一度はやりたい健康法三回目のテーマは全身のコリの解消についてです。

人は疲れがたまると肩や腰などが張ったり凝ったりします。そんな時は体を休め、自分でもんだり、マッサージをうけたりしてコリを取って疲労を回復します。
疲れると現れるコリは意識できますが、普段体が疲れてないように思ってる時でも、自分では気づかないコリが体にはいろいろとあります。
人によって体の使い方の癖、体型の特徴、内臓の調子などの影響で体のあちこちに意識しないコリが存在しています。
ここでいうコリとは押してみて痛い所を意味します。そしてそうしたコリはどんなに痛いものでもんだり、押したり刺激すると時間がかかることもありますが、徐々にとれていきます。
全身にある探してみるまで解らなかったコリを解消することには現在ある不調の改善、病気の予防、気持ちを落ち着かせる、体型、体質を良くするなどの効果を期待できます。
体をあちこち触ってみて痛い所を押すだけですから簡単です。自分の体を知る意味でも一度はやってみてはいかがでしょうか?

痛いコリといえば足裏のツボ押しなどがわかりやすい例ですが、全身に隠れたコリは押すと本当に悶絶するほど痛いものもあります。
そういった痛さを想像すると、私は絶対にやりたくないと考える人が多数だと思います。実際強い痛みをうければ、よほどの物好きか、高い料金を払ったマッサージやエステを受けるという場合でもない限り、人はそんな事を二度としたくないと考えます。
痛みのストレスは心身にダメージを与えるのでその反応は正常ですが、コリの解消のためにはそこを刺激するしかありません。

そこでここでは私まやとが考えた、痛みがストレスにならない方法を紹介したいと思います。このやり方で不調の気づかない原因のコリを解消して下さい。

まず押すと痛くてたまらないコリを探し、そこを押して刺激します。(後ほど痛みが隠れている場所を説明します)自分で押すので痛みを調節できるのも長所の一つですが、ある程度の痛さまで押して下さい。
痛いとたいてい人は顔を歪めますが、この時顔を歪めたり、しかめたりしないで下さい。具体的に言うと顔の眉間にシワを寄せたり、目に力を入れたりぜず、さらに歯をくいしばったり、唇に力を入れて一文字やへの字にもしないようにします。そしてもう一つ、コリを押してない手も力をこめて握りしめたりしないで下さい。
コリを刺激して痛みを与えた時に、普通なら人は目の周り、歯(口の周辺)、手指を力ませて痛みを我慢します。
痛みを感じた時、目、歯、手に力を入れずに動かさない場合どうなるかというと、痛みをなるべく感じないように身をくねらせて、痛みから逃げようと無意識に体を動かすと思います。
こうやってなんとか痛みを逃がそうとすると、痛みは感じるのですが何故かそれをやり過ごすことが出来て、激痛のコリを刺激するのがそれほど嫌でなくなります。

目、口、手に力が入ると脳にストレスがかかるので、それが人に痛みを遠ざける原因になっていると私は考えています。
そしてこの三ヶ所に力を入れないでおけば、脳にダメージを与えないので痛みにうまく耐える事が出来て、さらに身をよじらせる無意識の動きも、コリの解消に大切な働きをしていると私は考えています。
まとめますと、手を握りしめないで、顔には力を入れず涼しげにし、身をよじって痛みをやり過ごす、です。

このやり方を覚えてもらえば全身のコリの解消ははかどります。もちろんそれほど痛くないコリはどんどん刺激して解消してください。

あと一つ注意してもらいたいのは、このコリほぐしをしている間や終わった後に、痛みを感じてないのに身をくねらせる動きをやりたくなるかもしれません。
それはコリをほぐすのに体が必要とする動きですから、その無意識の動き十分にやってください。

次回は痛いコリがある場所、解消しておいたほうがいいコリについて書いていきます。
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ