半年ほど前、高速バスに乗ったときのことです。
 私の前の席に、派手めの恰好をした元気そうな若い女の子2人が座りました。席に着くなり、後ろの私に断りを入れてイスを倒してきました。
 こんな時はたいてい後ろの人に気を使ってあまり倒さないものでしょうけど、彼女たちは「けっこう来るなー」というくらいの倒し方をしました。
 出発して1時間ほどすると、前の子たちは居眠りをし始めたようです。見ると2人とも仲良く体を左に傾けながら眠っています。
 私の席はバスの右側のほうでした。前にはこの2人ですが、2人の通路をはさんで隣、私の左斜め前の席にも若い女の子が1人座っていました。
 着るものにけっこう気を使っているこちらの子は、後ろから見た印象では前の2人とは違うタイプで、おとなしく線の細い感じでした。そして、こころもち髪が薄いようです。
 この子も寝ていたのですが、こちらは体が右に傾いています。
 ということで、私の前の列では、左に傾く2人と右に傾く1人とが並んでいて、なんとも面白い絵になりました。 
 
 私はこの体が左右どちらに傾きやすいかで性格が出ると思っています。
 体を左に倒すといって思いつく例に、ヤンキーやそれっぽい人の車での運転姿勢があります。 
 ハンドルの上を右手で握り、アームレストに左腕をのせ、思いきり体を左に傾けて運転します。見た目にとても悪い姿勢で運転しづらいように見えますが、そうすることで楽に感じているのでしょう。(私も昔たまにこうやって運転していたので楽な気持ちは分かる)
 あの体勢は無理にやろうとして出来るものではないので、たぶんヤンキーは左に体が傾きがちな人が多いと言えるのでしょう。
 私の前に座った2人連れもイケイケといったかんじの子たちでしたから、左に傾いていったのではないかと思います。
 逆に、おとなしく控えめな人は体の右側が下がり、そちらに倒れやすいと言えるのかもしれません。
 体が左側に倒れると、胃と肝臓の働きが高まって食欲が増すと言われています。そうするとガツガツ食べるようになりがちだと思いますが、その食べ方が積極的・精力的な性格を作ることにつながると考えられます。
 一方、右に倒れる人は、その姿勢が胃・肝臓を圧迫して食が細くなりがちになるので、やせているタイプの人が多いと言われます。
 私は左に傾いた体で、たくさん食べるほうだと思います。しかし、左肩の下がる人の特徴として言われるポジティブで外交的というのはあまりあてはまらず、やせていて職人タイプという右肩下がりの性質の方があっている気もします。
 この「左下がり=アグレッシブ」「右下がり=ひかえめ」という見方はあっているところがあり、けっこうおもしろいです。でも、私の場合のように、ちょっと当てはまらないということもあります。絶対にとはいいきれませんが、血液型による性格の違いのように、「まあ、そんな気もする」といったところでしょうか。
 この「どちらに体が下がっているか」のような、性格が表れると私が考える体のクセが他にもあります。
 これらは今言ったように、確実に当たっているわけではないけど、話半分に聞いてもらうには面白いものだと思います。今回はこのことについて書きますので、良かったらお付き合いください。



 「性格がでるなー」と私がよく思うものに、男の人が小便をするときの姿勢があります。
 公共施設や高速道路のパーキングなど、いくつも小便器が並んでるトイレで用を足す人達を眺めると、顔を正面に向け前をまっすぐ見ながらという人と、下を向きながら行う人の二通りに分かれます。
 家の洋式トイレで立ってする場合は、狙いをつけなければあちこち飛んでしまうので、ある程度下を向いている必要があるはずです。けれども小便器にする場合は、思わぬほうに飛ぶ心配はないので、下を向かなくても大丈夫です。しかし、飛び出す先を確認したいのか、いつもの癖なのか、下を見ている人はけっこういます。
 そして、トイレで観察していると前を向くか下をむくかで、それぞれにタイプの違いがあるように思えます。
 前を見て用を足しているのは男っぽいかんじの人で、下を向いているのはどちらかというと内向的でおとなしそうなかんじの人ということが多いです。
 前を見据えて堂々とした姿勢の人は肝が座っていて、うつむきがちでいつも下を見ている人はおとなしく小さなことにこだわりそう、といういイメージは思い浮かべやすいかもしれませんが、トイレで小をしている姿にも明らかにそれが表れます。
 これはけっこう当たっていますので、機会があったら一度観察してみてください。


 男の小便姿を観察することは、女の人には出来ないですよね。
 そこで次は、男子トイレの中でなくても今言ったことを見分けられるクセについての話です。これは女の人にも出るクセなので、その女性が度胸がある方か、そうでないかをこれで知ることが出来ます。 
 どのようなクセに表れるかというと、居眠りしているときの姿勢でこのことが分かります。先ほど居眠りで左右どちらへ倒れるかということを言いましたが、左右以外にも顔をうつむき前に倒す、まっすぐにしている、上に向ける、など居眠り時の姿勢は人それぞれです。
 観察すると、居眠り時に下を向いている人には内向的でおとなしいといった傾向があり、まっすぐにしているのは物事に動じないかんじの人だと思います。
 先ほどの小便時の姿勢やこの居眠りの話から、度胸があるとか内気といった性格は、首の筋肉や首の座りとけっこう関係があるのではないか、と私は推測しています。
 まあ、普通は外見を見るだけで肝が座っていそうとか、おとなしそうとかは分かるものですが、それでも居眠り時に男っぽそうな人が下を向いていたり、おとなしそうな人が顔をまっすぐにしていたりするときは、見た目と実際の性格とのギャップがあったりするのかもしれません。

 いつもうつ向きがちだと、いろいろ考えてしまい不安になるということがあると思います。
 私が初めて飛行機に乗ったとき、こんなこと経験をしました。
 乗る前は平気だろうと考えていましたが、いざ乗って離陸するとどうにも怖くなって、青ざめてしまいました。
 このとき視線を下げっぱなしでいる自分に気づき、ふと、顔を上げて上を見るようにすれば怖くないんじゃないか、という考えが浮かんだのです。そして、それを試してみると怖さをあまり感じなくなり、何とか乗っていられたということがありました。 
 このとき意識的に顔を上げて、平気を装った姿勢をとることで、気持ちに変化が起きたのだと思います。
 

 顔の表情を意識的に作ることでも気持ちが変わると言われています。
 別に楽しくなくても、口角を上げて笑顔を作るようにすれば楽しい気分になるそうです。「楽しいと笑う」は当たり前のことですが、「笑えば楽しくなる」ということなのでしょう。
 これにちょっと似た話で、「人の顔まねをするとその人の気持ちが分かる」ということがあります。
 顔に大きな特徴がない人ではやりにくいですが、「目を見開きがち」とか「鼻の穴が大きい」といった人の顔の特徴をまねてみると、自分の気持ちが変化して、その人の性格・気持ちに一時的になったように感じられます。
 意識的に顔を上げるとか、笑うとかすれば感情が変わるように、顔の骨格やクセ、体の姿勢が性格を形作っているということがあるのだと思います。



 人の性格がとてもハッキリでるものとして、手書きの文字があります。
 ネットで調べれば、「筆跡によって性格がわかる」と字の形や書き方について詳しくいろいろ説明されています。それを見れば、自分や他の人の書いた字から性格を読み解くことが出来ると思います。
 しかし、私は筆跡鑑定よりも手書きの字を真似して書いてみることをお勧めします。これは、その字を書いた人の気持ちや性格を直接的に感じることが出来るので、けっこうおもしろいと思います。
 人の書いた字には、その大きさや形、筆致、勢い、全体のバランス、とたくさんのその人に関する情報が詰め込まれています。ちょっとした書きぶりも大きなことを示す場合があります。
 字の全ての要素のまとまりがその人を表すので、「字は人なり」というのは本当のことなのでしょう。書いた字を真似ることによって、脳がその字を書いた人の脳に近づき、さまざまなことが分かります。
 字から人を知る方法として、字をコピーしてその上からなぞってみるという人もいるみたいですが、字をよく見て書き写す方がより気持ちを感じられると私は思っています。
 直筆を見てその息遣いまで移すと、よりその人に近づけるでしょう。でも、印刷された字でも十分真似ることは可能です。
 これは性格を知りたい人や身近な人、有名人、歴史上の人物などの字でいろいろと行える、ちょっと人の心を覗き見するようなスリルがある方法です。
 書き写すのはちょっと難しいところもありますが、興味を持たれた方は一度お試しください。


 
コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ