ふだんの生活で何気なく口にしたり、使ったりするものに、健康に対して危険性があるものがあります。それらはこういった事に関心を持つ人にはある程度知られていますが、マスコミや公的機関では積極的に伝えようとしないので、知らないという人もけっこういるでしょう。
 今回はこういった情報の周知を微力ながら手伝うつもりで、日常生活で避けたほうがいいものについて書いてみようと思います。

 まず、最初に取り上げるのは、マーガリンやお菓子、揚げ油に含まれるトランス脂肪酸です。
 このトランス脂肪酸の事でよく問題視されるマーガリンは、原料の植物油を常温で固体に保つようにするために「水素添加」と呼ばれる科学処理がされます。そして水素を添加する製造過程でトランス脂肪酸が生成されます。
 このトランス脂肪酸は人体にとても有害で摂りすぎると、悪玉コレステロールの増加と善玉コレステロールの減少をもたらし心筋梗塞や狭心症のリスクを高めます。そして、肥満やアレルギー疾患との関連、胎児の体重減少、流産を生じさせる可能性などが指摘されています。
 このため多くの国ではトランス脂肪酸の摂取に対する規制が行われ、食品含有量表示の義務付けがされています。
 そして、アメリカでは昨年トランス脂肪酸の食品への使用を禁止を決定しました。
 一方、日本の行政はトランス脂肪酸の危険性を認めながらも、対応はほとんど何もしていないのが現状です。
 日本人のトランス脂肪酸の平均摂取量は少ないとされ、マーガリンなんかも以前と比べてかなり含有量が減ってきているようですが、トランス脂肪酸はマーガリンの他に、ショートニング、ファストスプレッドなどと呼ばれるものにも含まれ、これらはクッキーやお菓子、アイス、コーヒーフレッシュ、パン、クリームなど様々なものに使われ(甘いものなんかの原材料表示を見るとたいていのものに入っている)、揚げ油としても外食、ファストフードなどで広く使用されています。
 これだけのものにトランス脂肪酸が含まれていれば、マーガリンを毎朝パンに塗ったり、クリームの入った菓子パンや揚げ物をいつもたくさん食べる人はざらにいると思うので、日本人の摂取量が少ないというのはちょっと疑問に感じます。
 危険性が伝えらてない上に、何にどれくらいトランス脂肪酸が含まれているか分からない状態では消費者も身の守りようがありません。
 また、大量生産で工業的に精製加工された植物油にもトランス脂肪酸は含まれているそうなので、家庭で使われるサラダ油等にはトランス脂肪酸がかなり含まれています。(エクストラバージンオリーブ油やゴマ油、一番絞りのキャノーラ油などの圧縮法で作られた植物油、バターなどの動物油脂にはそれほど含まれていません)こうなると私たちの身の周りには別名「狂った油」と呼ばれるトランス脂肪酸が満ち溢れているともいえます。
 この現状を変えるのは大変な労力がかかり、常に企業優先で経済性重視の日本のお役所は見て見ぬふりで何もする気はないのでしょう。アメリカの決定で少しは変化が起きればいいですが。
 そして、行政も食品業者もこの点に留意しているとは思えないので、私たちはこれに関して自己防衛するしかないと思います。
 なのでマーガリンやお菓子、サラダ油、外食の揚げ物などには十分注意が必要でしょう。


 次に取り上げるのは白砂糖です。
 私がつねづね疑問に思うのは、塩分の摂りすぎの害については口やかましく言われるのに対して、砂糖の摂りすぎについての注意喚起はあまりされない事です。
 ジュースやアイス、ケーキにどれだけの砂糖が入ってるか、糖分の摂りすぎで何が起きるかについては控えめにしかアナウンスされません。(そして薬を飲ませるためなのかメタボに関してはうるさい)
 お菓子・チョコやアイス、ケーキ、菓子パン、和菓子などとジュース、スポーツドリンクには大量の砂糖が使われているので当然ながら摂りすぎには注意が必要です。
 家庭で使う場合は、化学薬品を使って精製されミネラル等をほぼ取り除かれた、カロリーだけで栄養が全くない白砂糖(グラニュー糖、三温糖なども含む)は特に避けるべきものだそうです。
 精製された白砂糖は消化・吸収がとても早いので、たくさん食べると血糖値が急激に上がります。そうするとそれを下げようと、血糖値を下げるためのホルモン・インシュリンが過剰に分泌されて低血糖になります。
 低血糖が続くとエネルギーが不足するので、今度は体が血糖値を上昇させようとしてアドレナリンが分泌されるようになります。アドレナリンが増えるとイライラしてキレやすくなったり、不安になりやすかったり、不眠になったりしやすくなります。そして、そういった精神的に不安定な状態を鎮めようと甘いものを食べると、再び同じ事が起こって悪循環に陥ります。
 この状態を長期間繰り返すと、インシュリンの働きが低下して糖尿病へつながっていきます。
 さらに白砂糖は酸性食品なので、大量に摂取すると体が酸性に傾き、それを中和するために体内のミネラルが使われます。この時、特に使われるのはカルシウムで、白砂糖にはカルシウムが含まれてないので、体内の骨や歯のカルシウムが使用され骨や歯が弱くなってしまいます。
 砂糖を多く摂ると体を酸化させて老化を早めたり、疲れや貧血、うつ、アレルギー疾患、記憶力低下、認知症などの原因になるとも言われています。
 糖分は食事で炭水化物を食べていれば特別必要ないみたいですが、人は甘いものが好きなのでなかなかそうもいかないと思います。なので、糖分を摂る時は、白砂糖の弊害を避けるために、ハチミツやメープルシロップ、黒砂糖やきび砂糖、水飴などのカルシウム、ミネラルを含んでいるものを使ったり、そういったもので作られた製品を選んだ方が良いです。
 また、低カロリー食品等に使われるアスパルテーム、サッカリン、スクラロースなどの人工甘味料は安全性に疑いがあり、あまりたくさん摂取すると健康被害を受ける可能性があるので注意が必要です。
 メディアが白砂糖の批判をすると「訴訟の準備をします」といった書面が届くという話を聞いた事がありますが、白砂糖の原料の約60%は海外から輸入されているので、この砂糖の問題は世界の食物を牛耳る大きな組織と関係する話かもと想像してしまいます。
 白砂糖は使っているうちに甘みに慣れて摂る量を増やしてしまったり(ミネラルが入ってないので満足感が得られにくいと言われている)、習慣性があって依存してしまう麻薬のような性質を持ったものなので、怖い話ですが私たちは知らないうちに甘いものの虜になり、飼い慣らされてしまっているのかもしれません。
 また、甘いものの摂りすぎはストレスが原因という場合もあると思うので、ストレスに対処して解消するのも大切でしょう。

 (次回へ続きます)
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ