納豆は日本が誇る優秀な健康食品です。
 納豆は良質のたんぱく質であり、血栓を溶かす働きがある、腸内細菌にいい影響を与える、消化を助ける、などたくさんの良さがあり、なおかつ美味しいので私も毎日食べてます。しかし、いつも刻みネギに醤油だと飽きる事もあるので様々な工夫をします。
 今日は私が食べておいしかった納豆の食べ方についていろいろ書いてみたいと思います。

 まず初めに納豆には付属のタレを入れる人、タレを使わず醤油を入れる人といると思います。
 私はたいてい醤油です。でもタレもうまみがあっておいしいですよね。
 あと塩も結構いけます。うま味の強い海塩でもいいですし、粒つぶの岩塩を入れても食感がゴリゴリして私は好きです。

 ねぎの代わりにみじん切りした玉ねぎを入れるのもいいです。スライスした玉ねぎでも良いですが、みじん切りのシャキシャキした歯ごたえがたまりません。
 玉ねぎは切った後、水にさらさず20分くらい何もしないで置いておくと辛みが抜けるので、それを入れるのがいいと思います。これだと血液サラサラ効果も上がります。
 最近は生の野菜の酵素が体にいいというのを知ったので、オクラやゴーヤ、ピーマンなどをみじん切りにしてゴマと一緒にまぜて食べるのもよくやります。

 からしは納豆にはつきものですが、辛みのアクセントとしてはわさびやラー油、ゆずコショウなんかもおいしいです。わさびだけでもいいけど、アボカドを入れたアボカドわさび醤油は最高です。
 刻んだキムチと一緒に食べるのもそれぞれの味がケンカせずに調和します。
 七味唐辛子はマヨネーズと醤油少々と一緒にするのもいいですよ。さらにこれのアレンジバージョンで、切り干し大根の煮たのがあったらそれと一緒にまぜたのもおいしいです。

 油を入れても変化がつきます。
 ごま油を少したらして海苔で巻いて食べるのは相当いけます。これはさらに玉ねぎのスライスと一緒だとウマいです。
 オリーブ油もおいしいです。オリーブ油の場合、トマトとプロセスチーズを小さく切ったものとまぜると、それぞれの持つうまみがあわさって特別な一品です。

 こんな風にいろいろ書いていますが、わたし子どもの頃、納豆が本当に大嫌いで、たまに給食に出る時には泣きたい思いでした。
 理不尽な事に食べないと怒られるので、小学生の哀れな私は納豆の容器いっぱいになみなみと醤油を注いでなんとか食べていました。(こんな食べ方だと、納豆がひんぱんに出ていたら高血圧になっていたかも)
 それでも二十歳の頃になるとなんとなく食べらるようになり、今は長々と食べ方を書くのだから好みは変わるものです。ちなみに苦手を克服する時にはツナをまぜて食べていました。(現在は菜食なのでやりませんがこれもいけます)

 一風変わった食べ方としては、最近発見したカレー粉を入れるというのもあります。これも結構オススメです。
 それからソースを入れて青のりを加えると、お好み焼き的なかんじで食べられます。
 刻んだユズの皮を入れたもの、レモン(必ず国産)の皮をすって入れた納豆もさわやかな香りで好きです。

 むかし私は納豆と酢は相性が良くないと思っていましたが、納豆をかきまぜずに酢をかけて食べるとおいしく食べられます。これには塩、ハーブソルトなんかをかけるとさっぱりしたかんじです。
 ポン酢やバルサミコ酢などもおいしいです。さらにもずく酢と一緒でも。

 最後にごはんにかけない食べ方を。
ひとつめは味噌汁に入れる食べ方。これはなんとも言えない心まであたたまるかんじの一品になります。
 そして焼かない食パンの上にのせて食べるのもおいしいです。

 以上、まだこの他にもいくつか食べ方はありますがこれくらいにしておきます。たくさん詰め込んで書いたなー、とあきれますが最後まで読んでくれた方、有難うございます。
 気になった食べ方があったらトライしてみて下さい。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ