今回は、体の冷えで悩んでいる人のための対策を紹介します。
 私は足の冷えはそれほどではないですが、手がとにかく冷えます。冬に家の中でも手袋をしていたいと感じ、しもやけで指がパンパンになります。
 この方法を始めたのは今年の夏なので、この方法の効果はまだはっきり分かりません。でも、夏場でもやった後の体の感じからするとかなり効果がありそうです。
 また冷え対策のほかに副産物的な効果もあるのでぜひ試してみて欲しい方法です。



 やり方は簡単で、風呂(湯船)に入るとき、出るときに水のシャワーを手足にかけるだけです。
 私は初めに湯につかり、それから出て体を洗い、もう一度湯船につかります。でも、湯が汚れないように、まず洗ってから湯船に入る人も多いみたいですね。まあ、どちらにしても、湯に入る前と、湯から出た後に水でシャワーをかけるようにします。(最後は水をかけて出るということになります)
 風呂の湯加減は半身浴をするようなぬるめのお湯でなく、ちょうどいい湯加減かそれより熱めくらいがいいです。
 入るときはけっこう冷たく感じるので、顔や手先に水をかけるだけでいいと思います。お湯に入って温まったら手足にも水をかけていきます。
 まずは手首から先と足首から先にかけるのをお勧めします。(年配の方や心臓に不安のある人は十分に気をつけて下さい)
 水をかけるのに慣れたら、ひじとひざまで、さらに肩と脚のつけ根までという風に、様子をみながら範囲を拡げていきます。もちろん自信のある人は全身に水をかけてみてください。
 少しずつ体をならしていくので、あまりツラく感じないで続けられます。
 水をかける順番は右足が先で次が左足、それから右手左手という順番が、少しでも心臓に負担をかけない意味でいいと思います。

 手足にはたくさんの毛細血管が集まっているので、水をかけまた温めることで毛細血管が活性化します。そして身体の末端である手足の血行が良くなれば、必然的に全身の血行も良くなるしくみです。
 こうやって毛細血管を鍛えるとだんだん冷えが解消すると思います。
 この方法はサウナや温泉の水風呂に入るのと同じことですが、手軽に毎日できるので、冷えの解消にはこちらをコツコツやる方が向いているはずです。
 たったこれだけのことですが、お風呂から出た後に水をかけた所がポカポカして、効果を実感できると思います。



 冷え対策としてよく勧められるのは半身浴でしょう。
 私も何度か試したことがありますが、湯船につかっているのが2~30分以上というのが長く感じるのと、私は上半身の冷えが強いので、半身浴だと上半身が寒くて自分には合う感じがしませんでした。
 そして、半身浴をやって時間がたつと汗がどっと流れ、体が芯からポカポカする、という話を聞きますが私はそういったことはなかったので半身浴はあきらめました。
 私にはこの方法のほうがあっているようです。



 熱い湯と水風呂に交互に入るのは、一般に温冷浴と呼ばれます。この温冷浴は疲労回復に効果的だそうです。
 今回紹介した方法は、手足で行うので部分的な温冷浴ですが、部分的な温冷浴というと金冷法が有名です。また飛行機の操縦士が目の温冷浴をする話を読んだ事もあります。
 したがって温冷浴の効果はいろいろあって、冷えの解消だけにとどまらないと考えています。
 例えば、頭髪の悩みのある場合、頭部への温冷浴は血行を良くするでしょうし、お腹の冷えなどのトラブルだったら腹部に水をかける、また内臓の問題(心臓は除く)ならその箇所に水をかける、といったことを行うのは、その不調の改善に役立つと考えられます。
 皮膚への効果も大きく、私がこの4ヶ月ほど全身にシャワーするのを続けたところ肌がかなりキレイになりましたので、肌のトラブルにもいろいろ応用できるはずです。
 肌は老化が最初に表れる場所ですから、肌の状態を良くしておくのは健康にも若さを保つためにも大切です。



 最後は冷えと直接関係なさそうな効果も書きましたが、血行を良くして体の問題を解消する、という意味でつながっていると思います。
 冷えは万病の元と言います。体が冷えるとやる気もなくなり、心まで寒くなりますよね。
 私もこれで冷え性の改善にとりんでいる途中ですが、興味を持たれた方はこの方法お試し下さい。








コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ