6月14日の「上を向けて歩こう」の記事で、男性機能を高めるためには
 ・睾丸の温度を上げないように、さおを上向きにキー
  プして陰嚢に触れないようにする
 ・そうするためには、トランクスやボクサータイプの
  パンツはやめてブリーフやビキニ、またはキングス
  タイル・シューバンなどの機能性下着のビキニタイ
  プが良い、ということを書きました。

 その記事を書くにあたりネットでそういったことについて調べていたとき、「ふんどしが良い」という 話があってとても気になりました。
 ふんどしは上記の条件を満たした上に、さらにパンツのゴムの締めつけもないので、その良さはもしかすると一番理想的かもしれないと思えました。
 私は今まではいたことがありませんが、もし本当にビキニなどの下着よりはき心地が良かったら、前の記事を訂正しなければいけないと、急いで越中ふんどしを取り寄せてみました。

 装着してみてまず感じたのは、ゴムの締めつけのない快適さでした。血液の流れが良くなって、スーっと楽になった気がします。
 しかし、はいていると予想していた通り、大きい方のトイレが面倒です。
 そして、モノの大きさと体つきの問題があるかもしれませんが、上向きのキープが難しかったです。たいして動かなくても下がってしまうかんじです。
 私はここ何年も上向きで過ごしていますので、下向きになるとどうしても違和感が大きく、試しばきは早々に終了してしまいました。
 (布にひものようなものがついて、さおをそこに入れておけば、上向きでいられるという細工のある製品があればいいかもしれませんが)

 でも、日中はくのは合わなかったけど、もしかすると寝ている時に、はけばいいかもと思い、そちらを試してみることにしました。
 というのは、私はノーパンでいつも寝ていますが、ノーパンだと袋とさお・太モモがくっついてしまって睾丸の温度が上がるから、寝ている間も何かはいていた方が良いという説があり、それが気になっていたからです。
 それで夜のふんどしも試しました。しかし、ノーパンでいつも寝ていた身からすると、なんとなく布がかさばって寝にくかったので、すぐ脱いでしまいました。
 結局、ビキニやキングスタイルを好む私の感想としては、ふんどしは良いものとは思えず、却下ということになりました。(素材が良かったので体を洗うタオルに今は使っています)
 ただ、ゴムの締めつけがないことの良さは感じられたので、次にキングスタイルを買うときはワンサイズ大きいLLを試してみようと思いました。


 amazonでふんどしを探すと、女性用のものが多くでてきます。女性の場合は上向きは関係ないので、はいていると楽なふんどしはかなり良いのかもしれません。
 また、女性は下腹部を温めた方が女性ホルモンの分泌が良くなったりするので、男性のボクサートランクスみたいなものをはくのもお勧めだそうです。


 男は精子を作る機能やテストステロンの分泌を高めるために、睾丸の温度を低く保つ必要があります。
 そのため、あまり入浴やサウナで、体を温めすぎるのも良くないと言われます。
 私は毎日寝る前に風呂に入りますが、寝るときに熱を持った睾丸を冷ますため、パジャマのズボンの前開きから袋を引っぱりだしています。こうやっておくとすぐに温度が下がるので、熱によるダメージを少しは避けられるのではと思っています。(小便のときも温度を下げるために、玉を出すようにしています)
 また、冬の夜に手が冷えて仕方がないときには、睾丸を握ると、手は温まり玉は冷えるので一石二鳥です。女の人も手が冷たかったら、旦那や恋人の玉を握れば、男の元気も増してお互いの仲も良くなるなんてこともあるでしょう。(旦那のあっちが元気になるなんて嫌という方もいるかもしれませんが・・・)


 男性のための機能性下着・キングスタイルとシューバンは、それぞれ台湾と韓国のメーカーが作っています。
 それらの国では、東洋医学の伝統が残っているからなのか、こういったことに関して日本より真剣に考えているように思えます。
 AV男優の加藤鷹はセックスの教則DVDをだしていますが、そのDVDが人気の台湾では鷹さんが、日本みたいな下ネタ的なふざけた調子ではなく、セックスの先生として真面目に扱われる、というのを彼の書いた本で読んだことがあります。
 韓国では徴兵で軍隊に入ると、その方がやはり力がでるからなのか、ブリーフが支給されということです。そのためか分かりませんが、韓国の男性はボクサーパンツではなく、ブリーフ派の人が多いそうです。
 以前の韓流ブームの頃、韓国の男性タレントの男っぽさが話題になりましたが、その男らしさを作りだしていたのは、上向きをキープして、睾丸につながる血管をそけい部で温めないブリーフにあったのかもしれません。


 男はパンツをはかなければ、さおがダランと垂れさがるのだから上向きにしておくのは不自然に思えるかもしれません。しかし、動物は上向きの形をしているので、人間も上向きにしておくのが正しいそうです。
 例えば、オス犬のものを見ると、前を向く形をしています。
 あの形が動物本来のもので、もし四つ足の犬が後ろの二本足で立ったとすると、上向きになります。四つ足の動物から人間は二本足で立つようになりましたが、人体にもその長い期間の体の構造が残っているので、上向きにしておくのが良いということです。
 私たちが上向きにして感じる爽快さは、本能で生きていた動物の頃の感覚から来ているのかもしれません。 




コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ