体をいろいろと指で押してみると、とても痛むところがあるのに気づくと思います。これは筋肉のコリがある場所です。
 コリは姿勢や生活習慣、体や心の状態、身体的・心理的外傷などによって作られます。ふだんの生活ではあまり痛むことがないので、これらのコリを意識することはありません。しかし、この気づかないコリは、私たちの心身の状態を低下させる原因となります。
 人は痛いことが嫌いなので、こういったコリに気づいたとしてもなるべく触らないようにするはずです。それでも、コリはもんだり押したりしていくうちに痛くなくなるものです。
 こうやってコリを解消することは、とても手軽な健康法になります。


 前回の「ふくらはぎもみ」の記事で、ふくらはぎを押すときは両方の親指を重ねるのがいい、ということを書きました。
 私は今まで、自分の体のコリを押すときは片手でやっていました。しかし、ふくらはぎもみのやり方の動画をたまたま見て、親指を重ねると力強く押せて、押す場所もピンポイントで確実に押せるということを知りました。(親指同士でなく他の指でも両手指を重ねて押すと、思ったところを力強く押すことができます)
 そして、この両手の指を使う押し方で、ふくらはぎのほかにもいろいろ押してみると、今まで片手で押しても痛みを感じなかった所にまだコリがあることに気づきました。
 そうやって体中を押してみると、特に痛むコリがあったのは肩とお尻です。(ふつうは足裏を強く押せば痛むはずですが、私は昔から足ツボ押しは痛いと感じたことがないので、このやり方でも効きませんでした)
 肩は筋肉ではなく、肩甲骨の凹凸に沿ってすごく痛むところがあります。
 お尻は、私の場合、立って骨盤の上あたりを押すと痛みます。
 お尻には大きい筋肉があり、また骨盤は太ももなどの多くの筋肉がつながっている場所でもあるので、あちこち押してみると誰でも痛むところが見つかるはずです。
 お尻のコリは大きくなるといわれ、そのコリを解消するために、ゴルフボールを床に置いて、その上に座ることが勧められたりするほどです。
 お尻のコリを解消すると筋肉がほぐれ、お尻の形を良くする効果があると思います。 
 よく日本人のお尻は貧弱と言われますが、それはお尻の筋肉を硬くしてコリを作ってしまっているので、発達しないということがあるのではないでしょうか。このお尻の筋肉を硬くしてしまう原因には、性的なことへの抑圧があると思います。
 お尻は人の生命力を表すと言われるところです。
 若い女性には、大きいお尻を嫌う小尻願望があったりするようですが、お尻を小さくしようとする努力は、自らの活力を低下させることにもつながるので気をつけた方がいいと思います。 
 お尻の小さい人も大きすぎる人も痛むコリを見つけ、それを解消していくことで形を良くしていくことをお勧めします。


 お尻のコリを押したことがある人は少ないでしょう。そして、お尻に限らず他の場所でも隠れたコリを押すと、この世のモノとは思えないほどの痛みを感じることがあるはずです。
 あまりに痛いとコリ押しを続けるのが嫌になります。それでも我慢して続けると、つらい記憶が脳に残って別の問題をもたらすかもしれません。しかし、押さないとコリは解消されないままです。
 そこでここから、そんな激痛のコリをほぐすために私が行っていた方法を紹介したいと思います。

 初めに、激痛のコリを押したとき、その痛みから逃れるように体をよじらせます。この体をよじらせるのは、痛みを感じたときに誰でも行う反応だと思います。
 そして、これを行うとき、
 ・眉間にシワを寄せたり、歯を食いしばったりして顔
  に力を入れない
 ・手を握りしめない、ように注意します。
 これらは何かに耐えようとする時に行いますが、こうすると心身に苦痛の感覚・記憶を与えてしまうことになります。ですから、痛みを感じても顔をしかめたりしないことが大切です。
 この体のよじらせ方は、人によっていいろいろでると思います。痛みを一番感じない体勢をとってください。
 このやり方を行っても痛みは感じます。しかし、顔をしかめたりしないと我慢する感覚がないので、嫌になることはなく続けられるはずです。こうやって押し続けていくうち何日かすると、どんなコリでもほぐれて痛みはなくなっていきます。

 コリには乳酸がたまっていて、コリを押すとその乳酸がしみ出し神経に触れるから痛む、というのを聞いたことがあります。
 肩こりや筋肉痛・疲労で乳酸がたまっているのを感じられるうちは、まだほぐしたりも出来ます。でもコリが体の一部となってその存在に気づけなくなると、老廃物のつまりであるコリを抱えたまま生活することになってしまいます。
 体にコリが多い人は体内に乳酸が増え、それが知らないうちに疲れをもたらします。
 また乳酸がたくさんあると、幸福感や気分の安定をもたらす脳内物質セロトニンの量が減ってしまうそうです。セロトニンの減少はうつ病や精神疾患につながることもありますので、体にコリの多い人は注意が必要です。


 今回の記事は、私たちがふだん気づかないコリと、それを解消することに少しでも興味を持ってもらえたらいいな、と思って書きました。
 コリの解消には、疲労回復や体が軽くなるということのほかに、スタイルを良くする効果もあります。入浴中や気づいたときに行うようにしていると、筋肉のバランスが整い、体つきがスッキリするのを実感できるはずなので、体形が気になる方も良かったら一度お試しください。

 次回は、頭をほぐすことについて書きます。
 頭は多くのコリが存在している場所です。
 頭皮の中に積み重なるように隠されたコリを解消することは、脳・頭髪の健康、顔の美容といったことに大きく関係しています。



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ