今回は一日一回行うだけで、深い呼吸ができるようになる簡単な呼吸法を紹介したいと思います。
 深い呼吸ができるようになるためには、歌を歌うなどの声を出すことや、有酸素運動が効果的ですが、呼吸法を行うこともとても良い方法です。
 今回紹介する呼吸法はとても簡単で効果も高いものなので、覚えてもらえば一生続けられる健康法になると思います.

 呼吸法を行うための基本はまず息を吐き切ることです。肺の中にある空気を出せば出すほどたくさんの空気が吸えるようになります。
 呼吸法を行ってたくさん息を吐けるようになれば、それに伴い日常の呼吸も深くなっていきます。
 今回紹介する方法は、整体の本に出ていたやり方に私が少しアレンジを加えたものです。本当にたくさん息を吐けるので、一日一回行うだけで十分だと思います。とても効果的な方法なので一度お試しください。
 


  〈息を吐ききる方法〉のやり方

 まず両手の指先をお腹にあて、「ハー」と口から息を吐きます。ある程度吐いたら上体を傾けていき、指先で軽くお腹を押してへこませて吐きます。
 この状態で吐ききったら、そこから「ハッ、ハッ、ハッー」とさらに口から吐きます。
 それから、仕上げに「フー」という吐き方で吐きます。

 こうやって吐いてから息を吸うと、自然とたくさん吸えるのを実感できるはずです。
 注意点は、空腹時に行うこと、力まないで吐くこと、そして終わったときに「ハアハア」と息が切れるほど限界まで吐かないことです。あまり頑張って行うと毎日続けられないので、80%くらいの感じで行うといいと思います。
  一度でたくさん吐けるので一日一回行うだけでじゅうぶんです。あまり一度に何回も行うと逆効果になるかもしれないのでご注意ください。私はこれをやり始めた当初、何度も行いすぎて気分が悪くなりました。
 またこうやってかなり吐いたようでも、肺にはまだ吐ける空気が残っています。
 しかし、この吐ききる方法を毎日続けていくと肺の中に残っている空気も少しずつ吐けるようになり、より深い呼吸ができるようになります。
 しかし、こんなことを言っている私も、実はこの方法を始めて3カ月ほどしかたってません。だから、まだ吐いても肺の中に空気が相当残っている状態だと思います。でも、3カ月でも呼吸が深くなっている実感はあるので、あせらず続けるのが大事と毎日行っています。


 「息」と「生きる」という言葉は語源が同じといわれています。
 「息が絶える」「息を吹き返す」という言葉の使い方もあるように、呼吸は生命と密接につながっていますし、実際、生物は呼吸しなければ生きていけません。
 私たちはこの呼吸の大切さを知っているはずですが、呼吸というものはふだん意識しなくても行われるものなので、呼吸について深く考えることはあまり多くないでしょう。
 そして、現代人は運動不足や口呼吸、ストレス、加齢などによって呼吸が気づかないうちに浅くなりがちです。この浅い呼吸が、体のさまざまな不調につながっていく原因になるとも言われています。
 しかし、このことは逆に浅い呼吸を改善すれば、さまざまな不調の改善効果を期待できるということかもしれません。
 深い呼吸を行うと副交感神経が優位になって心と体をリラックスさせ、ホルモンのバランスが整う、免疫力が高まるなどの効果があります。
 そして、深い呼吸で酸素を体中の細胞にたくさん取り込み、細胞から出る老廃物の炭酸ガスを十分に排出することで、エネルギーがたくさん作られたり、血行が良くなるなどして体が活性化していきます。
 さらに、体の中で酸素を一番消費するところは脳ですが、深い呼吸でより多くの酸素が脳に送られると脳の働きも高まるといわれています。


 この吐ききる呼吸法を行っていくと肺の機能も高まり、酸素をたくさん取り込める深い呼吸になっていきます。
 そして、呼吸が深くなるにつれて、動いても息切れしなくなる、疲れにくく活動的になるなどのさまざまな変化を感じられると思います。効果を実感してもらえれば、毎日行うのが楽しみになり無理なく続けられるはずです。
 そして、肺にはまだまだ吐ききられずに残っている空気があるので、これが少しずつ吐けるようになれば、全身の機能をいろいろな面でより向上させる助けになると考えられます。
 本当に簡単な方法なのでぜひ一度お試しください。


呼吸を深くする方法 特別篇



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ