魅力的な体つき、まあセクシーなかんじというか、そういった体つきの特徴は姿勢の良さ、腰が立っていること、もう少し詳しく言うと腰の反りがあり、お尻が上がっていることだと思います。
日本人はそれとは逆に腰の反りがなくてお尻が落ちた体型の人が多いですが、そうでない体つきの人もいるので人種的にそういった体型だとは言えないでしょう。
より男らしく、女らしい体つきに憧れる人は多いと思います。


そこで本日はそんなあなたに魅力的な体型を手に入れる方法を特別にお教えしましょう!しかも!料金はなんと無料です!(テレビショッピング風)・・・・(゜Д゜;;)

まあタダで出来ますが時間は少々かかります。少しずつ少しずつそういった体つきに変える方法です。

そのやり方はトイレで便座に座る時に(男の人は大の時ですね)はいているものを降ろしますが、その時に両方の内ももをそれぞれ右側は右手、左側は左手でひざの所から脚の付け根に向かってなでる。それだけです。
回数は二回くらい。できるだけ優しく、指先がかすかに皮膚に触れる程度になでます。
これを気が向いた時にやって続けていくとだんだんと腰の反りが出てくるようになります。
早く効果を得ようとやり過ぎたりしないで気長にやってみて下さい。(注意力2に書きましたがやり過ぎは良くないです)
誰もが一日に数回行くトイレでちょっと内ももをヒザから手前になでることで姿勢を良くし、ちょっとずつ腰を立たせる(反らせる)のを支える筋肉をつけていきます。

姿勢改善のために意識的に腰を立てるのを勧める人もいますが、こちらのやり方では意志の力は使わないのに自然と腰が立ってきます。

内ももは姿勢の維持に大切なところで、ここが衰えると姿勢がだらしなくなりO脚になります。
なでて内ももを刺激するだけでなぜ姿勢が良くなるのか理由は詳しくは分かりませんがとにかく効きます。(私としては微細な刺激にその秘密が隠れていると思っています)

今回は体つきを魅力的にするなんていう感じで紹介しましたが、少し真面目なことを言うと、これは本当に姿勢の改善に役立ちます。(椅子に座ると腰が曲がる人や、必ず脚を組んで座る人に向いています)あと座禅する時に腰を立てる場合にも使えます。


尚この方法は導引術の早島正男さんの本にあった「内ももをなでる行法」を参考にしています。導引術での正式なやり方は続きを

>>無努力健康法の注意点2
1 両足を開脚して座る。目を軽く閉じる。
2 男の人は左手を右手の上に重ね、重ねた手のひらで左の内ももを二、三分なでる。なでる時は、ひざのあたりから手前に引くようにする。女の人の場合、右手を左手の上に重ねて左ももをなでる。
3 手を逆に重ねなおし、今度は右の内ももを同じように二、三分なでる。
実はこの行法は回春法で紹介されている方法なので体型の変化と同時にそっちの方面にも効果があるかもしれません。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ