私は、以前に「無努力呼吸法」という記事で紹介した呼吸法を、毎晩寝る前に行っています。
 これは、お腹をへこませるものと足の裏を意識して行うやり方がある簡単な呼吸法ですが、これを行って趣味の登山で息切れしなくなった等々の効果があったので、3年前ほど前から続けています。
 この「無努力呼吸法」で行うお腹をへこませる方法は、順腹式と呼ばれる吐くときにお腹をへこませる呼吸法です。
 腹式呼吸にはこの順腹式のほかに、吸うときにお腹をへこませ吐くときに膨らませる逆腹式呼吸法というやり方もあります。この方法は禅や気功、武術などで行われる方法だそうです。
 逆腹式呼吸法の特徴は、息を吸って肺が膨らみ横隔膜筋が下がったときにお腹を収縮させるので、内臓が大きく動いてマッサージされるかんじになることです。これにより、内臓の血行が良くなって新陳代謝を活発にする、腸のぜん動運動を促進して消化機能を高める、さらに副交感神経を優位にして気持ちを落ち着けるなどの効果があるとされています。

 私はそれぞれの腹式呼吸に長所があると思っているので、順腹式法を寝る前に行い、逆腹式法は朝起きたときに、次回とその次の記事で書くつもりの呼吸法とセットで行っています。
 逆腹式呼吸法は、ただ息を吸うときにお腹をへこませて、吐くときにふくらませるということを何回か繰り返せば効果があります。 しかし、なんでも楽にやりたい私は、もっと効率よくできないかと考え、自分なりに工夫したやり方で行っています。
 今回はそのやり方を書いてみますので、よかったら一度試してください。

  無努力逆腹式呼吸法のやり方

1・あお向けに寝ころび(座ってでも出来ます)、軽く息を吐いて、両手の指をおへその下あたりにあてます。

2・息を鼻からゆっくり音をさせずに吸います。指を軽く押しながら、お腹を出来るところまで力を入れずにへこませます。

3・押さえていた指を離し、口から音をさせずにゆっくり吐きます。このとき、お腹をふくらませることは自然にできるので、意識しないでも大丈夫です。

4.再び1、2を行い、今度は口からではなく鼻から音をさせずに吐きます。この口と鼻から音をさせずに吐くのを一回ずつ行います。

 これは口・鼻と2回やっても2分とかからない楽な方法なので、毎日続けやすいと思います。そして、継続していけば少しずつ深く吸って吐くことが出来るようになります。
 やり方はとても簡単なのですが、行ってみると私たちが今まで行ってきた呼吸と違うことに気付かれると思います。たぶん呼吸筋も普段とは異なる動きをしているはずです。
 そして、普通の呼吸だけでなく、逆腹式呼吸法のやり方も知っていることには意味があると私は考えています。
 武術の世界では逆腹式呼吸が重要というのを聞いたことがありますが、逆腹式法を続けて体がそのやり方を覚えると、一般の人でも体を動かすとき必要に応じて逆腹式の呼吸ができるようになります。このことは体をスムーズに動かすのにとても役立つと思います。
 順腹式の呼吸法を行っても呼吸は深くなりますが、逆腹式法も呼吸を深くするほかにこのような順式にはないさまざまな効果があるのでお勧めです。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ