DSCN1425_(2)_convert_20170303222510.jpg


DSCN1456_(2)_convert_20170303223609.jpg


 これらは私が描いたマンダラです。(厳密にはマンダラ的図形といったほうが良いかもしれませんが、一応マンダラと呼ばせてもらいます)こういった図形を自己流にかれこれ15年くらい描いています。
 このマンダラを書くことには、心を引きつける面白さがあり、心身を整える効果も高いので、私の健康法の根幹になっていると考えています。これは本当に不思議ものなので、多くの人に知ってほしいと思っています。
 そこで、今回から数回にわたりマンダラについて、その形の普遍性、私流の描き方、描くことの効果等々いろいろと書いてみるつもりです。



 マンダラは、密教という仏教の流派で悟りの世界を表したとされる図です。儀式や瞑想のために用いられてきました。
 古代インドで「マンダラ」は「円・丸いもの」を意味する言葉で、円を基調とした構図の中に丸や四角の幾何学的な形がシンメトリーに配置され、その図形の中にたくさんの仏の姿が描かれているものが多いです。奥行きはなく平面的な図案で描かれ、とても濃密で魔術的な雰囲気があります。
 インドでおそらく1500年以上前から作られていて、密教の教えとともに中国や日本、ネパール、チベットに伝わりました。

 そんな宗教的、伝統的なものだったマンダラですが、20世紀になって新しい意義をマンダラに見出したのが、スイスの心理学者ユングです。
 ユングは精神に病を抱える人たちがマンダラ的な絵を描くことや、自らのマンダラ制作の経験、東洋哲学についての研究などから、マンダラは人間の中の意識と無意識、心身、聖俗といったさまざまな要素の統合の象徴である、という考えを持つようになりました。
 自らの患者であった人達が、精神のバランスを回復して治るときにマンダラを描くことが多かったり、ユング自身もマンダラを描くことで心が安定するのを感じたりしたそうです。
 マンダラはユング心理学で最も重要かつ深遠なものとされ、その考え方は人間やマンダラの新たな可能性を示すものとして大きなインパクトを与えました。



 マンダラの形は通常、中心があってそれに対する円形があります。そして、その円の中が区切られたり、円の外に図形があったりしますが、それらの図形がすべて左右・上下の幾何学的なシンメトリーを形作っているのが特徴だと思います。
 実は、この形の特徴を持つ図は密教のマンダラ以外にも世界各地あらゆるところにあります。太陽や花、車輪といった形を表したものとされることもあり、多くが聖なる図形とされてきました。
 ここでその世界中にある、マンダラ的な形を持ったものをいろいろと挙げてみます。本当にたくさんあるのでその普遍性に驚かれると思います。


 まずヒンドゥー教には円の中に三角形が配置される図形が特徴的なヤントラというものがあり、マンダラのように瞑想のために使われています。
 ヒンドゥー教の寺院であるアンコールワットは上から見ると建物がマンダラのように配置されています。
 イスラム教のモスクの装飾や、キリスト教教会のバラ窓などはマンダラのようなシンメトリーを持つものです。
 古代メソポタミアにもマンダラ的図形の聖なるシンボルがありました。
 ケルト(古代ヨーロッパの中西部に住んだ人々)の文化にもマンダラ的な文様が数多く見られます。そしてケルトの人たちが、紀元前2000年以上前に巨大な石で作ったストーンヘンジもマンダラ的な形を持つものでした。
 古代中国で作られ、日本にも持ち込まれた銅鏡のデザインもマンダラそのものです。
 日本の縄文時代の人々は、広場や墓のある中心に対して同心円上に家があるという形状をした環状集落に住んでいましたが、この環状集落もマンダラ的な形に通じるものがあると私は思います。
 ネイティブアメリカンもメディスン・ホイールと呼ばれるマンダラのような図形を、祈祷や病気の治療などのために用いていました。
 中南米ではアステカやインカなどにマンダラ的なものが多くみられます。
 その他プリミティブアートや現代絵画などの芸術、ペルシャ絨毯やハワイアンキルトなどの手工芸などにこのマンダラ型シンメトリーは数多く表現されています。
 ユングは「集合的無意識」という語を使い、人の意識の奥深いところにはすべての人がつながっている領域がある、と主張しました。
 そのユング的な見方をすると、マンダラによく似た図形が文化的に全くかかわりのない世界のあちこちで見られるのは、その形が無意識でつながっている人間の心をひきつけ、精神に大きな影響をもたらすものであるから、という事になるのでしょう。
 

 ここまで述べたことから、人間に神聖と思わせる不思議な力がこの図形にあることを理解してもらえたと思います。
 しかし、マンダラ的図形は人間が作りだすだけでなく、他の生物や物質の中にまで見られるということがあります。
 野菜や果物を輪切りにした断面を見ると、かなりのものが中心を持った放射状シンメトリーになっています。キノコも傘の裏側を見ると中心から放射状のヒダがあります。多くの花の形もマンダラ的と言えるものでしょう。
 ある種の藻にはマンダラ的な美しさを持つものが存在します。(クモノスケイソウなど)
 植物の根の断面図にもマンダラを感じさせるものが多いですし、木の年輪もそういった造形なのだと思います。
 そして、奄美大島近海に生息する「アマミホシゾラフグ」という魚は、驚くことに海底の砂でマンダラを作ります。オスがそのマンダラの模様を作り、メスがその中心に卵を産み付けるのだそうです。

 物質の中にあるマンダラ形としては、水晶や雪の結晶などがまず思いつきます。そして、塩やビタミンCなども顕微鏡で見ると美しいシンメトリーを持っています。
 あと物質かどうか分かりませんが、音によって作りだされる幾何学模様「クラドニ図形」というものもあります。音で振動する板の上に置かれた砂が、音の周波数の違いによってさまざまな形になるというものですが、この神秘的な美しさはマンダラ的と言っていいでしょう。
 こういったシンメトリーを持ったものは他にもいろいろあると思います。
 石を水面に落としたときに出来る同心円の波紋。また銀河はブラックホールを中心に持つマンダラ形ともいえます。原子核を中心に電子が回る原子のあり方や、太陽の周りを惑星が回っている太陽系なんかにもマンダラ的な調和があるでしょう。

 人間の作りだすものだけでなく、自然の中にもマンダラ的なシンメトリーが存在するということは、この形の持つ本当の意義を言葉で言い表すことは難しいのではないかと思います。
 ここまで書いた多くの現象から考えると、マンダラの形はあらゆる物質の根底に存在する言葉を超えた調和を表すものなのかもしれません。そのため私たちはこの神秘的な形に知らず知らずのうちに引きつけられるのでしょう。



 マンダラはこれだけ普遍性のあるものですから、当然現代人の心もとらえています。
 スピリチュアル系のアーティストでマンダラを描く人はけっこういるみたいですし、絵を描く人の中にも無意識にそういった形のものを描く人もいます。またマンダラ塗り絵の本なんかもたくさん売られています。
 手芸などでこの形のものを作っていれば、それはマンダラの形がもたらす、心を安定させる効果を受けていると言えるでしょう。そして、マンダラに興味がなくても日常さまざまなことでシンメトリーにこだわる人がいますが、そういった行いもマンダラを求める心と同じだと思います。

 
 
 私はマンダラを15年くらい描いています。(途中あまりやってなかった時期もありますが)
 私の場合、意識的に描こうとしたのではなく、軽い気持ちで絵を描いていたら、突然これが出てきたというかんじでした。初めはとても驚いたのですが、好奇心から描いていくうちにだんだん引き込まれるようになりました。そして、さまざまな面白い発見があり、今まで続けています。
 昔は夢中になって一日中書いていたときもありましたが、今はあまり劇的な発見とかないので、一日に10分くらいだけです。
 心に作用するのと同時に体を整えるということもあるので、これを描けば心身の健康法になると思っています。


 今回の記事でマンダラ的な形の普遍性と不思議についていろいろと書きましたが、少し関心を持ってもらえたでしょうか。
 マンダラにはとても神秘的な力があると思います。
 マンダラを鑑賞する、その図形のものを身の回りに置く(そうすると宇宙エネルギーが集まるなんて話もある)、マンダラ塗り絵をやってみる、なんてこともいいでしょうが、私としては描くのが一番マンダラの持つ力を感じられるものと考えています。
 この宇宙の本質につながっていると言える形を、自然に心から湧き出るように描ければ、その人に応じた解放がもたらされるはずです。
 次回は、そういったマンダラの描き方について説明します。






コメント
トラックバック
トラックバックURL
コメントフォーム
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Author:まやと
努力なしで最大限の成果を得られる健康法を日々探求しています。趣味 野菜料理を作る 音楽を聴く

最新記事
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
無努力健康法

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ