皆さんはレモンが好きですか?レモンといってもふつうは、揚げ物についてくるものを絞る程度にしか使わないので、たいていの人は好き嫌いを考えることはないかもしれません。
 しかし、レモンの酸味が苦手な人はいるかもしれないですが、あのさわやかな香りが嫌いという人は少ないと思います。
 レモンの香り成分は皮に多く含まれているそうです。ですから、最近流行っている塩レモンや、レモンを使う料理では皮まで使うレシピが多くなっています。
 ネットで調べると、肉・魚料理に使ったり、レモンちらし寿司からレモン鍋、レモンピクルス、デザート、ケーキ、ドリンクと本当にたくさんのレシピがでています。(料理で皮ごと使う場合は国産レモンを使いましょう。輸入レモンには発がん性のある、イマリザル・TBC・TBZなどの防カビ剤が使われているのでお気をつけください)
 今回ネットで見た中に、レモンパスタ(ゆでたパスタにすりおろしたレモンとレモン果汁、塩コショー、バターまたはオリーブ油を加えたもの)とレモンフレンチトーストというのがあって、とてもおいしそうだったので作ってみたいなと思いました。

 私も国産レモンが手に入りやすい時期になると、その香りを楽しむべく料理に使います。
 手の込んだレシピで作ったレモン料理もおいしいと思いますが、面倒くさがりなので、もっと単純な使い方・皮を細かくみじん切りにしていつも作る料理に加える、ということをしています。
 いろんな料理にレモンを刻み入れますが、思いつく限り挙げてみると、カレー・クリームシチュー・パスタ・ピザ・焼きそば・チャーハン・オムレツ・サラダ・ポテトサラダなど。また和食系なら、納豆・もずく酢などに加えますが、特にお勧めなのが、かき揚げの材料に入れて一緒に揚げたものです。(これはみじん切りでなく、細切りにしたものを使います)
 こってりしたものからさっぱりしたもの、トマト味からチーズ、クリーム、ケッチャップ、マヨネーズ、しょうゆなどいろんな味にこのレモンを刻んだものは加えられます。
 皮のみじん切りを入れると、レモンの香りのアクセントが強くなりますが、その味がクセになって料理のたびにせっせと刻んでいます。みじん切りが苦手という人でも皮の香りが好きになれば、すすんで切りたくなると思います。
 香りづけのために皮をすりおろして料理に加える、というやり方もあるけど、細かく刻んだ方が断然レモンの風味を楽しめると思います。
 私が皮ばかり使うので、家の冷蔵庫には皮をむいて白くなったレモンが入っていることが多くなっています。果肉のほうは、傷んで捨ててしまうのはもったいないから使うという感じなので、完全に皮が主役です。


 レモンの香りがこれほど好きになるのはどうしてなのか不思議です。皮に含まれる成分に、何か秘密の健康効果があるのではないか、とも思ってしまいます。
 果肉部分は、肌に良いビタミンCと疲労回復をもたらすクエン酸が豊富なのは知られています。
 一方、皮のほうにはポリフェノールが含まれ、コレステロールを抑制して動脈硬化を防いだり、抗酸化作用があったりするそうです。レモンの抗酸化作用は、先ほど皮だけ切ったレモンが冷蔵庫に入っていると言いましたが、包丁で皮をむいたその切り口が、そのままにしておいてもなかなか痛まないことからよくわかる気がします。

 料理好きな人、手間を惜しまないという人は、塩レモンやその他のレシピで丸ごと使うとよりレモンを楽しめると思います。
 でも、いつもの料理に皮を刻んで入れるだけ、というこの方法でもレモンの香りを十分に味わえます。とにかくこれにハマっている私は、料理をするとき、何かレモンの皮を入れられるものはないか、といつも考えてしまいます。
 レモンのみじん切りを加えるだけで今までにない味を楽しめると思うので、料理のバリエーションを増やすという意味でも一度お試しください。
 
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ