今回は久しぶりに、「滑舌を良くする方法」「足音を小さくする方法」など、自分でも効果があるのか分からない記事の多い小ネタのカテゴリーに入るものを書いてみようと思います。
 この風呂上がりの体の拭き方も、知っていればもしかすると役に立つことがあるかもしれないので、よろしかったらお付きあいください。


 これからだんだんと寒くなる時期ですが、特に寒さを感じて嫌だなと思うのは、なんといってもお風呂に入るときです。私は痩せているので、風呂場の寒さは骨身にこたえます。(体を洗っている途中でも寒くなってしまい、湯船に入って体を温め直さなければならないほどです)
 冬の入浴の寒さで問題なのは、入ったり出たりするときだと思います。入るときに服を脱いで寒くなったり、出るときに温かい浴室から寒い脱衣所に移ったりすると、急激な温度の変化で血圧が上がってしまい具合が悪くなる人もいます。そのため冬には脱衣所を温めることが勧められていますが、これはとても有効な方法でしょう。

 そして、風呂上がりに寒くならないための工夫で、浴室で体を拭いてから出る、という方法もあります。
 濡れた体の水分が乾いて気化すると、体の熱を奪ってしまうということがあります。したがって湯船から出たら、温かい浴室ですぐに体を拭いてしまうほうが良いのです。
 寒い脱衣所に移って体を拭くのは、場所の寒さとともに、時間がたって濡れた体の水分が乾くということも加わるので、余計に体を冷やしてしまいます。
 浴室で体を拭くために、バスタオルを浴室の中か、浴室の扉を開けてすぐのところに置いておくのが良いでしょう。
 脱衣所で拭かないようにするだけで、かなり寒さを軽減できます。私は誰でもこうしていると思っていましたが、そうでない人も多いみたいです。
 また、この拭き方のほかにも、私は入浴時に一年中温冷刺激を行っているので、風呂上がりに寒くなることはあまりありません。(温冷刺激とは水のシャワーを手足にかけて湯に入るのを数回行うことです。詳しくは「冷えとり下線文」の記事をご覧ください)

 まあ、冬の入浴時の寒さ対策といっても、基本的には風呂につかって十分体を温めれば問題はないことだと思います。
 でも、私の家では本当にたまにですが、ボイラーが凍ってしまったり、燃料の灯油がなくなったりして、風呂に入ったはいいけどお湯を温められないという時があります。寒い時期にぬるい湯から出ると滅茶苦茶に体が冷えて、一気に風邪をひきそうになってしまいます。
 しかし、そんなとき寒くならずに風呂から出られる秘策が、今回紹介する体の拭き方です。
 あまり使うときないのでそれほど大事な情報でないのは確かですが、そんなシチュエーションが絶対にないとは限りません。覚えてもらえばいつか役に立つことがあるかもしれません。

 それでは「ぬるい湯から出るとき体の拭き方」を紹介します。
 まず自分がいつも行うように拭き始めますが、寒くても慌てないで拭きます。(もちろん浴室で拭いてください)早く拭いてしまおうとバタバタすると、風にあたって余計な寒さを感じてしまいます。
 落ちつきながら拭いていると、特に寒く感じられる体の部分がでてきます。そうしたらその箇所を拭くようにします。
 こうやって、「いつも通りゆっくり拭きながら、寒い部分を感じたらそこを拭く」ということを繰り返します。あちこち寒かったら、一番寒く感じるところから順番に拭いていってください。
 お湯がぬるかったとしても、この拭き方だとなぜかじわっと体が温かくなり、湯冷めすることはありません。

 寒いときに、ぬるすぎる湯から上がらなければならないシチュエーションなんてあまりないと思いますが、もしあったらこの寒く感じたところを拭く方法お試しください。
 あと、私は必ず湯船につかりますが、一年中シャワーを浴びているという人もいると思います。そういう人は冬のシャワーで寒く感じるときがあるはずなので、この方法を知っていれば役に立つのでは、とも思いました。


コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ