皆さんの舌は、ふだん口の中のどこにありますか?
 自分の舌がどうなっているか、なんて気にしたことがない人が多いと思ますが、実は舌には正しいと考えられる置き所があるみたいなんです。
 今、舌を意識して上にあったという人は、正しい舌の位置の人です。舌は、上の前歯の付け根あたりに舌先を置き、口内の上側につけている状態が良いそうです。
 そして、舌を上につけていると、さまざまな健康効果があるとされます。
 私も以前は舌が下がっていましたが、このことを知ってから正しい位置に置くようにすると、唾液がよくでるなどの効果を感じることができました。
 これはかなり興味深い話ですので、今回は舌を上に挙げることについて書いてみたいと思います。


 「舌は下でなく上に」(宗廣素徳著 文芸社)という舌を上につける効果を説明した本があります。著者の宗廣先生は歯科医で、顎関節症の治療を行う中で舌に興味を持ったそうです。そして、ふだん舌を上に挙げている人の方が歯並びや姿勢が良いことに気づき、正しい舌の位置についての実験や考察を始められたそうです。

 その本には、舌の位置を上にする効果として、次のようなことが述べられています。
 ・下あごの安定が保たれて頭部の重力バランスがつ
  り合い、正しい姿勢を保つことができる
 ・脳と身体のリラックスがもたらされる
 ・唾液の量が増える
 ・口呼吸になるのを防ぐ
 ・よく眠れるようになる
 ・歯並びが良くなる
 ・顔が魅力的になる
 
 その本で指摘されたことの他にも、重力・振動・衝撃から脳を守る、脳波を安定させる、内臓の下垂を防ぐ、といった効果があると言われています。

 舌が上に位置してなくて、上下の歯の間にあったり、下に落ちていたりするのは「低位舌」と呼ばれます。
 低位舌になっていると、口が開きやすくなって口内が乾き、ドライマウスや歯周病になりやすくなる、口呼吸になる、免疫力が落ちる、といったことがあるそうです。
 また、子どもの場合、舌が上についてないと、上あごが十分に発達せずに歯並びが悪くなったり、噛み合わせが悪くなったりする原因になります。


 舌が正しい位置にない人には、上につけることをお勧めします。しかし、舌を意識的に上に挙げるのは、舌の筋肉を使うことになるのでけっこう大変だと思います。
 宗廣先生の本には、「舌の吸盤化」という舌を上につけておくための方法が説明されています。これだと筋力を使わずに行えますのでやりやすいです。
 「舌の吸盤化」のやり方はまず、唇を軽くくっつけ、歯と歯を噛まないようにします。そして、舌先を前歯の付け根あたりにあるスポットと呼ばれる小さな丸いふくらみに置きます。(上の前歯に舌があたるのは良くないそうです)
 舌先を固定したら、舌を口内の上に押しつけ、隙間のないように密着させて、力を抜きます。(舌と上あごの間の空気を抜く感じです)
 こうすると舌が、家で物をぶら下げるために使う吸盤のように、上あごに吸いついて、力を使わなくても舌を上につけていられます。
 やってみると簡単で拍子抜けしてしまうかもしれないですが、これを日常気づいたときに行うようにすると、だんだん正しい舌の位置が習慣になってくるということです。

 私は面倒臭がりなので、一日一度、朝歯を磨いたあとにこれを意識して行うだけです。そして、そのやり方も「舌の吸盤化」ではなく、舌を上あごへ強めに押しつけるというものです。(こうするとなぜか気分が良くなります)
 こうやって毎朝一度、舌を押し上げることを続けるだけですが、日中ふと舌の位置を気にしてみると、けっこう上にあるようになっています。
 ですから、日中何度も意識するのもいいですが、歯を磨いた後とか、起床時とかに行うようにするのも続けやすく悪くないのではないかと私は思います。


 いつものように説明が長引いてしまいましたが、何はともあれ一度「舌の吸盤化」を行って実際にその感覚・効果を体験してみてほしいです。これを知っているのと知らないのでは大きな差があることかもしれません。




コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ