誰にもあまり人に知られたくない変わった楽しみってありますよね。
私のちょっと変わった楽しみ―――それは眉毛を抜くことです。

昔は本を読みながら眉毛を抜く癖があって、眉毛がメチャクチャ薄くなるほど抜いてしまってあせったこともありましたが、今は眉毛の中にある極端に長く伸びたものを指で探して抜くのが楽しみになっています。
私の眉毛は太くて全体的に長いので切りそろえればいいのでしょうが、この楽しみのために切ったりはしません。

長い眉毛を抜くためには3ヶ月くらい成長させる必要があります。そして、そろそろかなと思う頃に眉毛を探ると「おっ―――!!」と思わず声を出してしまうものが必ずあります。
その一本を指先でつまみ、他の毛は抜かないように(ここは大切)一気に引き抜きます。そうすると弓なりにカーブした、真ん中の部分が少し太い、ツヤツヤした逸品が目の前に現れます。長いものだと2cmくらいの眉毛がとれます。これくらいのものをゲットするとなかなかの感動があります。

さらに私の楽しみはそこで終わりません。
その一本を左手(何故か左手でないとダメ)の人差し指の先にのせて、親指でそれをはさんでクルクルと転がすのがなんともいえないんです。うまい具合にころがすにはコツがいりますが、クルクルっと回る太くて長い眉毛の微妙な感触・・・(´Д`)
なぜか分からないけどヨダレがでてきそうになります。

この快感、誰か分かってくれる人いるがいればいいですが・・。
そして、不思議なことにこの楽しみは抜きたての眉毛でないと味わえません。次の日にその眉毛をクルクルしてみても、眉毛の鮮度(?)が落ちているのかあまり感激がありません。
本当はいつやっても楽しい方がいいけど、眉毛が長くなるまでの間かなり待たされるからこその嬉しさもあるのでしょう。
今、眉毛をチェックしてみたら長いのは無さそうなので、次の機会は1カ月後くらいになりそうです。

眉毛が長くなるのは老化によるものみたいです。
しかし、人相学では眉毛の中の1、2本特別長く伸びた毛を「彩」と呼び、これは吉を招く相である、とヤフー知恵袋を見ていたら出ていました。
ということは、俺の眉毛はラッキーアイテムかっーー!!、と一瞬思いましたが、長い毛は1、2本ではないので結局は老化ですね^_^;
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ