最近、私は両手指で押すコリほぐしにハマっていて、体中の押すと痛むところ、頭・耳・ふくらはぎ・お尻・肩甲骨などをほぐしています。
 それらの中で頭以外のものは、ほぐす場所がだいたい決まっていますが、頭のコリはいろんな所にあるので、あちこち押さなければなりません。
 少し前までは、頭頂の少し下に痛むコリがありました。そこを数日押していると痛みはなくなり、次は両目の間の鼻骨の上に痛むポイントが移りました。そして、今そこはほぐれたのですが、今度はそれまで何ともなかった頭頂にコリが現れたので両手指を重ね押しています。
 こうやってコリが移動するのは、顔を含めた頭部のあちこちに、コリが埋もれるように存在しているためでしょう。それぞれのコリが、一つをほぐせば次が現れるというように、バランスをとりながら頭部の中に折り重なっているのだと考えられます。
 コリの中には押すとかなり痛むものもありますが、よく押してほぐせば、数日後には必ず痛みはなくなります。
 コリがなくなると、その周辺の筋肉の動きや血流が良くなりますので、頭のコリをほぐすことは、脳や顔・髪など頭部の健康を保つためにとても有効な方法と言えるはずです。
 今回はこの「頭のコリ押し」について書いてみたいと思います。


 誰でも日常的に髪を洗う・肌の手入れをするなどして頭・顔に触ります。
 しかし、頭部のコリを探そうとしたことがある人は少ないはずです。いつも触っていて痛みがなくても、念入りに頭のあちこちを押すと、痛むところがある人が多いと思います。
 痛む箇所には、広い範囲やピンポイントで痛むところ、軽く触っただけで痛むところ、両手指で強く押すと痛むところなどがあります。
 こういった所を気づいたときに押しているとほぐれてきます。
 そして、あちこち押して探さなくても、痛むコリのある箇所を簡単に見つける方法があります。
 まず、目を思いきり閉じたり開いたりします。そのとき、頭皮や顔に突っ張り、引っかかりを感じるところがあったら、そことその周りを押せば痛むところが見つかると思います。
 私の場合、この方法でコリがよく見つかる箇所は、後頭部から側頭部にかけてが多いです。
 頭や顔にはツボとされる場所が多くあり、それらを押すことも良いはずです。しかし、痛むコリをほぐすことの方が、よりその人に合った調整法になると思います。 
 この頭のコリ押しで一つ気をつけてほしいのが、首を強く押さないことです。首は太い血管が通っていたり、自律神経の働きに関係したりする繊細なところなので、強く刺激することは避けます。

 こうやって頭のコリをほぐすことを続けていくと、頭皮が柔らかくなって頭蓋骨のバランスが良くなります。
 頭蓋骨は22個の骨で構成されていて、これらの骨の位置を頭皮の下にある筋肉が支えています。したがって筋肉のコリがあると頭部の動きを悪くしたり、頭蓋骨を歪んだ形で固定してしまいます。
 生物学では、体の左右対称性は健康を表すものとされているそうですが、頭部のコリがあると顔のバランスを崩す原因になり、それが何らかの不調をもたらすこともあると私は思っています。
 頭のコリをほぐして歪みを直し、頭部の骨格のバランス・筋肉の動きを良くすることは、さまざまな健康効果につながるはずです。

 健康効果として考えられることをいくつか挙げてみたいと思います。
 頭蓋骨はヒトの活動をコントロールする脳を覆っている骨ですから、ここの歪みを直すことは、当然、脳の機能と健康に影響するでしょう。
 これで頭が良くなるということも、多少期待できるかもしれません。柔軟な考え方ができない人を頭が固いといいますが、そういう人は実際に頭皮が固まっているみたいです。頭皮が固まる原因の一つにコリがあります。
 頭皮が柔らかくなれば、頭部の血行が促進されるので、その血行の良さが頭髪の健康につながるということ十分はありえます。
 さらに、頭をほぐすことにはリラックス効果があり、不眠対策にもなるそうです。
 目や鼻・口・耳の不調がある人は、その周辺を念入りに押してみて、痛むところをほぐしてみてください。その不調の改善が期待できます。
 特に目の周りにはコリがたくさんあります。目の疲れを感じたら、眉毛やこめかみ・目頭・骨のくぼみのふちなどにある痛むコリを押すと楽になります。
 そして、眉毛や目の下の骨の上に指を置き、少し強めに押しながら滑らすと、小さかったり、大きかったりするクリッ(ゴリッ)とした塊を感じるかもしれません。それらは両手指で押すと、とても鈍い痛みが起きるコリです。とても痛いですが、これは押すと目が本当にスッキリするポイントなので、試しに一度押してみることをお勧めします。
 あと頭のコリは、顔の美容面にも関係するといえます。美顔の手入れのために、顔のマッサージやリンパケアなどを多くの女性は行うと思います。しかし、顔と皮一枚でつながっている頭にあるコリと、コリが作りだす歪みをそのままにしていては、せっかくのお手入れも効果が半減してしまうと思います。
 

 頭をほぐす方法としては、コリを押すほかにも、微妙な力加減で頭を調整するクラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)や頭皮をほぐしていくマッサージやヘッドスパなどがあります。
 クラニオセイクラルセラピーは、脳脊髄液の循環を生みだすとされる頭蓋骨の微かな動きを、指先を頭にそっと置くことで促すという療法です。これは痛みのないソフトな方法で効果もあると思いますが、やり方を覚えるのがちょっと難しいと思います。
 それに比べると、頭皮のマッサージは固くなっているところを指でほぐすだけです。頭を洗うときでも行える簡単な方法なので、行っている人も多いでしょう。
 でもこの頭皮のマッサージ、私もすごく良さそうなので何度も行おうとしました。しかし、どうも続けいくと気持ちが悪くなってしまいます。さらに頭皮マッサージより強い刺激の頭皮はがし(頭皮を思いきりずらす)なんかをやると、てきめんに調子が悪くなります。たぶん頭皮をマッサージするのは、私にはあまり合わない方法なんだと思います。
 その点、コリ押しはいくらやってもそのとき痛いだけで、後から気分が悪くなったりはしません。頭に強い刺激はどうかという心配もありますが、安全に続けられる方法だと私は考えています。


 頭皮をほぐし、頭蓋骨の歪みを直すことによって、多くの健康効果が期待できます。
 そして、頭は繊細な部分なので、人それぞれに合うほぐし方、調整の仕方は異なるでしょう。自分に合った方法を選び行ってもらいたいです。
 そして、そのために私が効果的と考える方法「頭のコリ押し」について、今回の記事では説明させてもらいました。興味を持たれた方は一度お試しください。
 



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ