10 15
2015

 今回はたまには健康以外の話題もということで、節約について書いてみようと思います。
 今の時代、景気のいい話なんてあまりなく、この先の生活も不安に感じられるので、多くの人が気前よくお金を使うことなどせず、 節約志向になっているはずです。
 私もぜいたくできる余裕はない方なので、生活全般なるべく切り詰めるようにしています。
 今は、みんな節約に関心があって、ネットやテレビ、口コミで節約のためのたくさんの情報を知っていると思います。(電気代・電話代のプランを見直す、買い物はネットや店を見比べる、待機電源をなくす等々)
 この記事では、そういった基本的なこと以外で出来る本当にちょっとした節約法について書いてみます。よかったら参考にしてください。
 節約は生活を防衛するため、と頑張りすぎると気疲れしてしまいますから、小銭を貯金していくようなつもりで楽しく続けていくのが良いと思います。
 小さな細かいことでも、長い期間行っていけば違いとなって現れるはずです!(おそらく)


 それでは私が行っているささやかな節約法、まず一つめは、炊飯器で米を炊く時に設定を早炊きにするというものです。
 これは、おいしい米の炊き方としてテレビで紹介されていたものですが、炊く時間がかなり短縮されるので、電気代の節約になります。
 十分に(1時間以上)水に浸けておいた米を通常モードでなく早炊きで炊きます。
 通常モードは米を研いですぐ炊く場合の炊き方なので、水に浸けた米は早炊きにした方がいいそうです。炊きあがりを較べると、たしかにこちらの方が米粒がシャキッとしておいしく炊けます。
 これは節約と実益を兼ね備えた二重にお得な方法だと思います。

 ネットを見ていると、この早炊きと似たような洗濯機の洗いのコースをスピード洗いにする、というものがでていました。
 あまり汚れてないものや、洗い物の量が少ないときは、こうやってコースを変えた方が節約になるそうです。(でもウチの洗濯機にはこの設定がなくて行っていません)
 この炊飯器と洗濯機の時短法で節約できる電気代はわずかかもしれないですが、チリも積もれば、ということもありますのでお試しください。


 次に紹介するのは、もう少しお金が節約できる方法です。
 ふつうお風呂で湯船を洗うときには、風呂用の洗剤を使うと思いますが、風呂用洗剤の代わりに固形の石けんをスポンジにこすりつけて洗うと節約になります。このやり方で十分汚れは落ちます。
 風呂用洗剤は200円くらいで、2カ月もすれば1本使ってしまうはずです。しかし200円出せば、安い固形石けんなら4つくらい買えます。石けんは風呂を洗うぶんにはなかなか減らないので、風呂用洗剤1本買える金額で1年は洗えます。
 これでけっこうな額が節約になると思います。また石けんなら手袋も必要ないので、その分も節約になります。


 蚊に刺されたところに塗るかゆみ止めを使わずに、天然塩をすり込むというのも節約になります。
 ウチでは昔からこうしていますが、塩を使えば蚊に刺されたかゆみはすぐに消えます。したがってテレビで宣伝しているような製品は必要ありません。
 今はもう蚊の季節は終わってしまったので、来年お試しください。


 最近は「断捨離」が流行っていますが、「断捨離」の前には「もったいない」という言葉がもてはやされていたように思います。そして、節約のためには当然「もったいない」の方が重要です。
 たしかに、着なくなった服なんかは絶対着ることがないので、処分するべきでしょう。
 しかし、何に使うか分からない物も、思わぬときに使えるということがあるので、置けるスペースがあるなら物はなるべくとっておいた方がいいと私は考えます。
 そういう物はたまに整理して何がどこにあるか覚えておけば、いつか何かの用途に役立つ機会があるものです。
 こうして使っていなかった物を活かすことは、節約につながるはずです。(記憶力やひらめきの訓練にもなります)


 最後に取り上げるのは料理です。
 料理はやっぱり節約の要になるものでしょう。外食をするよりも安いですし、健康管理の面から言っても大きいです。
 今は安く買える弁当や惣菜もありますが、そういったものは外国産などの材料や質の悪い油で作られ、添加物も多いので、いつも食べていると体に良くありません。
 後々の健康のことを考えたら、自炊した方が得になるはずです。
 料理はとにかく慣れですから、簡単なものから作るようにしていけば、必ず上達します。
 そして、料理では特に材料を無駄にしないことが、節約につながります。
 日持ちしないものは安くても買いすぎない、冷凍保存する、古い材料から使っていく、賞味期限のあるものは冷蔵庫の中で一つの場所にまとめて分かりやすくする、などを心掛けるといいです。 
 また、なるべく旬の食材を食べると価格も安いですし、栄養があります。
 あと、これは時間と場所がある人にしか出来ませんが、自分で野菜を作れれば食費を大幅に抑えられます。
 ウチでは親が野菜を作っていますが、今年はとにかくゴーヤーがたくさん取れて、節約派の私は毎日主食のようにゴーヤーばかり食べていました。
 大量のゴーヤーをなんとかしようと、ゴーヤージュース・生のままスライス・ゴーヤー味噌・ぬか漬け・チャンプルー・塩昆布炒め・キムチ炒め・バター麺つゆ炒め(今年一番の発見、お勧めです)など、飽きないように料理しまくりました。
 ゴーヤーだってスーパーで買えば1本100円はします。そう考えると相当な節約になったはずです。
 
 畑で野菜を作れば、安心な野菜がたくさん取れて節約になりますが、それはちょっと難しいところがあるでしょう。
 そこでプランターで簡単に作れる、ニラと九条ネギについて書いてこの記事の終わりにしたいと思います。
 ニラや九条ネギは生命力が強いので簡単に栽培できます。そして、切って使ってしまっても、根を残しておけば何度も生えてくるので便利です。
 ニラは苗を買って、九条ネギは買って食べたものの根をプランターに植えておくだけです。(詳しい育て方はネットでお調べください)
 九条ネギは納豆・味噌汁・チャーハンなどに入れて、ニラはニラ玉・レバニラ・野菜炒め・もやし炒めなどに使えます。(私は最近、生のニラを細かく切って麺つゆ・ゴマ油少々に浸けておく、という方法を知ってハマっています。一晩つけてなじんだものを、ご飯にのせて食べるととてもおいしいです)



 コンビニで買い物をしない、DIYで自分出来ることはやる等、節約のために私が意識していることはいろいろありますが、それらは誰でも知っていることなので、たいしたものではないけれど、あまり知られてない自己流の節約法を紹介しました。よかったらお試しください。
 



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ