私はここ2年ほど、北枕にして寝ています。
 それまでは南枕でしたが、何かで北枕がいいと聞き、試してみることにしました。やってみると、気持よく眠れる気がしたので、それからは北枕にしています。

 日本では昔から、「北枕は縁起が良くない」とされてきました。
 それは、お釈迦様が死ぬ間際に、寝る位置を北枕に変えたということから来ていて、そのことが北枕は死んだ人の行うもの、という考えにつながり、避けるようになったと言われています。
 私も家族を含め周りの人がほとんど頭を南にして寝ていたので、子どものころからずっと南枕でした。でも、これは日本だけの風習だそうです。
 今そういったことを信じる人は、どれほどいるか分かりませんが、北枕は健康に良いものだと思うので、ぜひ試してもらいたいです。


 北枕が良い理由として次のようなことが言われています。
 一つは地磁気の影響です。
 地球は、南と北にN極とS極をもった大きな磁石になっていて、地磁気が発生しています。その地磁気は南北に流れているということです。
 人が頭を北にして寝ると、この地磁気の流れに沿うことになり、それによって体が整えられて熟睡できたり、血行が良くなったりすると考えられています。
 また、風水でも気は北から南に流れるので、北枕で寝ると気の流れを良くして運勢を上げるとされています。

 そして、北枕にすると頭寒足熱になるということもあります。
 頭と足の位置を北と南に入れ替えるだけのことでも、足のほうが温かくなって頭は涼しくなり、夏の暑さや冬の寒さがしのぎやすくなるように感じます。

 足や手を冷やすと、交感神経優位の状態になってしまいます。また頭が熱くなっているのも交感神経優位の状態です。この状態が長く続くと、全身の血行が悪くなり、代謝や免疫力が低下します。
 交感神経は、日中私たちが活動するときに適度に働く必要のあるものですが、交感神経の働きが優位になってしまうと体が休まらなくなり、疲れや不調・病気の原因になります。
 逆に、手足を温め、頭が涼しいという頭寒足熱でいると、副交感神経が優位な状態になりリラックスできるようになります。
 寝るときは特に副交感神経優位の状態でいる必要がありますから、頭寒足熱になる北枕はそれにふさわしい寝方だと思います。

 私としては地磁気の関係や風水的な考えといったことよりも、頭寒足熱になるということが北枕の大きな長所ではないかと思っています。



 北枕で快適に寝ているそんな私も、一年のうちに数回は頭を南に向けて寝なければならない時があります。
 それは今の季節・真冬の一番冷え込むときに、顔があまりに寒くてよく眠れないためです。
 眠れないので夜中にモゾモゾ起きだし、寝る位置を反対にして南枕に変えなければなりません。こうすると足のほうが北になって寒くなりますが、毛布を余分に足元へかけて温かくしています。
 天気予報で翌朝の最低気温がマイナス3度くらいのときは何とか大丈夫なんですが、マイナス5度になっていると我慢できなくなります。いくら頭寒がいいといっても冷えすぎで、頭を冷凍庫に突っ込んでいるみたいです。
 それでも頭を南に向けると、寒さがやわらいで眠れるようになるので、やはりちょっとの距離でも南の方が温かいということなのでしょう。これは北枕の頭寒足熱効果を示す話にもなっていると思います。

 
 人が寝ている時間というのは長いですから、その間に頭寒足熱でいるのは大事なことではないでしょうか。
 これを毎日繰り返せば眠りの質が上がって、体調にも良い影響を与え、長い年月にするとかなりの違いになって現れると思います。
 また、今の季節は冷えに悩んでいる人も多いと思いますが、北枕は冷えの改善にも役立つはずです。


 北枕は縁起が悪いというのはただの迷信でしょう。
 お釈迦様が北枕にしたのは、死の準備のためでなく、北が頭を向けるのに良い方向で、いつもそうして寝ていたからだ、とも言われています。
 長年縁起が良くないと信じてきて、北枕だと怖くて眠れないという人もいるでしょうから、無理には勧められません。(例えば、私が親に言っても絶対やろうとしません)
 でも、これは試してみる価値が十分ある手軽な健康法だと思います。



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ