(前回からの続き ここで書いていることは私の仮説なので、寛大な気持ちでお読みいただけたらと思います)


 この記事を書くにあたって参照した本「きき手大研究」の著者・八田武志先生は、無理な利き手の矯正には否定的な見方をしていました。しかし、きき手でないほうの手を積極的に使うのは、身体にとって大切なことではないでしょうか。
 左右両方の手が使えるようになると体のバランスが良くなります。
 前回、武井壮が本来右ききだったのを、スポーツに有利になるからと左ききに変えた話をしました。彼は両方が使えるので、陸上の十種競技を行うときに体の一方側が疲れても、もう一方を使えるためいい記録が出せた、ということを言っていました。
 また彼は一日1~2時間くらいしか寝ないそうですが、体を左右バランスよく分担して使うため人の倍体力があるのかもしれません。

 動物の脳を調べると、天敵からの回避といった危機対応の時に働くのは、右脳だということです。
 前回述べたように、右脳の働きには空間認識や速度判断といったこともあり、この危機対応時に働くということも含めて、右脳は運動神経や身体能力と密接につながっていると言えると思います。
 そのため左手を使うことで、体の左側の動きを支配している右脳が活性化して、その結果運動や身体の能力が強化されるのではないでしょうか。

 このことに関係すると思われる興味深い話が「利き手大研究」の本の中に出ていました。それはサルは左ききということです。
 これはどうしてかというと、次のような説明がされていました。
 原猿と呼ばれるニホンザルより進化の上で下位に属するサルは、視覚と強いつながりがある右脳を働かせるため主に左手でエサをとり、右手は木の枝をつかむ姿勢保持に使われることが多い。
 それがサルの進化の過程で両手を使うことが多くなり、だんだん姿勢保持時に使われていた右手(左脳支配)が手指動作に使われるようになる。
 この右手の手指動作がコミュニケーションに使われるようになって左脳が発達し、音声言語の獲得につながっていった。つまり、原猿から類人猿、ヒトへの進化の過程で左ききから右ききへの変更が起きた、ということを言っています。
 そして、サルの中で進化的に上位にいる類人猿は、オランウータン、ゴリラ、チンパンジーの順に人間に近いですが、オランウータンが左きき、ゴリラが弱い右きき、チンパンジーが右ききという研究結果があるそうです。
 
 ニホンザルは原猿と類人猿の中間くらいに位置するので左ききが多いみたいです。
 お祭りのサル回しを見ても、身長の倍以上の高さまで軽々とジャンプできるくらいで、ニホンザルの身体能力はとても人間の比ではありません。
 電線の上でもバランスとって動き回れるそうですし、走っても相当速いということです。このニホンザルの身体能力は、左ききから来ているところもあるのかもしれません。
 サルは進化していくに従って右ききになり頭が良くなっていきますが、左ききでなくなったことから身体性は反対に落ちていっているのではないかと思われます。

 左ききの芸能人にはペナルティのワッキーや、ガレッジセールのゴリ、小島よしおといった肉体派と言っていいい人が多くいます。松本人志もすごい体になっていますよね。40代のワッキーが20代のJリーガーと持久走対決をして勝ったのを前にテレビで見ましたが、あれには本当に驚いてしまいました。
 私の周りにいる何人かの左ききも人より体力がある印象です。
 ヒトは言語の発達とともに右きき左脳優位になってきたと考えられますが、左ききで右脳を働かせることは言語獲得以前の野性的な本能・身体性につながるところもあるのではないか、と私は思っています。



 「利き手大研究」の本には、カナダの高齢者のきき手別の健康調査ということも書かれていました。
 ここでは、「生まれつきの右きき」「左ききから矯正された右きき」「矯正された経験のない左きき」「親が右ききに矯正しようとしたが失敗した左きき」という分け方で比較が行われています。
 その調査の結果では「矯正されてない左きき」が一番健康で、次に「右きき」「矯正された右きき」「矯正できなかった左きき」という順番になっていました。
 同じ調査で生活満足度を調べたものもあり、一番良かったのが「左きき」で、2番目が「矯正された右きき」「右きき」「矯正できなかった左きき」という結果になっていて、特に矯正できなかった左ききの結果が極端に悪いということになっています。
 この調査から分かるのは、左ききの矯正は上手くできれば問題はないが、失敗すると後々の人生に影響するということのようです。右ききに変えようとして失敗したりすると、無用なストレスを与えて自信のない人にしてしまうのでしょう。

 ネットを見ると、子どもの左きき矯正は大きな関心事で、たくさんの人が経験や意見を述べています。
 今では左ききのスポーツ選手などの活躍もあって、どうしても右ききに変えなければ、という親は減ってきているでしょう。
 しかし、左ききでは何かと不便なこともあるから、箸やペンは右手に持たせようとするのは多いようです。そして、この矯正はそれほど問題なくできたという場合も結構あるみたいです。
 右手を使わせて簡単にできる子は問題がないけれど、激しく嫌がる場合は吃音になったり、トラウマになったりしてしまいます。先ほどの調査結果のように後々まで響くことあるので、無理な矯正は止めたほうが子どものためでしょう。
 この記事でここまで書いてきたように、左ききには優れたところがあるから、強制的に変えないようにしたほうがいいのだと思います。
 そして、左ききの人はさまざまなことが右きき用になっている社会で右手も否応なく鍛えられて、両手が器用になったり、頭を使ったりしなければならないので有能になるという意見もあります。


 考えてみると、大多数が右ききだから左ききは右に変えなければならない、というのも理不尽な話です。(矯正という言葉を使っていますが、おかしい言葉ですよね)
 そして、大多数の右ききの人は、生活上不便がないので左手をあまり使わなくても済みます。
 しかし、右投げ左打ちのバッターや武井壮のように左手をよく使うことで身体性が高まることもあるかもしれません。ですから、何か一つでもいいからあえて左を使うようにするのは、とても興味深く役に立つことかもしれません。

 スポーツ選手は競技上有利なので左手への変更を行うことがありますが、他の事柄で左手を使おうとする人は少ないので、それがどういった成果をもたらすかは分かりません。
 それでも左ききには英才児が多かったり、芸術の才能があったりすることがあるので、右ききが左手を使うのもスポーツ選手の場合のように、なんらかの影響をもたらすことも考えられます。
 左手を使うことと少し違うかもしれませんが、両手を別々に動かすピアノ演奏は脳を活性化させ、子どもが習うと脳の成長に良いと言われます。
 ピアノのように複雑な動きでなくても、きき手でないほうの手をよく使い、脳を刺激して身体のバランスが取れるのはとても良いことのはずです。
 

 きき手に関する話にはおもしろい事がいろいろあります。
 ゴルフの海外のトップ選手には左ききだけど右打ちという人が多くいるそうです。ジョーダン・スピース、アーニー・エルス、セルヒオ・ガルシア、往年の名選手ではジャック・ニクラウスにトム・ワトソンなどです。(私はゴルフに詳しくないので、これらの選手がどれくらいすごいかは分からないのですが) 
 日本のプロ野球の記録保持者が左ききと言いましたが、王さんやバリー・ボンズは左ききだけどペンは右手だそうですし、張本さんは元々右ききでしたが、右手をケガしたために左ききになったそうです。
 サッカーの中村俊輔選手は足は左ききだけど、手は右ききです。
 こういったことを聞くときき手というのはけっこう複雑なものなんだな、と思えます。しかし、一流選手はなんとなく、体の両方を使ってバランスをとっているようだ、とは言えるのではないでしょうか。



 私が左手を使いだしたのはただ何となくで、今回書いたようなことを考えてではありませんでした。
 ちょっとした趣味として気楽にやっていますが、長い間続けてもなかなか思うように使えるまではいきません。そして、左手をよく使ってもすごい才能が現れたことも今のところないです。(ちょっと期待はしていますが)
 でも、子どもは心身の柔軟性があるので、きき手と違う手を使うのは、あまり難しくないように思えます。そして、子どもがそれを強制でなく楽しんで行うのだったら、何かしらの成果もあるのではないでしょうか。







 前回の記事で、きき手でない左手を使う私の趣味について書きました。その記事を書くため、きき手に関して調べてみたら、左手を使うのは興味深いかも、と思うことがいろいろあったので、今回はその話をしてみます。



 前回の記事を書くにあたり、きき手についての科学的な見方を知ろうと、「左対右 利き手大研究」(八田武志著 DOJIN SENSHO)という本を読みました。
 この本はきき手に関してさまざまな面から取り上げ、世界中で行われた研究の結果から分かったことについて説明されています。
 内容は、きき手と脳機能、左きき矯正の是非について、きき手はどうやって決まるか(遺伝、胎児期・出産時の異変、文化的影響などいろいろな説がある)、左ききの短命説(これは裏付けられていない)、動物のきき手(?)、等々について書かれています。
 学術的にもきき手への関心はとても高く、多くの実験・研究がなされていますが、はっきりと結論が出てないことが多いみたいです。
 そして、実験のデータから確かだろうとされるのは、右ききと左ききでは脳の使い方が異なる、きき手の矯正はなるべくしないほうが良い、英才児や音楽・美術の才能のある人に左ききが多い、左ききは右ききより運動能力が高い、などだそうです。
 左ききの人は全人口の10%くらいですが、右ききの人よりさまざまな面で秀でている場合がある、ということでしょうか。
 左ききとされている著名人はざっと挙げると、ダ・ビンチ、ミケランジェロ、ベートーベン、エジソン、チャップリン、宮本武蔵、夏目漱石、ポール・マッカートニー、ボブ・ディラン、ジミ・ヘンドリクス、さらにここ最近のアメリカ大統領の8人のうち5人が左きき、日本の芸能人では松本人志がいます。

 そして、特に例を挙げやすいのはスポーツ選手でしょう。
 サッカーではマラドーナにメッシ。ボクシングでは
マニーパッキャオや具志堅用高。相撲では双葉山、大鵬、朝青龍。テニスではコナーズ、マッケンロー、ナブラチロワ。卓球はリオ五輪チャンピオンの丁寧、日本人では石川佳純。
 野球のメジャーリーガーではベーブ・ルース、バリー・ボンズ、ランデ・ジョンソン。日本のプロ野球は王貞治、安打数一位の張本勲、400勝投手の金田正一、盗塁数一位の福本豊などがいます。
 野球やテニスは左ききが有利とも言われ、調べると確かにトップ選手に「左手を使う」人が多いということです。
 今「左きき」と言わずに「左手を使う」人が多い、と述べたのは、競技に有利なために元々は右ききだけど左手でラケットを持ったり、左打席で打ったりするようになった人がかなりいるからです。
 そういった選手は、テニスのナダル、卓球の水谷隼などがいますが、私たちに馴染み深いのは日本のプロ野球の右投げ左打ちのバッターではないかと思います。右投げ左打ちの有名選手は本当にたくさんいます。

 イチロー、松井秀喜のメジャー選手を筆頭に、生涯打率一位の若松勉、イチロー・松井世代に影響を与えた掛布雅之、連続試合フルイニング出場の世界記録保持者の金本知憲、前田智徳、小笠原道大、高橋由伸、福留孝介、阿部慎之助、青木宣親、糸井嘉男、トリプルスリーの柳田悠岐、シーズン216本安打の秋山翔吾、侍ジャパンの四番筒香嘉智、二刀流大谷翔平、話題の高校生清宮幸太郎というメンバーがそろいます。
 野球を多少知っている方ならば、これらの選手が軒並み特別な存在というのが分かってもらえると思います。
 野球は一塁に近いから左打者有利と言われ、足が速く安打数の多いイチロー、青木、秋山はこのことにあてはまります。
 しかし、他の選手はスラッガータイプの選手やバッティングが巧みな選手が多い印象です。
 特に長打力のある選手はバットスイングの豪快さ、鋭さで名をはせた、はせている人ばかりです。
 そして、金本や糸井、柳田、大谷などの身体の強さ、能力はプロ野球選手の中でも飛び抜けていると言われています。また大谷の投打二刀流なんて今まで考えられなかったものでしょう。
 これらの右投げ左打ちの選手の活躍は、彼らの持って生まれた身体能力や絶え間ない努力の結果でしょうが、打つのを左に変えたのがその能力を伸ばすのを助けた、ということも多少あるのではないでしょうか。

 陸上の十種競技の元日本チャンピオンで、その驚きの身体能力でタレントとして活躍する武井壮は、元々の右ききから左を多く使うようにして両ききになったということです。それは子どもの頃、王、張本、金田といったプロ野球の記録保持者がみな左きき、ということを知ったのがきっかけでした。
 彼はさまざまな競技において有利になるので、スポーツ選手は左ききに変えたほうがいい、と言っています。
 脳の機能的にも、右脳はスポーツで必要とされる空間位置や奥行きの認知、速度判断といった働きに関係しています。したがって右脳とつながる左手を使うことは、スポーツを行う上で意味のあることだと言えるのかもしれません。
 武井壮を含め、左手を使うように変えた多くのスポーツ選手の活躍を見ると、これは確かなことに思えますがいかがでしょうか。

(長くなってしまったので続きは次回で)






 最近きき手でない左手を日常さまざまなことで使い、それが趣味みたいになっています。左手をうまく使えるようになって、あわよくば両手ききになれれば、なんていう考えもちょっと持っています。
 今回はこの私の変わった趣味、左手を使うことについて書いてみます。
 左手を使うことですごいメリットがあったりする訳ではありませんが、これはなんともいえず楽しいんです。


 多くの人は右ききでしょう。人種によって差があるみたいですが、85%以上の人が右ききだそうです。
 右ききの人にも、いつも右手ばかり使う右ききと、ある程度左手も使う右ききがあります。
 私は子どものころから右手を多く使う方で、かなり自分の体のバランスが悪いという気がしていました。
 左手を使えば体のバランスを整え、右脳も刺激されると昔から言われますが、自分も体のバランスの悪さがあるからか、このことにとても関心を持ち、20代のころに歯ブラシや箸を左手に持ったり、絵を左手で描いたりしていました。
 でも、それはちょっとやった位なので、そんな左手が自由に使えるというところまではいかなかったです。

 それからはあまり左手を使うのに興味がなかったですが、このところ熱心にやりだしたのは次のような経緯からでした。
 私は15年ほど健康法としてマンダラを描いていますが(詳しくはこちら)、8年ほど前からこのマンダラを左手でも描くようになりました。
 これは自然に起きたことですが、マンダラを左手で気ままに描いていると、だんだん他のことでも左手を使いたくなってきました。

 そこで初めにやったのは、写経を右手と左手で交互に行うというものでした。「私の般若心経
 筆ペンを使って書くのは微妙な力加減が必要で、けっこう難易度が高いですが、写経すること自体が楽しいからかとても熱中してやりました。これは今でも続けていて、かなり上達したように思っています。
 しかし、写経で決まった字がうまく書けても、鉛筆・ボールペンを使って書くのはまた違うみたいです。
 鉛筆書きもメモ・日記等でかなり長い間行っています。でも右手と同じかんじに書くところまではなかなか行きません。
  一字一字楷書的に書くのは。筆ペン・鉛筆ともにある程度練習すれば出来るかもしれないですが、読める字を連続してスラスラ書くのは難しいです。
 この鉛筆を使って左手で書くこと自体も写経と同じように楽しいので、少しずつ上手くなればと思っています。
 字を書くと脳のさまざまな部分を活性化させるそうです。そして、左手で書くのは難しいことなので、脳への刺激はかなり大きいかもしれません。


 ほかに左手を使っていることは歯磨きで、これは長いこと続けています。歯磨きは1日3回しますが、寝る前にやるときは磨き残しがないように右手も使っています。
 字を書いたり、歯磨きしたり、とけっこう左手を使っていたのですが、なかなか自在に操れるまでにはなりません。
 でも、ここまできたら本当に両手ききになるまでいきたいと思い、テレビのリモコンやケータイの操作、風呂洗い、米研ぎ、といった日常的な動きも意識して左手でやってみることにしました。他に以前記事にした「左足ブレーキ」も一応左使いになるでしょう。
 箸を左手で持つのもいいのだろうけど、私は食べるのが好きで食事が楽しくなくなるのは嫌なので行っていません。でも箸はペンとともに大きな要素ですから、納豆をかき混ぜるくらいはしてます。

 両手ききになりたいと猛特訓する人もいるみたいですが、あまり頑張ってはやってはいません。出来る範囲で無理なく続けるかんじです。
 それでも、少しずつ使えるようになっているので、あと数年したら趣味でなく特技と言えるくらいまでなってるかもしれません。



 きき手でない手(多くの人の場合左手)を使う効果としては、きき手ばかり使うことから来る体のバランスの悪さを整えるということが言われます。これはプロのスポーツ選手が行っているので(郷ひろみもやっていた)、ある程度効果的なのでしょう。
 また直感や創造性と関係がある右脳を刺激して活性化させるともよく言われます。これは科学的には証明されてないそうで、私も実感としてよく分からないですが、数々の発明を行ったドクター中松が左手を使うようにしているというのは聞いたことがあります。

 私が左手を動かすことで実用的だなと思うのは、掃除などの作業を右手でやっているとき疲れたら左手にスイッチして、作業が続けられることです。そして、ある程度したらまた右手に戻し、疲れたらまた左手、と出来るのは大きなメリットです。
 あと何かしようとした時、右手をケガしてたり、汚れていたりしても、左手がある程度使えるので代用になります。この前は梅のヘタ取りを1時間以上左手でやりました。



 
 これまで左手を使うことは、自分の変わった趣味で遊びみたいなものと思っていました。
 しかし、この記事を書くためにいろいろ調べていたら、左手を使うのは大きな意味があるかも、と思わせることがあったので、次回はそれについて書いてみます。





プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ