前回は体の歪みの「足先・頭先(あしせん・あたません)の原理」ということについて書きました。
 これは歪みが体勢によって移動するという考えで、足先は立って行動するときに、体の歪みが足から上に上がっていく現象です。頭先は、睡眠などで休んでいるとき、顔を使うコミュニケーション、頭を使う読書などをしているときに歪みが下がっていくという現象です。
 そして、このことは男女によって現れ方が違ったりすることなども説明しました。
 この原理から考えてみると、風呂で体を洗うときは、頭からだんだん下へと洗うのが一番良いのではないかと思うので、今回の記事ではこの話をしてみたいと思います。
 
 最近、体をどこから洗うかで性格がわかる、という心理テストがちょっと話題になったりしましたが、初めにどこから洗うかはけっこう人それぞれのようです。
 私は以前は、太ももから洗っていたけど、足先・頭先ということがあるんじゃないかと思ってからは、頭から洗うように変えました。
 頭先(歪みが下がる)は休むことに関わり、睡眠時に特にその働きが現れます。眠っているときは、脳を休めるために頭が固定されるので、歪みが足の方へ向かって押し出されます。睡眠の80%は脳が休んでいるノンレム睡眠だから、眠っている間のかなりの時間このことが起きていると私は考えています。

 そこで入浴ですが、夜入るときは、これから睡眠中に起きる頭先の働きと同じことを行うようにするのが、良いと言えると思います。
 頭から洗って、最初の刺激を頭に与えれば、水面に石を落したときの波紋のように、刺激は下へ下へと向かうので、それに合わせて順番に下へ洗っていけば、頭先と同じことになります。
 こうして洗えば、日中の活動で上がっていた歪みを降ろしやすくして、リラックス、眠りの質を高めるなどの効果を期待できると思います。

 また、私以外に言う人もいない歪みを降ろすという考えの他にも、頭から洗うことを勧める意見はいくつかあります。
 体を洗った後に頭を洗えば、シャンプーが洗った体についてしまい肌が荒れてしまうというものや、下から上に洗えば汚れを顔のほうに上げてしまうから衛生的ではない、という考え方があります。
 気功なんかでも、汚れた気は足から出ていく、という考えがあったりするので、足は最後に洗うということになると思います。
 また、体の緊張を緩めるためのリラクゼーション法も、たいてい頭から足へと力を抜いていくかたちで行います。

 これらもろもろを加えて考えると、やっぱり頭から洗うのがいい、となると思うのですが、いかがでしょうか?興味を持たれた方は一度お試しください。
 これまでの習慣を変えるのは初め少し違和感があるかもしれません。でも、結構すぐ慣れるものです。
 ささいなことかもしれませんが、毎日行うことの積み重ねは小さくないと思います。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ