「最悪」「むかつく」「ダメだ」「嫌だな」「困った」「ウザい」「だるい」「お金がない」「なんで自分ばかり」「だって」「どうせ」「~しなきゃ」「誰々と比べて自分は」・・・などネガティブな言葉といって思い浮かぶのはこういったものですが、これらの言葉が口癖になっていたり、心の中でいつも言ってしまったりしている人もいると思います。
 そういう人は、現実がネガティブなことだらけだからそれに合った言葉を言っているだけ、と思っているかもしれません。
 しかし、よく言われる「引き寄せの法則」では、ネガティブな言葉ばかり口にすることで、良くない現実を引き寄せてしまう、とされています。例えば、「むかつく」「ダメだ」と口癖で言っていると、そういう言葉を言いたくなる現実が目の前にいつも現れる、ということが起きるそうです。
 ですから逆にネガティブなことはなるべく口にせず、意識的に明るく良い言葉を使うようにすれば、ポジティブな現実を引き寄せ、自分のためになると言われています。
 「ダメだ」「なんで自分ばかり」といった言葉がでてきても、「そんな自分だけどよくやっている」と最後につけ加えるようにすればいい、なんてことも聞いたことがあります。
 

 ネガティブな口癖は言いたくて言っているわけでなく、たぶん無意識にでるものでしょう。だから言わないようにすることはかなり難しいはずです。
 私はネガティブなことは人前でなるべく言わないようにしています。それを口にしても状況を改善させることはないし、暗い気持ちになるだけ、と考えているからです。しかし、「ダメだ」「自分なんか」といった言葉が思い浮かんだり、独り言で言ったりすることはけっこうありました。(別に困ったシチュエーションでなくても出てきます)
 そして、そんな言葉がよく出るのは、自分の奥深くにそういったものがたくさん渦巻いているからではないか、と思い落ちこんだりもしました。
 でも、ある時ネガティブな口癖を減らす方法をふと思いついて、それを試してみると、とても効果があるように感じられました。最初は、本当かなと半信半疑でしたが、実感できるほどネガティブな言葉が出てこなくなったので驚きました。
 誰にでも効果があるかは分かりませんが、ネガティブなことばかり口にしてしまい困っている、という方に一度試してもらいたいと思う方法です。


 やり方はとても簡単です。
 まず、口癖になっている言葉を言います。そのとき、その言葉の語尾を伸ばすようにして、息が切れるまで言い続けます。例えば「ダメだ」なら、「ダメだーーー」というかんじで吐く息がなくなるまで言います。息の吐き方は自然に行い、無理をして力を入れるほど吐かないでください。
 やることはこれだけです。何回か続けてみてください。
 この方法をネガティブな口癖・思考がでるたびに行っていくと、あるときそれらの言葉を口にしなくなっている自分に気づくと思います。(内面のネガティブな性質を完全に無くせるということはありませんが、口癖や思考が出なくなるだけでも気持ちは楽になります)

 この方法は、他のいろんな言葉でも行うことができます。
 ネガティブな口癖から、怒ったときに出る言葉、嫌いな人の名前、苦手なこと、困ったこと、嫌な感情を引き起こす言葉、自分がこだわっていること、止めたいこと、などを語尾を伸ばして言えば、それらの言葉をあまり口にしなくなったり、嫌なことが気にならなくなったりするのが感じられると思います。
 またいろんな言葉で試したあとに、「わたしーーー」と言ってみるのも面白いでしょう。
 ネガティブなことが起きる原因は外の世界ばかりにあるのではなく、過剰になった「わたし」という意識がもたらしている面もあります。そこで「わたしーー」と言って自分への意識が軽くなれば、ネガティブになりがちな気持ちも少し楽になるかも、なんて思うのですが・・・(あくまで想像です。でも「わたしーー」と言ってみることに何らかの意味があるとは思います)
 言葉を変えてやってみるといろんな効果があると思うので、気軽に試してみてください。


 この方法に多少なりとも効果があるのは、以下のような理由からではないかと私は考えています。
 「むかつく」「バカ」といった言葉は大きな声で言えばスッキリしますが、人に向かってはなかなか言えないですし、一人で大声で言うなんてことも難しいでしょう。また「ダメだ」「自分ばかり」という口癖も頻繁にいえば周りに嫌がられますし、大声で言っても空しくなってしまいます。
 ネガティブな言葉を言うという行為には、嫌な感情を吐きだすという精神衛生的な意味があります。それでも、やはり言いすぎれば周りに悪影響を与えて、「引き寄せの法則」のようなことも起きるだろうし、自らの心身を固くさせて活力を失わせる原因にもなるはずです。
 でも、こうやって言葉の終わりを息の切れるまで伸ばせば、大声で言ったのと同じように気持ちをスッキリさせる効果があって、感情の切り替え・解消をもたらします。
 呼吸法のようにこの方法を続ければ、自他にマイナスをもたらす言葉・思いを息とともに吐きだせて、それにこだわることが少なくなるのだと思います。






コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ