前回の記事では、山登りでの呼吸を楽にする方法について書きました。
 今回は、山登りが楽になる歩き方についていろいろと書いてみたいと思います。


 登山でツラいのは登りと下りのどちらでしょうか?
 下りのほうが嫌という人も多いみたいですが、私は登りのほうがしんどいです。したがって、今回ここで書く方法は登りについてのものです。(下りを楽にするちょっとした方法も後のほうで書きます)
 私も若いころは体力にまかせて登っていましたが、今はそうもいきません。
 それでも最近、歩き方によってかなり楽に登れるようになることに気づきました。本当にちょっとしたことを意識するだけですが、体力の消耗にかなりの差がでます。

 

 山の登り方としてよく言われるのは、「歩幅を小さくする」「ペースを一定に保つ」「足の裏全体で着地する」といったことです。
 これらのことは正しいですが、それを守るだけでは普通に平地を歩く歩き方とそれほど変わらず、あまり楽にならないように思えます。
 山道を登るときには上記のことに加えて、体重移動をしながら歩くとすごく楽になります。
 この方法で歩くと、後ろの足で蹴りだして進んだり、前にある足で体を引き上げたりせずに、うまく坂を上ることができます。

 体重移動のやり方は、まず坂で体を前に倒すかんじの体勢をとりながら、片足を前に踏みだします。
 その足が地面についたとき、膝は少し曲っていると思いますが、その足に体重を乗せます。そして前傾姿勢のまま足を伸ばします。すると体が前方に倒れるかんじになり、後ろにある足が自然と前にでます。
 そうしたら次は、その前にでた足を踏み込み、前傾姿勢で体重をかける、ということを続けていって歩くようにします。体が前に倒れる力を利用しながら進むのですが、こうすると坂を自動的に歩いていくかんじで楽に登れるようになります。
 力を使うのは、膝を曲げて地面についた足を伸ばす動きだけです。これは足の筋力が一番発揮できる動きだと思います。

 この方法でとても登りが楽になりますが、私は始めこの体重移動がうまく出来ませんでした。無理して行うとかえってストレスになることもあるので、一度試してみて自分に合うか確認してみてください。
 合わない場合でも登山するたびに少しずつ行ってみると、私みたいに突然できるようになるかもしれません。



 次はつい最近に気づいた歩き方です。
 あまり急ではない坂道ならこの体重移動の歩き方で十分なのですが、かなり急な坂になると体重移動ではうまく登れない場合があります。そういったときには、次のことを意識すると楽になります。
 それは、急坂に対し真正面を向いて登ろうとしない、ということです。急な坂を常に斜めに登っていくようにします。
 正面を向いて一直線に行くよりは距離が長くなりますが、斜めにルートをとって登ればしんどさが全然違います。
 急坂や急な階段は斜めに登っていき、道の端に来たら角度を変えてまた斜めに登る、という風にジグザグに歩くようにします。これで私の体感では30%くらい楽になります。
 今まで長いこと、目の前にある坂をひたすら真っすぐ登っていましたが、もっと早くこれに気づけば良かった、と後悔しています。いつも下を向いて歩きがちだった私も、これを知ってからは顔を上げて、どう斜めに登っていくかを考えながら歩いています。

 斜めだと登る角度が小さくなるため歩きやすいのだと思いますが、これと似たことで「坂でのカーブは外側を歩く」というのもあります。
 カーブでの内側と外側の傾斜角度の差は大きいです。だから、常にカーブの外側を歩くようにするとかなり体力の消耗を抑えられます。


 急坂を斜めに歩くのにはある程度の道幅が必要ですが、坂に対して真っすぐに登らなければならない狭い道もあります。
 そんなときは、足先を外に向けて歩くと登りやすいです。外に向けた足を一歩一歩地面にしっかり置きながら登ると、足に力が入り踏ん張りがきいて楽になります。
 そしてこれは、坂に対して足を斜めに置くので、斜めに登っていくのと同じようなことなのかもしれません。私のイメージとしては、スケートを滑るのに似た動きだと思っています。

 
 そのほか楽に登るために注意する点としては、木の根などの段差のあるところはなるべく避け、段差を登るときは足を高く持ち上げないで行ける所を選ぶようにするということです。こうすると体力の消費が少なくすみます。
 段差で足を大きく上げるのは、バランスをとりながら全身で動かなければならないので体力を使うのだと思います。
 そして、高い段差を登らなければならないときは、その段差の下の近いところに片足を置き、そこからもう一方の足を上げるようにすると、体のバランスがとれて登りやすくなります。


 ここまで楽に山を登る方法として、「体重移動で歩く」「急坂を斜めに登る」「カーブは外側」「足先を外に向ける」「段差の歩き方」について書きました。
 これらはけっこう当たり前のことだったり、小さなことだったりするかもしれません。しかし、長い距離・時間歩く中で積み重ねていくことによってかなりの差がでると思います。
 


 私は山を下るのは苦ではなく、どちらかといえば得意な方です。途中で足が痛くなったり、膝が笑ったりすることはそれほどありません。
 「登りは体力で、下りはテクニック」というのを聞いたことがありますが、けっこう山には行っているので下りは慣れているのだと思います。(こんなことを言うと、次に山へ行ったときコケるかもしれませんが・・)
 下りは登りとは違った足の筋肉を使い、とても疲労しやすいということです。そして、スピードが出すぎたり、滑ったりしないように注意しながら歩かなければならないので、苦手という人も多いと思います。(ケガや事故が起きるのはほとんどが下山中だそうです)
 うまく下るためには、歩幅を小さくしたり、ストックを使ったりするのが良いとされています。
 自分に合った方法を探すのが良いと思いますが、私がお勧めする下り方は、登りと同じように坂に対して正面を向かず斜めに下ることです。
 道の端から端へ斜めに横切りながらジグザグに下りていくかんじです。坂道を斜めに歩くと滑ることが少なくなって歩きやすくなります。
 少しスピードが出るかもしれないので注意が必要ですが、興味を持たれた方は一度お試しください。



 今回いろいろと書いてきましたが、山道ではさまざまなシチュエーションがあって臨機応変な動きが求められます。ですから、歩き方にばかり意識を向けていると危ないということもあります。ケガをすると大変ですので、もしこれらの歩き方を試すときはくれぐれもお気をつけください。
 私が今回書いた多くの方法に気づいたのは、今年の9月の中頃です。それからこれらが実際に使えるか何回か試していたので、書くのが今になってしまいました。
 本当は夏山のシーズンが始まるという時に記事に出来たら良かったのですが。今の時期ではもう少しで冬山になってしまい、気軽には登れなくなってしまいます。
 それでも、あと1ヶ月は冬山の装備でなくても登れるという地域もあると思うので、良かったこれらの方法お試しください。(私は冬山登山をしたことがないので、これらの方法が冬山で使えるかは分かりません)
 しんどさツラさも登山のうちかもしれませんが、なるべくなら楽に登りたいものです。「楽」と「楽しい」は同じ字を使いますから、楽なら楽しさも増えると思います。
 



コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ