私たちが日常食べたり、使ったりする食品・製品の安全性について書かれた、「使うな危険!」「食べるな危険!」(講談社)や「買ってはいけない」(金曜日)といった本があります。これらの本は、危険な食品添加物や化学物質がさまざまな食品・製品に使われていることを教えてくれます。
 スーパーやコンビニ、ドラッグストアで売られている多くのものが良くないとされるので、「買えるものがなくなってしまう」「気にしてると生きていけない」なんていう意見もありますが、健康な生活を送るために必ず知っておくべき情報が多数載っていると私は思っています。
 例えば、特に危険な食品添加物は何かということや、一般的な歯磨き粉の成分に何が使われているのか、食品ラップは無添加のポリエチレン製がいい、防虫剤・トイレボールに使われるパラジクロロベンゼンは発ガン性物質――等々、こういったことを知っているのと知らないのでは大きな違いがあるのではないでしょうか。


 この前、久しぶりにその「使うな危険」を見ていたら、あるページに目が留まりました。私はこの本を隅々まで読んだつもりでいましたが、その項目はなぜか見落としていたようでした。
 それは抗菌スポンジについてのページで、そこには家で前から使っていたスポンジの写真が出ています。
 内容を見ると、抗菌スポンジに使われる抗菌剤はとても有害なもので、そのスポンジで水槽の内側をふくと中にいる魚が死んでしまう、という怖くなってしまうようなことでした。
 魚が死んでしまうので「水槽に使用しないでください」と注意書きされている製品もあるようです。そんな生物の毒になる成分が染み出すものを長いこと使っていたのかと思うとゾッとして、すぐにスーパー行き、抗菌ではないスポンジを探しました。多くのスポンジが抗菌加工されていますが、そうではない商品もあるにはありました。


 ドラッグストアに行けば、抗菌・除菌という文字があふれています。
 それだけ抗菌の商品を買う人がいるということですが、多くの人はそれらの商品の危険性をあまりに知らなさすぎるのではないでしょうか。

 バイ菌から身を守るためと、殺菌効果を謳った薬用の石けんやハンドソープで手洗いしている方もいると思います。
 そういった製品に使われることのある殺菌成分トリクロサンやトリクロカンバルは、殺菌効果があまりなく、免疫力を弱める、甲状腺ホルモンや生殖ホルモンへの悪影響がある、胎児への影響がある、ということが指摘されています。
 そのためアメリカでこれらの殺菌剤は昨年から使用禁止となり、日本でも今年の9月までに使用を止めるように、との勧告が厚労省からメーカーに出されました。
 トリクロサン・トリクロカンバルは薬用せっけん(名前だけはいいように言ってます)の他にも、ボディソープ、歯みがき粉、化粧品、洗剤などに使われていて、その危険性は以前から問題視されていました。
 でも、こういった情報はテレビなどのマスコミで大きく報道されることはありません。「薬用せっけん なんちゃら~」とCMを流して広告料をもらっているので、スポンサーの不利益になることは言えないのでしょう。
 その薬用せっけん、スーパーで見たら殺菌剤の在庫一掃なのか、1個増量キャンペーンなんてことをやっていました。
 このようにマスコミやメーカーが金のために人々の健康をないがしろにするのですから、消費者は自らを守るためにさまざまな情報を集めて勉強する必要があります。


 テレビCMといえば、除菌消臭スプレーの宣伝もこれでもかと、洗脳するかのごとく流されています。
 何にでもスプレーすれば清潔キレイになると言っていますが、菌を殺す化学物質を寝具やソファ、服などに付着させたり、室内に漂わせて吸い込んだりして大丈夫なのか、と思ってしまいます。
 除菌消臭スプレーには第4級アンモニウム塩という種類の殺菌剤が使われていますが、マウスの実験によると、この物質は新生児に悪影響を与えたり、生殖能力を低下させたりする可能性があるそうです。
 また、第4級アンモニウム塩は刺激が強いので、目が痛くなったり、喘息を引き起こしたりする場合もあるということです。
 清潔にするためには洗濯したり、掃除することが大事であって、CMを鵜呑みにして安全性が疑われるものを何にでもスプレーするのはとても危険に思えます。

 抗菌剤も銀や天然系のものは比較的安全と言われています。しかし、世の中にたくさんある抗菌製品にはどういった抗菌剤が使われているか分からないことが多く、安全性は不確かです。
 そして、抗菌ということには矛盾した問題があります。それは本当に菌を殺すほど効果があるものは人体に害があり、菌を抑制できないものは抗菌の意味がないということです。
 したがって、人体に危険性があったり、効果が期待できなかったりする抗菌製品は必要ないと言えるのではないでしょうか。ふだん買い物するときはむしろ抗菌ではない物を選択した方がいいように思えます。



 商品に表示される「抗菌」「除菌」の文字を見ると、何の菌をやっつけようとしているのだろうという疑問もあります。
 食中毒を起こす菌や病気の元になる菌を殺せばいいという考えなのでしょうが、あまりに菌をなくそうとすると、私たちの身の回りに存在する細菌や体に住む菌まで少なくなってしまいます。
 人の皮膚には一兆個、腸内には100兆個もの細菌がいると言われるように、私たちは無数の細菌と共に暮らしています。
 これらの細菌は私たちと共生関係にあって、例えば皮膚に住む細菌は肌を弱酸性に傾けてバリア―を作り、病原菌を寄せつけなくしたり、皮膚の潤いを保つ働きをしてくれます。しかし、殺菌剤入りの薬用せっけんやボディソープを使うと、皮膚を守る細菌が殺されてしまい、炎症や乾燥などのトラブルを引き起こす原因になります。
 そして、身の回りに存在する細菌は私たちの免疫を刺激して、病原菌に対する抵抗力を鍛えるのに役立つということもあります。抗菌製品を使ってさまざまな細菌が少なくなると、細菌の保っているバンランスが崩れて、悪い菌が増えてしまったり、抗菌剤が効かない耐性菌が現れてしまったりするという問題もあります。
 アレルギーや食中毒といったことが最近特に増えたのは、身の回りの菌が減っているためとも言われています。

 たしかに生活においては(特に調理時など)清潔を心掛ける必要があります。しかし、あまり化学物質による殺菌除菌に頼ると上記のような問題があるので、なるべく化学物質を使わない掃除、洗濯、洗浄、日光による殺菌、乾燥効果、加熱、煮沸といった方法を選択する方が環境、体に対して良いと言えると思います。
 そして、もし除菌が必要なら薬用でないふつうの固形せっけんや、エチルアルコール、酸素系漂白剤を使うのが安全です。
 

 人間を含めたすべての生物は大昔から菌と共に生きてきました。日本人の衛生観念は行き過ぎていると言われますが、現代の社会のように極端に菌が少ない環境で生活するのは、人体にとって想定外のことなので、それがアレルギーや免疫力の低下といったさまざまな問題につながっている気がします。

体は微生物でいっぱい」「細菌と触れ合う生活」という記事も以前書いたので良かったら読んでみてください。






 今回は、私がいつも食べてるごまドレッシングの作り方について書いてみます。少し手間がかかりますが、コクがあってけっこうおいしいと思うので、良かったら作ってみてください。

 材料

練りごま60~70g みりん100㏄ ハチミツ大さじ1 玉ねぎ1/3個 ごま大さじ1 酢大さじ2 ショウガ・ニンニク各1かけ(すりおろす) 塩小さじ1/2 しょう油大さじ2

 作り方

1・玉ねぎをすりおろす。玉ねぎはバラバラになっておろしにくかったりしますが、うまくすりおろせなかった部分は細かくみじん切りにして、おろしたものと合わせ、30分くらい置いておきます。こうすると玉ねぎの辛みがとれます。

2・みりんを鍋に入れて火にかけ、沸騰させてアルコールをとばします。そこへハチミツ(なかったら砂糖)を溶かし入れて、粗熱をとる。

3・ボウルに、練りごま、酢、ごま、ニンニク、ショウガ、塩、しょう油、みりんを加えてよくませる。ごまはするか、指先でちねったものを加えます。味つけに、味噌、塩こうじを少々入れるのもいいです。

4・おろした玉ねぎをまぜ加えて味見、味が薄かったら塩、しょう油を足します。また固かったらしょう油や酢を加えます。
 材料はあくまで目安なのでお好みで調整してください。(使うときはサラサラ感が少ないのでビンなどに入れてスプーンですくい、サラダにかけるといいかもしれないです)

 練りごまを使うと濃厚な味になります。そして日持ちするので、一度作っておけばけっこう長く使えます。
 ごまはとても健康効果が高いので積極的に使いたい食品です。
 良質なたんぱく質や脂質、ビタミン(B群やE)、ミネラル(カルシウム・マグネシウム・鉄など)、ファイトケミカル、食物繊維を豊富に含んでいて、生活習慣病予防効果やアンチエイジング効果などが期待できます。そして練りごまだと、ふつうにゴマを食べるより栄養の消化吸収が高まるそうです。


 このごまドレッシング、冷蔵庫に余っているものを加えれば、いろんなバリエーションのものが作れます。
 例えばショウガやニンニクがたくさんあったら、多めに入れると味がまた違ったものになります。
 リンゴのすりおろしやレモン汁、きな粉を加えてもいいですし、国産レモンの皮やユズの皮、レーズン、青じそ、梅なんかを刻み入れてもそれぞれ味に変化がでて楽しめます。

 
 私はサラダを毎食食べますが、たいていポン酢かこのごまドレをかけています。
 ごまドレは素材厳選のものだったりするとけっこう値段が高いですが、これだといい練りごまを使っても材料費がそれほどにはならないはずです。
 よかったらお試しください。
 

 「物に心が宿る、命がある」という考えを昔から日本人は持っていました。「もったいない」という言葉があったりしますし、人形や針、筆といった物を捨てるのに供養を行ったり、傘などの古い生活用品が粗末に扱われると妖怪になったりすると考えられてきたりしたことから、とにかく物を大切にしてきたと言えるでしょう。
 モノが大量にあふれて使い捨てられる現代日本では、そういったことはかなり失われてきてるでしょうが、物を大切にする心はまだ多くの人の中に残っていると思います。


 つい最近、「探偵ナイトスクープ」で16年前に7年落ちで買った中古の軽自動車をどうしても処分できない、という女性の話を放送しました。その車を「ヴィヴィオ君」と呼んで子どものようにかわいがっていたのですが、もうさすがに調子が悪くなってしまっていて、お別れしなければいけないのは本人も分かっています。
 でも、なかなか決心をつけられない依頼者にハライチ澤部探偵が、「今までありがとう」と車の気持ちを想像で代弁してあげて、ようやく納得し、最後は廃車するところまで見届けました。(放送はコチラです)
 その女性は大泣きしていましたが、この気持ちを理解できる人もけっこういるのではないでしょうか。(その回を見て泣いたという感想もネットにいくつかありました)
 泣きはしなかったけど、自分も物を大切にする方なので、すごく共感できました。


 私も車に関して忘れられない経験があります。そして、それによって「物には心が宿っているのかも」と思うようになりました。

 20年ほど前のこと、運転中に友達とふざけていて不注意になり、車を道路わきの壁にぶつけてしまいました。前の部分がメチャクチャにつぶれてしまい、直すこともできないので、廃車にしなければならない、ということになりました。
 それは18歳で免許をとったときに買った中古のアコードで、8年くらい乗っていた車です。気に入っていた車で距離数もそんなにいってなかったですし、まだまだ乗る気でいたので、かなりショックでした。
 廃車にする日、家の庭に置いてあった車を眺めながら、「もったいないことしたな」とか「北海道とかあちこち行ったなー」などと思っていると、不思議なことに全く動いていない車のエンジン部分から「ジー、カタカタカタッ」というファンの回るみたいな音が悲しげに鳴ったんです。
 まるで私にサヨナラと告げる言葉のようでした。
 本当にタイミングよく発せられたその音を聞いて、「車には心があるんだ」と思わされ、「こんな姿にさせてしまってゴメンね」と謝りたくなりました。
 エンジンのかかっていない車が、なんらかの理由でそう動くこともあるかもしれないですが、車を眺めていたのも2.3分と短い時間でしたし、どうしても車が私に話しかけたとしか思えなかったです。


 日本人が物に命があると考えたのは、迷信でなく本当のことで、大切に扱えば物には心が宿り、私たちの想いに答えてくれるのではないでしょうか。だから、やっぱり物は大事に使い、捨てる時には感謝するようにしなければならないのだと思います。

 この記事を書いているときに、物に心があるという体験をたくさん載せたこんなサイトを見つけました。(YOMIURI ONLINE発言小町




 以前、ある医師のブログで「人の健康にとって重要なのは食べ物より水であり、さらに水よりも空気のほうが大切」ということを読みました。とても興味深い話だったのですが、それがどうしてなのかは説明されていませんでした。
 その少し後、今度は中村天風さんの本を読んでいたら「空気は人が摂取するものの中で圧倒的に量が多いから、新鮮ないい空気の中で生活するのが大事だ」と書かれていました。
 こういわれると、空気が大切ということはあるかも、と納得できました。
 調べてみたら、24時間休むことなく呼吸する私たちは、1日に約14000ℓほど、重さにすると20kgくらいの空気を体内に取り入れているそうです。
 そして、現代人は室内で過ごす時間が一日の半分以上になります。(特に寝室にいる時間が長いです)
 ですから部屋をよく換気して新鮮な空気を取り入れるのは、非常に大切ということになるのかもしれません。

 空気はありきたりなものなので、気にとめないところがありますが、良い空気を呼吸するのは思っている以上に重要なのでしょう。
 食べ物や水は、いいものにしようとすると多少お金がかかります。でも、いい空気というのは窓を開けて外から入ってくる外気のことです。
 したがって換気は、タダで簡単にできるお得な健康法と言えると思います。
 


 換気することには次のような効果があると言われています。

 ・新鮮な空気を取り入れる ・空気中のほこり・ちりを除く除じん効果 ・除湿効果 ・脱臭効果 ・温度調節
 
 新鮮な空気というのは、酸素と二酸化炭素の量が関係しています。
 窓を閉め切りにして換気しないでいると、部屋の中の二酸化炭素濃度が増えます。それによって眠くなる、だるくなる、集中力が落ちる、などといったことが起きたりするそうですから、最低でも1日1回の換気は必要でしょう。
 また、冬に石油ストーブやファンヒーターを使う場合、部屋の中に一酸化炭素が増えて危険なので、こまめな換気が必要なのは言うまでもありません。

 次に除じん効果ですが、良いきれいな空気の条件として二酸化炭素が少ないことに加えて、粉じん濃度が低いということもあります。
 部屋の空気中にはほこりが多く漂っていますが、換気して空気が入れ替わることでそれらが取り除かれます。そして、ほこりと共に空気中の細菌やウィルス、カビといったものも排出されます。

 換気とはあまり関係ない話ですが、ほこり対策としてはもちろん掃除も大切です。
 ほこりがそんなにたまってないようでも、目に見えない細かいほこりは、部屋の中を少し動いただけで辺り一面に舞い上がります。
 以前こんなことを経験しました。
 私は雨戸を閉めて寝るのですが、あるとき雨戸と雨戸の間が少しあいていたことがあります。
 朝になって真っ暗な部屋に、その隙間から一筋の細い光が差し込んできました。
 その光を布団に入ったまま眺めていると、寝ながらほんのかすかに動いただけで、その光の中にブワーっとほこりの粉じんが舞い上がるのが映し出されました。
 そして、大きく動けばそれはとんでもないほこりの乱舞になるのですが、これはふつうの光の中では見ることのできないものです。この様を見てから、掃除してない部屋で生活すればほこりがすごいことになる、ということがわかり、前より部屋を掃除するようになりました。



 私は日中できるだけ長い時間、家の窓を開けておくようにしています。
 冬は窓をあまり開けていると寒いこともありますし、都会では防犯上開けっ放しというのも無理かもしれません。(田舎ではほぼ気にしませんが)でも、なるべく窓を開けて外気を取り入れるようにするのがいいと思います。
 最近建てられた家には24時間の換気システムがあるそうですが、その排気のところのフィルターが汚れているとうまく換気ができないそうなので、よくきれいにする必要があるそうです。

 換気のやり方として、空気の入り口の方の窓を15㎝位開けて、出口となる方を入り口より大きめに開け、これを1日1回5分行えばいいということもあるみたいです。
 あと、都会で空気が悪かったり、窓を開けると花粉が入ってきて困ったりする場合は、空気がそれほど汚れてなく、花粉も少ない朝方に換気するのがお勧めです。とにかく一日中窓を閉めきりということは避けたほうがいいです。
 空気清浄機はほこりなどには有効です。でも二酸化炭素を減らしてはくれませんから、やはり換気が必要でしょう。
 車の中も換気しない人が多いみたいですが、乗ったら一度は窓を開けるべきではないかと思います。



 私は山登りが趣味で、山に行くとテンションがとても上がります。
 この気分が高まる理由の一つとして、良い空気を吸うということがあるように思っています。山道を30分も歩くと体中に山の新鮮な空気が行き渡って、全身の細胞が元気になるように感じられます。
 まあ、山でなくても酸素の多い外の空気の中にいると、人はやる気が起きるのではないでしょうか。
 二酸化炭素が多いとリラックスするとも言われますが、リラックスのしすぎも良くないでしょうから、その点からも部屋の換気は大切だと思います。

 
 


プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ