前回、コリを刺激する痛みが嫌にならない方法として顔(目と歯)をしかめず手にも力を入れない事を紹介しました。そして、この回と次の回ではコリのある場所について書いていきたいと思います。

最初に注意点として、妊娠している人は手の甲の親指と人差し指の間と、ひざのあたりより下の何箇所かにあまり押さない方がいいツボがあるみたいなので(西洋医学では根拠がないとされているみたいですが)十分注意して下さい。
もう一つコリが炎症を起こして熱があるような時には熱が引くまで押さないで下さい。

まず押して痛い所の代表といえば足裏だと思いますが、じつはわたし足ツボで痛いと思った事がないんです。昔から木のイボイボのついた足裏刺激の板などでも片足立ちできるくらいでした。だから人ごとみたいな口調になりますが、テレビで足ツボを押された人が悶絶するシーンを見たりすると、相当なコリがあるのだろうなと推察します。
コリの中に毒素や老廃物がたまっていて、それを押すことでしみ出し神経にふれるから痛いそうです。
足裏の場合、足の場所ごとに体のどこに対応しているとかあるみたいですが、押してみて痛い所をほぐしていけばいいと思います。足裏刺激の板や棒など痛みが和らぐまで地道に続けてみて下さい。もちろん無茶苦茶痛い時は痛みをのがす方法を使って下さい。

続いて解消してほしいコリがある所は胸のあたり一帯です。これはよく胸腺マッサージという名前で呼ばれています。
体の免疫力に関係する胸腺を活性化させる方法です。
胸腺は胸の真ん中の胸骨のうしろにありますが、胸のあたり一帯、鎖骨の辺から肋骨、胸の前面にかけてもむと免疫力が高まるそうです。指をあばら骨にむかって軽く押しながらグルグル回す感じでやりますが、これがやった事がないと結構痛いんです。でもやっていれば痛みはとれていきますし、終わった後は胸全体があったかくなり気持ちよく感じるでしょう。
コリをほぐすのは長い時間やったり、強い力で思いきり押したりしないで、短い時間でコツコツ続けた方が効果的です。痛みを感じなくなったら後はたまにやるぐらいでいいと思います。

手と足にも」コリが隠れています。手の平と甲、手の爪のあたり、、前腕にもけっこうもむと痛い所があります。肩、首が張るという人は肩、首の周辺で特に痛い所がないか探ってみて下さい。
足の甲、足の爪、足首の周辺、すね、ふくらはぎ、ひざ。外反母趾、ひざ痛の人はその周りにコリがないか探してそれを解消しましょう。
次に、太もも前、横、裏と念入りに探ります。以前私が太ももの外側が押すと痛むので熱心にやっていたら、何か所も内出血してアザが出来た事がありました。血行が悪くて古い血がたまっていたのかもしれません。さすがに少しもむのを休みましたが、その後太もものコリはとれてスッキリしました。

顔はこめかみ、ほお、鼻の横、小鼻、耳たぶ、耳の周り、あごから首にかけて、口の周辺、口の中に手を入れて歯ぐきの痛い所を押すのも効果があります。また頭痛、鼻炎、顎関節症、扁桃炎に悩む人は顔のコリをみつけてよくもんでみて下さい。
あと目の周辺は本当にコリが多いです。眉毛、両目の間、骨のくぼみのふちとその周り。
特に眉毛の下あたりはひじを机について親指の関節を立てたところでグーとおしてみると相当の痛みがあるはずです。目の周りのコリの解消は目の疲れにすぐ使えてとても役立つと思います。

コリの解消3へ続く
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ