現代生活は目を酷使することに満ちています。
 テレビ・パソコン・スマホを見ることはもちろん、読書のしすぎや夜更かし、ストレス、過労は目に悪いでしょうし、遠くを見ることの少ない生活なども目に良いものではないそうです。
 しかし、仕事でパソコンを使わなければならない人は多いはずですし、ネットやテレビ・活字などに依存して、それなしではいられない私を含めた現代人は、どうしても目の使いすぎになってしまうと思います。
 目の疲れは、本当はそれらの時間を減らせば簡単に改善するものなのかもしれません。
 私の祖母は今年91才ですが、毎日、老眼鏡なしで編み物をしています。また、近視でもありません。目に良いことを特別しているわけでもない祖母が、なぜそんなにスーパーな目を持っているかと考えれば、やはりパソコンや本を見ない生活を送ってきたということが大きいのだと思います。
 とはいっても、現代はそういった生活に戻ることは難しいですから、疲れ目はなんとか対処しなくてはなりません。

 目が疲れたときの対策は一般的に、
 ・目のまわりのツボを押す・マッサージをする
 ・目の体操をする
 ・遠くを見たり、目をつむったりして目を休ませる
 ・首・肩のコリをとる
 ・目を温める(充血しているときは冷やす)
 ・目の温冷浴
 ・目薬をさす(目薬は成分に注意が必要です)、などがあると思います。

 私も疲れ目のときはこれらのことを行いますが、それでもスッキリしない場合があります。
 そんなとき、私が最終手段として行っているのが「クリップ流し」と呼んでいる方法です。
 目のまわりは老廃物がたまりやすいところで、老廃物がたまると目も疲れやすくなります。この方法は、両端がU字型をした紙をはさむクリップを使って、目のまわりの老廃物を流すというものです。 
 すべての人に効果があるかは分かりませんが、効果を感じられる人にはとても使える方法になるはずです。目が疲れて仕方ないときに一度試してみて下さい。

 やり方は簡単で、目のまわりの骨に沿って、目頭のところから目尻のほうへとクリップのU字のところをあて、やさしくなでていくだけです。
 顔の中心から外に向けて流すようにしていきます。眉の上なんかもやってみてください。
 クリップのあの材質と形状が、目のまわりで使うのにとても適していて、気持ちいいです。(頭を上から下へと流すのもお勧めです)
 クリップを骨にあてて動かすと、グリグリしたかんじのものがあるのを感じると思いますが、それが老廃物です。この老廃物はリンパがつまって出来たものだと思います。
 リンパのつまりは、リンパの流れ(顔の場合は中心から外へ)に沿って手指で流してもいいのですが、クリップを使うと細かく堅いつまりまでとても良く流せます。このつまりを流すだけで、目がたちまちスッキリするのが感じられるでしょう。
 行うときに注意する点としては、目のまわりの皮膚は薄くデリケートなので、力を入れすぎないようにすることです。あまり毎日やると効果がなくなるので、たまに(2~3日に一度)行うくらいにするのが良いと思います。

 また、この「クリップ流し」ともう一つ、私が疲れ目対策の奥の手として行っているのが、以前紹介した「つまようじ刺激」です。これもけっこう効果的なので、疲れ目に悩む人には、やり方に注意しながら試してもらいたい方法です。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ