今回は、以前の記事で書ききれなかった無努力体操に関する話を、とりとめもなく書いてみたいと思います。


 はじめに、この体操を思い付いたいきさつからです。
 私は若い頃から自分の体が強くないと思っていたので、健康法についての本を読んだり、体を改善する方法を自分なりに試したりといろいろしてきました。
 そして、私が長い間行ってきたのは自発動と呼ばれる、体が無意識に動いて自らを整えくれる気功の功法でした。(自発動についてはこちら
 これを行うと、体の欲する動きはとても複雑で体全体で起きるものだということが分かります。
 この自発動を行って、体は整いかなり丈夫になってきていたのですが、10年以上続けてきたからか、その動きが前より出にくくなっていました。
 そんなあるとき、たまたま操体法の治療家の人が書いた本を読んでいたら、この体操の動きがひらめきました。

 操体法は、仙台市の橋本敬三さんという医師が「動きやすい心地よい方に動かすことで体を整える」「身体を気持ちよく動かすことで、身体の歪みが改善され病気が治っていく」という考えのもとに作りだし、発展させた療法です。
 そのやり方は、例えば首を整える場合なら、首をいろいろな方向に動かして、心地よく感じるポイントを探し、その快適な感覚をしっかり味わうといったかんじに行われ、この快適さの感覚を使ってさまざまな体の不調を整えていきます。
 操体法には体を複雑に連動させて動かすことはないみたいですが、「心地良いほうに動かせばいい」という考え方は自発動と通じる面があるように思います。

 私が操体法の本から考えついたのは「自発動の大きな無意識の動きが起きないなら、体が求める動きを自分で起こすようにしたらどうだろう」ということです。
 そこでさっそく試してみることにしました。力を抜き、体がどう動きたいのか探りながりゆっくり動いてみると、いろいろな動きが出てきます。それが体のあらゆるところで行えるので、かなり面白い方法に思えました。
 そして、こうやって動いているうちに、このことに体を整える効果があるのを感じました。なぜかというと、これを行うと「伸び」の動きが起きるからです。
 「伸び」は疲れたときに、体のこわばったところをほぐすため自然に起きます。これはあくびや寝相の動き、自発動といったものと同じく、体が無意識に自らを整えるために起こすものです。
 私はこの「伸び」が起きるかどうかを、体を使った健康法の効果を判断する指標にしています。(自発動を長く続けてきたため、体が反応しやすくなっていて「伸び」は他の人より出やすくなっています)
 無努力体操の動きを行うと、背骨が「ボキボキッ」と気持ちよく鳴る「伸び」がよく起き、これが体を整えてくれます。
  
 体操を始めて4年ほどたちますが、まったく飽きることなく続けています。
 それはたぶん、体が求める動きを頑張ることなく行うことが出来て、少しずつですが体が整っているのを感じられるからでしょう。
 背骨と首の歪みやO脚といった、目に見えて大きくあった歪みもだんだん小さくなっていますし、新しい歪みが出来るのを防いでくれていると思います。
 毎日のちょっとした積み重ねが、矯正しにくい複雑な歪みをほぐしてくれます。生きやすさや健康は、体の歪みの少なさとも関係しているはずですから、この無努力体操をずっと続けていくつもりでいます。


 橋本敬三さんは医師でしたが、考案された操体法は民間療法的なものとして現在扱われています。 
 日本の民間療法といえば、野口整体の野口晴哉さんも大きな存在だったと思います。(野口整体では活元運動という自発動と同じ動きが重要視されている)
 その野口さんは著書の中で、
「体が「快」と感じる方向に動いていれば健康になれるし、「快」という方向に動くように無意識に方向づけられている」
「その快いという方向に逆らわないようにさえしていれば自然に丈夫になっていく。それを意識で「良薬は口に苦し」ということを考えてしまうが、それは間違い」
ということを言っています。これは橋本さんの言葉とも重なります。
 その考えから作りだされた療法は異なりますが、戦後を代表する民間療法家のお二人が同じ考えを持っていたのはとても興味深いです。健康になるために過剰な頑張りや忍耐は必要ないということなのでしょう。
 そして、この無努力体操も、「心地良いほうに動けばよい」という考えに則った方法だと思っています。



 無努力体操のやり方を思いつき、始めたころ不思議だったことがあります。
 速さはゆっくりがいいだろう、とかなり遅い動きで行っていました。
 しかし、そうするといくつかの箇所を動かした後に、どうしようもなくボーっとなってしまい、そのまま1時間くらい眠りに落ちてしまうのです。こうやって眠くなるのが3週間くらい続きました。
 これはたぶん経験したことのない動きに脳が驚き、意識を強制的にシャットダウンしたために起きた、と今では思っています。それまでにない動きに慣れるよう、意識のレベルを落として脳細胞にその動きを学習させていた、というかんじでしょうか。
 その眠くなっていた間は、この動きは体が求めているものだからその結果起きることにも意味があるはず、と思っていたので不安になることはなかったです。
 でも無努力体操を思いきりゆっくりかすかに行うことは可能ですから、今でも超スローに動けばボーっとするのかもしれません。

 

 ふだんから頭から足先まで自分が大切だと思うところを動かしていますが、それらの中で絶対よく動きそうなのに、動きがあまり起きないところがあります。
 それは手の指です。自由気ままに動かそうと思っても薬指と小指が同時にちょっと曲るだけです。これは私の手先が不器用なことと関係しているのかもしれません。
 もちろん意識して動かせば、普通にどうとも動かせます。しかし、指が5本ずつあるのに、無努力体操では2本しか動かず、多様な動きにはなりません。
 これは無理に動かしても意味がないと思います。しかし、地道にやればいつか5本ともよく動くようになり、手先も起用になるだはずだと思いながら、毎日トイレで座るときに行っています。



 無努力体操の応用法として「押さえ動かし」と「腰痛 肩こり 便秘への対策」という記事を書きました。
 これらの他にも応用するやり方はあって、例えば筋トレやストレッチをしているときにも行えます。
 筋トレは、うつぶせ寝で顔・手足を上げた体勢や、腕立て伏せの体勢を取って、自由に動かすといったかんじに行います。
 ストレッチの場合は、体を前屈などいろいろ伸ばした状態から動けるように動いてみるかんじです。
 筋トレと一緒に行うのはけっこう効果的でしたが、ストレッチは私の体がとても固いからか、なかなか柔らかくなる効果は現れません。しかし、これらも気長に続けようと思っています。
 筋トレ、ストレッチの効果や、他の応用法など面白そうなものがあったらまた記事にしてみます。



 最後に関係ない話ですが、無努力体操からラジオ体操、白井健三選手の床運動まで、「体操」って言葉の意味はそれにしても広いですねー。




コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
無努力健康法

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ