ブログを始めて、自分のやっている健康法を文章にすることに頭を使っていると、今まで気が付かなかった事が分かったり、新しいひらめきがおこったりして興味深いです。これから先も新しい発見があるだろうなと思うと楽しみです。

今日は呼吸について書くことでひらめいた新しい方法について書きます。
鼻腔を拡げるテープがありますよね。とても効果がありいびき防止などのために使っている人も多いみたいです。

私は使ったことはありませんが、前から鼻の穴の端を指でつまんで横に拡げるとそれだけで全然息の通りが違うなと思っていました。
有名人でも北島三郎さんなど小鼻が大きくしっかりした形の人はエネルギッシュな人が多いと感じます。
ちなみに私の小鼻はそんなに立派ではないです。
そしてこの間寝起きに小鼻のことを考えて鼻をつまんで拡げた時に面白いひらめきが起こりました。
『小鼻をもんでみたら?」さっそくやってみると鈍い感じの痛みを感じます。小鼻がこっているのが分かりました。こういうコリは毎日もんでいるととれます。そこで毎日もみ続けると呼吸するのが気持ち楽になりました。
私は鼻の通りを良くする事をいろいろやっているので少しラクになる程度だったかもしれませんが(まだ完全にコリがとれていないのでもっと良くなるかもしれません)鼻の通りが良くない人にはもっと効果があるかもしれません。
あとここ一番という酸素がたくさん必要なとき役立つのではないでしょうか(私には最近ここ一番の経験がないからはっきりいえません)

小鼻もみのやり方は(やり方というほどのことはないですが)、親指と人差し指どちらかを鼻の穴に入れて小鼻をもむだけです。鈍い痛みを感じたらそこを中心にほぐします。あまり強くもまないで毎日少しずつやります。痛みがとんでもない人もいるかもしれないですが、その場合でも毎日痛くない程度にやるとコリはとれていきます。
そして小鼻のすぐ横にある迎香というツボを押すとさらに効果が上がります。
鼻の通りに悩む人は、是非お試しを。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ