今回は体の冷えで悩んでいる人のために無努力健康法でおススメする冷え対策を紹介します。
私がこの方法を始めたのは今年の夏なので、家の中でも手袋をしていたい感じ、そしてしもやけで指がパンパンになる私の手の冷えが冬になってどうなるのか、まだはっきり分かりませんが、夏場でもやった後の体の感じと、この方法は世間でもよく紹介されている方法を簡単にできるようにしたものなので効果はあると思います。
そして冷え対策と共に他の副産物的な効果もあるのでぜひ試してみて下さい。

一般に冷え対策としてよく勧められるのは半身浴だと思います。
私も何度か試しましたが、湯船につかっている時間が2、30分以上というのが長く感じるのと、私の手の冷えは上半身の問題が大きいのを意味していて、したがって半身浴だと上半身が寒くなって自分には合う感じがしませんでした。上半身が寒い人は肩にタオルをのせるとか、Tシャツを着てやればいいとか言われてますが面倒に思えるし、そして結局一番合わないと感じたのは、半身浴好きの人がよく言う、時間がたつと汗がどっと流れて体が芯からポカポカするというような状態にならないからでした。
中途半端にやれば体は冷えるし、自分はやっぱりぬるくない湯で肩までつかるのが好きだなー、なんて思っていました。
たぶん半身浴に向く人は足の冷えがある人逹で(骨盤の歪みが一因)私のような手が冷えるという人(これは肩甲骨あたりの背骨の歪みが大きい)、あまり長い時間風呂に入っているのが好きでない人には良い方法ではないと思います。

そして今年の五月頃、西式健康法の裸療法という、服を脱いだり着たりして皮膚呼吸を盛んにして寒さにも強くなるという方法に興味を覚えて試してみたところ、体がポカポカするのを感じて、やっぱり西式はすごいと思っていたのですが、裸療法もやるのに十分以上かかるし時間を計りながらやらなければならないのが面倒になり、裸療法に似た温冷浴という方法を風呂に入りながら出来ればついででいいなと、自分なりにアレンジしてみました。
温冷浴は始めに水風呂に入ってから熱い湯に入るというのを交互に五回ほど繰り返すというやり方です。
これは天才西勝造先生の厳密な理論に基づいた素晴らしいやり方で体に良く病気も治すのでしょうが、どうしても毎日やるのに相当な根性が必要に思えて、私はほんとに縮小版の温冷浴というかんじのものをやるようにしました。(正式のものを試したい方はネットで簡単に見つけられます)
これだとやるのに気合いは必要なく毎日続けられます。

やり方はまずぬるくないちょうどいい湯加減か、ちょっとそれより熱めくらいのお湯につかります。温まったら出て体を洗いますね。そしてもう一度湯船に入る時にシャワーで水をかけます。
ここで問題なのは水のシャワーをどの程度かけるかです。夏ならば全身にかけても気持ち良くていいですが(それでも結構ひやっとします)今の時期から冬にかけてはちょっとハードルが高いと思います。
ですので無努力健康法ではまず初めに手と足の部分だけ(手首と足首まで)水をかけるのをお勧めします。それから湯船に入ります。これだと体にほとんどストレスがかからなくやれます。(でも年配の方や心臓に不安のある人は十分に気をつけて下さい)
たったこれだけのことでお風呂から出た後には水をかけた所がポカポカすると思います。

スミマセン、少し長くなってしまったので続きは次回にします。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ