11 08
2013

 この前、土手道を車で走っていると、道路脇になにやらデカイ物体がもぞもぞ動いていました。
 通りすぎてから気になったので、引き返して見に行ってみると、そこには直径20cm以上あるスッポンがいました。
 どうやら川の方から土手をあがってきて歩道から車道に落ち、その段差を上がれずに困ってもがいていたみたいでした。
 四本足で背伸びするみたいな動きがあまりに異様で、通りがかったときに何か未発見の新生物みたいに見えました。
 
 かわいそうなので助けてやろうと思いましたが、私はスッポンを実際に見るのは初めてで、なにせ超デカイし、顔はふてくされているみたいです。そして、全体の色と甲羅の質感がグロテスクといったらスッポンに失礼ですが、あまりに迫力があってどうにも触る事が出来ませんでした。
 そこで一度喰い付いたら離さないといわれる習性を利用し、何かを噛みつかせて引っぱり上げよう、と考えました。
 茎が太くて背の高い草はないか、と探しに50mほど土手道を歩いてみました。そうして目を離した所に、誰かが通報したのか、役所の道路パトロールみたいな車が止まって、ちょうどいいサイズの段ボールにスッポンをスポンと(゜ロ゜)入れて、車に乗せてしまいました。

 私がそこへ戻ると、
「いりますか?」と訊かれました。
「いえ、いいです」と答えたら、捕獲したスッポンは連れて行かれてしまいました。引き取って逃がしてやった方がよかったかな、と後で思いました。


 アレあの後食べられちゃたのでしょうか?


コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッター@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ