれていて刺激が強いですし、サッカリンNaやパラベン、ラウリル硫酸ナトリウムなど安全性が疑われるものも使われていることがあります。
 それらに比べると、重曹うがいは安全に安く行えますし、効果も高いのでとても良い方法だといえるでしょう。もっと若いころに知っていればどれだけ良かったか、と思ってしまいます。 
 虫歯になりやすいとか、口内のトラブルに悩んでいるという方には、歯医者があまり教えたくない方法と言われる、この「重曹うがい」本当にお勧めです。 







 皆さんは因果応報ってあると思いますか?
 因果応報はもともと仏教の言葉で、前世の行為によって現世での幸不幸が決まるという意味ですが、今では自分の行った行為の善悪がそれに相ふさわしい結果をもたらすということで使われています。
 国語辞典によると悪いほうの意味で使うことが多いそうですが、まあ、善いことをすればいいことが起き、悪いことをすれば不幸に見舞われる、ということを言い表す言葉ということでしょう。
 同じような意味の言葉として、「自業自得」「身から出た錆」「天網恢恢疎(てんもうかいかいそ)にして漏らさず」なんていうのがあります。

 「因果応報」なんて特に脅すように言わなくても、ふつう悪いことをしてはいけないはずです。しかし、どうしても人の心には、「自分だけが良ければいい」というエゴイスティックなところがあり、その心・気持ちに従って行動してしまうこともありがちでしょう。
 特に、現代は自分勝手なふるまいをする人が多くなっていると思います。
 私自身の心を覗いても、わがままで自己中心的なところは数多く見受けられます。
 しかし、そういった自分勝手な心から出た行為が良くない結果を招いた、という実例をここ最近3つほど見聞きしました。
 それらを聞くと、やっぱり因果応報というものはあるんだな、自分の行いに注意する必要があるな、どうしても思ってしまいます。
 今回は道徳の時間みたいなかんじですが、その因果応報の法則を感じさせる話について書いてみます。



 ある家族は外出時、混んでいる駐車場だと身障者用の駐車スペースにいつも車を止めていました。
 ちょっと前のこと、近くの公園でやっていたお祭りへ行ったときにも、当り前のように身障者スペースに駐車しました。
 周りの人の視線も感じましたが、「止めるところがないし、障害者なんてそんなに来ないんだから別にかまわないだろ」と開き直っていたそうです。
 その後、あちこち見て回っているうちに、そこの子どもがなんでもない段差で足をひねって歩けなくなり、車イスを借りなければならなくなりました。(あとで診てもらったら骨折していた)
 車イスを押して駐車場に戻ると、身障者スペースには車イスのマークが・・・。
 その家族は、それを見て自分たちのふるまいを少しは反省したということです。



 次は70才を超えたおじさんの話。
 そのおじさんはとんでもなくケチで、損得のことになると自分さえよければ他人はどうでもいい、というかんじの人だったみたいです。
 お金もたくさん貯め込んでいたということですが、数年前に脳の病気をしてから物事がだんだん分からなくなり、今では損得勘定どころかお金が何かというのも分からなくなってしまったということです。
 その人のお金に汚く、あまりに他人を思いやらない態度を知っていた人達は、今までの行いが報いになって表れた、とどうしても考えてしまうということでした。
 


 最後はかなり年齢のいったおばあさんの話です。
 その人の旦那さんはおとなしい人で、おばあさんに畑仕事やさまざまなことをいつも言いつけられ、コキ使われていました。
 おじいさんはとにかく何も言い返せない人で、黙って言われることに従っていたそうです。そして周りの人もその様子を見て、かわいそうで仕方なかったということでした。
 長年言われるがままだったそのおじいさんは、最後もあまり大事にされることなく、奥さんより先に亡くなりました。
 おじいさんのお葬式が終わり、骨を納めるために家族・親戚でお墓に移動したときにそれは起きました。
 お墓の前でおばあさんが、線香に火をつけようと新聞を燃やしていました。すると、急に強い風が吹いてきて、火がおばあさんの喪服に燃え移りました。
 おばあさんは火だるまになり命は助かりましたが、その後ずっと寝たきりになってしまったそうです――――

 

 今回私が見聞きした例のように分かりやすくはなくても、人の苦境や不幸には、それをもたらしている原因をその人が抱えているように思えることはけっこうあります。そして、自分の行いがそれに合った結果をもたらす、というこの摂理に気づけるかどうかで、人の人生はいろいろ違ってくると私は思います。
 もちろんあらゆる不運・不幸が、因果応報のせいということはないでしょう。しかし、今現在悪いことがあったとしても、自暴自棄になって良くないことや、人を傷つけるようなことをしなければ、新たな不幸の種をまかずに済むとは言えるのではないでしょうか。





 今回はとても簡単にできる「合気陰陽法」という呼吸法を紹介したいと思います。
 これは伝説の武術家・武田惣角について書かれた本にでていた方法です。(「合気の創始者 武田惣角」池月映著 本の森)
 呼吸法には腹式呼吸や、ヨガ・気功の方法などいろいろなものがあって、それらを実践している人もけっこういると思います。
 今回紹介するこの呼吸法は、そのまま行っても良いのですが、さまざまな呼吸法に取り入れて行うことも出来る方法です。
 私は自分なりの呼吸法をいくつか行っていますが、それらは簡単に時間をかけず行う方法なので、効果は少しずつしか出ないかんじでした。しかし、このやり方と一緒に行ってみると、私の呼吸法の効果がより高まったという事がありました。
 やることはとてもシンプルなのですが、呼吸法がより深く行えるようになると思うので一度お試しください。


 やり方はとても簡単です。
 まず、両手の指をしっかり開いて息を吐いていきます。吐き終わったら指を握って静かに吸うようにします。(吐くのが「陽」、吸うのが「陰」だそうです)
 やり方が書いてあった本に説明はないのですが、吸うときは鼻からで、吐くときは鼻・口のどちらでもいいと思います。
 また、この呼吸を行いながら臍下丹田に気を充実させて精神統一をしていく、というのが正式なやり方らしいのですが、その詳しい説明も書かれていません。だから、武田惣角が合気の秘密だとして、続けると頭脳明晰になり、神通力を高めるとした、この方法の本当のやり方はよく分かりません。
 しかし、この手を開いて吐く、握って吸うということを行っても呼吸が深くなるのが感じられます。ですから、これだけでもかなり効果的で、さまざまな呼吸法に応用することが可能だと思います。
 試してみると分かるはずですが、指を握って吐いてみても深く吐くことはできません。この手を握る・開くことと呼吸には何らかの生理的な関係があるのでしょう。

 そして、私は自分の呼吸法にこれを取り入れて行っているとき、手の指だけでなく足の指も一緒に開いたり閉じたりすると、さらに呼吸が深く出来るようになることを発見しました。これもけっこう興味深いのでよかったら試して、そのことを確かめてみてください。
 続けていけば呼吸も深くなり、それだけ健康にも良い影響があると思います。




 私には呼吸法でいつも気になっていることがあります。
 これは私だけに起きることかもしれませんが、呼吸法をやりすぎるとなんとなく軽いめまいがして、調子が悪くなってしまうのです。
(ちょっと前に流行ったロングブレスダイエットなんかを見ると、「ああいう風に気張って息を吐けば気持ち悪くなりそう」と思ってしまいます)
 それでも私は、呼吸法を行うことには意味があると思っているので、あまり熱心にはやらず、毎日続けられる程度に少しだけ行うようにしています。私の場合、あまり力を入れて吐いたり吸ったりしないようにすると、調子が悪くならないみたいです。
 ふつうは呼吸法をたくさん行っても平気な人がほとんどだと思います。しかし、私のような人がいるかもしれないので、どんなものでも呼吸法を行って具合が悪くなるようなときには注意が必要かもしれません。



 この「合気陰陽法」は武術家・武田惣角が行っていたものと言いましたが、この人の実力は本当にすごかったようです。
 古くから伝わる大東流合気柔術 の中興の祖とされる武田惣角は、明治から昭和にかけて活躍した人です。剣術や柔術などを極め、触れるだけで相手を自在にコントロールする「合気」を使い、84歳で亡くなる晩年までどんな屈強な武道家も魔法のように子ども扱いにしていたそうです。
 全国各地で自らの武術を教授していたので、現在も大東流の合気柔術の流派はいくつかあるようです。そして、この大東流は実践的でとても強い武術ということです。
 合気道の創始者・植芝盛平も惣角の弟子です。
 植芝盛平にはさまざまなエピソードがありますが、惣角も一人で何十人のヤクザと渡り合ったとか、なんの後ろ盾のないところから海軍の大将に教えるほどになった、といったエピソードには事欠かない人です。
 その人生は津本陽の「鬼の冠」(新潮社)や、惣角の研究家・池月映の著書に詳しく書かれています。
 また、惣角が使ったとされる高度な「合気」を受け継ぎ発達させ、触れただけで何人もの相手を投げ飛ばすという達人だった佐川幸義もとても興味深い人です。佐川幸義と「合気」については「透明な力」(木村達雄著 講談社)という本に書かれています。
 人の常識を超えたこの「合気」の話は武道をやらない人でも面白いと思うので、興味を持たれた方には上記の本がお勧めです。



 現代はパソコン・スマホで文章を綴ることが生活の一部になっているため、字を手書きする機会は減ってきていると思います。
 しかし、手書きすることには、タイピングにないさまざまな長所があるということが言われています。アメリカのいくつかの大学の調査では、手書きでノートをとる学生のほうが理解力が高く、成績も良いという結果がでたということです。そして、手で書いて覚えようとすると長く記憶できるそうです。(学生時代に英単語を何度も書いて暗記した人は多いと思います)
 また手書きすると、考えがまとまりやすくなる、発想がよく湧くようになる、といったことも言われます。
 漢字なんかも変換せずに自分で書くようにすれば、「読めるけど書けない」なんてことも少なくなるでしょう。
 そして、タイピングするよりも手書きのほうが、脳の広い領域を使うため、脳を活性化させる働きは高いはずです。
 さらに手書きだと、気持ちが伝わる、省エネになる、目に優しい等々もあるので、手書きはそう捨てたものではない、ということが理解してもらえると思います。

 しかし、現代は手書きしたくても、パソコンなどで文章を作らないければならない事がほとんどでしょう。
 ですから、手書きの効用を得るためには、メモやスケジュール、手紙、日記など手書きするものを出来るだけ見つける必要があります。
 といってもこれは、昔から誰もが行っていたことで、今でもいろいろと手書きする機会は多いでしょう。日常、手軽にできることなので、本当にお勧めの脳トレだと思います。



 そんな長所の多い手書きですが、日本語で字を書くなら意識してほしいことが一つあります。
 それは、字を縦に書くようにすることです。
 日本語は縦に書くと、先ほど言った手書きの効用がさらに発揮される、と私は考えています。
 現代はさまざまな文章が横書きになっているので、字も横に書くことが多いでしょう。しかし、日本語は本来縦書きするように作られています。
 特にひらがなは縦書き向きの文字です。もともと漢字の草書体を崩した文字ですが、縦に書く中で作られているものなので、横書きするにはなじまないと言えるでしょう。
 ひらがなを含んだ日本語をなめらかに書くためには、上から下へと縦に書く必要があります。実際に書いて確かめてもらえば分かりますが、縦書きの場合は日本語本来の書き方になるので、スラスラと滞りなく書くことができます。
(子どもの頃から横書きだけしていると、丸文字などの変わった形の字を書くようになりやすいそうです)
 手の動きは脳と大きく関係しますから、この書くことのなめらかさは脳がよく働くことにもつながっていると考えられます。

 もちろんスラスラ書くだけでなく、一字一字ていねいに楷書で書くこともできます。楷書的につながりなく、一字一字を独立させて書くことは横書きでも可能です。しかし、横書きではなめらかに続けて書く、行書・草書的な書き方はできません。
 そして、楷書するときと、行・草書するときでは脳の違う部分を使っていると言われます。 
 楷書は集中力や真面目さ、規律、直線的なものに関係して、行・草書は運動能力や軽快さ、自由、曲線的なものにどちらかというと関連するように思えます。
 人にはどちらの要素も必要ですから、楷書的と行草書的の両方書けるほうが良いはずです。縦だとそのどちらも書くことが可能なので、このことからも縦書きのほうが優れていると言えるのではないでしょうか。



 この縦に書くことの意義は、石川九楊さんという書家の本で知りました。読んだのは数年前ですが、それからは字をなるべく縦に書くようにしています。
 石川さんは「日本語は縦に書かれるべき」ということをかなり激烈な文章で述べています。少し取りあげてみるとこんな感じです。

 「しなやかで自然なつながりをもつ日本語の思考は、縦書きにしか宿らないのだから縦に書けばいい。否、書くべきだ。縦に書けば天が意識され、重力を感じ、自省が生じそこに人類の未来に向けた思考も宿る」
 「アルファベットを縦書きするところになめらかで熟成した十全な思考が生まれるだろうか。おそらく綴り字のぎこちなさが思考のぎこちなさを生むに違いない。日本文とて同じことだ」
 
 その主張はタイトルがズバリの「縦に書け!」(石川九楊著 祥伝社新書)という本に詳しく述べられています。
 その中で著者は、日本語タイピングの問題や、若者の筆記具の持ち方の悪さなどについて語り、さらに縦書きすることがなくなり、パソコンやケータイに依存して、あらゆる物をお金との交換価値で計るようなになった日本社会が、人々の精神を低劣化させ、多くの異常な問題を生みだしている、ということについて強い口調で書いています。
 著者が縦書きの大切さについて教えてくれたことはとても有り難いですが、その社会批評的な言説や「手で書けばいろんな問題を防げる」といった文章は、ちょっと言い過ぎかな、と思っています。



 今ではパソコンやスマホ、さまざまな文書、国語を除く学校の教科書など、横書きになっているものはとても多くなっています。(このブログも下書きは縦に書いてますが、見ての通り横書きです)
 横書きだと数字やアルファベットがすんなり入るので、理数系の文章や英語を含む文章は横書きのほうが読みやすいでしょう。これは横書きも可能な日本語の良い点だとは思います。
 しかし、今でも、小説や実用書などの大半の書籍は縦で書かれていますし、新聞・文章メインの雑誌、漫画のセリフ等も基本的に縦書きになっています。
 そして、パソコン・スマホなどで横書きがこれほど一般的になっていても、縦書きの本・新聞などを横書きに変えよう、という動きはほとんどないように思えます。たまにそういう提案をする人がいても、多くの人から支持されないようです。
 縦書きが変わらないのは、横書きだと文字数が多くなった場合に読みにくくなるためではないでしょうか。
 ブログを書いていて思うのですが、横書きは字が多くなると詰まったかんじでゴチャゴチャしたように見えてしまいます。そのため改行して余白を多くとらないと読みにくいな、と思ってしまいます。(そうはいっても字が多いブログで恐縮なのですが)
 しかし、日本語で書かれた多くの本や、新聞がそうであるように縦組みになっていれば、字がたくさん詰まっていたとしても読みにくくはありません。
 文字数が多くても読みやすいならば、縦書きのほうがそれだけ深い内容を表現できるということになるでしょう。

 縦書きが読みやすい理由として、日本語、特に漢字は横にひかれる線が多いので、上から下への目の動きとその横線がぶつかり引っかかって認識しやすい、という説があります。(横に読むアルファベットは逆に縦への線が多い)これはけっこう合っているように思える説です。
 読みやすい理由が何であれ、これだけ縦書きの文字文化を変える気配がないのは、それだけ日本人が縦書き文化の良さ・大切さを無意識に感じているからではないでしょうか。(中国は縦書きが減っていて、世界で縦書きなのは日本と台湾だけみたいです)

 ですから、そこからもう一歩進んで字を縦に書くようにして、この縦書き文化を守り、その恩恵を受けるようにするのも悪くないはずです。
 そんな縦書きの良さを知ってもらって、一度試して頂けたらと思い、この横書きのブログに記してみました。
 




プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ