じゃがいもを使う料理は、おいしいものが多いですよね。私もじゃがいも料理大好きです。
 ウチでは家庭菜園でじゃがいもを作っています。去年はかなりの量が取れました。そのじゃがいもも、そろそろ食べ終わりますが、冬の寒い時期に甘くなるので、今食べるものはとてもおいしいです。
 じゃがいもは、煮る、焼く、揚げる、蒸かすとどんな調理法でもOKですから、いろんな料理が作れます。
 じゃがいもが主役の定番料理といえば、コロッケや肉じゃが、ポテトサラダ、じゃがバター、フライドポテト、ハッシュドポテトなど多くの人がが好きなものばかりです。またカレーやクリームシチュー、みそ汁なんかにも欠かせません。マッシュポテトやスペインオムレツもいいですよね。
 ネットを見れば本当にたくさんのレシピがありますが、今回は私がよく作るじゃがいも料理をいくつか紹介してみたいと思います。どれもかなり簡単にできるので良かったらお試しください。


 ひとつめは「じゃがいもなます」です。
 これは最近知って作りだした長野県の郷土料理です。じゃがいもを酢で味つけして調理します。甘ずっぱさとシャキシャキ感がとても合います。
 作り方は、皮をむいたじゃがいも250gをスライサーで細切りにして、十分水にさらします。
 菜種油をしいたフライパンに、水気を切ったじゃがいもと、酢大さじ2・砂糖大さじ1・塩小さじ1/3を加えて炒めます。
 シャキシャキの歯ごたえが残る程度に炒め、バットに移して冷まします。
 千切りしたニンジンを一緒に入れて炒めてもいいです。

 ウチではたくさん作りますが、私がバクバクと食べてすぐ無くなってしまいます。近ごろのお気に入りです。
 初めてこれを作ったとき、水にさらすのを行わずに作ってしまいました。スライスしたじゃがいもからでんぷん質が出て、粘り気の強い感じの仕上がりになったのですが、これはこれで他にない味になっていておいしかったです。



 ポテトサラダはじゃがいも料理の定番中の定番です。
 惣菜屋やコンビニでは必ずといっていいほど売ってますし、家で作る人も多いと思います。
 ウチでは20年ほど前から、ポテトサラダは懐かしの「和の料理の鉄人」道場六三郎さん(若い人はたぶん知らないでしょうね)のレシピで作っています。
 これは、道場さん自らが「究極のポテトサラダ」と名付けていた作り方です。余計な手間がかかることなく本当においしくできます。


「究極のポテトサラダ」の作り方(少し我流のアレンジが加えてあります)

 じゃがいも(皮をつけたまま)とにんじんを水からゆでます。
 ゆでている間に材料に下味をつけます。
 まず玉ねぎをみじん切りにします。(じゃがいも3個に玉ねぎ1/3くらい)
 みじん切りにした玉ねぎは水で洗わずそのままにして置き、15分以上たったらレモン汁と塩・コショーを適量加え味つけします。
 キュウリは輪切りにして塩でもみ、しんなりしたら水で洗います。洗ったものを絞り、それに酢を少々加え、まぜておきます。
 じゃがいも、にんじんがゆで上がったら、じゃがいもは皮をむいてつぶし塩・コショーをします。(熱いので気をつけて下さい)
 にんじんはイチョウ切りにしてください。
 じゃがいもの粗熱が取れたら、ニンジンと下味をつけた玉ねぎ・きゅうりを入れ、マヨネーズで味つけすれば完成です。
 これだけでもちろんおいしいですが、好みでゆで卵やチーズを入れてもいいと思います。

 道場さんのレシピでは、ゆでたじゃがいもの半分を1cm角くらいに切り、残り半分はつぶして食感に変化を出すようにしています。
 また、玉ねぎをそのままにして15分置くというのは「ためしてガッテン」で紹介されていた方法です。
 こうしておくと、切り口から酵素が活性化して玉ねぎの辛みが消え、血液をサラサラにする成分が作られます。
 玉ねぎを切って塩もみし、水で洗うやり方では、なかなか辛みがなくならないですし、栄養価が抜けてしまいます。でも、そのまま置いておくと玉ねぎを生でおいしく食べることが出来るので、これはポテトサラダ以外にもいろいろと使える方法です。
 こうやって玉ねぎ、きゅうりに下味をつけるだけで味のメリハリがついて、「究極」と言っても大げさではないポテトサラダが出来上がります。 
 このちょっと手間を加えるだけのポテトサラダを作ってもらえば、「やっぱり鉄人はすごいんだなー」と思うことうけあいです。


(もう少し紹介したいものがあるので次回もこの話にします)





コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ