このブログを始めて3年半ほどたちます。さまざまな健康法について書いてきましたが、これまでで「拍手」が一番多かったのが「呼吸を深くする方法」という記事でした。
 今でもたまに拍手をしてくれる人がいるので、とても興味を持ってもらえた方法だったと思います。呼吸法について書くと他のことより反応があるので、呼吸に関心がある人は多いのかもしれません。
 この「呼吸を深くする方法」は、私が昔なにかの雑誌で読んだ呼吸法のやり方と、整体法の呼吸法をあわせた方法です。(なのでオリジナリティーはそれほどありません)
 これは息をたくさん吐くことができるとても簡単・効果的な呼吸法で、私も毎日続けています。


 この方法のやり方をおさらいすると、

1 座って両手の指先をお腹に当て、上体をゆっくり前に倒しながら、「ハー」と口から吐きます。倒すとき指先で軽くお腹を押し、へこますようにして吐きます。

2 吐ききったら倒すのを止め、そこから「ハッ、ハッ、ハッー」とさらに吐きます。

3 最後に口をすぼめるようにして「フー」という吐き方で吐ききります。

 こうやって思いきり息を吐いたあとには、本当にたくさんの空気を吸えるはずです。
 呼吸法は、吐くのが大事、たくさん吐ければ吸うことは簡単にできるようになる、言われますが、この方法を続けると吐く機能が自然と高められると思います。
 
 行うときの注意点としては、あまり力まないで吐くことと、一度に何回もやりすぎないこと、やり終ったあとに「ハアハア」となるほど限界まで行わないことです。私は一日に一回しかやってません。やり過ぎると気持ち悪くなることもあるかもしれないので、行うときは十分お気をつけください。



 ここまでは以前に書いた内容なのですが、この方法にはまだ続きがあります。
 続きのところは私が見つけたので、それはオリジナルだと思っていました。しかし、調子に乗って頻繁にそれを行っていたら、頭がクラクラするようになり、具合が悪くなってしまいました。
 それで、このオリジナルの方はやらない方がいいみたいと思い、「ハー」の後に「フー」と吐く方法だけを一日一回行うようにしました。これだと気持ち悪くなることはないので、ブログではこちらを紹介しました。

 そして、長らく私の考えたオリジナルの部分は行わずにいたのですが、4ヶ月ほど前久々にやってみると、今までの方法よりたくさん吐けるのに少々驚いてしまいました。これは続ければ心肺機能を高めてくれるだろうなと思い、たまに行うくらいなら気持ち悪くならないのではと、慎重に再開してみることにしました。
 それから一週間に一度、調子のいいときは5日に一度くらい行っていますが、今のところはなんともありません。
 ということで、たぶん一週間に一回行うくらいなら気持ち悪くなることもない、と思いなおしたので、今回はその「呼吸をさらに深くする方法」を紹介したいと思います。
 もちろん体はそれぞれ違って(私はもともと肺活量が少ないです)、毎日これをやっても大丈夫な人もいるでしょうが、試すときはくれぐれも気をつけてください。
 
 

  「呼吸をさらに深くする方法」

 先ほどの方法で息を吐きます。「フー」と吐ききればかなり吐いたようですが、まだ空気は肺の中に残っているんです。
 「フー」と吐ききったら、ほんのちょっと鼻から息を吸います。そうしてから、再び「フー」と口から吐きます。すると鼻から少し吸った以上の空気を吐きだすことができます。
 この「鼻からちょっと吸って口から吐く」をもう一度行います。
 こうすればかなりの量の空気を吐くことができます。そして、吐ききった後には本当にたくさん吸えるはずです。
 
 人間は、肺が本来持っている能力のほんの少ししか使ってない、と聞いたことがあります。この方法で私たちが思っている以上に吐くことを続けていくと、呼吸するための機能が高まり、日常生活での呼吸が楽になるなどさまざまな健康効果が期待できると思います。
 私は山登りが趣味なんですが、これを少しずつ続けていれば、今年の夏山登山はけっこう楽になるかもと楽しみにしています。
 本当に驚くほど吐くことができて、呼吸の質が良くなるのが感じられるので一度お試しください。






コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く
ツイッターはじめました@mudoryoku

最新記事
TWITEER
まやとツイッター@mudoryoku
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ