(前回からの続き)

 前回は、強迫性障害の症状を軽減するために、強迫行為を否定せずに気のすむまでやってみることについて書きました。
 今回の記事では、症状克服に役立つもう一つの考え方について書いてみたいと思います。

 強迫性障害の治療法としては、薬物療法以外だと認知行動療法が行われると思います。
 この療法で主に行われるのは曝露反応妨害です。これは苦痛に思えることをあえてしてみて、それを気にかけずやり過ごし慣れていくというものです。この曝露反応妨害は、実際に効果があるみたいなので、強迫性障害の治療としては最適なものだと思います。
 一方、症状がそれほど重くなかったり、曝露法で改善しないときは、前回書いたように、強迫行為を気のすむまでやってみることが良い場合もあるかもしれません。

 曝露法は症状をどちらかというと否定する方法、気のすむまで行うのは症状を肯定する方法ですが、これらの方法を行う前に知っておいてもらえれば、より症状改善に役立つと私が思う考え方があります。それは、

「自分を否定も肯定もしないであるがままに見る」

ということです。
 ふつうは誰でも症状に対して「これはダメだ」と否定したり、「これでいい」と肯定したりしますが、それは結局症状にとらわれていることになると思います。しかし、否定も肯定もなくあるがままに自分自身を見られれば、症状にとらわれることが少なくなっていきます。
 強迫性障害では、「汚れがある・火事になったら困る」といった強迫観念がまず起き、それを打ち消すために「手を洗う・ガス栓を確認する」などの強迫行為を繰り返すようになります。
 強迫観念は、はたから見れば不合理な考えで、本人もそれがおかしなものだと分かっていますが、どうしても気になり逃れることができません。
 強迫観念・行為が繰り返されるようになると、それを止めようとしてもうまくいかず、そのことによって葛藤やネガティブな考えが生まれてしまいます。
 しかし、「なぜこんな事をするのだろう」「またダメだ」といった考えは心を不安定にして、症状をさらに悪化させます。
 そこで、「汚れがある・火事になったら」などの強迫観念が起きたとき、そのことにとらわれている自分を感情や考えをまじえず、ありのままに見てみてみるようにします。頭の中が強迫観念でいっぱいの自分であることを知り、それを肯定も否定もしないで見つめると心が静かになり、不安が大きくなることは少なくなります。
 自分をそれ以上のもの「こんな自分であってはいけない」でも、それ以下のもの「こんな自分ではダメだ」とも思わずにいれば、そこに残るのは「強迫観念を抱えて、それに悩んでいる自分がいる」という事実だけです。そのとき事実をただ見つめて逃げなければ、葛藤が生まれることはなくなります。

 これは問題に対して受け身で何もしないことに聞こえるかもしれません。
 しかし、葛藤・不安なく自分自身を見つめていると、私たちがふだん気づかない、心の奥にある知恵のようなものが働き出します。この働きによって強迫観念は、心に根づくことなく消えていきます。そのことが、強迫観念・行為のことでいっぱいだった心に変化をもたらします。そして、これを続けていくと、強迫観念にとらわれることが少なくなっている自分に気づくと思います。

 このことさえ行えば、すべて良くなるとはもちろん言えません。
 自分を見つめるようにしても、今までと同じく強迫行為をくり返し、ネガティブな感情を持ってしまうことはあると思います。したがって、曝露療法などの治療を、これまで通り地道に行うことは必要でしょう。
 しかし、この自分自身をありのままに知ることは、症状改善に役立つ意味のあることですから、強迫行為をやり過ごす、または行うにしても、まず自分を見つめてみてからにするのがいいと私は思います。


 自らの心をそのままに見ることは、強迫性障害に悩む人だけでなく、あらゆる人にとっても大切なことです。
 人は他人を嫉妬したり、自信が持てない、人を憎むなどさまざまな気持ちを持つと思います。
 それは自分の中のネガティブな見たくない部分なので、私たちはそれらの感情・考えを黙って見つめることはありません。その代り自らの感情を否定・改善・無視しようとしたり、開き直って肯定・強調したりします。
 しかし、これらの行いは今回の記事で述べてきたように、自らの感情・考えに対するとらわれになります。
 嫉妬している、自信が持てないなどの自分に対して「ダメだ」とか、「正しい」とか考えると、今度は「ダメだから何とかしなければ。でもどうすればいいか分からない」「正しいはずだが苦しい」などそれについての別の考えが浮かんできます。そうすると心が際限なく葛藤・悩みを生みだし、問題を心に根づかせてしまうようになります。
 これは誰の心にも起きていることだと思います。
 心が陥るこの負の連鎖を避けるためには、自分のそのままの姿を知ることが必要です。
 「私は自信がない・嫉妬している」などといった事実を肯定も否定もせずに見て、そういう自分であるということを知るようにしてみてください。そこには「自信がない(嫉妬している)自分がいる」という事実があるだけで、問題がそこで終わっていることに気づくはずです。というのは、問題は事実を否定・肯定することによって生まれる、際限ない葛藤・考えによってもたらされていたからです。
 自信がないから落ちこんだり、逆に自信をつけようとあれこれせずに、「自分は自信がない」ということを知って事実を受け入れてしまえば、悩むことはなくなります。
 そうすると私たちの心は正しく働き、ネガティブなものは整理されてその力を失うでしょう。そして、それが自信がある・ないといったことを超えた心の安定をもたらします。
 心が正しく働くというのは、私たちの心の奥にある知恵、自然治癒力のようなものが働くということです。これは私たちのふだんの意識を超えたもので、自分について考え・悩むことがなくなったときに働くものです。言葉で説明するのは難しいですが、実際に自分を見つめてみて、このことが起きるのを体験してもらえたらと思います。

 最後のところは強迫性障害から離れてしまった感じもしますが、問題の本質的なところではつながっていると思うのでご容赦ください。
 今回の記事で何度も書いた、「自分をありのままに見る」ということは、私が多くのことを学んだインドの哲人クリシュナムルティの考えから来ています。
 今の世の中では、問題に対して何かをするという考え方があふれていますが、この「何もしないでただ見つめる」ことの大切さは知られていないと思います。
 心をありのままに見つめ、自分の心のあらゆる動き、隠れた欲求、気持ちを知って「自分」という枠を壊していくことは、クリシュナムルティの教えの主要なテーマです。
 今回はそれが、強迫性障害克服のための参考となると考えたので、私なりに要約して記事にしてみました。話がややこしかったかもしれませんが、このことが少しでも症状改善のお役に立てばと思っています。
 

コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ